猫ネコねこ

アタスんとこの本棚には

「今日の猫村さん」っちゅう漫画が揃っている。

もともと、猫好きいくちゃんからのご紹介本だったが、あまりに猫村さんが愛おしくって

思わず保存版として全巻購入したのだ。


家政婦の猫村さんの言葉に

思わずアンダーラインを引いてしまいたくなる程の哀愁と気付きがあり

何度も読み返してしまいたくなる。

ま、

それ故に人気で

Noaのお客様で回し読みも随分としまして

只今も絶賛貸し出し中である。


この春は、なんと実写で「きょうの猫村さん」が始まるというではないかっっ。

しかも松重さんが猫村さん。。。

っていうか、

雄なのかっっっっ?!猫村ねこっっ?!?!

いやいや、間違いなく雌なはずっっ。

オッさんが演じるのは、ここ最近のおっさんブームだからなのだろうか?


アタスは片桐ハイリさんにやって欲しかったな。。。

もしくは、もたいまさこサンとか。

ま、希望的観測だわね。


しかし、高野山で猫に乗っかった空海が現れてから以降

何処に行っても猫がまとわりついてくるのは何故かしら???


四天王寺の太子堂の門の欄間のような木彫りの飾りも何故か猫。

畑でも、駐車場でも道路でも猫ネコねこ。


って事で少々気になって調べてみたら

唐から空海帰郷の折、船のネズミ退治に猫を持ち帰っているのだとか。

なるほど。

それで猫にねぇ。。。

なら、聖徳太子の廟に

何故ネコなのか。。。

やっぱり、空海と聖徳太子はくさいねぇ。。。


ま、

四天王寺の事が終わるまで

近くを空海が付いてまわるんだろうて。。。

しょうがないわな。


そんな事を言っていたら

また猫村語録が懐かしくなった。

返却されたら読み返そーーーーっと。



樹齢1300年と言われる粉河寺の楠。

正成の時代にも出会っていたのだろうなと思うが、左手の苔んとこに

猫が見えるのはアタスだけだろうか。。。



| ena | 旅事 | 21:59 | comments(0) | - | -
カルマからダルマへ

もうさーーーー

恐ろしいわよねっっ。

見えない世界の住人って。

やっぱりアタクシ達って大日如来の手のひらで遊ばれている孫悟空なのよっっっ。


なんか、とにかく やって欲しいタイミングがあるのよね。

宇宙のエネルギーに沿うたら

そうなるのは理解するけどもやねぇ。。。


お客様達からの予約変更がダーーーーーっと入って

今日は、朝から高野山に行ける事になってしまった。

ま、ここ数日で行かあかんとこも判明したから行ったがな。。。水間寺。

粉河寺も行ったんやでー。


まぁね、空海は異常だね。

結局、薬師如来、観世音菩薩、阿弥陀如来に不動明王、虚空蔵菩薩と

ことごとく封じている。

あらゆるモノや真言の中に。

謎解きが面白いっちゃー面白いけど

凄過ぎて引くわっっっ。


この統合の果ての融合の作業は

あと1ヶ月ほどかかる。

虚空蔵菩薩と達磨と聖徳太子にアクセスする必要があるが

これもいちいちタイミングがあるのだ。


先ず、宇宙と同様のエネルギーである

カオスを創造してから、新しい創造に入る。


面白いですよね。
今、コロナを通して

あらゆる情報がさくそうしていて。

カオスに拍車がかかってきたのがよく分かる兆候である。


きっと
どれも本当なのでしょう。
コロナがウィルスで、感染するものだと信じていればそのように。

作られた嘘だと思えばそのように。

結局、
最終的に信じられるのは
見えない世界のインスピレーションのみ。。。となる不思議が
笑えます。

ちなみに、安倍さんを見ると

ある時、後ろに大風呂敷が見えたのは

いったいなんなんだろう???


