ETオモロ〜
〜地球にいる存在たちのほとんどが、自分がIS-BE(不死の霊的存在)であるということを
知覚してはおらず、そもそもあらゆる生命が霊的存在であるということすらまったく知らない。
宇宙の他の多くの存在たちはこれを認識しているが、地球ではほとんど全員がIS-BE
(不死の存在)としての、自分に対する理解が制限された中に生きている。〜

こんな一説からはじまるエイリアンインタビュー。
最近のお気に入りの本である。

太平洋戦争以前やったと思うけど
アメリカにUFOが墜落したっていう
ロズウェル事件てありましたやん?
あの時のUFOの乗組員が1個体だけ生存状態で
その後1ヶ月半ぐらいやったかなぁ?
アメリカ軍に囲われる中
ある1人の看護師さんだけに語った事が
本になっているのだけれど

アタスが感じてきた世界とリンクする内容だったので、不思議であると共に めちゃくちゃ勉強になるのだ。

もはや今の時代
霊的世界を理解しなければ腑に落ちない事が
山のようにあるわけで
逆に言えば、
見えない世界を思い出そうとしないから
わかろうとしないから
苦しみの中で生きる事になるわけで。

思い出す気になれば
名前からでも、先祖からでも、今の職業や住んでいる場所からでも
魂の記憶を辿る事が出来るわけですが
そこに目は向けず、見えない世界は無いと言ってのける貴方の思考は、いつ、何処からやってきたものだろう?

本の中のETエアルは
この囚われし人間について
ふつーーーーのテンションで酷評している。
コレがまた面白い。

アタスも
この世の中の小作人と領主の上下関係が
いつから始まったのか?に興味があったところで
この本に出会ったわけですが
自分の感覚に確信が持てた上、痛快なエアルの物言いが笑えるのだ。

ホントに、
勘違いしてはならない部分であるが
アタス達は、どこまで行ってもルル(奴隷)なのよ。
ルルである事を認めて
ルルからどう解放されて自由の中で生きられるかどうか?やし
輪廻転生という循環とかいう仕組みすら
闇のトラップだと見抜いて、そこから
いかに抜けだすのか?ってとこに至らんと
どんどんしんどーなるからねぇ。。。

少々のお金を持ったところで
少々の地位を得たところで
魂の存在IS BE である事に変わりはなく
小作人は領主であって、領主は小作人である事を
思い出さねば、ここから先の生活がツライからですねぇ。。。

魂が死ねない事だけでも
是非とも思い出して欲しいもんだ。

命が終わる事とすることこそ
最大のトラップである事を。



| ena | 信じられ編  | 09:43 | comments(0) | - | -
ドライヤー

この間まで使ってたドライヤーが

突如コードが弾けて臨終してしまった。

このドライヤーが壊れたら次あれにしよ〜と思ってたのがあったので

この度、

ゼンケンさんのイオンドライヤー低電磁波に変えてみた。


ハニカム構造とフラワーオブメソッドの構造プレートが入っていて

期待してなかったけど

なかなか良い感じ。


そんな話しをお客さんに言うて

改めてドライヤー使う使わんの話になったら

案外使ってない人が多いのが分かった。


まぁ。。。暑いからねぇ〜今は。


まとまらない。と言われるお客様のほとんどが、ドライヤーを使っていない。

しかも冷風を使うことがない。

それで上手くいかないと言われてもワシャ知らん。


寝るまでに乾けばいいですが

髪にはキューティクルなる魚の鱗のようなものがありまして

熱でその向きを整えて

乾かす事で開いたキューティクルを閉めて

触りごごちと艶を出して

冷風で、その状態をキープするってのが

まとまりを作る第一歩である。


毛が生えている方向に

逆らわずに乾かしていく事が第ニ歩。


濡れているところから

いかに分け目をつくる

或いは作らないか、

ボリュームを出すか?或いは出さないか。


髪をセッティングするとは、

濡れた状態からスタートしているのを

お忘れなく。


いったん乾いて形がついたものを

いくらワックスやスプレーでごまかしても

取れないのよねぇ。。。


洗濯とだいたい同じね。


だんだんと暑さも落ち着いてくる頃

ドライヤーレッスンしてみてくださいね〜



| ena | - | 20:31 | comments(0) | - | -
cruelty (ざんこくだわねぇ)

あのねぇ、

山口県の日本海側まで大阪から車で1泊2日とか行ったらあかんな。


めっちゃ遠いわぁ。。。

岩国まではまぁまぁやん。

言うても4、5時間やから。


そこからまさかの3時間。

山口県て縦にも長いのね。。。


遠いわぁ〜

観光?

