プラスチック問題

やっと終わったみたいですやん。

G20。

アタスは家Noa家Noaの繰り返しなので

大阪市内がどんな事になっとったんか知らんけど、

ヘリコプターはうるさかったわぁ。


大阪城でご飯食べたりしとったって聞いたから、それを遅くまで取材するだか

警備するだかのヘリかなんか知らんけど

非常識極まりない時間に飛んどって

めっちゃ迷惑やった。


G20でも取り上げるとか言うてたプラスチック問題、どーなったんやろか?


Noaでも、いつも思うねんなぁ〜

サランラップ無くなったら、何で代用しょ〜かなぁ????って。


昔、専門学校時代に

友達の家で友達のお母さんにパーマかける時に、道具が揃ってなくって

ロットを巻くワインディングペーパーは

ティッシュペーパーに

ゴム跡をつけないようにするスティックは

爪楊枝で〜とか代用したのが懐かしい。


ラップは機能性高いからな〜

カラーの際の保湿、保温、定着のための密閉や汚れ防止に。。。と多機能なのよねぇ

美容界にとって。


これが無いってなったらぁ〜

そうねぇ。。。やっぱり紙か。

片側に蝋塗ってる紙で汚れ防止とか?

うっすーーーーーい緩衝材のような紙で密閉やら保湿は出来るか。

保湿を思ったら

カンナで削った薄い木の方がええかなぁ?

いや、新聞紙でいけるか?