パリ同様
天満宮事件同様
見えない世界のボランティア活動で
あちらの世界に触れているほうが
今の世の中の流れと共に先が読めるのが不思議。


しかしながら、

忘れずにいて欲しいのは

全ての出来事の背景は愛である事だ。


空海の闇の働きはエグいっっっ!が、

彼はそれを分かって必要悪に徹した人である。

自分そのもの、魂そのものが愛であると知っていて、分かっていながら

自分自身の愛を封じて役割に徹した人だった。

あ、宇宙人だった。


人が高く飛ぶ時に一度しゃがみこむように

真っ暗闇の中の小さな光が救いと感じるように、闇は大きな光になるために必要なのだ。

どんな闇であっても

究極、そこに愛と感謝で終わりをもたらせられるかどうか???なのだ。


この、キリストからの聖徳太子、空海の作った闇の仕組みが開かれるエネルギーの完了まであと少し。

今日は、よほど嬉しかったのか

高野山の不動明王は、すごい勢いで喋っとった。しかも時々笑顔を取り入れながら。


もちろん、声は聞こえないが

あんなに動いている仏像もそうはいない。

縁ある友人と一緒だったが

2人して大笑いしたのが

「あんたもコロナで大変やなぁ」って言うたら、うん!と頷いた事だった。


めっちゃウケた。

愛嬌のある不動明王だわ。

相変わらず阿弥陀如来はクールに徹していたのだけれど、喜んでいたのは確かね。


帰り、1匹の猫が出てきて

擦り寄りながら

あたくし達の周りを8の字で周っていたが

ありゃ間違いなく空海だった。

分かりやすくお礼を伝えてくれたのだろう。


あ、

分かりやすいと言えば、この間の四国カルストの一件も

高野山の駐車場で出会った車が答えを出してくれていた。

水戸ナンバーの車に「88」のシールが

隙間が無いほど貼られている。

近寄ってみますと、シールに四国88の文字。


なるほど、思惑通り 水の戸が開いて四国カルストと高野山がつながったっちゅうこっちゃな。

しかも水間も聖観世音菩薩が元の働きに戻ったんだろうて。。。と。

さてさて
どんな世となりますことやら。。。

見方を変えて、立ち位置を変えて

楽しむのも、苦しむのも

全ては貴方次第なのだから。




| ena | - | 22:56 | comments(0) | - | -
普通に。

続・コロナパニック。。。

常日頃から、ほぼセルフ軟禁状態のアタスは

差し当たって何も変わらない生活である。


自律神経コントロールも日常の事ですし

ウィルス対策グッズ諸々も

4、5種類あるが、これも別に以前からの普通なので、今だからといって何?って事もない。


備蓄も普通。

何も考えない。そうすれば普通に普通の選択によって、今の地球に沿う動きになるのが

宇宙エネルギーの普通なのだなぁ。。。と

改めてそない思った。


安倍さんや世間が色々と思案して

インフォメーションされる事柄も日々更新され、情報もカオス状態であるが

それも、どーのこーの言ったところで仕方がない。

アタス達、一般奴隷は

ただ淡々と日常を送るのみ。

不安に陥ろうが、心配に苛まれようが

日常は日常。


怖れを抱く日常も

笑って過ごす日常も同じく日常なのだ。


問題障害と思う出来事に対して

いかに早く立ち位置を変えて腑に落として感謝に変えていくか?で

開き直りまでのスピードが増す。


結局、

開き直りが「普通」なる強さを作るのだ。


この3次元なる立体の物語を創っているのは

アタクシ達の意思である。

不安は不安の物語を

喜びは喜びの物語を創る。


だからこその「普通」で

何も考えないに越したこたぁない。


さ、

今日はまた普通なる必然によって朝から高野山に行く事になってしまった。


仕方がない、そろそろ起きよう。。。


| ena | - | 22:22 | comments(0) | - | -
頭と自律神経

タイガースの選手が新型コロナ陽性だったとニュースにあがっていた。

とくにピッチャーの彼は、もう数年前から

心が病んでいたわけだから

自律神経が正常に機能していなかったわけで、そりゃかかるわな。

自律神経による殺菌消毒が効かないもんねぇ。。。



心が病むって事は、ホルモンなわけで

って事は自律神経なわけです。

引き金が何かは知らんが、

自律神経が狂う何かがあるわけだ。


アタスんとこに来て頂いたお客さまは

ブラッシングからスタートする。

ドライの状態の髪の具合をチェックしたら

ブラッシングで頭皮の状態をチェックして

表皮と硬膜の間の具合を確認して

どこにどんな手入れが必要か判断していく。


