Day after tomorrow

年末に友人が見せてくれたのは

土星の影響によって、ここから先にどのような変化があるのか?といった事を書いた本だった。


今年の天体は、確かに

木星に冥王星と土星が絡んでくるらしく

その影響が10年続くっちゅう話だったよな。。。と

その本を読み進めたら

ハイハイ、納得。といった事が多々あったのを覚えている。


その中の1つに

風の時代に入るという下りがあった。

風が強くなるのだ。


なんちゅう映画だったっけ?

強い風が吹いて、乾燥が進み、種が飛ばされ作物が出来ない。

出来るのはトウモロコシのみで

いつなり砂嵐と竜巻の脅威に怯えて地下シェルターを用意している人々。。。みたいな始まりだったやつ。。。


風の時代とは、まさにこんな事が起こってくるのだろう。

地球は温暖化の傾向にあって、CO2が問題で〜なんていう洗脳に今もかかっているのは

世界中で日本人ぐらいだと言われているが

全く、

日本人がアホなのか、マスコミが悪なのか

地球が寒冷化に向かっているのは

今や有名な話なのだが。。。


アメリカ国防総省ペンタゴンのレポートで

すでに20年近く前に発表されていてるのだけれど。。。

何でも商売のために仕組まれていると

そろそろ気が付いていきたいものだ。


アメリカが面白いのは

ちょろちょろそーいった事を出してくる事である。

エナミンおすすめのエックスファイルもその内の1つ。


このペンタゴンレポートを元に作られたのが

映画 Day after tomorrow だと言われている。

急激な寒波により

あらゆるものが凍り始める。

寒波が来る前に逃げるか?!

とにかく暖めまくって寒波が通り過ぎるのをやり過ごすか?!ってな内容だったと思う。


まさに只今ポールシフト中の地球は

大絶滅期に入っていると思われる。

恐竜やマンモスが永久凍土に保存されたように、急激な温度低下もあるのかもしれない

気候大変化の間の揺り幅で

気温上昇もあれば、地殻変動もあるのだろう。

それが今の地球なのだ。


日本のマスコミをもはや見ない方がいいのだろう。

海外のメディアやエンターテイメントや歴史に触れる方が

見えてくるものもあるような気がする。

もちろん医学の世界もしかり。


中国で一切ネット検索が出来ないのも

考えてみれば簡単な話しで

日本も同じなのに、一見規制されてないようにみえるから、うっかり洗脳の罠にハマるのよね〜。

そりゃいつまで経ってもルル(奴隷)から抜け出せないわよね。。。


なに?

Day after tomorrow を忘れた?

是非今一度ご覧あれ。



| ena | 思考 | 17:22 | comments(0) | - | -
course and effect

え〜〜〜物事なんでも因果の法則っちゅうのが働いているわけでして。。。


先だっての「澱み」についていえば

お客さんのご主人が年末にお亡くなりになったのですね、肺炎で。

しかも、

熱なし咳なしの症状ゼロ。

急に肺炎になって急に亡くなったように

一見みえる。

が、

奥さまであるお客さん曰く、

亡くなる3週間前の骨折から始まったと思う。。。と話してくださった。


利き手の骨折によって取り付けられたギプス。

食事も排泄も着替えも、風呂だって1人では困難な状態。

活動的にはよもやなれない中、当然

動かないんだから食事も美味しくない。

お風呂でゆっくり温める事も、汗をかくことも叶わず、安静を余儀なくされる。


こんな生活が「澱み」を生むようだ。

毒っ気が体から抜けない。

当然、免疫力は落ちる一方。

肺炎になっても熱すら出せないほど

衰弱してしまった体。。。といった具合だろうか。


よく、

年いったら転けたらあかんっちゅうのは

「澱み」を生むからなのだろう。


って事は、

痛かろーが、動くコトが重要なのだろう。


そう言えば、落馬して腰骨を骨折したけど

翌日にはベットから起き上がって動く練習を始めて云々というオッさんの話を

何処かで聞いた事があったが

当時、

なんちゅう無理なことを。。。と思ったが

今となっては、アレが正解だったんだねぇ〜と分かる。


あ、少々脱線致しましたが、

そうなるには、そうなる理由「因果」があるわけだ。


例えば、

奥さんに捨てられた挙句、子供も電化製品一切合切持っていかれた男の話や

お金を取られてしまったというような話等々

悲しみに満ち溢れた、可愛そうに見える物語(人生)であっても

必ず、それがそうなる理由っつーのがある。


投げたエネルギーが返ってくるのが

この世界ってやつらしい。


そのエネルギーが形になって

人生という物語、或いは「出来事」となって現れてくる。

わけもなく、物事が起こっているわけではない。

course and effect 


〜とは言え、

それすらも、自分の思いのままに出来る事をお忘れなく。

すべての創造は、自分が創り出した「因果」である。


〜籠を編んでみたいなぁ。。。と思っていたら、籠入りお菓子の差し入れ。。

因果じゃぁ〜:(;゙゚'ω゚'):



