Looking for Alains

何処で?

大阪市立美術館で。


オモロかったわ〜

友達がバイトしてる先のチケットをプレゼントしてくれていたので

ぼちぼち行っとかんと終わるなぁ〜と

足を運ぶ事にした、日本と中国の仏像展。


平安時代、戦国時代、鎌倉に唐時代。。。

真剣にメモを取りながら懸命に見学する人々や

拝みながら周るおばあちゃん達を横目に

半笑いで観察して周るアタス。


入館早々、バイト中の友達がアタスを見つけて寄ってきたかと思ったら

一番最初の展示物を「これより次のん もっとおかしいで。」と言いよる。


もぉ〜

やめて〜わろてまうやんかーーーー。

と、2つ目の展示物。

完璧な宇宙人。人間の形すらしてない。

アレをみんなは、どない思てんやろか?


そら掘りとしては素晴らしいとか

彫金技術の高さに感心するが

対象は、完全におかしいからね。


客観的に見て下さいよ。

弥勒菩薩、釈迦如来云々

そんな頭の形おかしいやんっっっ。

やし、

よーーーーーー見てぇ〜

仮面被っとるから。

後ろに金具付いてる様子まで忠実に再現しとる。


宇宙人っていうか、異星人やからっっっ。

オモロいわ〜

このDNAからヒューマノイドを創造したと思ったらオモロ〜てオモロ〜て。


だって、

頭頂部が禿げたやつおったり

頭頂部が突起してるやつおったり

おるやん!

人間でも。

ちゃんと遺伝してるからぁあぁ。


よもや人間が魚から進化して

猿から人間になったとか思ってる人は

今時いてないと思うけど

こんな幼稚な洗脳、昔の仏像とか古墳、埴輪やら掛軸みたら

一発で分かる話しやから。


十一面観世音みたいな〜

なんやら菩薩〜みたいな名前で

神さまみたいな事になってるけど

まーーーー確かに

あんなもんが空からやってきたらビックリして神!って言うてまうかもしれへんけど

ちゃう。

いや、ある意味そーーーやけど

やっぱりちゃうねんなーーーー。


白人で青い目の人初めて見たらびっくりするでしょ?

黒人で髪の毛クリクリの人初めて見たら

やっぱりびっくりするでしょう?

その人々が

理解出来へん言葉発しながら

アタクシ達が持ってない道具取り出して見せたらびっくりするでしょ?!


今まで木を擦って火を起こしてた所に

ライターで火つけられたらびっくりして

神っっっっ!とか言うてまうでしょ?