常に生まれ変わりを繰り返す細胞の老廃物は、もちろん硬膜と表皮の間にも蓄積され

大脳と小脳、右脳と左脳を分ける十字のラインに乗っかっている自律神経を炎症させるので

要らないものはデトックスさせたい。

事に5Gの時代がはじまり、重金属や放射能が体に溜まっていると

5G電波がこれらを刺激して血管を詰まらせる。


これをブラッシング、オイルマッサージ

シャンプー、チェンジリンスの際のマッサージ、頚椎、耳辺りで

その人によって色々なアイテムを用いながら

緩めて流していく。


ホンマは、家で1日の終わりに

使った分、自分で自分のお手入れをするのが普通だけれど

それが普通じゃなくなった世の中なので

せめて月に一回でも、、、と

アタスが関わる事でなんとかなりゃいーな。。。と思っている。


首を冷やしながら肩は温めね〜とかぁ

お腹は温めてね〜と

いくら伝えたところで、やっては頂けないのが「普通」という世の中である。


それほどまでに自律神経が何なのか?が

ご理解頂けていない証拠なわけですが

もう重々承知しているエナミンは

一切期待しない。


時に、ちゃんとお手入れしてくれている報告を受けますと期待していない分

めっちゃ嬉しい。

やってみて、体験しなければ分からないし

結果が出るまで続けてはじめて気がつく事がありますからね。

なんと言っても自分でやるのが1番大事なのよ。

自分の体なのだから。


ま、

せめて自律神経の終点のみぞおち周辺を温めていただきますと

自律神経のスタート地点の脳下垂体(首から冷やす)を冷やせなくても

最悪な事にはならないので

コンニャク温湿布でも玄米温パックでも

小豆でも何でもいいので乗せて温めてね〜と言っても、やっぱりやっていただける方は少ない少ない。

しかし、それが現実。

〜なので

近頃は母ちゃんに頼んで有機玄米温パックを作ってもらってお分けしたりして。

ほぼ売り切れたから

また作ってもらわな。



ね。


自律神経が美しい髪をつくる事も分かって欲しいねぇ。。。

美しさは内側からなのよっっっっ!


さ、

自律神経調整のためにもう寝る。

チャオ〜

| ena | - | 21:44 | comments(0) | - | -
阿弥陀如来@當麻寺

はぁあぁ。。。。。

4連休の3日を見えない世界のボランティアに使っている。。。。。

あちらの世界の住人に「遠慮」とかいう言葉はないらしい。


って言うか、

めっちゃずぅずぅしいといっても過言ではない。

四国カルストから帰って間1日置いて

今日は葛城當麻寺へ。

もちろん、

太陽・不動明王(自律神経)と月・観音(体)の

統合である。

太陽は生であり東を

月は死であり西を司っている。

生と死の統合である。

本来「死」とは、次元が変わるだけの事だったはずが

阿弥陀如来を封じた事で、次元案内人が居なくなってしまったのだねぇ。。。

で、

死ぬと生きるがパッくり分かれてしまったのだ。

ま、仏教が人々を封じるために使った術なのだが。。。


もちろん、ここも空海が封じている。

四国カルストでは聖徳太子の巻物に不動明王を封じ

ここ當麻寺では、中将姫の織り上げた蓮糸曼荼羅に阿弥陀如来を封じていた。


二上山は、「にじょうざん」と呼ばれるが

本来は「ふたかみやま」

太陽神、月神の「二神山」である。


この統合によって大日如来の光が届き

観音の「音」が響き渡る。


あーーーーーー疲れた。


疲れたが、この見えない世界のボランティア活動には、嬉しいプレゼントも付いてくるのが、せめてもの救いである。

見たこともないような空や自然の

いわゆる奇跡を見せてもらえたり

美味しいモノに恵まれたり

良い場所に出会えたりする。


今日は

前から行きたかったシルクのお店が當麻寺のすぐ近くだったと分かり

そこの経営者の女性とお話しできて

なんと清水谷高校に通っていたなんて事も出てきたり

駅前の中将餅がめっちゃ美味しかったりした。


しかし、

帰り道を遠回りさせられ

仕上げがまだな事もアピられる。。。


ま、えーわ。


4月中には終わらせる。


ささ、見えない世界のエネルギーは大きく変わっていきますよーー。

ってことは、創り出される3次元が変わるって事なのだ。


What do you choose ???





| ena | 旅事 | 17:55 | comments(0) | - | -
チっっっっっ!!

これにてアタクシの見えない世界ボランティア活動も終わったと思っていたのに

帰宅早々、もうひとつに関わる事になってしまった。。。


イヤな予感はしていたのよっっっ!

