シンボル

17歳で ディープインパクトが亡くなった。と

ニュースが流れたきのう

友人が、泣けて泣けて仕方がなかった。と言う。


マルセイユタロットで「17」は「星」というカード。

21の世界で終わるタロットの旅は

1の魔術師から、先ずは17の星を目指す。


ギャンブルというお金の中に生き

引退後は種馬として、お金で精子を売る

最後までお金のために使われたディープインパクトの命だった。

が、

牛同様、馬の本来の姿とは

どんな風だろう?


自然の中で、食べたい時に草を食み

行きたいところに行き

走りたい時に走る。


口輪や人を乗せるための鞍

食べたい時間に食べられず、好きな相手との交尾も許されず

交尾の相手は、よりお金を生むためのセレクトで、特定された時期に馬の意思は関係なく、人間主導で行われるわけだ。

繊細な心と体は胃腸を壊しやすく

レースや競技に使われる調教馬達の寿命はいったい短いんだか、生きながらえさせているんだか。。。


もともとは、牛と同じように

共に働くパートナーだった馬。

そしてもちろん神であった。


よく、海外の人々は捕鯨に関して抗議するが、アメリカは油を取るためだけに鯨を捕獲しているにもかかわらず

どこも余す事なく使う日本の捕鯨を

同じ扱いにしよる。


鯨の慰霊碑をたてて、命に感謝を捧げながら

漁をする民族と

油以外は捨ててしまうような民族とが

一緒にされるとは。。。


確かに

もはや鯨を頂かなくても十分豊かになった

この時代に、捕鯨は今ココには そぐわないのかもしれないが。。。それを言うなら

牛や豚、鳥も馬も

家畜として育てているからいいだろう。というのも、もはや厳しく

考え直す必然が来ているのだろう。


肉を頂くとは、本来稀な事だった。

だからこそ、神の恵みに感謝し

命を繋いでいく自然を崇拝した歴史があった。


それがいつぞ

神は人になってしまった。

なんでもやっていい荒ぶる神「人間」。

この人間なる神が

どれほど動物や他の命をおとしめてしまったのかを

考える時期がきている。


動物たちの扱いについて背景に想いを馳せた時「ディープインパクト」

まさに深い衝撃を与える事になるのだろう。


長い間、ありがとう。

どうぞ光の世界に還ってね。





| ena | - | 14:23 | comments(0) | - | -
農耕民族・狩猟民族

以前、台湾で故宮に行った時に

「中国人は、何処かで入れ替わったんだろうか?」なんて思った事があった。


だって、

故宮に納められている美術品は

とんでもない手先の器用さや、集中力、芸術性を放っているため

今のように、色んなモノをパクって商品化するような民族ではないはずである。


なのに、

いつ頃からか、荒くれた民族と化した。。。といいましょうか。。。


古代琉球とのやり取りにおいても

非常に穏やかな気風が大国からは感じられますし、

やっぱりどっかでなんかあってんやでな。。。と思わずにはいられない。


数年、

ずぅーーーーーっとスサノオが心に引っかかっていて、

スサノオっていったい何者なんっっ?!

と思ってきたけど

牛からのあらゆる働きによって

ここ数日、

スサノオって、女子なんちゃうん?とか

思ったりしてた。


いや、だってアマテラスって男子やん。

女子って言われてるけど

実は男子やんか。


って事は、スサノオって女子ちゃうん?

て思ってたんですよね。

ほら、

日本の歴史書って嘘多いでしょう?

ま、外国もよう似たもんやけど。


とにかく、神と繋がって政治を司っていた

女性から権力を奪って

貶めたい男達のやった事ってあるからね。

その一貫ちゃうん?スサノオって。

と思ったわけよ。


アタスも名前に「お」が付くじゃない?