そーーゆーーー事やから。


ま、もーーちょっと複雑やけど

ざっくり言うたらそーゆー事やん。


そんな観点から物事見たら、面白い発見ありまっせ〜っちゅう話し。


エナミンの場合、いつもそんなスイッチで

見てるから、展示品は

ざーーーっと見渡して、コイツ気になるって所で足を止めるわけですよ。

今回は、

韋駄天っていうヤツと

その並びの像が気にかかる。


で、

接近してじっくり観察。

韋駄天はね〜第2展示室にもあるけど

第1展示室のほうね、

アレ面白い。

動いてると思うわよ〜

舐めるように見たったら冷や汗かいてくるような雰囲気醸し出てたけど

あれ、オカシイ。

友達に言うたら、

「もはや仏像見学ちゃうしっっっ。

あたし韋駄天の隣のんが怪しいと思ってんねんっっ」て

お前もそんな視点で見てんのんかいっっっ!と、

さすがエナミンのお友達だわっっっ。と感心したのであった。


って事で

アタクシ的に、年代を経た美術品

とくに神的なものは

案外隠される事なく現れているモノを発見する面白さがあると思っているので

眉間にシワを寄せてみるようなものではなく、ワクワクしながら見学できるアトラクションのような位置付けなのだ。


あーーーーー

今日のも面白かった〜

12月8日までだそうですから

やる事ないなら、遊びに行ってみると良いかも〜

| ena | キラキラ | 21:44 | comments(0) | - | -
人んちの宣伝

「数霊セミナー&ワーク in 京都府宇治市」


っちゅうのを開催するんだそーです。

アタクシの整体の先生が。

興味がおありの方がいらしたら〜と

直接インフォメーションしようと思ったものの

それも面倒なので

先生にも確認とって、

ここは一気にっっっ!って事で

この場にて。


アタクシはお仕事が入っているので

行きませんが、

ま、

かなりユニークな人に

会いたい場合はおススメしましょう。


では、どーぞ。


☆数霊セミナー☆

日本は数霊と言霊がおりなすハーモニーの中にあります。

言葉や音にはエネルギーが宿るように、数にもその奥に秘められた力があり、それを数霊といいます。

数霊は古神道で古くから伝わり、大自然の叡智を授かる手段として現代まで継承されてきました。

古来より、日本に連綿と受け継がれてきた文化・風習や、風土に根付いた生活習慣から現代の世界情勢に至るまでを、わかりやすく数霊と言霊にて解説。

「感動・笑い・気付き」をたっぷりお届けいたします。


☆数霊ワーク☆

数霊ワークにて、数霊をどのように生活の場で活かしていくかの実践や、数霊用の暦を使って地球と呼吸を合わせる数霊利用法などをお伝えいたします。


また、出逢った人へのギフト用に、数霊メッセージとして相手の素晴らしさを伝えるワークも実践。

このワークは本当に楽しく感動的です。



☆記載事項☆

日時:1月25日(土)

開場:10時00分

開演:10時30分〜16時30分頃

会場:カフェ&ランチ ルルココ  (0774)84-9045

住所:宇治市明星町一丁目5-36

参加費:7000円 ランチ&ドリンク付き

(参加費は当日会場にてお支払いいただきますが、前日または当日のキャンセルはキャンセル料が3000円必要になりますので、ご了承ください)

※駐車スペースが小さいため、交通機関をご利用いただければ京阪宇治駅まで送り迎えいたします。


☆持ち物☆

★筆記用具と電卓(できれば10桁以上のもの。無ければ8桁でも可)

★「数霊に秘められた宇宙の叡智」(5次元文庫)、「宇宙一切を動かす数霊の超メッセージ」(ヒカルランド)または「数霊力で望む未来を選びとる」(ヒカルランド)

のいずれかをご持参ください。

※「数霊力で望む未来を選びとる」(税込み2000円)は当日会場でも販売いたします。



だそーーーです。

| ena | お知らせ | 00:16 | comments(0) | - | -
陰陽プレアデス

最初に。


この地球は、

プレアデスの存在によって創造されて始まっている。


輪廻転生、生まれ変わりのシステムも

ヒューマノイドボディーを創造する時も

プレアデスはDNAの提供等々、深く関与している事を記しておきたい。


アタスの思い出した記憶のひとつ、プレアデスでの出来事は

今現在、アタスが地球にやってくる動機となっている部分である。

そりゃそうだ。自分に関係ない部分を見ても仕方がないからですね。


黄道十二宮なる星座の世界には恒星ってのが

いっぱいある。

ベガだ〜ペテルギウスだ〜オリオンだ〜シリウスだ〜云々

1度くらいは耳にした事があるのではないだろうか?