秋吉台?んーーーーー通った。

錦帯橋?

看板で見た。

萩津和野?

前行った。


瓦そばが有名???

知らん知らん。


何しに行ったん?て?

そりゃまた説明し難い。。。

ざっくり見えない世界のボランティアとお伝えしておこう。


一応、

宿が漁師宿やったからイカ尽くし出してくれはったり

美味しいお刺身は頂いたけれどねぇ〜

高速走っとったら、もはや山口に居てるかどうかも疑わしいほど景色も変わらんしなぁ。


翌日も、予定地に行ったら

速攻で次の目的地、倉敷へ。

行きは山陽道で瀬戸内海を見ながら

帰りは山陰道で日本海を見ながら

陰陽通って上手く出来たルートだった。


まぁねぇ、

白蛇神社には行きましたよ。

岩国の。

白蛇の虐待では?と思うような施設だったわ。。。

かわいそうに。


あと、

今回面白かったのは、友達がいつも行ってる

倉敷の見えない世界が見えたり聞こえたりするヒーラーさんの所へ寄った事だろうか。


さしあたって聞きたい事もないのだけれど

常に友達から話しは聞いてたし

あちらにもアタスの話をよくしているみたいで、

せっかく通り道なら立ち寄ろうではないか。。。と訪ねてみたのだ。


とりあえず何か聞く事ないか?と

頭を巡らせて

岩国の白蛇神社の白蛇の事をみてもらった。

アタスは

新しいお社になる以前の場所に

白蛇のエネルギーは勧請されずに居てると思うんだけど。。。と質問してみたら

やはり、

神社の客寄せパンダになってる白蛇が

かわいそ過ぎるて言うとった。


白蛇のエネルギーは

元々の場所が好きやったし、そこにおりたいのに、引っ張られて 半分にちぎれかかっとるって言うとった。


分かる。

そんな感じやねん。

お金儲けのために白蛇で客寄せて

金運・開運・良縁とご利益をとくて。。。

無いから。

あかんて、そんなんしたら。


せや!