それだけで学生時代はよく「男みたいな名前」だといじられたもんだったわっ。


スサノオも、そんなめっちゃ簡単なトリックで「男」にされてへんか〜?と思て。


で、当然 体を調整してくれるミスターへのファイナルアンサーですよ。


アタス:「先生、スサノオって女性だったんちゃうか?と思って」


先生:「ん?あぁ!ホントですねぇ。

性別をみようとした事ないから気がつきませんでした。」との事。


アタス:「やっぱり。」


アタス:「でね、先生。スサノオと言えば牛を感じるんですけど、あれなんでですか?

なんか繋がりありますん?」


先生:「ええ!もちろん大いにありますよ!

スサノオは、牛をとても大事に思っていたんですよ」とおっしゃる。


そう、古代スサノオの時代

牛は農耕民族にとって、共に働くパートナーでいて神だった。

ゆったりとした動きと、反芻に伴うヨダレが

大事だったとか。


それがいつぞ、生贄に使われるように。。。

生贄の文化は、狩猟民族のもの。

農耕民族が滅ぼされていった証がここにある。


しかも

牧草だけ食べてきた牛にお乳を沢山出させるために牛骨粉を与えたイギリスのやった事は闇中の闇である。

4つの胃で食べた物を循環させる牛の消化経路に入ってきた動物性タンパクは

胃からガスを発生させる。

それが脳に回って、牛さんがおかしくなっていくのが、狂牛病なのだ。


イギリスは、中国を支配するために

役についている人々を順番にアヘン漬けにしていった事でも有名である。


それによって、毛沢東がアヘン漬け政治家皆殺しをやってのけて以来

中国唐時代の、美しくたおやかな文化は

消滅したと言われる程

伝承される事なく今に至っている。


なんちゅう残念なこっちゃ。。。

秦の始皇帝の時代

遣唐使を送っていた時代

その時代時代で、まったく違う様相を見せていたであろう中国。


何回にも渡って日本に入ってきた彼らも

同族でありながら

質が違っているせいで、相容れないために

派閥があるのかもしれない。


ま、

とにかく女を男にされたスサノオ

神が、生贄と食用、家畜とされた牛

この悲しみは深い。


せめて牛を食べる時

美味しそう〜の前に、命をありがとう、と

祈ってあげて欲しいものだ。


スサノオを祀ると言われるお社なら

願う前に、大変だったね、と

心を寄せてあげてほしい。


神とされようが人であろうが

愛の波動を喜ばないものはいないのだ。

そろそろお盆か。。。

祖人達〜ありがとう。




| ena | - | 22:52 | comments(0) | - | -
質によりけり

いやぁー

梅雨が明けて、いっぺんに暑くなりましたね。

ラシーンちゃんも、うっかり日よけシートを付け忘れたら、50度超えてんちゃう?!っちゅう車内の温度を感じる。


歩く時も、こりゃ死ぬなぁ〜と 命の危険を感じた昨年夏に買った日傘を

うっかり忘れて出てきてしまう。

なんやったら、持って出ても

さし慣れてないから、ただの手荷物と化して、さすのを忘れているというボンクラをやらかす時も多々。


ま、

基本暑さに強いのだ。


しかし、カラーリングした髪は

直射日光に弱い。

キューティクルの周りをコートするようなカラーは、逆に紫外線から守ってくれるのですが

脱色して色を入れていくタイプ、

いわゆるアルカリ系カラーは

紫外線によって破壊されるタンパク質にくっついている塗料が飛ぶので

太陽光には弱く、すぐに色が抜けてしまったりする。

そもそも、アルカリ系カラー剤が

キューティクルを剥がしたり

タンパク質を壊したりしがちな薬剤なので

好みの色を入れた副作用とでも言いましょうか。。。


もちろん、汗にも弱いし(塩)

塩素が強くなるこのシーズンの水道水にも弱い。


ほな どーすんねん?て?