プレアデスも、その内のひとつ。


とにかく「The・フリーダム」を絵に描いたような星だった。

唯一の縛りと言えば、

子供を作る時はプレアデス同士で宜しく。。。ってなぐらい。

しかし、

節操が無いとも言えるプレアデスの人々に

そんな事が守れるわけがそもそもなかったわけで、

混血がいっぱい出来上がってくる。

混血が少ないうちは問題なかったが、どんどんその数が増加すると共に

星内に混乱が勃発し始める。


どーにも手の打ちようが無くなって

星が消滅するのを回避するには???の会議が王族の中で行われ

闇と光でこのプレアデスを分ける事になりそうだと、大臣たちの会話を立ち聞きしていたアタスは

「ヒャダ!大変っっ!でもアタスは光を選ぶわ!」と

その時、決断したのを覚えている。


自由の星プレアデスにおいて、

選択の自由は当然の事だったからである。


が、

この分割作業は、王の一存で突如として起こり、選択の自由も与えられないまま

闇と光に分けられた。


アタスは。その時 光の方に居て

自分で選んだのだから当然だと思いきや

仲の良かった友達が居ない事に驚いて

知らせてあげれば良かったと、罪悪感を抱く事になったのだが

その後、

光と闇を分けた手法が、純血か?混血か?だったと悟り

知らせていたところで、どうにもならなかったと知った。


神官であろうが、大臣であろうが、

混血なら闇へ。

純血なら光へ。


事前に知らされる事もなく

自由も奪われ、あげく闇に落とされたプレアデスの人々の怒りは

想像するに硬く無い。


もちろん復讐を誓う。

何処で?

プレアデスがつくった地球で。


そんな闇のプレアデスの人々に

手を貸すといって甘い言葉で近づいてきた

アークトゥルスの働きもあったり

宇宙戦争があったり

いかんせん、ありとあらゆる揉め事が

この地球に持ち込まれてきた歴史がある。


そこから もうずぅーーーーーーーっと

訳の分からない程の時を経て

今に至っている。

種があり、芽が出て、花が咲いて、実がなって、さらに種が増えて、芽が増えて〜と

じゃんじゃん闇は大きく広がっていったものの、

この地球は太陽系に属していて

太陽系は銀河系に属していて〜ってな具合に

1つで動いているわけではないので

リンクして共に動いていく中で、活発なエネルギー活動を宇宙が進めるなら

当然、地球もそうなる。


そうなる時、

昨日の話よろしく、駒の回転速度は上がる。

回転速度が上がってエネルギー活動が活発になるという事は

創造される物語も変わっていくという事だ。


〜なので

今まで闇の働きをしていたものは光へ

陰は陽へと転じていく。

それが自然というやつだから、これ以上

説明のしようがないのだが。


こういった事から、

今 プレアデスの闇の働きが光へ変容する時をむかえているわけだ。


ここまで読んで頂いたなら、分かると思いますが、闇だ光だ 陰だ陽だ

そこに人間的価値観の良い悪いは一切ない。

そもそも、

復讐だ〜善だ悪だと

そこに意味を取り付けるのはエゴの世界であり、活発なエネルギー活動にあるものではない。


ここに左右されているという事は

やはり光には程遠い。

とは言え、

気持ちが分からないわけではなく

分かってあげられる人間種が少ない事も確かだろう。

と言ったわけで

こんな事をアタスが書くコトになってしまっているのだが。。。


プレアデスで起きた謂わば彼らのトラウマが

藤原氏を通して表現されているのが分かるだろうか?


天皇家というシリウスの純血種の座を奪いたかった藤原一族。


さ、

伝えられる事は伝えたわよ、闇のプレアデスの人々。

長い間大変だっただろう。

自分で自分の愛を封じながらの闇の働きは

辛かっただろうに。。。

ちゃんと光に統合されるよう祈ることにしよう。

| ena | プロデュ−ス by サマンサ | 14:34 | comments(0) | - | -
乗っ取り事件

Facebook は、もうずいぶん動かしていない。

アカウントロックされている状態なのに

何故か友人のページにお邪魔しているようだ。

ハイ、乗っ取られました。


という事で

enaminnがどーのこーのとFacebookが言うてるのは、嘘です。

アタスの習性をよくご存知な皆様

見破ってね。


さて、

この乗っ取り事件。

少々気になる事がありまして。。。

ここ数日、

藤原一族の案件を調べてたんですよねぇ〜

そのお題も「日本を乗っ取る名門一族」

春日大社が本陣の中臣鎌足から始まったとされる藤原一族。

バッチバッチのサイキックだった鎌足の血統ですから、お察しの通り陰陽師デスね。


夏の天満宮事件に続いて、近頃また天満がうるさかったものですから

藤原氏との関連を調べて、繋がりも分かっていまして

天満神社なる場所のご祭神は

菅原道真と藤原利仁。


どちらもサイキックであり、正義感の強いお二人なようで。。。


確かに、天満宮事件と同じ頃

談山神社や當麻寺も調べてはいたのですが

いかんせん、この2つの社も春日大社も

行きたくないのだから仕方がない。

闇のボルテックスと言えばイメージ出来るかしら?