| ena | 分類しにくい | 16:53 | comments(0) | - | -
1月22日の宇宙にある地球

去年12月になる前だったっけか?

とあるお寺に行ってみたいと思ったのは。

なんで?

うん、

そのお寺の阿闍梨さまに会ってみたいと思ったからだ。

チャンスは毎月「22日」

なら、新年早々が良いだろう!って事で

早速1月22日を休みにしたのであった。


なんとなく友人達に声をかけて

縁ある人々が集うんだろうな〜と思っていたら、結局7人が行く事になった。


久しぶりに般若心経の祈りと真言宗の太鼓の響きが気持ちよく癒された。


その後、

宝塚の友人宅へ寄せてもらい

際立った個性を持つ人々との食事をしながらの座談会。


お寺でも、友人宅でも

色んな音(波動)を浴びて、体の調整(肉体)

心(エーテル体やアストラル体に属するもの)の調整、がされていく。


私は、たぶんこんな風だと思う。

宇宙の揺らぎは音になる。

その音と共鳴する事が、この世での生きやすさなのだろう。。。と。


日々の暮らしの中で

体が歪んだり、水銀や鉛、化学物質等々の重い物質をデトックスせずに抱え込む肉体の場合、音階が崩れる。

わかりやすく言うなら

「ドレミファソラシド」が宇宙の音階なら

「ど♭れ♭み♭〜」といった具合に

陰気な音階になってしまったりするのだろう。


すると、宇宙との間に摩擦が起こる。

そして摩擦を解消するための出来事が起こる。。。といった感じが

宇宙を忘れてしまったアタスたち「人間」の

「人生」という物語なのではないか?と。


宇宙を学ぶ人々の考えの中のひとつに

昨日1月22日は宇宙新年だという概念があるらしい。

2020年の初・子の日だったり〜

なんやかんやが重なる日だったらしく

とにかく色んな事始めに向いている日だったらしい。


いつも体のメンテナンスでお世話になっているミスター曰く

「宇宙は常に生まれているのだから

宇宙に新年なんてものはありませんっっ!」と言う事らしいが

何がどーなっているんだか

アタスは、よくわからない。

毎度創り出される宇宙とやらは

アタス達の意識によって開くのだと思うし

って事は天体の位置も当然変わるわけだから

その時その時によって

宇宙も地球もエネルギーのレベルが色々なんじゃないか?とか思う。

そーいった意味では

パワーの強い日もあるのだろう。


しかし

卵が先か?鶏が先か?

と同じように、宇宙が先か?意識が先か?ってな事を思うのだ。


アタスの体験した世界観で言うなら

意識が先なのだ。


何もない虚空の宇宙に意識によって波動が起きて立体化していく。

〜なら、

確かに本日今日が宇宙新年ってのはないのだろう。

いつも新年といった方がいいのかもしれない。

しかし、この地球は

毎日継続されているように見える。

っていうか

皆の連続性の思考によって生み出されている

宇宙の中の地球がある。。。ように見えているっちゅうか。


一体全体、

宇宙とはどーーーなっているんだか?

見えない世界ってどんな事になっているのだろうねぇ???

昨日、阿闍梨さまが話してくれた中に

「空間にあるものや植物や動物、鉱物

この世界にあるものすべてと繋がっているという感性を開いて

そのすべてに生かされている事に感謝する事こそ

1人1人に込められたチカラを何十倍にも出来ることなのですよ。」といったような下りがあったが、まさに

物語に埋没してしまった人々にとって

この上ない分かりやすさだったと思う。


上記の音階よろしく

宇宙とリンクする音階は倍音を奏でるような気がしている。

音が何十倍にも増幅する、そんな感じ。


家に帰ってから

沢山受け取った音が定着するのに

少々時間を要したが、アタスの中では完了。


そーゅーー意味では

確かに宇宙新年だったのだろう。


〜ウチの畑のキャベツちゃん〜

ほったらかしでこんなに立派に。。。

宇宙が育ててくれやしたっっ。







| ena | キラキラ | 20:20 | comments(0) | - | -
お顔のトラブル

アタスの周りに軽く5人は肌荒れの人がいる。

ここきて急に〜とか、だんだん酷くなって〜とか色々だけれども

単純に友達知人に5人以上て多くない?