1つは、そーゆーものだと諦める。

2つ目は、アルカリ系カラーをやめる

3つ、アルカリ系カラーの上にコーティングをかける

4つ、シャンプーはアミノ酸系に変える

5つ、汗はすぐに流す

6つ、塩素除去できるシャワーヘッドをつける

7つ、日差しを避ける

8つ、人工タンパク質を足す

9つ。。。。。

結構色んな手はある。


要は、

貴方がどうしたいか?による。〜ので

ご希望はどうぞどうぞお出し下され。


エナミン頑張る。


あぁ、今は外はねのデザインが流行りのようだが、毛先をテーパー(梳く)するほど

その部分へ入るダメージは

シャンプー剤、カラー剤、紫外線、ドライヤーの熱云々 他の部位より大きい。


髪の艶は

エレガントさ、お顔の明るさ、健康美、髪色の美しい発色等々

結構大切だとアタスは感じる。


ま、

中には艶は要らんから希望の色とデザインを!というツワモノもいるかもしれないが。。。


それはそれで、どうぞご自由に。


暑さは、まだまだ今からが本番。

色や艶を気にされるお方は

太陽光に気をつけてお過ごしあれ。

ではでは〜


〜別追〜

朝から鳳凰が飛ぶ空が気持ちよい。

明日からの住吉さんのお祭りの準備万端らしい。

アタスも久しぶりに住吉さん行ってみようかしらん。

っていうか、

住吉さんの夏祭り、昼間に行った事ないかもーーーーーーーっっっっっ。


| ena | 美しくなるコツ | 22:12 | comments(0) | - | -
日本語が育むもの

アタスのラシーンちゃんは

今日は1日Noa前パーキングに駐車していたので、目にしたお客さんが

「エナミンの車っっ?!」と玄関を開けてくれる。


で、「あの色は何色っていうんですか?」なんて聞くかたがいらして

「山吹色デス。」とお応えすると

「やっぱりそう言いますよねー!」とおっしゃるので

「なんでですか?」とたずねてみたら

以前会社の同僚が山吹色の洋服を着てきたとこを

「綺麗な山吹色〜、いやマスタードかな?」って言うたら

「マスタードと言ってください」と言われたのだとか。


ほう。

ま、

人それぞれで良いんだろうが

不思議と、マスタードと言われると

それで終わり。っちゅうか、マスタード以上何の想像力も発動しないのは

アタスだけだろうか?


しかし山吹色と言われると

どんなお花やったかな〜?

葉っぱの緑と共に、山の中で咲いている様子や、香りはどんなだっただろう???と

想像の世界が広がっていくのは何故かしらん??


こういったような内観を誘うのが日本語なのだと思う。

英語は、確かに話しやすい。

自分を表現するには、とても有効なツールでしょうし、実際 Yes No だけの簡単な英語でも 使ってみるとスッキリする。

何故か?

アウトプットに向く音を多く含んでいるのだと思う。


アウトプットが下手な日本人にとって

英語は、「使える」と言える。

が、

ウェブの世界、ゲームの世界、お金に支配された物質主義におかされた今の日本人にとって、

必要なのは英語より、古の日本語なのかもしれない。


原点回帰を迫られた時、必ず「何がしたい自分なのか?」が問われる。

今のキャリアを使って何が出来るのか?ではなく、

何がしたい自分なのか?

そのために使えるキャリアは何か?身につける事は何か?と

順番は反転する。


内観無くして原点回帰は起こらない。

改めて「日本語」なるものを見直してみるのも悪くない。


内へ内へと誘われたその先は 宇宙の真理へ繋がる。

宇宙は、案外 灯台下暗しなのだ。




| ena | 内側の事 | 22:49 | comments(0) | - | -
原点回帰

きのうのフルダブルレインボー見たぁ?

凄かったーっっ!