皆さまにとってどうかは知りませんよ。

しかし、アタスにとってはそんな感じ。

行った事ないし、嫌い。


それから

もうひとつ背後で動いている働きがある。

これも、ここ最近やっと表立って現れてきたのを確認したばかりだった。

プレアデス(昴)の存在。

もちろん闇働きなので陰の方ですが。


あまりにもタイミングよくリンクする事からして、アタスの中で見えてる物語があって

今日、これもまたタイミングよく

いつものミスターの予約を入れてあったので

ファイナルアンサーで確認をとる事が出来た。


Facebook : 間違いなく乗っ取られてます


藤原氏とFacebook乗っ取りとの関係

 : ザッツライト。ハイ関係してます

 

プレアデス : 藤原氏イコール、闇のプレアデス


やっぱり。

とは言え、

分かるぐらいのアピールは

もう自分達の仕事も終わりにきてる事を

分かっているわけですから

ココはひとつ、光と統合してもらわんといかんわけですが

少々複雑な話しですから、

とりあえず、今この時点までの事をまとめておきたい。


誰のために?

そーねー。。。


約束したんですよねぇ〜プレアデスの闇の働きに転じてしまっている存在達と。

アタスも、今回 地球にやってきたのは

プレアデス経由ですから

この世の闇の始まりを知っている関係上

また、

この事件解決を使命のひとつとしてやってきた以上、やらなしゃーないと言いますか。


以前も、

退行催眠を受けた直後に

このくだりを記事にしているのだけれど

時期早々だったんだろうねぇ。。。


もう一度、ちゃんと世に出して欲しいそうだ。


って事で改めまして〜

この世は、エネルギー振動によって出来上がっているわけですが

振動の回数とか回転と言えば伝わりやすいだろうか?それによって開く次元があるわけです。


あまりにも回転速度が早い駒の絵柄が見えないのと同じように

自分と速度が合わない世界を見る事は叶わない。


しかし、見えないから無いのではなく在るわけです。


その見えない世界にも、アタス達の世界と同じような物語があったりする。

今日ここで登場しているプレアデスは

まさに、その世界の物語。


そして、

プレアデスの闇の働きが藤原一族を動かし

藤原一族は、今この現代の政治の世界に入り混んでいるわけでして

雲を掴むような話は、実は現実と著しく関わりを持っている事を

ひとまずお伝えしておこう。


プレアデスが今こんな事になっている事の発端は、次回に譲るとする。


自分1人で生きていると思っているかしら?

いーえ。

決して人は1人にはなれませんのよ。

貴方がアナタであるには

背後に幾重にも重なったエネルギーと

その物語があるのよ。

とは言え、

そこから先には、何もない「ただ在る」だけの世界が広がっているのだけれど

何を言っているか分からない?

そーよね。

ま、

分かる人に縁あるって事でしょうから

そーゆー事で。

じゃ、

また次回。


〜エナミン農園〜



でっかくなっていたわ!