もう一個聞いたんは

玉造稲荷神社やん。

近いやん?Noaから。

ここも全然いい感じせえへん気持ち悪いとこやねんけど

以前行った日の夜、お札で出来た怪獣みたいなんが来たんやん。

金縛っても、滅多と見えへんねんけど

あの時は見さされてねぇ〜

それ言うたら

なんと、助けて欲しかったんやて。


アタス、キモいから帰れ。って言うたもんなぁ。。。


どーやら

縄文時代の髪型した男の神さんみたいで

人間の願いによってお札まみれになって

動かれへんようになってるのを

助けて欲しかったらしい。


いや、知らんし。


ほいでその後、アタスの所に助けを求めて

訪問も出来ないほど さらにお札が増えて

立ち上がりも出来んことになってるぅ〜言うて。


こちらも可哀想になぁ。。。

ええ働きする神さんなんやけどねーって

言うとったけど

こんなもん虐待やで。

神サマ虐待。


神とか呼ばれてるエネルギーって

とりあえず頑張るからぁ。。。

頼まれたら一生懸命やりよるねん。

でも、

基本エネルギーやからさぁ

使い過ぎたらへばるのよ。

人間て

頼むだけ頼んで、願うだけ願って

あとほったらかしやんかー。

お礼に行きもせんし。

ほな、せめて祈りを捧げたらわ?ってことやけど、それもせーへんやんかー。


見えへんから忘れるよ。

気持ちは分からんでもない。

でも、

やっぱりお礼と感謝は伝えんとー。


それがエネルギー体の彼らにとっての

ガソリンだから。


今 あちこちの神サマエネルギー達が

虐待まがいの扱いによって弱体化しているのだろうなぁ。。。と感じる。


気の毒な話やで。


白蛇の本来の働きはヒーリングと

天と地を繋いでいく事だから。

もう、お願いするのはやめてあげて

今まで大変やったね。と労ってあげて欲しい。


ここからは白蛇の本来のエネルギーに

回帰していく事が大事な時期やから

よろピコね。


あとパリでの事やら

天満宮事件の事やら

蓋を開ければ結構色々話しながら聞いたりして、参考になった。


ま、

そのうちボチボチ書きます。


じゃ、

神サマ虐待はやめようー!の回でした。



〜追記〜

高山磁石岩 @ 山口県須佐

ここは時の神クロノスと陰陽の関係である

カイラスのエネルギーが満ちる土地。

須佐駅前の石碑がウケた。


時刻表の父て。


エネルギーの世界は、ちゃんと3次元に

形として現れるのだねぇ。。。

これが毎度面白くってやめられないのだろうなぁ。。。ボランティア。



| ena | 旅事 | 16:55 | comments(0) | - | -
手仕事



すぐ切れるゴムバンド。。。

ホンマ弱いわぁ〜

買ってから何回買い替えたん?ってぐらい変えた。

すぐに取り替えも効かず、注文待ちも必要て

むっさ使いにくいからぁ〜

革に変えたった。


いつまで持つか知らんけど

次あかんかったら全体革化や!


さて、

今日は仕事終わりで畑の見学に行ってきた。

お金があっても食べ物が手に入らない日も近い気がするし

野菜の育て方の練習を始めようと思って。


出来るかどうか知らんけど、

ま、やってみる事にしようと思う。


さ、

明日からは山口県。

とっとと寝よ。

| ena | - | 21:55 | comments(0) | - | -
自分を大切に。

Noa朝の支度中。。。


アタクシ1人のはずが、なぜそれが動くかねぇ。。。って事が時々ある。

今朝もそうやった。


あ〜?

触ったかしらそこ?

触ってないわよねぇ。。。

ふぅ〜ん。

ってことは誰かいてるんか?


と思いながらも

いつものミスターの営業時間には少々早いため、とりあえずスルーして様子を見ることにした。

ら、、、

午後の30分の休憩中。やけに咳が出る。

はぁあぁ、、、

こりゃやっぱりおかしいな。ってことで

ミスターに電話してみるとする。


はい。

ヒット。

交通事故で亡くなった女性が光に還りたい模様。

きのうのお客さんが落としていったのは分かっていたので

その方にも、

さっそく連絡。


そんな話が出来るお客さんでありがたい。


「憑き物落としてといきはりましたよー。

憑かれるほど疲れてはいけません。

休養をとって下さいましね〜」と

お伝えする。


ずいぶんなエネルギー低下状態やなぁ。。。とは感じていたが

様子を伺うに、

結構深刻なへこみ具合だったようだ。


うん。

へこむよね。


魂である本来の自分に戻って行くとき

必ずお試しや、背中を押してくれるサポートが入るのですが

これが、今この時代は

強烈なのよねぇ。。。


何年も時間をかけて自分自身と向き合って

価値観の統合や整理整頓するほど

悠長な事はやってる時間がなくなったからですね。。。今は。


いかんせん本来の自分に還っていけるチャンスある人々の所には

急ぎでパワフルに物事起こるからぁ。。。

大変よねぇ。。。

ご苦労様!

ガンバるのよっっっ。


リアルな この世物語が見せるものに

足を絡め取られてはいけないのよ。

「そりゃドラマだ」と 見抜いていかんと。


アタス達は

この体と、環境や諸々を使って繰り広げられるドラマの中で演じる事で

あらゆる事を体験し、色んな事を感じ

魂の存在である自分を見つける

もしくは、魂の自分と出会う

または、魂である自分を思い出す事で

原点である宇宙源から生まれた

価値観というエゴを持たない本来の自分へと回帰する旅の途中である。


本来の自分を取り戻したら

また繋がっていく先の物語へと突入するのだけれど

ま、宇宙に還る日まで続くわけですわな。

(還ってからも続くんか?!

それは自身の選択に委ねられるのだろうか?)


言葉には限界があって

今このような伝え方をしているが

感性の世界を表現するのは、一筋縄ではいかないので、今日は とりあえず、こんな感じで書き留めておくが

とにかく、

自分やと思ってる自分は、ホンマに自分なのかどうか疑ってみる所から始めてみてはいかがだろう?