ちょっとずつちょっとずつ出来あがって

最後全部繋がったもんなぁ〜


美しかったわぁ〜



天神祭の翌日の空がコレとは。。。

なんとまぁ。。。


「光」について書いてみようと

思ったものの、

一体全体どう書いたものか?と思案していたが、この虹が分かりやすく伝えてくれそうである。


紫外線、赤外線とはよく言ったもので

この虹のように、紫の外、赤の外の波長を色として見ることは出来ない。

目に見える7色の光を、可視光線と呼ぶわけで

見えない不可視であっても

波長としては存在しているわけだ。


赤外線治療器や遠赤外線で暖をとる。なんて事に使われているのが分かりやすい例えだろうか。


活発な波長になるほどに寒色へ

緩慢な波長になれば暖色が現れる。


私たちの住む3次元は、7色で構成されていて

7色全てが合わさると白金の光になる。


あらゆる全てを含んでいるのが光の見えない世界である。

すべてを含んでいるからこそ

全てがそこから生まれてくる。

分かりますかー?

ここまで付いてきてますー???


私達が、あちらの見えない世界で生活出来ないのと同じように

見えない世界の存在も、こちら人間社会で生活する事は出来ない。

何故か?

波長が違うからだ。


(宇宙人の話が入ると、少々ややこしくなるので、ここでは割愛する。)


波長が違うとは言うものの

紫外線が皮膚にあたれば日焼けや光合成などの変化があるように

それぞれの波長は干渉し合っている。


〜なので

時にラジオの周波数のように

テレビのチャンネルのように

波長が合えば、もしくは合わせれば

感じられる世界がある。


可視化する場合もあれば

音として聞こえる場合もある。


今回の天満宮事件は、

まさに、この光の世界の物語。


天神祭の25日、あちらの世界のエネルギー活動が活発になって

光が強く大阪から放たれている。


その結果が冒頭のフルダブルレインボーなわけですが

干渉しあっている見えない世界とこの世界において

天神祭の賑わいが、あちらの世界のエネルギー源になったわけだ。


この地球や宇宙は

すべての命あるものと、見えない世界がリンクして運動を続けている。


光が強くなるほどに

運動は早く、強く行われ

意識にマイナスはなく、安心と喜び

平和と調和 そして愛しかない世界になる。


見えない世界に喜び多ければ

この現象界も喜び多きものになる。


見えない世界で起こった事が

現実世界を創っていく。

この順番は変わらない。


だからこそ

現実を見れば見えない世界の動きがわかるし

見えない世界を感じれば

世界がどんな現実を創っていくのか、

どの方向に進んでいくのか?が読める。


そして

今ここに現れているエネルギーを言葉にすれば「原点回帰」である。

見えない世界、この現実社会のすべてに

問われる「本質」がある。

そこに立ち戻ってはじめて

新しい次の物語の扉が開く。


光の世界の物語は

夢とロマンに溢れているのだ。


テレビやネット動画もいいが

すぐ手の届くある場所にある面白い世界の事も感じてもらいたいものだ。



〜余談〜

大阪は住吉3神と呼ばれる龍神と縁ある土地である。

大阪天満宮には鳳神輿と玉神輿があるそうですが、やはり創建の頃から

ちゃんと龍と鳳凰のセットの働きがある事を

分かっていたらしい。


龍と鳳凰が統合されると「麒麟」と呼ばれるエネルギー体になるようだ。

麒麟ビールのエンブレムになっている麒麟ね。


ちなみに来年の大河ドラマが

「麒麟が来る」って題名らしいのが

また面白い。


さて、7月の31日、8月1日に行われる

住吉大社のお祭りで、大阪の夏祭りが締めくくられる。

どんなエネルギーに満たされる大阪が仕上がってくるだろう?