レタス収穫したのよね〜

次は白菜よっっっ!


| ena | プロデュ−ス by サマンサ | 20:31 | comments(0) | - | -
チャレンジ

お中元だ〜お歳暮だといって

いつもご馳走してくださるお客サマに

欲しがってはったバックをプレゼント出来たらいいか?と作り始めた作品と

ボンボンボヤージュメンバー依頼のバックと

来年早々、

関東にお引っ越しされるお客さまへ

プレゼントを〜。。。とか

この革でこの人に〜。。。とか

あれやこれや肩をいわさないて程度で

1人レザークラフト倶楽部で楽しんでいる。



気がつけば、

アタスの周りには、アートに携わる人がけっこういる。


手芸に絵描き、木工にフラワーアート云々

ユニークな人々多しっっっ。



その中の1人、以前Noaでも作品展示をしてくれた 石鹸カーヴィングのアーティスト、Smaichiさんが

昨日と今日、二回目となる個展を

港区のCafe で開催していた。


日程的にいけるかどうか微妙だったのだけれど、なんとか間に合って見学させてもらったが

また、恐ろしく腕が。。。っていうか

オタク度があがった 細かい芸風を余すことなく発揮していた。


彼女の良いところは

今の自分に出来る限界を超えたところにチャレンジしていくところである。


安全パイでおさまらないところが良い。


で、

結果、やってしまうから凄い。

そうこうしてる内に、高い山に登れてました。。。みたいな。


昨日来てくれたアートを取り扱う友人が

作家が、外側に気に入られるように〜とか

技術〜とか、流行り〜とかを追いかけて

自分の内側を表現出来なくなったら終わり。おもろない。。。と言っていたが


まったくだ。


自分の内側を作品に表現するから

誠実さや実直さや苦悩やら云々を感じられるわけで

外枠だけの体裁を整えた作品からは

アタスレベルでさえ

薄っぺらく感じてしまう。


まさに岡本太郎の世界やな。

あの方、

依頼されているにもかかわらず、人がどう受け取ろうと、どう思おうと

関係あらへんケツあらへんっっ!

っちゅう爆発アーティストだったからぁ〜

あの突き抜け感て、大事よね。



アタスはアーティストではないけれど

そーゆー意味ではNoaは突き抜けているわね。

速読貴子が「こだわってなかったらエナミンじゃない」って言うとったけど

ま、

確かに、意味なくやってる事ってないわね。

いちいち意味あるわ。笑笑笑!


あ、

話が散らかってきたわっっっ!

最後に美しい石鹸カーヴィングの世界をシェアして終わりましょうね〜


会場に向かう途中、やけに天使が山盛り付いてくるわねぇ。。。と思っていたら

会場到着して納得。

そら天使も集合するわな。。。



羽根が薄い薄い。



一筆書きならぬ一刀彫りよ〜

影が美しいわよね〜。



呆れる薄さよね。。。

しかもフリーハンドでの均等をとるバランス感覚の妙がスゴイ。


癒されたひと時だったわ〜

Smaichiさん、お疲れちーーん!


| ena | キラキラ | 22:00 | comments(0) | - | -
「ち」

闇のプレアデスについて書いといたろ!と思ったのに

途中で消されたわっっっ。

チっっっっ!ムカつく奴ら。。。

誤った正義の剣を振るうプレアデスの闇働きに、ゲー出るわ。


って事で「ち」について書く事にする。


「ち」は「血」であり「地」である。

以前にもトピックスにした事があったと思うが、きっと誰も覚えていないだろうから

あらためて書いておきたい。


「ち」と言う大和言葉の意味には「続くもの」と言うのがある。

まさに「血縁」は、脈脈と血族が血を引き継いでいった結果ですし

大地も延々と続いているものである。


それに、

今年ほど、気象の荒れた天候で

家が流される事象を見たことはなかったが

先祖の土地を引き継いで子孫が住んできた土地が流されている例が

ことの外、多く感じましたが

「ち」に絡め取られると、時に身動きが取れない事態に陥ったりもする。


例えばどうだろう?