まぁ〜なんとか代用は効くか。。。


お客さんに聞いたら

昔は籠もって商店街行ったら

玉子は新聞紙にくるんでくれて

魚やお肉、天ぷらなんかは

水はじく緑の紙に包んでくれらりしてたでーって言うてはった。


豆腐は鍋やボウルで買ってたって言うし、

ま、やっぱりプラスチック無くてもええんやな。

プラスチックを分解してくれる微生物くんも

いてるけど、まだ時代がそれを表沙汰には

させてくれへんみたいやし

ま、出来る事からボチボチやね〜




| ena | 化学物質の変(編) | 19:58 | comments(0) | - | -
悲しい現実

「同じ人間なんやから」いつか分かるやろぉ〜とか

いつか気づくやろぉ〜とか

話せば分かりあえるだろ〜とか

心底悪い人間はいてへんやろ〜とかって

このアタスも思っていた頃があったが

ある時、

同じ人間種ばっかりちゃうんやな。っちゅう事が分かり

いつが来ても分からん人には本気で分からんねんな。っちゅう事が分かり

話しても分かりあえん言葉が違うのかっっっ?!?!と思うような人々は山程おって

心底悪い人間てホンマに居てるよな。って事が分かってからは

それ以前よりもまして

期待は無意味だと、人間以外の種族てホンマに居てるんやで。って事を

めっちゃ真面目に伝えてきたけど、

情に熱い人や、折り目正しくこの世を生きてきた人達は

やっぱりこの世的に良い人だから

話しあった所で、どこまでも分かり合えない人々がいる事を、なかなか腑に落とせんでいるし

言うだけ無駄で

気持ちをかけるだけ無駄な人々にもついつい恩情をかけてしまうのだけれども


あらためて記しておきたい。


ホンマに心底性悪っていてますねやんかぁ〜

ま、

地球的良い悪いの価値判断は横においといて

いわゆる、イケズ とか 根性わる って呼ばれる人々は

居てるんでねぇ。


その人々を、どーーにかするとか無理だから。っていうか

もはや「人」と呼べるんだかどうだか。


「触らぬ神に祟りなしっっ。」と申しますが、自分と感性が違うと感じたなら

相手にせん事です。

どうにか出来る。とか、どうにかしてあげたい。なんてのは偽善に終わるから

やるだけ無駄。


「人間種」1種類だけが地球に住んでいると思ってはいけないのよ。


ホンマに、宇宙人ておりますねん。

だから考え方も感性も違ってて当たり前で

この世では理解出来へんような

行動もすれば発言もするのよ。

ややこしいのは、一応見てくれは人間の殻を被っているって事や

人間だけれども、操り人形のようになっている人々もいてるからぁ。

この辺りの見分けは難しいわよね。


昔はアタスも、目を疑いたくなるような

信じられない人々に遭遇する度に

経験が足りないからだろーーな。とか

環境だろーな。とか、自閉的症状だろーな。とか色々分析した事もあったけど

その分析には値しない「種族」って居るのよっ。

育てられ方とかちゃうねんっっ。


ここをキチンと分けて腑に落としとかんと

グラグラ揺さぶられるからね〜こちらの感情を。

で、

そーーゆーーのを餌にしよるから。

その類の種族って。


そんな挑発には乗らない

かわす

一撃でばっさり切るっ!とかやらなぁ。

エネルギー食われて疲れる一方だわよ。


過渡期の今は

こんな種族達が隠れていられなくなって

表に現れてくるから

余計目立って、問題を起こすトラブルメーカーになるのだけれど

こちらとしては、ストレスにならないような

取り扱い方法を身につけておくのが得策なのよ。


今この時期において

分かり合えるとか出来ない人々は

今後も無理だから。

分かり合える感性を持っているもの同士であれば、瞬時に分かりあえるのがこの時代なわけで

そこにアホみたいな時間や労力を要するようなら、もう無理。終了。チーーーン。。。である。


無駄にエネルギーを消耗しなくてもいーのだ。

自分の心が穏やかいられるように物事をみて

活動していく事が何より。


この記事が

コミニュケーショントラブルを抱える人々にとって、有意義なものとなる事を祈って。。。


| ena | - | 22:24 | comments(0) | - | -
あらためて経皮毒

以前やっていたアンナチュラルっちゅうドラマに友人がハマっていた事があった。


ヒッキーなenaminnは、お暇だったので

Tverで、1話から見てみる事にしてみた。

法医学の民間営業所が舞台になっているため

亡くなった人の原因を探る事が

物語の中心になる。


死亡原因に毒が使われていた〜って回があって、登場人物達の会話で

日常の毒あるあるが披露されていた。


ライチの毒〜

トマトの毒〜

白髪染めも飲めば死ぬよね〜と出てくる。


ハイ。

その通り。

白髪染めもパーマ液も、農薬以上の毒性があるのだ。

問題は、致死量である。


今読んでいる本も、ちょうど昆虫や動物の毒が取り扱われている。

ゴールデンランスヘッド(クサリヘビ科)っちゅう蛇の毒は、噛まれれば90%の確率で死ぬ。。。とか

スズメバチは日本でも有名である。

とはいえ、

スズメバチのプロポリスがサプリメントになっていたり

クサリヘビ科の毒が降圧剤になっていたりもして、まさに

表裏一体なのだ。


小麦粉も、小麦の問題というより

ポストハーベスト(残留農薬)の問題が大きいと思われるが

