お知らせ

Noaの環境について、改めてお知らせしておきますネ。


オープン当初から、空気中には活性化させた酸素が満たされるように空気活性機を取り付けていて、化学物質やウィルスが浄化されるようになっています。


また、近頃友人がプレゼントしてくれた菰野の花崗岩にバナジウムを放出してもらって

ウィルス、化学物質、ニオイの除去を手伝ってもらっています。


インフルエンザ、新型コロナには

さらにダチョウ抗体ミストを

椅子、テーブル、ドアの取っ手やお手洗いの取っ手、スィッチ部分や宅配便の段ボール等々に使用して

ウィルスの減少とブロックをしている次第です。


施術においては、自律神経を調節するマッサージと炎症を緩和させる薬石ジェルやシャンプーを使っていまして

ジェルはウィルスと重金属にも対応している品です。


水は波動調整水にしてありますので

飲み水も施術で使う水も

要らないものをデトックスするように働きかけて自律神経の安寧に一役かってもらっています。


その他、

まだまだ色んなアイテムを使っていますが

書ききれませんので

今回はウィルスをメインに。。。


私自身は、

おかげさまで早々にホメオパシーにより

新型コロナの免疫をつくったあげく

ダチョウ抗体ミストで見えないマスクもかけているようなことでして

見えるマスクで負担をかける事の方が免疫力を下げてしまいますから

以上のような事から見えるマスクはかけておりません。


ですが

見える安心が欲しいとおっしゃる場合には

かけて対応させて頂きますので

どうぞお声がけくださいませ。


それと、

世間では新型コロナのワクチン待ちの人々が多いのだと思いますが

Noaにつきましては、新型コロナのワクチンを接種した場合は、2週間 間を空けてのご来店をお願いする予定です。

本来、インフルエンザワクチン接種の場合も

4日あけてご来店いただきたいので

合わせてインフォメーションさせて頂きました。


ウィルス接種と言うことは、

確実な保菌者となります故、現行よりも危険になります。


改めまして、どうぞ宜しくお願い致します。





| ena | お知らせ | 20:34 | comments(0) | - | -
やっぱりそこな。

奴隷解放運動をすれば、どうしてもそこよね〜ってのがやってきた。

ま、

しゃあないわなぁ。。。

シュメール。

どーーーーりで最近、韓流ドラマのハンムラビ法廷とかぁ〜

バビロンだぁ〜石だぁ〜と引っ張ってくるはずだ。


宇宙から降り立った異星人が地球に住み

人間を創りだした時代、シュメール。

まさにココが、奴隷となるアタクシ達ルルの始まりである。


そうなる前、地球には神なる精霊が活き活きと活動していたようだ。

光のボランティア活動で行く先に何者が居るのか?

どうなっているのか?を

インスピレーションで探求してから行くようにしているが

ここのところ、どデカイ龍とかぁ〜

どデカイ白蛇とかぁ〜

どデカイ牛のようなんとかぁ〜

まさに、シュメール時代に描かれているような動物なんだかよくわからない存在が

多く現れてくるが

地球にいた当初の自然神なのだろう。


その後、

本来の役割とは違う事をさせられてきたりした時代が終わり

元々の働きへと戻っているようだ。


時間とは不思議である。

未来に向かって進んでいるようでいて

過去に向かっているようでもある。

何が新しくって、何が古いんだか。。。


歴史は「今ココ」にあって

未来も「今ココ」にある。


時間は、ルル達の管理のために都合よく作り出されたものであり

本来、

「今ここ」のゼロポイント1点に全てが内包されているカオスこそ時間であり宇宙なのだろう。。。


今、一緒に活動している龍神が

昨日「頭は水曜日の3時の方向に。。。」と

言うてきた。


いや、帰りに空を見上げたら

大きな龍神雲らしきものが出てて、

頭が見当たれへんから、龍神ちゃうんか?と思いもって帰って、

ほんで寝る段になって、例の龍神に

「今日のんて、あんたやったん?」て聞いてみたわけですよ。

ほんなら解答が「頭は水曜日の3時の方向に。。。」言うて。


非常〜〜〜に龍的な解答ですよね。

時空飛んでもうてるのが発言に出てるもん。

水曜の3時て。

なんなんそれっっっ!?