高野山の阿弥陀如来の態度が気になってはいたのよねぇ。。。

しかも

弥勒がうるさいし。。。

これはきっとアタクシの守備範囲じゃなくってよ!

誰か他の縁ある人なのよっっっ!と

思っていたのに。。。


ち〜ん。。。だ。

絶対アタクシが美容師だって事を忘れていると思うのよ、天界の人々。


チっっっっ!

しかし阿弥陀如来のあの態度が気に入らない。

動いて欲しい事があるくせに

人にモノを頼む態度じゃないのよっっっ!

あの目を思い出しただけで

はぁ〜〜〜 ムカつくわっっ。


とはいえ

阿弥陀如来にムカつくアタスは

まるで孫悟空だわね〜。。。と

それはそれでウケる。


四国カルストの一件は太陽の件で

今度は月の件となる。


誰にでも、そのエネルギーはメッセージとして降ってきているわけですが

うっかり周波数が合うとこんな事態が待ち受けているわけだ。

お給料も出ないというのに。。。


いやはや、あれだねぇ〜

この世界は一体全体どうなっているんだろう?

それに

アタクシ達って、いったいいつから生きているのかしら?!

魂ってどんな事になっているのかしらっっっ?!?!?!


今、

コロナの一件で イタリアの人々の死者が中国に次いでいるらしいが

やはり、宗教なるものが

魂は無い。今生1回きり。とした事がつくる

死への恐怖感は 自律神経を迷走させるのだろうな。。。と推察する。

自律神経系統が機能しなければ

この世に肉体を持って存在する事は出来ない。


ここに関わるのが

月と太陽。

生と死の取り扱いである。


しょうがないので、ボランティアに出向く事に致しやす。





| ena | 信じられ編  | 21:52 | comments(0) | - | -
四国カルスト

四国カルストに来ている。

高知県と愛媛県の境目。

猿田彦(天狗)が支配するボーダーライン上にそのポイントはあった。


例の、ボランティア活動なのよ。

うっかり不動明王のエネルギーをキャッチしてしまったのは 少し前にも書いたが

その昔、

空海が封じた「8」のエネルギー不動明王が戻る日が本日3月22日。


弘法大師空海が死んだ日は旧暦の3月21日

新暦なら4月22日。

聖徳太子は旧暦2月22日に死んで、しかし現在、聖徳太子・聖霊会なる法要は4月22日に行われている。

キリストは春分の日の翌日に死んだとかって記述からすると3月21日って事になるだろうか???


なんなんじゃ?!

この数字のクロスっぷりは。。。

しかも数霊で計算すれば

空海は22、イエスも22になる。

ああ、こんな具合。。。。

く「8」う「3」か「6」い「5」


足したら全部で「22」でしょ?

イエスも同じ手合いで計算したら「22」


ざっくり言えば

聖徳太子はキリストで、空海はキリストであるところの聖徳太子の生まれ変わりなんじゃねーのか?とか思う。


その昔、ここ四国カルストを空海は封じたようだ。

宇宙のカオスのエネルギー(不動明王)が噴き出す場所を封じる事で

カオス(自由)を隠した空海。


自由を奪われた人々はまた、自由になるべく(本来の姿)自分自身を磨いていく。


闇の働きの背後にあるのは

宇宙と人々への深い慈愛なのだ。


そして今、自由の時代の扉が開き

カオスが戻ってきた。

って事は、宇宙の普通、宇宙の正義のエネルギーが強くなるって事だ。


その日が

空海が死んだ翌日であって

天上界が有する数霊「22」日であるからびっくりする。

しかも今日は、四国カルストの山焼きが行われていて、物理的にも「火」が入っている。

お宿の方曰く、

山焼きは、7、8年振りだったとか。

しかもコロナの影響もあって

インフォメーションも一切していなかったらしい。

本当なら、めちゃくちゃ人が集まって大混雑なのだそうだ。


アタスと友人が、山が焼かれている方面へ車を走らせても規制される事なく

ポイントに辿り着いたらポツポツ雨が降り

消化活動を終えた消防士さん200名ばかりが引き上げ

清めと人払いが終わったカルスト台地に

ぽつんと2人。。。


なんちゅう計らいじゃ。。。

しかもポイントはココだと

車のナンバープレートが次々に不動明王縁日の数字で教えてくれる。

「28」「1028」

よほど不動明王が嬉しかったようで

アタスにまでワクワクが伝わってきたが、

不思議だねぇ。。。

この世は。


目に見えないものに

これ程までに左右されているのか?!と

毎度思う。


で?