案外、食として頂いている人々の問題よりも

パンやウドン、ピザやケーキを作っている人々の小麦粉を吸い込んだり

皮膚から吸収する経皮毒の影響の方が問題なように思える。


皮膚から吸収したり

気管から吸い込んだりする毒っ気は

食すよりもデトックスし難いからだ。


アタクシも、

今のような形でお薬を使わせて頂いていなかったら、ガンまっしぐらだったかも。

美容業は、経皮毒のオンパレードだから。


見えないから分からないが

空気中には、外壁塗装の際に使われる

有機溶剤が飛びまくっているし

pmやらなんやら、花粉症だアレルギーで

ひとまとめにされてしまっているが

案外そーーーでもないのだ。


ほな

田舎が安心か?と言えば

なんのなんの。

除草剤に農薬が飛びまくり

あかん!と言うてもプラスチックやら燃やしよるし、けっこう危険。


ま、

今の時代を生きるっちゅう事は

アホな人間が作り出したとんでもない危険の中で暮らしていくってラインから

外れる事はほぼ無理。

ってことは、

やっぱり自分自身のチカラを高める他ないのだ。


さ、

深呼吸しよーーーーっと。


| ena | 化学物質の変(編) | 08:38 | comments(0) | - | -
難解な病名

題名にもしたように、病院に行けば

とりあえず、今患っている症状について

何なりと名前がつけられる。


ひと昔前は、

もっとざっくり「不治の病です」と言われたような病状も、今やちゃんと命名されている。


この間、全身性エリトマトーデスなる病名をはじめて聞いた。

症状を聞いていれば、

自律神経系に問題があるのが分かるので

兎にも角にも自律神経の働きをよくして

自分自身のチカラを高めていく事が大事なのであって、

出てきた葉先の症状を追っかけて対象しているだけでは、どうにもならない。


エリトマトーデスもその内のひとつと言われていますが、膠原病に分類される病名が出してくる疾患は、とくに多様なため

その対処療法は主にステロイド。。。となる。


もちろん、ステロイドに助けられることも多いが、ステロイドによる副作用の多さからも

目を背けてはならない。


そして、あくまでもエリトマトーデスにおける

ステロイド投与は「対処療法」であって

「完治に至る治療」ではないという事を

忘れてはならない。


アタクシのお知り合いの場合、

もう20年もこの病気とお付き合いしているが

症状は進めど、改善していく様子がみられない。


とくに、

太陽光にあたった時のダメージが大きいようで、皮膚湿疹や、脱毛が現れる。


アタクシ達は

宇宙の天体の影響を受けずして生きていく事は難しい。

今回のような気圧のアップダウンで

偏頭痛や目眩を起こしている人がいるように

月の満ち引きで生死に影響を受けるように

この地球に住む限り、天体の影響を考慮しなくてはならない。


太陽は、命を育む一方

命を奪いもする。

ビタミンを合成する一方で、太陽視神経(自律神経系)の働きと深くリンクしている。

太陽の電磁波の影響を人間は受けることを分かる必要がある。

去年からこっち、随分と太陽の働きが

穏やかになったものの

去年までしっかり太陽電磁波と向かい合って手入れしてきた人々と

まったくスルーできた人々の間には

太陽からの影響の大小差が、ずいぶんと現れてきているようだ。


膠原病と分類される症状の起源はホルモンにある。

ホルモンって事は視床下部、第三脳室の神経系の働きが重要だと分かる。

神経の炎症は、

自律神経の乱れを引き起こしホルモン異常に発展する。

そこで、

何によって神経系に炎症が起こっているのか?の原因追求が必要ですし

同時に、炎症してしまった神経を落ち着かせるための処置も必要なのだ。

(アタクシのお知り合いは、太陽の電磁波の影響が大きいわけだ)


自律神経の迷走が引き起こす症状は実に多彩なので、その葉先の症状だけを追っかけていけば

皮膚科に脱毛外来に内科に整形外科と

何軒もの病院を駆けずり回る事になる。


原因は、

葉先がそうなってしまった根っこにある。

そして、

その根っこが這う土と吸い上げる水にある事を是非とも忘れずにいてもらいたい。


そして

自分自身のチカラを高めて自己治癒力にスィッチを入れる事が対処療法から治癒へと変わる事も知っていて欲しい。


病気は自分へのメッセージ。

どうぞ難解な名前に振り回される事のないよう、ご用心あれ。


| ena | 体の事 | 19:37 | comments(0) | - | -
通常通り

G20の影響が随分と出てきた。

Noa周辺は落ち着いてるけれども

大阪城周辺や、G20開催場所近くの道路事情が面倒な事になってきた。


という事で、

食料や暇つぶしグッズを用意して

ヒッキーに徹する。

Noa、家、Noa、家の1週間だ。


どーも、トランプが帝国に宿泊するとかで

桜ノ宮〜法円坂あたりが

ワチャクチャしているようだ。

府警本部もすぐそこやしね〜

森ノ宮の交差点も激混みで、

信号が変わってても直進出来ずに交差点内に取り残されて、100%赤信号で渡って事無きをえたのだ。

白バイやらパトカー山盛りの中で捕まらず

ラッキーだったわっっっ。


この間、テレビで

大阪がG20の開催地になんでなったんか?ってやっとって

知っとった?