ほんま分かるようで分からんしっっっ!

ま、

それこそカオスである事の証明だけれど。

はぁあぁ。。。。オモロっっ。


さてと、次は鞍馬に行く事になった光のボランティア活動。

貴船もか???



〜続・奴隷解放運動 糸掛曼荼羅〜

| ena | 旅事 | 09:51 | comments(0) | - | -
免疫力とは

遠出が出来なくなったので

淡路島で手を打った。

とは言え、

自粛自粛で店は空いてないし、海岸は封鎖してるし、こんな町の状況で

ホテルもよく再開したもんだ。。。と思ったが

幸い、ホテル前の浜辺は プライベートビーチ的な状態だったので

海と戯れる事も出来て癒された。



何年前になるだろう??

世界的免疫学者の安保徹先生の講演を聞きにいったのは。。。

あの時も手を洗っちゃいけないと言ってたよな。。。

砂浴に小豆島や高知県に行ったのは

さらに前だっただろうか???

砂の中の微生物による解毒力の凄さに

感動して、今も砂浜に行けばすぐに裸足になって足を埋める。


私たちは細菌やブドウ球菌、連鎖球菌やウィルスをお互いに共有しながら

日々、免疫反応を発達させながら生きている。

アルコールや次亜塩素酸、石油系界面活性剤ハンドソープ云々で手の常在菌を殺しまくり

マスクや手袋で社会との交流を断ち切った挙句

私達を病気から守ってくれる

細菌フローラやウィルスが居なくなり

日和見感染症に陥っていく。


今、アメリカでも子供達の異常が取り上げられているが、まさに日和見感染症なのだろう。


生物学者や勇気ある医者達が声をあげているが、インフルエンザワクチン注射を過去に打った人は

コロナウィルスを注射してからマスクしているのと同じだと。。。

何故なら

インフルエンザワクチンが動物株から作られているからだ。

ほとんどの動物はコロナウィルスを多く保有しているのが普通なのだ。


その状態でマスクをし、社会との関わりを断ち、私たちの友人である

細菌フローラ等々の常在菌を殺し又は取り入れ無ければ

自分自身で活性化させたコロナウィルスによって病気に至るだろうと。


それが新型コロナなら、致命的である。


高齢者や免疫不全でもない限り

手袋やマスクは必要ないと生物学の研究者が話していたが、

安保先生が生きておられたら

きっと同じ事を言っていただろうに。。。


このパニックの背後にはいったい何があるのか???

日本は、まだあらゆる情報が検索可能な方だと思われる。

心の目を開いて、どうぞ何が大切なのか?を自分自身で感じて考えて欲しいものだ。

淡路島のような、海に囲まれた爽やかな風が吹く、のんびりとした田舎ですら

猫も杓子もマスクをしている異常さに

目を向けてみてほしいものだ。




| ena | 体の事 | 20:33 | comments(0) | - | -
奴隷解放運動〜糸曼荼羅サークル〜始動

今日は、糸曼荼羅サークル活動スタートの日。

あーだこーだと言いもって一緒にやるのは

やはり楽しい。

作業としては、非常にシンプルなのだが

シンプルな作業に

各々の個性が現れてきて面白い。


釘の打ち方

糸の選び方

色の重ね方

糸のかけ方諸々

この作業を通じて

自分に偏りのパターンを見つける事で

360度の方向に開いている宇宙において偏らず、バランスを取ってゼロポイントに佇む事が出来るようになる。



これがアタスの88ピン1段目


1つづつゲートを抜けていく事で

ルルとして長きに渡り洗脳され忘れていた記憶と能力がかえってくるようだ。


カウントしながら糸をかけていく作業は

集中しているようで、その実 思考が消え緩んでいるため

疲れを感じるが、宇宙のバイブレーションによって調律が入ることによる疲れなので

頭を使った疲れとは少々違う。


地震がそうであるように

いちど入った衝撃は、その後も余震のように揺れ続け 影響を与える。

全行程を終えた後の、みんなの感想が今から楽しみである。


板を入れて13層になる88曼荼羅。

今日はこれぐらいにしといたるわっっ。


| ena | キラキラ | 21:34 | comments(0) | - | -
三井寺

まぁた始まった。。。

今度は比叡山、比叡山、比叡山。。。


比叡山?