もはや会うこともなくなった親戚の誰かが亡くなったといって

遠路はるばる田舎へ出向く。とか〜

道端で会っても誰か分からないほど交流のない親戚なのに

身元引受け人がいなければ

警察やら病院やら、訳の分からない書類へのサインを依頼されてみたり。とか〜

生まれてから会った事もない親戚の子供に

入学祝い。とか〜


意味のわからない付き合いが続いてしまうケースは、「血」とかいう特殊な繋がりが生む働きである。


先祖から引き継いだ土地が、地震や浸水被害、過疎化に云々

もはや暮らしには不適応なのに

先祖代々の土地だから〜と、愛着という名の執着において

客観的判断をくだせなかったり。とか〜


「ち」は、

続くものであり、縛るものでもある。


アタスんとこに来てくださるお客さまとなんて、3週間〜1ヶ月で会うことが多い中

絶対ご親戚よりアタスと会う機会が多いと思うし、近況はアタスの方がよく分かっていると思われるが

決して手術の承諾書にサインする事はないわけだ。


今、この時代は「ち」の縁ではなく

「共鳴」の縁によって、人々が繋がっていく時だと感じている。


自分をがんじがらめにするようなものから

自由になっていく時なので

世間体とか、普通とか常識とか

いつどこで始まった分からないような価値観に縛られる必要は無い事に

気づいていきたいものだ。


あなたにとって、自由とはなんだろう?

考えた事がありますか?


| ena | 思考 | 00:01 | comments(0) | - | -
プロフェッショナル貴子っっ

速読ティーチャー貴子は、ボリュームある人生経験を経てきているだけに

速読に対する考察も深くて面白い。


3回目のレッスンのとき、

新しく違う勉強に行っている事が

結局、速読に結びついていくとか言っていたが、まだまだツールをゲットしようと

動き回っている。


貴ちゃんが以前一緒に速読の仕事をやっていた人は、プロのアスリートをメインに

トレーニングしているそうだ。


限界をつくったら終わりのアスリート達は

そりゃもう能力を開発出来るとなれば何でもやる。

しかも、トレーニングっちゅうトレーニングをやってきている彼らは

トレーニング慣れしている為

いとも簡単に速読トレーニングもこなしていくそうだ。

さらに鋼のメンタル。

プラス思考のメンタルで、脳のスピードが速くなると言うことは

快を感じる回数が増えるということである。

そりゃ〜気持ち良いだろうよ。。。と容易に推察出来る。


が、

一般ピーポーのほとんどの人々は

不安や恐怖を抱えている場合が多く

そのまま回転速度が上がってしまえば

不安や恐怖を感じる回数が増えて、逆に不快となってしまう。


って事で

この不安や恐怖、不快度数が上がってしまう要素から、根こそぎ丸っと取り扱っていくのが、速読ティーチャー貴子である。


おかげさまで、オタク度の高いアタスの場合

一般ピーポーの1割の部類に属するマインド状態な為

いきなりのスピードアップが楽しく興味深く

オモロ〜である。


今も時折、掃除の夢が登場してくるのを

面白がって観察しているが

数日前のは、マキタの掃除機で色んな砂利を吸い込みまくる夢で

最後は超細かい砂の山を吸う。。。みたいな。


夢の中で冷静に「いつ終わんねんっっ。」と

思った事を覚えている。


勤め人となると

やり取りする人々が決まってきて

うっかり視野を狭めてしまう。


主婦にも、このパターンは多い。

やり取りするのはママ友かご主人か家族。。。みたいな。


あとはwebやテレビ等々の情報ソースに頼る。。。みたいな。


やはり、

生のやり取りは面白い。

予想しない展開や、突拍子も無い話しが出てきたり、引き出されたり。


そしてアタスの速読レッスンはつづく。。。



| ena | こだわってる風な事 | 00:00 | comments(0) | - | -
ドタキャンok牧場!

予定している事も、突如として嫌になる事がある。

具合が悪くなる事もあれば

急用が出来たりもして

予定は、あくまでも予定であり未定である。


また、

そうなるには、そうなる理由が

宇宙俯瞰で捉えりゃあるわけで

何が良いでも悪いでもない。


今日も、

具合が悪いとお客様から連絡があり

急遽出来た昼間のひと時。


頼まれていた革細工をやり〜の



セルフヘナをやり〜の。



で、

あっという間に時間が過ぎて

次のお客様の時間となった。


このヘナは、いつも使っているヘナではなく

実験用に買ったもの。

施術2、3時間前に溶いておいてから使用するタイプ。

いつもは、塗布寸前に混ぜて使うのですが

これは事前に溶いたあげく

オイルも混ぜておくタイプらしい。


何が違うのかを知りたくてやってみたが

今のところ不明。


ってな具合に

空いた時間を有意義に過ごす事が出来るエナミンなので、ノープロブレム!