上手くいったのか?!って?!

知らん。

今後の三次元の変化を見れば分かるんやない?

それに、もう一度 高野山に行く必要があるし

四天王寺で完了なんだろうから

もう少々ボランティア活動が残っている。


山焼きされたカルスト台地には

ゴールデンウィーク明けぐらいから

次々とお花が咲いて、新緑のシーズンになるとお宿のおじさんが教えてくれた。


あぁ、宿の名前?

天狗荘。

境目は猿田彦の領域だって言ったでしょう?

猿田彦は天狗だからぁ〜

しかし、どこから切り取っても上手く出来ているわよね。

アタス達のお部屋なんて

高知県と愛媛県の県境ライン上なのよっっっ!

何だか揺れるのよっっっ!

しかも時空が行き来してるみたいで

不思議すぎる感覚なのよっっっっ!

頼んでないのに何故かココ。。。

天狗のおもてなしとして受け入れる事にする。

どんな夢見となりますやら。。。

@四国カルストでした〜

 


| ena | 旅事 | 22:00 | comments(0) | - | -
ゲリラ売り@お彼岸

養生菓子処もちねこの、いくちゃんから

お彼岸やし「おはぎ」どう?と提案があって

そうする事が決まった。



美味しゅうございました。

フリーランスで仕事をする人間にとって

今の状態は影響が大きい職種もある。

しかし、

これまでに どんなコミニュケーションを築いてきたのか?によって

世間が大変でも、巻き込まれる事のない

淡々と流れる世界も存在するわけでして。


カオス(混沌)。。。アタスは練り水飴の世界と表現したいが

このクチャっとした世界から新しく何が創造されていくのか?

楽しみで仕方がない。


コロナは、その者の波動に応じて働いているに過ぎない。

自分勝手、気まま。。。と自分を大切にする、自分で自分の面倒をみるのとでは

まったく違う。

人を変える事で自分の意のままにするのではなく、

やるべき事のベクトルの向きは全て自分。

自分の立ち位置をジャンジャン変えて

自由を獲得していく事がコロナと喧嘩しない波動獲得への道である。


朝の機嫌の悪さを

ホルモンの不安定さを

思い通りに行かなかったイライラ。。。知らん。

テメーの問題である。


起こってくる出来事のすべてに意味があるとしたら、それって立ち位置を変えて物事を捉え、古びた価値観から自由になっていく為の

有り難いサポートなのかもしれない。


自分の心とコミニュケーションしているだろうか?

世間一般の価値観で判断していないだろうか?

ウラオモテのない、在るが儘の自分(カオス)で

自分自身とも、周りともコミニュケーションする時

戦いはなくなる。

自分との戦いが無くなるって事は

周りとの戦いも無くなるって事だ。

ひいては、世間から戦いが無くなるって事だ。


人は、相手の誤りを見つける事が上手い。。。が、それをする限り戦争はなくならない。

そんな

自分自身のお手入れグッズの1つに

どーぞ、いくちゃんの愛情たっぷり美味しい美味しいお菓子を是非。


世界平和への近道なのだ。


| ena | プロデュ−ス by サマンサ | 21:55 | comments(0) | - | -
空海の闇との違い

埼玉県に政策で学校にマスクを配るとかいうのがあって、

朝鮮系の学校を省いて配るという

ロクでも無い事が行われたそうだ。


なんちゅう卑劣な行為。。。

日本人全員がそうだと思われる恥ずかしい行いは、いい加減にやめていただきたいものだ。


個人的にやるには勝手にすればいいが

県や行政の絡む事で

そんな事ってあるかっ?!

この案件を聞いただけでも血の通った人間のやる事では無いと感じる。


本気の闇に落ちた輩のやる事だ。


その昔、

空海も闇働きだった。

弘法大師空海といえば、今も信仰を集める

ほぼ神扱いな人である。

本気の僧侶なるものは、術を沢山使えるわけでして、当然空海もそのうちの

類い稀なる術師。


地球を使って、人間という殻に入ったエネルギーを脱皮させるにあたり

いったん、この地球を闇にするために

あらゆるエネルギーポイントを閉じた人物である。


「8」を封じてたった1面にロックしてしまった空海。

「8」は、

カオスであり、宇宙の正義であり

コロナであり不動明王である。


真言密教と言えば不動明王。

封じた不動明王を信仰の対象にしているのだから、空海とは例えようのない天才だったと思う。


なぜか、空海とは同僚のような近しい時代があったと感じているため

彼の作戦が手に取るように分かるし

お前はスゴイっっっ!!!