内、1人は原因が分かっていて

「水道水」なのだそうだ。


水道水を口にするものに使われてると

あかんのは本人も前から知っていたものの

どんどん敏感になっているらしく

もはや少量でも皮膚に出てくるようになっていて

外食で水道水かどうかを判別出来るという

特技が出来たほどらしい。


ほんで

水道水があかんかったら、ほとんどの外食があかんっていうのも分かった言うて。


パンもうどんや蕎麦もコーヒーも味噌汁も

とにかく揚げモン焼きモン以外

水を要する料理や飲料は危険なのだそうだ。


それ程までに、世の中 「水」への意識が低いって事だ。

化学処理された水は安全だと言うが

アトピーのような症状を出す人間がいるというのに、どこが安全なんだか?


殺菌消毒がされているから安全って事?

その為に人体に影響があっても構わないって事なのだろう。


そーね。

アタクシ達奴隷だから仕方がないわよね〜


でも、そんな事でいちいち皮膚が痒いとか

ただれるとかやってられないのよっっ!

ここは賢く対処しないと。


炭を使うとか

ビタミンCを使うとか

活性化させる活水器を取り付けるとかなんとか。

全ての源の水が汚染されているって

どーしようもないからですね。。。

とにかく、

知らないだけだったり。目には見えないって事で

化学物質やら放射能やら

奴隷達にとって過酷極まりない状態なのよ。


皮膚科に行ったところで

結局ステロイドを渡されてハイ終了〜な治療とかいうのが

おかしいだろー?と気付いてくれる医者と患者が増える事を望む。


中国で新型肺炎の話も出てるしさぁー

もはや自分をスーパーサイア人にしていく事が大事よね。

そのためには、先ずはデトックス。

要らないモノはどんどん出さないと

片付かないのよ体の中も。

澱みに敏感になると便利よ〜


あ、「澱み?」

記事にしていなかったかしらん?

調べてまだならこの次書くわっっっ!

季節の変わり目、皆さまご自愛くださいませ。


〜出来てん。車のティッシュBOX〜



| ena | 水の事 | 17:42 | comments(0) | - | -
今も変わらず

Noaのお客様たちは「ゆるNoa」を読んでくださっている方が多いようだ。

十分、アタスがどのような人間か分かってくださっているだろうに

こんな何でもありの ゆっるぅ〜い記事に目を通してくださっているとは

なんとも有り難い話である。


皆さまが開けてくださるページからも確認出来るのかしら?

ゆるNoaの記事でここ最近のランキングのとこ。

アタスもね、

あそこ見ては、「へ〜。。。どんな内容だったかしら???」と読み返す事があるのよ。

だいたい出してしまえば忘れてますからねぇ。


この間、そこに2008年投稿の「あらためましてNoaとは。。。」っちゅう記事がランクインしてて

この記事を読んでくださる方が多いって事は

初めて「ゆるNoa」のページをうっかり開けてしまったか、

Noaの看板を見て検索してくださったかなんかだと推測するわけですが

2008年て、12年前の記事よっっっ!

干支が一回りしちゃってるのよ!


って事で

当然 開けて読んでみましたのよ。

そしたら、

今と変わらないアタスがいたわっっ。


〜また、気持ちが変わればシェアしますね〜って言うとるけど

変わってないから「あらためましてNoaとは。。。」は、そのままそっとしておくとする。


早いもので2008年5月2日のNoa船出から12年か。。。

あの時立てた柱に狂いなく、今ココに居る自分を褒めてあげたい。

そして

このゆるさとオタクさにお付き合いくださる皆さまへ〜

ありがとう と 感謝デス!