楽しみ楽しみ。。。







| ena | 信じられ編  | 12:54 | comments(0) | - | -
自然

アタスは、特別スピリチュアルな人間ではない。

ただ、エネルギーの世界と

3次元の現実の世界が、どのようにリンクしているのかを

知っているだけの人間である。


現れてくる現実をみて

エネルギーの世界が今どんな事になっているのかを、読み解く事を趣味にしている。

ただ それだけである。


3次元の現実にあれよあれよと巻き込まれて翻弄されるよりも

自分の創りたい現実を創って遊ぶ人生を選んでいる。

たったそれだけの事である。


UFOが居るとかいないとか

幽霊がいるとかいないとか

そんな信じるか信じないかの話しではなく

ごくごく当たり前なエネルギーの働きを知っているだけなのだ。


宇宙の振動(エネルギー)は完璧で

ただただ、愛と呼ばれるエネルギー活動が在るだけだと言う事に気がついているだけなのだ。


人間が身に付けた思考というエゴに任せて生きるより

宇宙にお任せして生きていれば

なんの心配もない事を何度となく体感しているに過ぎない、ただの人である。


現実が変わらないと嘆いていても

変わらない。

だって、

現実より、見えないエネルギーの世界の動きが先なのだから。

そちらを先に動かさずして

現実が変わる事がない事を

悩み多き人々が知っていけばいいのになぁ〜と思う。


お空の雲が

単に形付いているわけではなく

そうなるエネルギーに基づいて立体化している事を楽しいと思う人が増えたらいいのに。


肩に止まる虫が

そこに止まるべくして止まっている事を

目にした数字が

偶然の仕業ではない事を知って

人は1人で生きていないと、前を向ける人が増えたら

この世界はどれほど平和になるのだろう。


天神祭の今日7月25日のエネルギーの世界は

目が開けていられないほどの強い光が

降り注いでいる。


あなたは何を感じた貴方だろう。


祭りの終わり

この光のことを書いてみたい。


| ena | キラキラ | 01:11 | comments(0) | - | -
どうでもいい話し

ZEBRA のスタイラスって言うて

ボールペンの裏でスマホタッチ出来るやつがあったから買ってみたら

上手に打てるのが嬉しくて

書いている。


そう。

だから今日別に書かんでええねん。


ネタも別にないしな〜

あぁ!

この間「琥珀」を見にいったのよ。

本の中に登場するポーランドの琥珀博物館の話はしたかしら?


ウェブ検索したら、ポーランドじゃなくて

岩手県久慈の琥珀博物館が出てきて

HPを読んだら、

なんとバルト海の琥珀より

2、3倍余裕で古い地層からの琥珀で

世界最古やっちゅうではないかっっ!


ほんなら久慈でええやん!って思ったけど

これが案外遠い。

〜と思ってたら、これまたなんと催事で

なんば高島屋に来るっていうやん!


そら難波やろ。

絶対なんばやろーーーーて、出向いてみたら

またまたなんと、琥珀工芸の伝統工芸店にて宝石と化した琥珀だったのだよ。


チ〜ん(´༎ຶོρ༎ຶོ`)


恐竜の羽とか虫とか入ってるやつ

想像しとったのに。。。


ま、

とは言え琥珀売ってんやし、久慈から来てはんねやし、と、ここに来た詳細を話してみたら

琥珀についていっぱい教えてくれたので

今、琥珀について

半径400mぐらいならアタスがいちばん詳しいと思われる。


まさにジェラシックパークの世界の琥珀。

樹々の樹液が大地のプレッシャーや熱や

諸々の条件下において

奇跡的に固まった物質である。

樹々から流れ出た樹液に虫達が誘われて、そのまま樹液の中に閉じ込められたりする場合がある。


岩手県久慈湾は、まさにその奇跡が残る土地。


8500万年前から、それ以上の古さを誇る。

内陸は花巻温泉や玉造温泉があるように

地熱で琥珀が溶けてしまうし

地震の多い土地だけに

クラックが入りやすく細かくなりがちな琥珀は、太陽光しかり

あらゆる事情で劣化してしまうので

本当に、

今見られる琥珀は奇跡なのだとか。


ま、その奇跡を売りものにしているのは

どうかと思うが

とは言え、天然のなんとも言えない美しい色や透明感やグラデーションは

さすがやった。


なんと、久慈博物館に行けば

採掘体験も出来ると言うではないかっっ!