はて。。。さほど縁は無いように思うが

なんだ???

空海と共にする期間が長かっただけに

確かにその対極の最澄と言うのも

ない事はないが、

すでに闇の封印解除が終わっている今

比叡山がなんだと言うのだろう。。。


こんな具合から、いつも謎解きがスタートする。

有り難いことに、闇の封印解除も

今の光のボランティア活動も

理解してサポートしてくれる友人達がいるお陰で

何かを投げれば、必ずヒントが返ってくる。


今は、チャクラのように

光でポイントを繋げていくような事をする時期なようであるが

直接的や意識的ではないにしろ、この活動は

このパラレルに住まう住人全員参加でやっている。


今回は比叡山延暦寺といっても比叡山の方ではなく長等山の園城寺(三井寺)天台宗比叡山延暦寺総本山の方だった。

三尾神社と長等神社も行く事になっているが

三尾神社の反応が強い。

如意輪観音が呼んだようだった。

如意輪観音。。。いったい何者か?と感じてみたら、何故か泣ける大きな愛だった。

形としての仏像はあるが、黄金のような色の

立派な龍を感じる。しかも眉間に大きな玉を持った龍。

初めて見るタイプの龍である。

どうやら、

このポイントは、第6チャクラのポイント。

内なる目、心眼で物事を見ていくのに必要なチャクラである。


この時期、

三井寺観音堂で国宝如意輪観音がご開帳されている。

本来なら千団子祭り(鬼子母神)の日でもあったらしい。

さすがに祭りは中止になっていたが

三井寺はこの自粛の折、入れるのか?!と思いきや

入れるからびっくりするが

そりゃそーだ。

呼んでおいて入れないって無いわな。。。


駐車場の目の前に開く長等山は

気持ちの良い空気に包まれた、とてもよき山だった。

が、

いちばん上に鎮座する三井寺は最悪。

如意輪観音の仏像もエネルギーはエンプティー。空っぽである。

次に長等神社。

ココはなんで行くのか分からんままに行ったのだけれど、行ってみたら直ぐに猫が迎えにきてくれて、馬神神社を参って欲しいと案内してくれた。

馬担当の同行の友人が祈ってくれていたが馬の哀しみがえらい事になっていたらしい。

案内役のネコが最後まで馬神神社の社の横に座って見送ってくれていた。


さ、

あとは三尾神社。

サードアイ(第6チャクラ)を開くのに

水が必要だと分かっていて、園城寺には

確かに霊泉が今もコンコンと湧いているが

三井寺へ到着する頃から、土砂降りの雨になって、三尾神社でも

水溜りがあちこちに出来るほど雨が降っていた。

もーえーって。。。という程の雨だった

が、龍は喜んでいたようだった。

永らく、この時がくるのを待っていたのだろう。


ココからは、石を通じて宇宙の音を響かせていく役割をしていくようだ。


観音とは、本来 まさにそれが仕事である。

宇宙の音を奏でる観音の働きは

このパラレルの波動調節の協力なサポートになる。


雨と自粛が手伝って

今日もお寺もお食事処もお土産屋さんもオール貸し切りだった。

桜シーズンが没

ゴールデンウィークが没

千団子祭りが没の3没で

観光バス100台がキャンセルでゼロになったらしい。。。


ま、

如意輪観音が仕事をするので

良い場所になるだろうから、きっと大丈夫だろう。


紅葉の多い園城寺境内。

秋になったら また訪れてみたいものだ。

知ってた?