だって、

アタス達は、死んだら何処に行くのだろう?

宇宙ってなんだ?!

地球ってなんだ?!

人間てなんやねーーーーんっっっ?!?!

って、思わないかい?!


あたしゃ幼稚園の頃から思ってたわっっ。

死ぬってどーゆー事なん?!て。


見えない世界を受け入れずして

この世の目に見える物質社会のみの封印された闇の小さな世界で生きて行くのは

鬱とセット売りになるのよ。


アタス達の魂は、そんな狭い世界に居ないのだと、苦しみの物語の中から思い出して欲しい。


相手を変える必要はない。

相手に見えるものは、鏡のように自分の中にあるものが映し出されているだけなので

自分が変われば、必然的に相手も変わるのだから

相手は放っておけばいいのだ。


自分を大切に、自分自身の価値観を宇宙に寄せて 自分が光の存在になる事で、周りにも 先祖達 血族にも光が入ると知っていて欲しい。


宇宙には、価値観は存在しない。

ただただエネルギー活動あるのみ。

価値判断しているのは、自分自身のエゴだと

気がついて欲しい。


宇宙に還る時

その価値観は必要ないものだと知っておいて欲しい。


そーー思う。


ま、期待はせんが。

どーせ、宇宙に還る日まで ココ(地球)に居るのだから、わざわざストレスの高い

エネルギーの低い 

重く暗い物語を演じずとも

楽しく体験を積み重ねる道を選べばイイんやないん?と思う今日この頃。


さて、

今の貴方は自由だろうか?


〜出来たー〜


やっとミニタロットちゃん用のケース完成。

やっぱりこの革イイわ〜

生命を子供の為に投げ出した牛のお母さん。

ありがとうね。

大事に使うからね〜


| ena | - | 22:00 | comments(0) | - | -
刻の経つのは早いっっ

今週末、

ゼロ歳からカットにきてくれている男の子が

3歳の七五三参りの前撮りとかで

お母さんの着付けをする事になった。


着付けは指が痛いので

ホントはもうやめているのだけれど

ご家族との縁にて

お引き受けすることにした。


せっかくだから

ゆうちゃんに何かプレゼント出来るものないかしら〜???と思い立って

作ってみたネームプレート。

その内にパスケースにもなればいいなと思って形にしてみた。



自分に子供がいないせいか

他人の子供さんの大きくなる事の速さったら。。。


ゆうちゃんだって、いつのまにか走って

いつのまにか話せるようになって

あっという間に3歳。


ビックリする。


客観的にみていて今の子供を取り巻く環境に感じる事は

教育とか言うものを提供する側のシステムの古さだろうか。


昭和やないんやから。。。と思うような事が山盛りである。


昭和の古い人々が

そのまま居座って運営しているシステムが

もはや今の子供達にはストレス以外の何物にもならんだろう。。。といった場合も多いと感じる。


スポーツの分野もそう

義務教育とか言うのもそう

受験もそうやし

会社というものの在り方もそう。


過渡期だからこそ

今までの闇が浮き彫りになって見えて

右も左もエライこっちゃなぁ。。。と思えば

子供を産まずにいて、アタスは正解だったわ。。。と思う。

案外繊細なアタスには、

今のこの日本で子供を育てる事は

到底出来ないからだ。


自分の世話で精一杯。

1人でもさることながら、4人5人と子育てされている方には

ホンマに頭が下がる。

ありがとうございますっっ!


遠巻きながら

出来うるサポートはさせて頂きたいと思う今日この頃。。。


さ、

先ず先ず、着付けを美しく完成させよ!