| ena | Noaの事 | 01:20 | comments(0) | - | -
ビミョぉ〜

今日はボンボンヴォヤージュメンバーの

お一人にお付き合い頂いて

中国の神話を歌や踊り、音楽で表現するっちゅう舞台を観に行ってきた。


おタッキーなエナミンからみれば

アタクシ達がどうやって宇宙から地球へやってきたのか?や

それを忘却するに至った歴史が確かに描かれていて「なるほどぉ〜結構ちゃんととらえている部分もあるのね〜」と思う一方

チョイチョイ「それはどーですか?」な表現や解釈が入り混じり

なんとも複雑で、ご一緒したT氏とも話していたが、まさにカオスな中国を感じずには

いられなかったわけでして。。。


あの国って、

とにかく、何でもいき過ぎるのよねぇ。。。

やり過ぎるとも言うが。。。

ほら、過ぎるっておかしくなるからぁ。


神々の世界をいじくっているだけに

宗教の布教活動と思われても仕方ないような仕上がりにも見えてねぇ。。。

舞踊の要素やユーモアもあって

オモロかったし凄かったのよ!

で〜もぉ〜。。。みたいなビミョウさが残る

不思議なお作品だったわっっっ。


最後は結局、如来とか菩薩を感じさせる

救世主なるものが助けてくれるって落ちで結実するわけだが


救世主て。。。

誰かが助けにきてくれるって言うたら

そりゃあんた宗教だから。


神々の世界はあるだろーよ。

アタクシ達とは波動が違うから、この体がある状態での対面は難しいが

夢(エーテル体)の中や、脳波がシーター波になっている状態でなら会えたりもしますよ、きっと。


とは言え、

別に救世主ちゃうし。

敢えて言うなら、自分が救世主やから

「誰か」とか設定したらあかんやろ。


布教活動の為のチケット代だったのか?!

って、ちょっと頭よぎったわ。

オモロかったけどな。


ま、

これもまた体験ですな。

〜行ってみて、やってみて、はじめて分かる事がある〜詠み人エナミン

なんつって。

お後がよろしいようで。。ビミョぉ〜か?!

| ena | どぉでもええか?な話 | 00:31 | comments(0) | - | -
格言?迷信?

若い頃付き合っていた人が夜に爪を切り出したので

「夜やから爪切ったらあかんで。親の死に目に会われへんで。」て言うたら

大爆笑されたのを覚えている。


「それは暗い所で爪を切ったら、深爪するから気をつけなさい〜の教訓だろ。」と言われて、

なるほど、そーゆー考え方もあったのか。。。と思った事も覚えている。


それにつけても、酷い脅し方を考えついたものだ。

親の死に目に会えんからと脅しつけなければならないほど、深爪が危険だったのだろうか?


考えてみたら、アタクシ達の周りには

こんな手合いのものが沢山トラップとして

仕掛けられている。


二度あることは三度ある〜とかぁ

三度目の正直〜とかぁ

いい事の後には悪いことの繰り返し〜とかぁ

石の上にも三年〜とかぁ


いや、まだまだある。

夜に靴を下ろしてはいけない〜

夜に口笛を吹いてもいけなかったような。。。


縁起を担いだり、

子供を危険から守るために考えたことだったり色々なんだろう。


このような「暗示」も、本気で思い込めばそーーなるわけだ。

だって 結局、人は 自分の意識のちからによって

現実を創造しているわけなので

どんな暗示を自分に掛けるのか?が

楽か?苦か?のポイントになる。


その迷信や格言は、いったい誰が創り出したんだろう?って事だ。


意識を宇宙に向けてみて頂きたい。

宇宙が「爪を夜切ったら親の死に目に会えない」と言いますか?


宇宙が「二度あることは三度ある」と言います?


はい。言いません。

宇宙は、ただ淡々とエネルギー活動をしているだけで

そこに価値観やエゴを持ち込むのは

「思考を持つ者」のやる事ですから

宇宙ではありません。


さて、

あなたは どんな格言や迷信に囚われているあなただろうか?

「自由」がテーマの現行の地球において

囚われるようなモノは全て必要のないものである。

また上手くできてますなぁ。。。「囚」っちゅう漢字。

人が檻の中に入ってますがな。


今日も たまたまタロットを教えてくれている友人の髪をやってる時に

タロット仲間が立ち寄ってくれたので

3人であーだこーだと話していたが

世間っちゅう場において、まだまだ宇宙の話題をする事はないようだ。


ユニ門(ユニモン:公文のごとくユニークな人々が増えていく社会を普通にする)創立しようかとしているアタクシなんかは

何処に行っても宇宙を持ち出し可能だけれど

会社や友達関係で、そこに触れていくのは

難しいらしい。

しかし、

もはや、そこに触れなければ辻褄も合わんし

世間に流れるニュースの話なんか

退屈と感じる人々も多いと思うけどなぁ。。。


やっぱり、けったいな人と思われる事が

嫌なのかしら?