大阪市内から1時間て。

近っっっっっっっ!!





| ena | 旅事 | 22:20 | comments(0) | - | -
光の働き

お客さんが貸してくれはった仁鶴師匠のCDを聴きながら運転するこの頃。

さらに車の中が好きになった。

しかも

今朝は、車のパーツのハーモニーを良くするべく幾何学模様をエンジンルームに使ってみたら、めっちゃスムーズな駆動になって

これまた一層、車の居心地が良くなって

長時間ドライブも疲れないで出来そうでありがたい。


笑いや(音)、幾何学模様(形)は振動数に影響を与え、その空間を劇的に変化させてしまう。


その昔、

大きな岩をつかったストーンサークルが作られたり、古墳や云々各種遺跡と呼ばれるような場所は

その実、波動調整場だったんだろうと思う。


波動をチューニングする事で病気も改善すれば、神と呼ばれる存在とも交信が可能になったり

色んな事が出来たんだろう。


前に飛鳥の街を一瞬垣間見れた話しをした事があったかしら?!?!?!

法隆寺から、石舞台遺跡、酒船石のある

あの辺りだったのだけれど

浮いてたからねぇ。。。石が。

めちゃくちゃ進んだテクノロジーの街だったのよ。


アタクシ達は、今がいちばん進歩してるとか思っているかもしれないが

とんでもない話である。

多分、逆にめっちゃ遅れてると思う。


時間経過と共に、ルル(奴隷)の洗脳の度合いが深くなるからですね。。。

言うても、今より洗脳の段階がまだ浅い頃の人間の持つ能力は

随分レベルが高かったように思う。


それは、石工を見ても

仏像、建築を見ても明らかだと思う。

ギリシャのパルテノン神殿だって

あんなもの。。。

どうやって作ったん?!?!?!って

思うやん。


今、

コロナを怖がる人々が多いけれど

かかったからといって死ぬわけではない。

ウィルスも波動に他ならない

同じ地球に住む生命体なので

共に良きハーモニーを奏でるために影響しあう必要があればそうなる。


重症化するかしないか、はたまた星に還る事になるのかは宇宙全体のハーモニーに依るところなのだろうし

飛鳥時代のような、進んだ文明を創り出せる能力開発に繋がる覚醒に居たる事もあるわけだ。

ひょっとすればルル(奴隷)からの解放も見えてくるやもしれない。


アタス以上に奴隷種人間についてボロカスに書いてる本の一説に笑ってしまった。


〜奴隷として生まれた人間は

出来損ないから生まれた出来損ない。

貪欲で傲慢、自分勝手で自己中心的。

おまけに暴力的で攻撃的。

欲望の奴隷でいながら、その事実にすら気づいていない。

気づかないまま「自分達は最高の知的生命体」と自惚れている。

それが人間。

明けても暮れてもマネーマネー

そういう人物が地球を代表する国のそのまた代表。。。〜


ハハハ。

分かりやすい人間種の考察。


自分が異星人目線になって、客観的にこの種族をみたら

やっぱり、ずいぶん低次元の生き物だと思うもんね。


ルル歴が長くなるほど

奴隷が染み付いて普通になってくるからねぇ。。。しかし

ウィルスの感染が、そんなルルの記憶を

呼び覚ます事もある。

そんな生命の共鳴活動によって

この次元の光が強くなる。

光が強くなるって事は、創造される立体3次元の物語も変わるって事だ。


さてと、

明日はその光の招待をうけて小遠足。

また書きます。







| ena | - | 09:53 | comments(0) | - | -
Noa新聞

やったら出来るねん。

新聞、きのう完成。

今年3枚目。

え?

まだ3枚かい?って?!

いやいやいやいや、今5月やで!

で、3枚て

2ヶ月弱、いやさ、1ヶ月強で1枚ペースで書いているのよっっっ!