季節の変わり目でもあり

黄砂だpmだ工事現場からでる微粒子や有機塗料だなんだ

空気が汚いったらありゃしない昨今、

元気を保つのも難しい人もいるだろう。


どーぞ遠慮なくキャンセルして下さいましね。

キャンセル料?!?!?

取る意味が分からないわっっ。

| ena | Noaの事 | 16:18 | comments(0) | - | -
不動明王

アタクシの誕生日は「28」でして

「28」は不動明王の縁日である。

近頃思うのは、

不動心ってのは、「本来の自分」って事なんだろうな。。。と。


高校を卒業して東京に出て専門学校〜美容室勤めを入れて7年。

いつの頃からか、

自分が自分でないような感じがしてたのを覚えている。


東京で働いている自分は自分では無いな。と。

自分らしく無い。といった方が的確かもしれない。

確か、もっと好き放題モノ言えてた自分だったような?とか

人の目を気にする自分だったっけ?とか

あら〜???なんか息苦しい。。。みたいな。


で、

ある時 大阪に帰省して道頓堀を渡ってる時に

大阪の温かさを感じて

「あ、自分が自分らしくいられる場所はここやな。」と

大阪に拠点を変えようと思った。


そー思って大阪で就職したのにもかかわらず

やっぱりまた苦しくなる。

ま、

結局ここで甲状腺の病状が悪化して物理的に仕事が出来なくなりぃ〜の

手術が必要になりぃ〜の。。。となったわけですがぁ。。。

で、

有り難いことに

お店に店長という役職のまま復帰させてもらったわけですがぁ〜

ここからが また苦しい。


何が苦しいのか?!


言いたい事を言えない自分が苦しいわけですよ。

店長だから、会社勤めだから、上司として

コミニュケーションをとるため云々

ありとあらゆるやりたくない事に巻き込まれ

自分をひとつも表現出来ない。


自分が何をやりたくって

ホントはどうしたいと思っている自分なのか?!が分かってからは

もっと苦しくなって

所謂、情緒不安定ってやつでしょうな。

勝手に涙がポロポロこぼれる日々。


自分が自分らしく、背伸びせず

飾らず、本来の自分で生きていく為の場を築くためには

逃げる事も必要だったり

声をあげる事も必要だったりする。

嫌なものは嫌、嫌いなものは嫌い。

行きたくない時は行かない。

ドタキャンしても

キャンセル料がかかろうが

そーやってでも

自分が自分であるために

守らなければならない領域がある。


はじめの一歩を踏み出すのは勇気がいる。

しかし、

だんだん出来るようになってくるのだから

慣れって怖い。


言うた所で変わらんし、

どーせ言うても分かってもらわれへんし、

と、自分を表現することを諦めた事もあったけれども

帯状疱疹を患ってしまいかけるという

ロクでも無い事にしかならなっかった。


だから、

とにかく言う。

言いたいことは言う。

どーにかなるかどうかは知らん。でも言う。

誰にどう思われようが

自分が安心できる空間を確保する。

そして、

逃げもする。

一緒にいたくない人とは居ない。

帰りたいときは帰る。

で、

じゃんじゃん流して忘れる。

っつーーーーか、

その場その場を一生懸命やっていれば

今ココの事しか覚えていられない。

〜から、流して手放す。


心地悪いものは手放す。バイバイ!