なんでかなぁ〜???

皆んなけったいやのに。ええやん。

さ!

本格的に「ユニ門ロード案内所」創るわよ!


| ena | 思考 | 00:48 | comments(0) | - | -
スターウォーズはあかんのんかいっっ

スターウォーズについて書いていたら

ウェブが繋がらなくなり記事が消えてしまったり、アタスの嫌いなニオイを近づけたりしてきよるので

書いて欲しくない何かの働きがあるのだろう。


もちろん映画スターウォーズは有名であるが

アタスは1度も観た事がない。

アタスの言うスターウォーズは、本気の宇宙戦争の話である。


映画スターウォーズはマトリックスな世界を表現しているので

あれは、実際の宇宙戦争について描いてるで。と友達がおせーてくれたが、

なるほど。

そこを知られたくない何者かによる妨害活動があるんだね。


今時。。。

まだ何を隠そうとしているんだか。。。異星人達。。。


この間、

別の友人から読んでみて欲しいと送られてきたブログを開いて

途中、気分悪なって消したった事があったけど、

そこには、

地底の異星人がああだこうだ

あの星の奴とは関わるな、抹殺しろ、無視しろだへったくれ。。。と とある講演会での事が書かれていたわけですが


「こんな新らしいニュースに触れられて凄い!」だとか

「〜先生は凄い!」だとか。


アホか。


結局、感じる事をせず

自分を信じる事を横に置いて、自分自身の柱を立てずにきた人間の成れの果てである。

何も分かっていないし

何も分かっていない事すら気付いていないのだ。


宇宙での戦いだろーが

この世の戦いであろーが

もう、その戦いを終わらせていく統合の時代だと言うのに

何言うとんねんっっっ。

戦いがどこから始まるのか全く分かっていない。


その話を聞いた何が凄いんだっっ?!

それを話した奴のどこがどう凄いんだっっ?!

お前の神聖はどこ行ったんじゃ!

ほんま、こーいったスピリチュアル系とか言う人々の闇は病みであって

どーーしようもない。


自分の柱が立っていないから

周りに踊らされて、ぐらぐらブレて

目の前の事がどーゆー事なのか精査する事すら出来ない。


支配したい側にとっては

檻の中に奴隷を繋ぎ止めておける都合の良い手段だというのに。。。


テレビで取り上げられたケーキ屋に行列が出来るのとなんら変わらない。

マスコミに誘導され

名前に洗脳されて、経済活動に参加する。


有名な先生の言う事に誘導され

そのすべての話を事実として洗脳され

ブログでスプレッドしていく

エネルギー活動をする地球として

めちゃくちゃ迷惑な話である。


自分のカルマを使って、枠から飛び出していくのが人間なる活動である。

あらゆる問題障害を通して

内観して自分を知って、

自分の良いところも悪いところも

嫌いなところも全部見て、認めて許していく作業。

そうやって、

自分自身を信じていくチカラ、自分を疑わないチカラを養っていく。

それが、

自分自身の柱を立てて太く強くしていくことなのである。


自分の内側からしかエネルギーの源へと繋がる道はない。

誰かが連れていってくれるわけではないのだ。


そして、

問題障害すら自分自身で設定して生まれてきている事をお忘れなく。


目の前に現れる物語はリアルだ。

リアルであるが、本物ではない。

単に、内観を誘発する物語でしかない事を見破って、

社会が創った価値観に惑わされる事なく

信じるに足る自分になっていくことが

周りを幸せに、家族を幸せに、

現れてくる物語を幸せにする事も忘れずにいたいものだ。


| ena | 美しくなるコツ | 17:36 | comments(0) | - | -
失敗は成功のもと

新しく生活の場を関東へ移されるお客さんに

何がいいかなぁ〜。。。と

なかなか思いつかんので、いっそ聞いてしまおう!と

「何か作ってプレゼントしたいと思っているのですが、何かあればいいなぁ〜と思うものありますか?」


キーケースって回答を得て作ったところ

革もまだあるし〜って事で

お気楽に共革でバックを合わせ作ろう!と

思いついたまでは良かったのよ。


もぉ〜難しいわぁ。。。

オリジナルにするつもりがないのに

都度対応しないといけない能力の低さなので

蓋を開ければ、結局 超オリジナルになってしまう。。。( ̄◇ ̄;)