細々と12年続けてきたけれども、

ま、

そりゃ確かにもっと間隔があいた年もあったし、やめて違う事しよっかなー??とも思ったけれども

それも思い付かん。


あんまり色々取り決めず

その時書こう!と思うままに野放しで

ここまできたって感じだが

このブログ同様、もはやライフワーク化しているのだろう。


そもそも、チラシや宣伝含め

紹介するようなツールがないからですね。。。

新聞がその役目もするか。。。と思っているが、

初めてアレを手にする人にとっては

そりゃそれでハードル高くなって逆効果なのかもしれん。。。が

かえって、

その上で来たいと思ってくださる人は

相当なツワモノなのだろう。笑


そうそう、何年か前に何故かYouTubeの検索に出てきた方が

誕生日が同じという親近感と

オタク過ぎる内容に興味を持って

チョイチョイその方の作る動画を見ていたわけですが

ここ最近、

今までの総集編のような本を出しはったから

買ってみたわけですよ。


なぜなら、

あまりにも膨大な情報量の動画で

ハッキリいって、全体として結局何言いたいんかさっぱり分からんかったから。


で、

本でやっと、あぁ〜なるほど。

そーゆー事やったんか。ってわかったけど

その方、

せんど異星人を扱ってきたのに、元々は信じてなかったらしいわ。

異星人からのコンタクトもあるのに

信じられへんかってんて。

自分自身を信じられへんのもあるやろし〜

世の中の常識に縛られる洗脳の中で育ってきたってのもあるやろし〜

途中うつ病にもなってやったわ。


やっぱり、人にどない思われるか?の怖さがあるんやね。

あれだけ動画配信しとったら

チャンネル登録者数も多いやろし、迂闊な発言も出来へんかったんやろなぁ。


ほやけど

最終、そこ乗り越えはって 今回の本の発売に至ったわけだ。


ちょっと前にも書いたけど

もっともパフォーマンスを下げる人々の行為は、心(ハート)からの声と、口に出る言葉が

イコールではない時なのだ。

自分に嘘を付いているとき

エネルギーに捻れが生じる。


随分ツライ日々だった事だろう。


そーゆー意味では

Noaをスタートしてからは、じゃんじゃん色んな事をオープンに話してきたし

やりたくない事はやりたくないので

お客様と話しあいながら歩いてきた日々のおかげで

新聞においても、ますます言いたいことを言っているが

誰かに分かってもらおうと思って書いているわけでは無いし

受け取り方は自由なので

そもそもそこに期待もないので、自分がどない思われようが

どう捉えられようが気にしない自分がいる。


そういう意味では

アタスは自分に自信があるのだろう。

なんの自信かといえば、

自分が感じたものは感じたわけで

聞こえたものは聞こえたわけで

見えてしまったものは見えてしまったわけだから

それを疑う事はしないし

それを話す事も、事実なんだから

なんとも思っていない。


心の声と言葉がイコールでいる楽さに絶対の自信があるのだ。


もちろん、

エネルギーを言葉にするのは難しい。

選択する言葉によって自分の感じる世界が

違うものになったりもする。が、

それもまた無理な話しで

受け取る側がエネルギーではなく

言葉の価値観で受け取る限り、純粋に思いを届ける事は難しいだろうから。


心の声のやりとりが出来る人々が増えると

いいなぁ〜

って事で

これも糸曼荼羅サークルをやる目的なのだ。


とりあえず88ピン打った。


| ena | Noaの事 | 22:08 | comments(0) | - | -
新しいボランティア

2、3日前だったか。

5/7って数字がマゼンダ色のゲートに吸い込まれていくインスピレーションと共に目が覚めたのは。(もうひとつ5/6か5/8があったが不明)

数字は、すぐに日付けであることは分かったものの、

なんじゃそりゃ?!だ。


ま、

5月7日がなんかなんだろう。。。と感じながらも

悪い感じはせんな。。。と思っていた。


今朝、友人がカットに来てくれたので

そんな話をしたら

今日が満月で、ウエサク祭の日である事を知った。

そうか。

今日はそんな日だったのか。


そんな時、ちょうど

スターゲートの解説本が届いたので

今日のゲート解説を読んでびっくり。

ゲートナンバー35:中心から光が放たれる日

「自分を中心にして四方八方に目がくらむほどの光が放出される。

ハートの中心から放射状に光が放たれる日。

やがてこの光は大きくひろがって

惑星地球を光の糸でつつむだろう。」と。。。


なるほど、

そういう日だったのか。

とはいえ、ゲートの色はマゼンダだったので

シリウス、アーク、プレアデスが主になった

宇宙戦争の統合が終わった事がよく分かる。


マゼンダの色の芍薬が大きく開いたあと

白にカラーチェンジするように

マゼンダの光は強く、すべてを内包する光。


見えない世界のボランティア活動も

この間の四天王寺でやっと終了したと思っていたが

今度は新しいボランティア活動になっていくのやもしれない。


今までは、

闇の解除をする日々だったが

これからは、アタスの居るパラレルの光を強くするために行く場所があるようだ。

はて?