スイートルーム500室用意出来るからやって。

要人ってやつは、スイートルームに泊まって頂かんとあかんらしい。

は〜?!?!?!?!?!

意味分からんしっっっ!


いつも一般ピ〜ポ〜が迷惑被るわよね。


ま、言うてもしゃーないからやめる。けど

トランプって、やっぱりズラかしら?

植毛?

完全に色が違うわよね。横の毛と。

ちょっと直に確認してみたいわねっ。


ま、それも無理だろーーから

やっぱりおとなしく過ごそう!


しかーーーしっ、

Noaは通常通り営業致しまする。

いや、電車動いてるから来るって皆さんおっしゃるからぁ〜。

電車も混雑が予想されるでしょうから

気をつけていらして下さいましね。


ではでは〜

ご無事に週末をお過ごしになってねー

(・Д・)ノ


| ena | Noaの事 | 18:21 | comments(0) | - | -
ノンデジタル

今朝駐車場に向かう途中、子供見守り隊の人に挨拶するのに頭を下げた先に

50円玉が落ちとった。


50円玉とは珍しい〜と

見守り隊の人に50円をプレゼントして先を急ぐ。


「5」と言えば統合。

今日は、金剛山を登る。

正成たちの庭だった山なのだが

いくちゃんと登る事が必要なようだ。


あぁ!

この間、地上波でMIB3やってたの見ました?

メンインブラックは何回も再放送されてるけれど、やっと今回の3に登場する人物達が繰り広げている事が

なんだったのかが理解出来たのよねぇ〜


この22日は夏至だったでしょう?

メンインブラックさながらの、まぁ〜けったいな気候と雰囲気の夏至やったけど

朝方見た妙な現象から

過去も未来も全部混ざりあってこの空間に溶け込んでいて、タイムマシンの乗り口が今ここにある事がよーーーく分かったのだ。


MIB3でも、こーゆー事が物語の軸になっている。


例えば、

阪神タイガースが優勝する確率もべべに終わる確率も、すべての未来は今ここにあって、どの未来になる確率もあるわけだ。

この瞬間 みんながどう動くかによって

創造される現実が刻一刻と変わる。


自分達の意識によって創られる世界は変わるので、未来は、あくまでも現時点での未来であって

心配や不安に思うほど無意味な事はない。

だって、

変わるから。


あなたの選択した行動のひとつひとつが

もしかしたら交流戦で負け倒したタイガースを優勝させる未来も「ある」って事だ。



随分と横道にそれてしまったが

〜であるからしてぇ。。。

今日いくちゃんと金剛山に登るのか、

はたまたアタス1人で登るのかによって

創造される現実は変わるって事なのだ。


どんな一瞬も、どの場面も、

この先の現実がつくられる為の必須アイテムと思ったら

どんな世界を創り出したいのかを意図して行動する事の大切さがよくわかる。


そういった意味で

今日の金剛山登山は、とても有意義な出来事だったと思う。


往復7km

最登頂地点葛城神社までは1125mぐらいあるんかなー?ゆっくり歩いて

片道1時間30分の道のり。

爽やかな風と、穏やかな日差しに恵まれた

絶好の登山日和だった。


この間の熊野速玉大社の階段の方が辛かったのよっっっっ。


良い汗かいて

湧き水飲んで

野菜買って、コーヒーをto goして市内へ帰りながらドライブ。

大阪にも素敵な場所はあるのだ。


今日は野鳥の声とキツツキのノック音や

水の流れる音にも癒された。


さてさて

スマホを置いて自然との対話に

今日のあなたはどれぐらいの時間を使っただろう?