型紙を作ったのに

まさかの上下逆に縫い合わせるという

しょっぱなからの失敗に

縫い終わって気がつくという呑気な自分を褒めるか貶すか迷う。。。


着物をよく着られる方なので

最終バンブーの取っ手にしたのが。。。っていうか、その道しかなかったって言うたほうが正しいけど、良かった気がする。


ほんま、

手仕事って大変よね。。。

もう2度と作れないと思う。

ま、

それもまた良しか。。。

ある意味 この世で1つ。

完成しやしたっっっ。



気に入って頂けるといいのだけれど。。。


〜追記〜

今は車に置いてるボックスティッシュのカバーを作っている。

その場しのぎで作ったカバーは、さすがに劣化が早く、その後

ジーンズ生地のカバーにしてみたが

コレが全くあの車に合わん。

エナミンの車をご存知の方なら想像していただけると思うが

怖ろしいまでに「何でもいい」が合わない車である。

そのため、

たかがテッシュケースに何故っっっっ!?!?っと言いたくなるほど手がかかっていて、考えられないっっっっ!

誰のためでもなく、こんなに手をかけなければならなくなるとは。。。

まったくぅ。。。

完成したら、また見たってね〜


| ena | こだわってる風な事 | 21:39 | comments(0) | - | -
芸術鑑賞研修

〜ダンスオブヴァンパイア〜なるミュージカルを観に行ってきた。


そもそも、

映画が元にあってのミュージカル化らしいが

まさかの、結末がよーーわからんっていうね。。。


もちろん例のごとく、事前情報も入手しない

エナミンですから

あまりにも理解出来ないので

終わってから、結末をどう捉えたのか?って

観た人々の意見を

ウェブ検索したわっっっ。


それぞれが描いてるのを読んだところで

やっぱり結末は それぞれに委ねられている為、どれもしっくりはこんが

結末以外の場面解説においても

「え!?そーーだったの?!」

「あ、そーゆー意味っっ?!」って部分がかなりあって、

なるほど、

皆んな何回も観にいっては観察&考察を深めているのねっっっと、納得。


最後は観客キャスト全員でダンスして終わるわけだが、「そーゆー意味も含めたダンスオブヴァンパイアなのかっっっ?!」と顎が落ちた。


しかも隣に1人で来てたおっさんがおって

観劇中、注意したろかっっ?!ってな勢いで

コックリこっくりしとって

ほとんど寝とったくせに、最後は踊るんかいっっっっっ?!やったもんね。


なんやねんコイツ!

踊りに来たんかいっっっ?!と突っ込んだが、

彼も もしかしたらヘビーローテションで

ダンスオブ〜を観に来ている人なのかもしれない。。。

おそるべしヴァンパイア( ̄◇ ̄;)。。。


アタスの感想としては、「長い。」

その場面カットでいいんじゃないっすかね?!

とかぁ〜

それ要らんよね。とかぁ〜

あーーーーー飽きたぁ〜

眠ぅ〜〜〜。とか。


実際、同行のK氏寝てたしっっっ!

始まって速攻落ちたからビックリしたわっ!

結局、

右も左も寝ててさ〜

ま、自由でいいけど。


しかし、

途中で ヴァンパイアに噛まれる事を怖れるぐらいなら、いっそ噛まれて

永遠の命を生きるのもいいんちゃう?!って思ったりしたのは面白い思考だと自分でも思った。


だって、ヴァンパイアに狙われなくなるし

働かなくて良くなるし

とにかく自由になるから。

とはいえ、

究極の退屈が付き纏うのだが。

永遠の自由と退屈。

で、すでに死んでるから死ねない。

こりゃキツイ。。。


次元の狭間に完全に捕まってしまう。

自由と思いきや不自由極まりない事態に陥る事間違い無し。

って事で

やっぱりあたしゃこりゃ選ばんな。

まぁ。。。。となれば

逃げるしかないわねっっ!


で、

死ぬなら狼に襲われるとかして

ヴァンパイア化しないようにするわねっっ。

もしくは、

正気なうちに杭を心臓に打ってもらうように

強く頼んでおくかよねっっ!

って言うか、

頼んでた人 全員ヴァンパイア化してたら

おじゃんだわっっっっ!


とまぁ、

話は尽きませんのよ。。。芸術って。

さ!

次は中国の民話ミュージカルよ!




| ena | - | 22:10 | comments(0) | - | -