いつまで続くのか知らんが

ま、気付いた人がやる事になっているので

今分かっている事はやる。


とは言え

闇の解除とは違って

これから扱うのは最初から光な為

共鳴するエネルギーの温度が違う。

暖かく、微細で、大きな愛なので

えらく泣ける。


今までは寒いし、頭痛いし、おどろおどろしく、同情や哀しみの涙が多かっただけに

真逆で、アタスにとっても癒しになってありがたい。


今日は鞍馬寺でもウエサク祭をやるが

天河神社でもやるらしい。


ハートである四天王寺とサードアイのポイントを繋ぐのが次のボランティア活動になるが

その為には「水」が必要となる。


「水」といえば「月」

今日「月」の祭り事「ウエサク祭」が行われるのも意味あっての事だと分かった。

女性の子宮のエネルギーカラーはマゼンダ。

子宮といえば「月」

天と地が繋がった四天王寺でハートセンターが開き

今日、子宮のエネルギーセンターに光が入るのだろう。


このパラレルの強い光は

多次元のパラレルにも影響を及ぼすこととなるのだろう。


どちらにしても楽しみである。

| ena | キラキラ | 16:35 | comments(0) | - | -
ハーモニー

司会業を営んでおられるお客様が、いつも気遣ってくださる。

「エナミンも、毎日毎回お客さんとコロナの話疲れへん?」と。


エナミンの場合、

まずもってテレビやラジオでコロナ関連の情報をダダ漏れで取り入れることはやらないし

自分の知りたい事だけ

自分から積極的にアクセスした先でしか

調べ物はしないので

お客様がされるテレビ等々の情報は

案外知らないのだ。


題名だけ知っていて、深く内容は知らん。

といった事がほとんどなので

その方にも

「〜なので、教えてもらうばかりなので

飽きませんよーー」と応えた。


あぁ、

この間もお客さんが新型コロナの治療薬とかいうアビガンの飲み方知ってる?と

おせーてくれてびっくらこいたが

1日40錠飲むんやってねーーーー。

「そんなもん薬で殺されるやーん!」と言っていたら

石田純一さんがアビガンの副作用で

今もって入院中だとか。。。


〜抜粋〜

アビガンの副作用で血管が詰まりやすくなるので、サラサラになる薬を処方してもらっています。脳溢血(いっけつ)や脳梗塞(こうそく)になりかねないので慎重に治療をしています」と説明。


ムッサ怖いわぁあぁ。。。

サラサラにする薬て。。。

副作用の果てがまた薬。。。

怖っわあぁあぁ〜。。。

ほな怪我したら血止まらんから今度出血多量に要注意やんか。

ほなまた血固める薬飲むん???