恐竜と同じ時代の地層っちゅう事で

まさかの、恐竜の骨や牙発見!なんて事も

あり得るやもしれんらしい。


実際、

高校生が1時間で恐竜の牙を発見した新聞を見せてもらったが、

いや〜ロマンあるわぁ。


ほらぁ〜

考古学の発掘する人になりたかったアタスじゃない?

やだっっっ!知らなかった?!


っつぅーーーー事で

暑い盛りが通り過ぎたら

熊に気をつけながら琥珀発掘に行くことにしたのよ!


結局行くんかーーーい!久慈。

ええ、そーゆー事なのよ。


いやはや、楽しみである。


書くことねーなーと言いながら

むっちゃ書いたわ。


ほな、また。

| ena | どぉでもええか?な話 | 11:59 | comments(0) | - | -
こちらも天神祭までに

来ましてん。

アタスのラシーンちゃん。



やっと来たのよ。

とは言え、

誰の依頼か知らんが、天満宮にまつわる諸々を天神祭までにと急かされ

なんとか完了したら

車まで天神祭までに届くとは

やっぱり 見えない世界にはお手上げである。


見えないが

今、色んなエネルギーがわちゃわちゃと出ているので

自分のチャンネルをどこに合わせるのかによって、めっちゃ体がしんどくなったり

眠かったり

はたまた心が傷んでしまったりもする。


もっとも深いレベルで、精神的に

魂と心と体の事を腑に落としていくか

肉体のお手入れに精を出して

自分自身をコントロールしなければ

生きずらいのが、今の時代なのだろう。


ですが、

天神祭の25日は

ちょっと前から言うてますけど

ホンマに強い光が舞うからねぇ。


天神祭にチャンネル合わせればイイと思うけど、、、どうやってチャンネルを合わせるのか?って?


そうねぇ。。。

見えないけれども

龍や鳳凰がいてるって、信じる事かなぁ?


実際、

見える世界だけで物事が動いているなんて

おこがましい限りだから。

本当は、見えない世界ファーストなのよ。


今からは

ここを分からないとシンドイやろなぁ。


とは言え、

失敗も正解も宇宙には、そんな価値判断基準はないので

どちらでもなんでも自由なのだけれど。


結局そのうち死ぬのが

肉体ある人間である。

その日まで、何事もただただ体験するのみ。


今年は初めて天神祭の花火を天満で見る事になった。


関わった以上、

龍と鳳凰が麒麟となって飛び周る姿を

確認せんといかんわな。と

そうすることにした。


天神祭まであと2日。。。


| ena | キラキラ | 17:26 | comments(0) | - | -
7月22日現在

先だって、お客さんがご主人のカットを。。。と 一緒にご来店下さった。


めーーーーっちゃくちゃ髪の毛多いっっ!

初登場でNoaランキングトップ3にランクインする多さっっっ!


しかも

生えグセがこれまったす魚いっっっ?