自分の内側をみつめる時間はどれくらいありましたか?


こんなゆるいブログを読んでいるより

どーーぞ、内観を。

こたえは、自分の内側から繋がる事でしか

得られない事をお忘れなく。





| ena | 旅事 | 08:33 | comments(0) | - | -
都会で井戸端会議

今日は色々縁深いであろうMゴンとランチ。

お休みなので時間に追われる事もなく

延々話し込む事5時間。

女は、放っておけばいつまでだって喋っていられる。


アタスは、ハートはあるのだけれど

感情がない。

感情のセンターが空洞なのだ。

だからといって

人の気持ちが分からない訳ではない。

逆に言えば、

その人が感じている悲しみや辛さや嬉しい気持ちを、オリジナルのままに感じる事が出来る。

とは言え、

感じたら、それをすぐに流してしまうので

悲しみの物語に引っ張られる事もない。

時に、それを冷たく感じる人もいるのだと思いますが、まぁ〜それは

受け取る側の価値観ですからご自由に。


世間一般的な価値観の中で生きていないので

理解してもらえる事の方が珍しく

また、理解してもらいたいとも思っていない。

が、

有り難いことに、アタスの周りには

この感覚でお話し出来る友達がいてくれる。


Mゴンは、その中でも

特によく似た性質を持っている人なので

日頃話さないで済ませてしまうような事も

話題に取り上げる事が出来る。


もちろん、

今日はMゴンにも宜保愛子inエジプトをオススメしておいた。

アーーンド、宜保愛子vsマリーアントワネットも忘れずに。


そこから、サイババの話になった。

宜保さんがサイババに会ってはしゃいでいるYouTubeを見かけて

そーいや、サイババって何やった人やったっけ?と

案外知らないでいた事に気がついて

サイババが生前、講話していた動画を拝見する事にしたら。。。

めっちゃ普通〜の事言うてる人やった。

当たり前の宇宙の真理を

淡々と語り、宗教臭くもウサン臭さもなく

めちゃくちゃ普通〜の事を説いてはった。


それを

手から何か出るだ〜

写真から何が出るだ〜って

それが嘘か?誠か?のような事だけが取り上げられて、サイババの本質が

どれくらい伝わっていたのか?と思う。


この世は、カオスである。

混沌こそ地球で、混沌こそ宇宙。

サイババもそう話しているが

彼の表現の中に、ほぉ〜〜〜っと思う一節があった。


人間の現れ方もカオスである。。。と。


なるほど、深いっっっ。

ここの所、ことに色んな事件があって、

殺人、交通事故、失言、いじめ、虐待云々

とは言え、

これも全てカオスである宇宙の働きである。と語るサイババに、感心してしまった。


信じられないような事件を目の当たりにすると、どうしても、それを悪としてしまう

人間の善悪を裁く機能に、オートマチックでスィッチが入ってしまう。


今回の山形や新潟の地震でも

きっと何処かのサイトでは人工だなんだと

言うてる人々がいるのだろう。

そして、

そんな事を起こす輩が許せんだなんだと

裁く行為に発展する。


そりゃそーーだ。

外側に敵を作る方が簡単なのだ。

が、

これが戦争を生む始めの第一歩になっている事に気づいているだろうか?