完璧に生きる力を無視した治療とか呼ばれる行為の成れの果てやわなぁ。。。


ん。

しゃーない。

それもまた意味のあるコトなのだろうて。


世間一般的には死ぬ事が悪だろうし

長生きこそ善って事になっているのだろうが

あいにく、

アタクシたち人間種のみが使ってる地球でも宇宙でもないわけで

植物、微生物、動物、昆虫、宇宙の異星人諸々

また、地球が含まれる銀河の中の惑星や

他の銀河との兼ね合い云々

全体のハーモニーっちゅうのがあるわけで。


ピアノとか分かりやすいっすかね〜

物凄い数のパーツを使って作っているわけですが、やはり組み立てただけでは

良き音色は出ないわけでして

最後に調律師さんが全音の調節とバランスを整えて、はじめて素晴らしい音階が奏でられるわけだ。


この宇宙も地球も同じ。

全体のハーモニーの中にアタクシ達も居るわけだ。

それぞれが、その時奏でる担当の音がある。

それが波動でありエネルギーであって

速かったり遅かったり、それ次第で

見えたり見えなかったりするわけだ。


〜ってことは

肉体が無くなっても、居なくなるわけではなく、水が氷や湯気に熱量によって変化するように

エネルギーの質が変わるだけなのだ。

そのエネルギーの調節にアタクシたちの

人生って呼ぶ物語を使ってるっちゅうこっちゃわな。


〜追記〜

ここ最近、ピアニストの辻井さんの演奏を動画でよく見ていたのだけれど

あの方凄いわね〜

何って、指が素晴らしく美しい。

どちらが利き手なのかもわからんぐらい

しかも超絶早く動かせる上に

ミスタッチ無し。。。

右脳と左脳の隔たりがない人なのだろう。

アタクシも、13年ほどピアノを習っていたはずだけど

今となっては全く弾ける気がしない。。。

ありゃ幻だったんだろうな。

あのままピアノやってたら、速読せんでもええぐらいのルル(奴隷)に仕上がっていたかしらねぇ???


とりあえず今 速読を終えて、以前の3倍で本が読めるようになっていて

読みたい本がいっぱいある今、大いに助かる能力となった。



最新作


| ena | プロデュ−ス by サマンサ | 09:29 | comments(0) | - | -
迷子の迷子の〜

いつも良くしてくださるNさんの旦那さんが

迷子になって帰って来られなくなる夢をよく見ると聞いて

「は、はぁ〜ん。。。

なるほど。長きに渡る奴隷生活の果てに

星に還れず迷子になったままになっているんだねぇ。。。」と直感した。


輪廻転生とはよく言うが

ルル(奴隷)ちゃんのまんま、魂なる自分の本来の姿に気がつかず死んでしまった場合

輪廻はオートマチックに起こってしまう。

もちろん、

輪廻できる光に到達出来ずにいる場合は

論外である。

誰ぞに、とりあえず輪廻でやり直す機会でも貰わない限り

ずぅーーーーっと、そこにとどまる事になるわけだが。。。


人間(ルル)が目覚めない大きな闇は

「死」である。

魂的に言えば、

「死」は無いし、ハッキリ言って「生まれる」事も無い。

ルルをルルたらしめたるトラップなのだが

なかなか、この罠から逃げられないでいる。


がぁ〜、、、

これもまた幻想で

もうすでにこのトラップは解除が終わっているので、無いのだ。

が、

人々が想念によって勝手に創り出して

勝手に捕まっているという

やはりココでもSなんだかMなんだか

よくわからん事になっていて

ハムスターがおもちゃの車輪の中で永遠と空回りしているような様子が浮かぶ。。。


アタクシ達が本来戻る場所は

惑星ではなく恒星界である。

ライオンキングで「星になって歴代の王達がお前を見守っている」と

シンバの父ちゃんがシンバに語るシーンがあるが

ま、

王じゃなくても星に戻るし

っつーーーーか、星に戻れば王とか関係ないし。

やし、

星になるっつーーーーか、星に帰還するだけやし。

と、

ミュージカルのワンシーンに本気で突っ込むアタスもだいぶ頭がおかしいのだろう。

とにかく、

帰るのは、あくまでも星である。

星に還ってはじめて、自分の意志で

どこで生活するのか?を選択することが出来る自由が訪れる。

もちろん、アタスはもう二度と肉体を持って地球には戻りたくないが。。。

だからこそ

星に還るための光(波動)を搭載するために

日夜、生活を通して学んでいるわけだ。


魂の存在に気がつかない

もしくは、信じない、信じたくない云々

魂を既読スルーし続けるかぎり

迷子になったままになる。


とは言え、

それが悪いってわけでもないので

なんとも言えんが

それに気が付いているルルからすれば

非常にモドカシイと感じるのも事実で

なんとかしてあげたくもなるってもんだが

なんとかしてあげる事が出来るとすれば

明るく軽い光の波動を持って

今ここに居る事のみ。


自分を整える事が

誰かの足元を照らす光になる事を信じて。

1人でも多くの迷子の家が見つかりますように。。。と。




| ena | プロデュ−ス by サマンサ | 20:51 | comments(0) | - | -