| ena | - | 13:07 | comments(0) | - | -
8月22日

忘れっぽい自分自身へのメモとして書いておきたい。


随分前に読んだ本で

出口王仁三郎が「艮(ウシトラ)の金神が再来スル」とか言ってたことがあった。


そん時は

「はぁ。。。???」て具合やったけど

今になって良く分かる。


太陽にも陰陽があって、もっと言えば

陰2つ陽2つ。

陰は陰で、陽は陽で それぞれが統合した上で、はじめて陰と陽が統合されて 本来の太陽のエネルギー

王仁三郎が言うところの艮の金神っちゅうのが現れるのだと思う

って言うか、

すでに現れたけど。


で、

艮に封印されていたものが金神なる

太陽のエネルギーなわけですが。。。

艮と言えば牛と虎。

その方角と言えば北東。

北東と言えば鬼門。


鬼門を使って本来の太陽のエネルギー

王仁三郎的に言えば国常立尊が封印されていたって事である。


大阪から言えば

門真・守口・大東・高槻・茨木・寝屋川・島本などなど

あの辺り。


本来の光が封じられて 暗い闇がつくられる事で、アタクシ達は

人生物語から、色んな体験を通じて宇宙に沿うエネルギーを搭載していくわけですが

艮の金神も出てきたし

天神祭り云々で、大阪の鬼門が抜けた今

金神のエネルギーも

強く大阪に入るようになった。


8には宇宙の源のエネルギーが現れていますが

22と言えば、

マリアであり不死鳥であり富士であり

水のエネルギー。


本来の自分に出会う時

水のエネルギーとリンクする。


今日は、そんな一日。

大阪は豊中の履正社高校が甲子園夏の大会で優勝した。


履正社ねぇ。。。とアドレスを調べて気になった。

「長興寺」

アドレスに長興寺て、、、その町のシンボルか?と調べてビックリ。

長興寺住吉神社。。。なのだそうだ。


住吉神社て。

ここも住吉龍の龍脈だったか。

ま、分かりやすくてエエけど。

ちゃんと光が入っている証拠である。


この世の価値観的には

あまり嬉しくない あおり運転の加害者も東住吉区の方だったわね。


何かと大阪が巷を賑わすニュースになる機会が増えてきたのは

見えない世界的には順調って事だ。







| ena | - | 22:24 | comments(0) | - | -
読書のシーズンにはちと早い。。。

アメリカンゴットタレントをYouTubeで観てるか、本を読んでいるか、レザークラフトやってるか。。。

仕事以外は、こんな日常なエナミン。


ここの所の比重は本がしめている。



近頃、

小説が多かったのだけれど

また、けったいな世界の本が集まり出していて

いちいち本が分厚くて面倒くちゃい。



必要な部分だけ拾い読みする事にしよう!


1人1人が見ている世界が違う

パラレルワールドが展開している世の中で

何が本当で何が嘘もないのだけれど

世間が言う事と

自分が感じている世界の擦り合わせが面白い。


残暑お見舞い申し上げます。

まだまだ暑い日々ですが

没頭出来る何かで、暑さも和らぐと良いですね〜



| ena | - | 21:11 | comments(0) | - | -
自然の美しさ


ガーーーんっっっっ(´༎ຶོρ༎ຶོ`) !!!

ここまで作ってまさかのサイズ違い。

なんでじゃ〜〜〜〜Σ(-᷅_-᷄๑)

測ったやん!実物で!


この革は特別やねんなーーーーー

命がけで子供を守って亡くなった牛のお母さんの革でさぁ〜

無駄にしたくないんだけど!アタス!

しっかりやるのよ!!!!


さて、

今日は 長居公園の自然史博物館の昆虫博に行ってきた。


牛の革もさることながら、

自然が作り出す世界は、なんとも美しい。



ね。

この柄もスゴイからっっっ。

虫達の色合いで服や持ち物の色合わせをすれば、めっちゃオシャレに仕上がるんやと思う。


それに

超ミニマムな世界がすごい!!



1.4ミリ。

ちなみに「蛾」ね、蛾。

アタス蝶々より今回「蛾」が良かったわ〜




蘭みたいよね。



クワガタシリーズ。

小さ過ぎるやろ!ってぐらい小さな個体。


す魚い!!

思わずサカナくんのように叫んでしまったのだ。


最近では「G」と呼ばれるゴキブリ達も

色んな種類がいるのよぉ〜

ウスバカゲロウのような美しい薄緑っちゅうか透けたブルーっちゅうかの個体は

出てきても叩かれへんで。

ゴキブリって呼べない可憐さ。


今は、

虫の研究から色んな技術開発がされているようなので

昆虫採集はやるんだろーけど

やり過ぎちゃう?!ってぐらい採りまくっている様子が途中から気になって

絶滅危惧種だ〜希少生物だ〜と標本にタグを付けるなら

獲らなきゃいいのに。。。とか思ったあげく

この虫さん達は

ちゃんと光に還っているのかしら?と

考え始めたら

後半は、もはや祈りながら展示を観て周る事に。。。

美しいけど

生きて自然の中にいるからこそ美しいのだと思う。


この間、処分された札幌の熊もそうやけど

人間て。。。

なんだかね。。。


やだ。

なんだかしんみりしたわっっっ!