よっっ!空海っ!と心底感心してしまう。


しかし、

闇とは、その実 深い愛である。

四国を封じた空海の、せめてもの償いが

僧侶を逆周りに88箇所周らせる事だったと感じる。

宇宙の使命に基づいて動いていた空海の

人間らしい一面だったと思う。

ま、知らんけど。


愛である自分を見失う事のなかった

愛の中の闇。

下世話な闇とはまったく違う事を

お見知り置きくださいますと幸いです。

| ena | - | 21:48 | comments(0) | - | -
スムーズすぎる次元移行

速読を始めてからこっち、片付けの夢の多さはここにも書いたのだけれど

ここ最近は、トイレ掃除とかぁ

ウンちにまみれるとかぁ

そんな夢ばっかり。。。


昨日は面白くって

セレブとか呼ばれる奥様達と一緒に

トイレ掃除してるんやけど

そいつらの掃除が、まーーーー適当で、

全然汚れ取れてないわけですよっっ。


で、

アタクシは そーゆー汚れを見つけるのが上手で、おまけに その洗い残しによって

その人の問題となる感情が分かるわけですよ。

「こいつぅ〜此処が問題やねんなー

コイツは此処やなー」とかなんとかいいもって、残された汚れを洗っていく〜みたいな。


けったいな夢やで。。。

しかし、ウンチにまつわる事件は

実際の世界でもあって、

ゴキブリうんち事件とかぁ〜

下水事件とか。。。


コレが何を言わんとしてるか?!っちゅう話ですよ。

って言うかさ〜

見えない世界(素粒子:カオス)からの働きかけって、

いつも何故にこんなに謎めいているのかしらっっっっ?!

火サス(火曜サスペンス劇場)も驚くようなヒントや伏線の数々。。。

もうちょっとダイレクトに言ってきてもらいたいものだけれど

これがまさにカオスであるところの宇宙の特性なのだろう。

エゴがない分、

価値判断を持ち込まず、ただ淡々とエネルギーだけを送ってくる。


もちろん、アタスにだけ送ってきているわけじゃなくってよ!

もれなく全員の元に降ってきているエネルギーなのだけれど

それを受信するか?しないか?だけの話なのだ。


とあるお客様の表現を借りるなら、アタスの受信アンテナは剥き出しになっているらしい。

剥き出しだから、直ぐにピピっと察知するのだとか。

なるほどねぇ〜

上手いこと言うわねアータ。

しかし剥き出しと言われると卑猥さが混じるのは気のせいだろうか?!

言うに事欠いて、

速読貴子は、エナミンのミドルネームに剥き出しを入れる有り様。。。

悪いやっちゃ。


で、

この剥き出しエナミンが受信したエネルギーは、謎めいているところから

コミニュケーションによって解決されていく。

今日は速読貴ちゃんと、本日ラストのお客様がオーラスのサポートをしてくれた。


結果、世間の

お金の仕組みが変わると言うか

お金自体の価値感が変わる時と言いましょうか。

アーンド、もうすでに次元移行が完了している事が判明。

やはりコロナ完了を感じた、2月23日の天皇誕生日にて完了している。。。と思う。

知らんけど。


しかし、

あまりにも自然に移行が進んでいたので

完了された事に気が付けなかったのよっっ!

そもそも、アタスの場合 早々に移行次元の波動に調律していたようで

普通〜だったのよねぇ。。。


あ〜びっくり。

ま、とは言え

どっちがどう?!ってわけでもありませんから、ただ今の貴方が搭載している波動が見せる次元に居るだけの話デス。


どんな違いかって?

そーねー

ティッシュペーパーがある次元と無い次元。

タイミングが良い次元と悪い次元。

笑いのある次元と不安と恐怖に満ち溢れた次元。

コロナにかかる次元とかからない次元。

そーゆーこっちゃ。


| ena | 美しくなるコツ | 12:28 | comments(0) | - | -