そうやっているうちに

確たる自分、「不動心」が出来上がる。


自分を大事に出来ず苦しむあなたへ〜

変わりたいけど変われないとモヤモヤのあなたへ〜


求めれば応えてくれる

不動明王は、自分の中に居る事をお忘れなく。




| ena | キラキラ | 17:25 | comments(0) | - | -
イディアの泉

今日は、マルセイユタロット・フォローアップ講座。

が、

少々趣向を変えて〜

入門講座を受けた事がない方でも、興味のある人は参加出来る!という回であった。


木星に山羊座が入って、土星のエネルギーの影響もうけていく12月3日を前に

自分自身の指針となる柱を立てて、

今 どうあるべきか?

来年どーするか?を エネルギー場で創っておく為のタイムリミットが近いからだ。

エネルギー場で創造しておけば

3次元は、そのように立体化するわけなので

この作業は

まるで予言のようになるから面白い。



「神」とか「天使」なるものが

一体何者なのか?を探求し始めて久しいが

自分の中では、

ある一定理解が進んだが、言葉にするには

まだまだ難しい。


とは言え、

そーゆーエネルギー的存在は居るわけである。


今朝、そんな存在からのアピールは

「4444」

とにかく、怖ろしい頻度で このナンバープレートが続くんだから

相変わらず奴らはひつこい。

わかった!っちゅーーのに何度も被せてくる。


日頃は「ハイハイ」と、サクサク自分の中で消化してしまうが

今日は、「あ、久しぶりにエンジェルナンバー調べてみよ〜」と思った。


で、

エンジェルが何と言っていたかと言えば


〜あなたの周りで大勢の天使たちが見守ってくれていて、あなたを愛で包み込み、サポートしようとしてくれています。

「4444」のエンジェルナンバーは、あなたが掲げてきた目標が叶うこと、あなたが安定の未来に向かっていることを表しています。

全てうまくいくように天使たちがサポートしてくれますので、決して独りだと思わないでくださいね〜


ってな具合だった。



そして、本日のタロットフォローワーク。

最終的に、この現実社会では どんな行動をとったり、言葉を発していけばいいのか?ってな

具体的な動きが示されたわけだが

自分達だけでこの世界を生きていると思わないでおくれね〜

っちゅうエンジェルメッセージである。


さっきも言ったように

まだ上手く表現出来ないが、

見えない世界のエネルギー場には

アタス達の波動に共鳴して、一緒に活動している何者か達がいるわけだ。


分かりやすいところで言えば先祖がその一部だろうか。


あいにく、

そーいった観点から人は1人にはなれないので

いっそ活動を一緒にやってもらえばいいのだ。


今日の参加者は先生込みで7名、メンバーのソウルナンバー(魂の数字)を全部足したら

「33」になった。


「3」はアイデアの源の数字

3の11倍になるが、「11」といえば チカラというカード。

どれほど「33」から湧き出るものが力強いか

想像していただけると思う。

そして

見えない世界のエネルギー場にわんさかいる天使達とコラボすれば

こりゃもっとパワーアップした働きになるのだろうて。。。


ワークでも

仕切りに不動明王が現れていたが

不動明王と言えば、ミカエルである。


不動明王が出張ってきた理由は

明日に譲るが、

ま、そーーゆーー事だ。

見える世界、見えない世界、両方で陰陽

セットである。


エンジェルぐらいまだ可愛い。

どーしようもない異星人とか居てるからねぇ。。。って、

この話になると完璧に脱線するので止めておこう。


ささ、

残りあと2週間。

12月3日以降10年に渡ってどっしりとエネルギーが固定する天体配置になるわけですが

どんな柱(軸)を立てている貴方だろう?


誰しもイデアの泉と繋がる事が出来ることを

お忘れなく。

その為には

「手放して」

「流して」

「逃げて」

「知って」

「声に出して」いく事。


誰を?また、誰に?

もちろん、あなた自身を。

自分を大事に出来ない人に他人を大事にする事は出来ないし

自分自身を受け入れられず愛せない人間に

他人を受けいる事も愛する事も出来ないのだから

何より、

自分自身を大切にする事が第1なのだねぇ。。。




| ena | プロデュ−ス by サマンサ | 19:28 | comments(0) | - | -