三次元に立体として起こってくる全ての事象の前には、見えないエネルギーの世界での動きがある。

人工的であろうが、自然であろうが

現実に現れた事に対して

この地球学校では

その物事を通して、自分が何をどう感じて、次のアクション(選択)はどうするのか?のために内側を探求(内観)する授業を受けているのであって、

外側の見える世界を裁く、しかも世間一般的な価値観で裁く事を学んでいるわけではない。


外側に原因を見つけて

あいつが悪いコイツが悪いと言っている限り

いつまでたっても戦争はなくならない。


戦争が嫌

イジメが嫌

虐待が嫌だなんだと言っていながら

それを創っているのは誰でもない自分自身だと気付かない限り

この事象が少なくなる事はない。


ま、だからと言って

それが悪ってわけでもないのだが。。。


今日も、Mゴンと話していて思ったが

見えない世界こそ信じられる唯一の場所だと。

エネルギーは裏切らない。

どんな世界を展開させるのか?は

自分自身が放つエネルギー次第。


サイババをリスペクトして

サイジジを目指そうかしらっっっっ?!と思った、都会のオアシスでのひとときでした。

| ena | 内側の事 | 19:41 | comments(0) | - | -
代車deドライブ

ラシーンの代車も、乗り始めて3ヶ月が経とうとしておりましてぇ。。。

随分と上手に乗れるようになっとるわけですな。

とは言え、

自分の車が来ないとなると

行こうと思っていた先へのドライブにも気乗りせずぅ。。。

えーーーーー

行き先を変更致しましてぇ

三重県熊野市へ。


久しぶりに川上村を通ったり

中辺路や龍神を通ったり

やっぱり、熊野大社周辺は好きやなぁ。



初めて瀞峡の船にも乗ってみた。

静かでええわぁ。。。

平日&ハイシーズン前で人少ないし外人も少ない。

これだけで癒される。


喧騒から離れて

一日中スマホやテレビから解放されるって

大事よ。

浮かなくなるから。


野鳥が鳴いてて

トンボが飛んでて

カエルがおって

穏やかな山と海と川があって。






お空のアートにも感動する。


代車やけど、ま ええか。

またどっか行こうっっと。

| ena | 旅事 | 17:48 | comments(0) | - | -
浮かないHow to

明日も低気圧がガッツリ大阪にかかって停滞する予報のようだ。


ってことは、

この間も書いたように

左巻きの渦が出来るので、左側に凝りや痛みが出やすくなったり

左の渦は緩む方向なので、意識もふわふわと浮きやすい。


そーーーすると、

「覚えてない」といったような、無意識で何かをやってしまっていたりするので

言ったり、聞いたりした事も

記憶がなかったりする。


危険危険、こんな時に手帳への記入漏れとかやりやすいのよっっっ!

気をつけるのよ!アタスっっ!


今日も、ボンボンボヤージュメンバーとお食事しながら「浮く」や「浮かない」や

「地に足をつけるには?」なんて事が話題に上がったが

低気圧の時は、まさに「浮く」わけだ。


しかも

日頃から浮き気味の人は、もはや帰ってこられないんじゃないのかしらっっ?!?!?

ってぐらい、浮いてしまうので要注意である。


そこに持ってきて、さらに浮き上がりを助長するスマホやタブレットにテレビ等々の

エレキテルなモノとのコミニュケーション。

浮くぜ〜

駅のホームから落ちないでね〜

交通事故にも気をつけよう!


「浮く」とはなんだ?と言われれば

自律神経系の乱れである。

神経の炎症が高い。

筋肉は温めて、神経は冷やす。

これが大切なのだ。


具合が悪くなって、お手入れする必要を感じる人が多いのですが

それじゃアータ、間に合わないのよ。

日々養生してなんぼなのだ。


深呼吸する事

ラジオ体操する事

体を温める事、食事

首を冷やして脳髄を冷やしていく事。


地に足がつかない浮いた状態からは

ついつい夢見がちになり、物語(感情)に左右される。

冷静で客観的な判断が出来ず、また内観する事が出来なくなる。


そんな人生を選ぶならどうぞご自由に

アーーンドご無事で。

お好きにしてくださいませ。


しかし、アタス達が住む地球は3次元。

地に足がついてなんぼである。

地に足がついてはじめて、インスピレーションも機能する。


自律神経系の安定が兎にも角にも第1なのだ。

そのために、自然に触れることは有効である。

散歩すること

裸足で砂浜を歩くこと

水遊びすることやピクニックしてみたり。

鳥の声を聞いて

波の音を聞いて

空の雲を見上げる。


そんな「余裕」がある貴方だろうか?