終わろ。




| ena | - | 17:43 | comments(0) | - | -
台風がみせてくれたもの

台風10号。。。

大阪市内は、夕方から けっこう雨が降って

雨音と、まとわりつくような湿気で日が変わるまで眠れなかった。


今の地球のエネルギーの状態を不意に感じる事があって

今回の台風の雨は、だいぶけったいなものを引き連れていたようだった。


ネチッこく、まさに湿気のようにまとわりつく闇。

底の方に溜まってる闇が浮き上がってきました。。。ってな感じ。

薄気味悪く、ネガティブな感情を引き起こす

自律神経を狂わせるタイプの闇。


それがちょうど夜中1:00amをまわった頃に

パン!と消えて 女性性の柔らかなエネルギーへと変わって やっと眠りにつけた。


案外、

ネガティブなモノは、自分の内側だけのものではなくて

外側からもやって来るのだ。


人々の学びのために張り巡らせれてきた闇が

どんどん剥がれ落ちてきている今

いちばん底にある

澱のように溜まった闇が浮上してきているようだ。


最近のテレビで、池の水ぜんぶ抜いてみました〜っちゅうのがあるが

水を抜いて、

魚をとって、

ゴミを取って、最後に残るヘドロをとらなければ、水はまたすぐに淀み汚れてしまう。


ヘドロは臭く、重く、一筋縄では対処出来ない。


最後に残った闇は、このヘドロとよく似ているようだ。


歴史というやつは、あらゆるモノを隠蔽して成り立っている。

アタスのここ最近の発見で言えば、

東北の蝦夷と呼ばれ、日本武尊に成敗されたとか言う阿弖流為とモレであるが

どちらも男という事に表向きにはインフォメーションされているが

モレは阿弖流為の同伴者、女性であったと知った。


考えてみればそらそーだ。

日本はその昔、ノロや巫女、神女という

女性が神なるものから掲示をうけて政(まつりごと)をやっていたわけで

その女性を貶めた男性社会が作ったのが

今の歴史とかいうモノなのだから

日本武尊以前の古の人々の王が、男であったはずが無いのだ。


ことごとく歴史を隠蔽し「女」を封じた歴史がある。


封じることで、世の中に闇を作りだして

人々の学びの場にしたとはいえ

封じられた人々の思いや

納得のいく死に方でなかった人々の思い

闇をつくっていく中に出来上がった

それぞれの重い思いが澱にもなれば

今尚、

光の世界に逆行して、頑張って闇の仕事に精を出している

見えない世界の存在も澱になっていれば

その人々が作り出した術によって、封じられたエネルギーが澱んでしまっていたり。。。と、

お掃除しなければならないヘドロが まぁまぁある。


このヘドロとリンクするヘドロが、もし

貴方の中にもあるなら

地球に起こっている事同様、闇が浮上してくる。


お金

家族

仕事

病気

コミニュケーション

言葉云々。。。

アナタを封じるモノはいったい何だろう?


光が強く働くようになった地球において

もはや闇が隠れる場所はなく

現れた闇は、

自分の手で処分しない事には、誰にも、どうする事も出来ないのだ。


水で押し流すだけでは粕は消えない。

燃やし尽くすして昇華(消化)させる他手がない。

で、燃えかすの灰から復活するのが不死鳥

フェニックスである。


火(不死鳥)は水(龍)から生まれて神(火水)の働きへと原点回帰する。

宇宙で生まれたままの本来の自分らしさを取り戻す事が原点回帰。

原点に帰って初めて、澱みのないクリアな心眼で見える世界がある。


多くの学びを与えてくれた闇の環境に

「ありがとう」と思えた時

また、闇の存在を尊敬出来たとき

その学びは完了する。


この台風から以降

さらに強い光を放つようになった地球での遊びを楽しむ世界へと

歩を進めたいものだ。



| ena | | 00:55 | comments(0) | - | -