初登場にして、生えグセランキング男性部門1位やと思う。


今まで、子供の頃から ずぅ〜っと同じ散髪屋さんでカットしてきたそうで

梳いたりは、あまりされてこなかったみたいで、頭への熱の籠り方が 尋常じゃなかったのだよ。


あれは暑いで頭ぁ〜。

ホヤけど、自分では他と比べた事ないから

それも普通としてきはったんやろうけど

まーーーーー難しいカットやった。


もちろん、1回で床屋ベースをどうにか出来へんから、3回の猶予が欲しいとはお伝えしたのだけれど

久し振りに、どう切ったらええか迷ってしまった。


ま、基本

髪の多い人って、気エネルギーが大きく

また多い人やったりするんですよね。

体が強いっちゅうか。


その逆で、髪が少なくなるって事は

気エネルギーが減退してるとも言える。


やっぱり、髪は火水(かみ:エネルギー)で神なのだ。


さて、火水(かみ)と言えば

今のアタクシには天神祭だろうて。


やっと今日、天神祭までに整えるべき

道(龍脈)の整理と

蓋を開けて出るべきエネルギーが出揃いまして、あとは天神祭のエネルギーを待つばかり。。。と、ここから先を書こうとしたら

咳が出てくるのでやめる。


もう少々、統合させるべき働きがあるので

これが完了せずして

書かせてもらえないようだ。


とはいえ、

とりあえず天神祭までに〜と言う あちらからの依頼は完了したし

なんとアタクシの車も、やっと来るのよ。


上手く出来たものよね。

これもちゃんと天神祭までに間に合った格好になるのだから。


さ、

今年の天神祭は ちょっと違う。

いや、大いに違う。

いままで天神祭に参加せず来た そこのあーたも、あちらのあーたも

是非、実際に足を運ぶも良し

テレビでみるも良し

遠くからでも何でもいいので

天神祭に意識を合わせてみて欲しい。


住吉の三神と

鳳凰が相まって、麒麟のエネルギーが舞う

華やかな日となる。


大阪バンザイっっ٩(^‿^)۶ な25日になるのだ。


| ena | キラキラ | 22:29 | comments(0) | - | -

宮迫さん達の会見見た?

アタクシ、ワイドなショーが生放送って聞いて録画したのよ。

前日の夜のニュース番組で、少々会見の模様も見ていたのだけれど

松っちゃんがどんなトークするのか

聞いてみたかったからぁ。


お金の問題と

雇われる側と雇う側の意思疎通の問題と

それぞれの視線の先にあるものという

今の社会に問われている部分が

きっちり反映されていて

やはり、

ここから全ての人々が学ぶ課題が提供されているな。と感じていたのだ。


善きようになるといいねぇ〜


で、やっぱり宮迫さんの頭頂部には

ズラエリアがあったわっっ。

てっぺんの毛を生やすのは

難しいものなのね?!?!?!


さて、話しは変わりますが

ウチのお客様達は、セット剤を付けない方が多い。

ま、

ベタベタするし

汗と混じって流れてくるのが嫌とか

時間がたてば重くなるし

ホコリ寄せるし

指が入らない云々。。。


色んなご事情あるあるである。


アタスは、その時に応じてでいいのでは?と思っているので

絶対なにかつけてちょうだい!とは言わない。

逆に、

つけたらちゃんと取ってくださいね。とは言う。


また、

やりたいデザインに対して、髪の質や諸々の事情で何かつけなければ形にならない場合は

絶対付けてね。と伝える。

が、

ま、これもご本人次第で自由である。


しかし、

これを踏まえてカットするかしないかでは

大きく変わる。

セット剤を付ける程なら、入れなければならないレイヤーがあったり

付けない程なら、削いではいけないエリアがある。


どっちでも可能なように〜なら

それもまた踏まえておくとおかないとでは違うので

だいたい皆さんのお手入れ方法は

掴んでいるつもりでいますが

変更があったばやい

気が変わったばやい

変えてみたくなったばやい等など

言うてね。


今の時期からは

汗で濡れる程で切る事もあるし

暑さで湿気を帯びる程で切る事もある。


常に耳にかける程で切る事もあれば

常に結ぶ程で切ったりカラーを入れる事もある。


慣れているから〜

お任せだから〜とは言え

言いにくいとか

言うタイミングがはかれないとかあったらいけなのでお伝えしておきますね。


程の発動のために

井戸端会議に突入する前に、どうぞデザインを相談下さいましね。


相談がなければOk牧場っっ。

喋り倒す程でお座り下さいましっっ。笑



| ena | - | 22:05 | comments(0) | - | -