時間に追われ

すべき事に追われ

生活に追われ

何故か生き急ぐ毎日を繰り返してはいないだろうか?


なぜ、そう出来ない自分なのか?を疑問に思わず、内観し探究出来ない状態こそ

「浮く」って事である。


「うわの空」ってのがぴったりかもしれない。


それが起きやすい低気圧。

皆さまご自愛くださいましね〜


こんな日は何かに集中するとする。

さ、彫ろう!


| ena | - | 19:58 | comments(0) | - | -
昨日の今日

昨日、例のお話しを聞いて

早速、帰りの電車で隣に座った人の洗剤やら柔軟剤やら香水系のニオイをシャットアウトすべく、

自分とお隣のあいだに透明やけど分厚いつい立を立てると決めて遊んでいた所〜

お隣が2歳か3歳の女の子を連れた

20代後半と思われるお母さんに変わった。

座ってしばらくして

「今だけな。」とスマホを子供に手渡すオカン。

あくまでも、子供が貸してとせがんだわけではない。

当然、スマホの魅力に集中する子供である。

で、

自分たちの降車駅がやってきて

いきなり「お前ええ加減にせえよっ!」と

スマホを取り上げて頭をパコーーん!と叩くオカンに、唖然としてしまった。


しかも、他の乗客は全員スマホに夢中なのか

敢えてスマホに注視しているのか

この親子の一部始終は、無かった事にされている。

怖いからぁ〜。。。

お前が勝手に子供にスマホ渡しといて

また勝手に取り上げたあげく、

暴言と暴力て、

これを虐待と言わず何て言うん?!と思った。


周りがスルーしてんのも怖いからぁ。。。


誰か この親子のために祈ってあげようと思う人おったんやろか?


昨日の記事をね、友達やお客さん達が読んでくれて、色々意見をくれた中に

友達が「この不自由さが楽しいんやん〜それを楽しむのが人間なんやん〜と思う自分の心の声もある」って言うたんですよね。


ウンウン。

確かにそれもそう思う、なるほどな。と思いながらも、しかしそれは「自由」を知っている人間が選べる楽しさなのかもしれへんな。とも思ったわけですよ。


「自由」を知らぬまま、枠の中の世界だけしか知らない人間にとって

人間界は、どう見えているのだろうか?と

昨日のような親子関係を目の当たりににすると、ふと思うんですよね。


もし、

人間は本来何でも出来て、魂が宇宙とコッチを行き来している永遠のものだと知っていたら、あの親子はどんな関係を築いただろう?と。


お金に縛られない〜

時間に縛られない〜

一般常識とやらに縛られず生きる道を知っていたら、「余裕」という背景の中で暮らしていく事が出来るのではなかろうか?とかね。


ま、

だから良いとか悪いってわけでも

どれが正解でもないから

必然として起こる事象があるのだろうけど

せめて、カオスこそ宇宙で

カオスである事が地球だと知っていて欲しいねぇ。。。と、個人的にはそう思う。


そこから選びとる自由が

すべての生命あるものに与えられている「自由」なのだと。


アタス?

やったわよやったわよ〜

ニックを横に置いて泉州訛りでもええから

英語のダウンロード宜しゅうにぃ。。。言うて。


あかん( ;´Д`)


まだや(´༎ຶོρ༎ຶོ`)


続けるで〜Σ(-᷅_-᷄๑)!!

待ってろよーーー!億万長者っっ!


| ena | 内側の事 | 12:51 | comments(0) | - | -