ムズムズ
確定申告も、あと半分ぐらい。
気がつけば新聞も書いていない。
実家へ帰っていない間に
シロツメクサ(韓国の昼ドラのようなやつ)も終わり、録画が溜まっている。
とは言え、
いくちゃんの誕生日プレゼントやら
田舎へ引っ越すお客さんへの
プレゼントはレザーで作ったりしているし、
博多の友人を連れて
三十三間堂と六波羅蜜寺にも行ってきた。
なんだなんだ
忙しいんだか暇なんだか。。。

虫がムズムズと動き出すのと
人間も同じなのだろうねぇ。

なんともなしにジッとはしていられない季節というか。

この頃に生える髪の毛も
少々癖が強いように感じる。
ふわっと広がりやすいような
そんな感じ。

アタクシも
気がつけば頭が倍ほどデカくなっていたので、また刈り上げてしまったわっっ!

一応伸ばしている方向なのよっっ!!
気づいてはもらえんだろうが。

ここのところ
短くても、長くても
パーマをかける人が多い。
動きがあるって可愛いもんね〜
博多の友人も
くるっくるっで帰って行ったが
手入れも楽なのよね、くるっくるって。

近所の友達も
パーマがかかりにくいのもあって
最初はくるっくるっにする。
その後、
パーマがとれながら
髪が伸びていく経年劣化を楽しむといったオモロイ事をやっている。


完璧な春と言えるには
もう少々の暇がかかりそうではあるが
このムズムズもまた
楽しみたいものですな。
| ena | 分類しにくい | 10:09 | comments(0) | - | -
必死のパッチは自分自身に発揮するもの
博多の友人は、先に東京へ行ってから 大阪へきたので
東京のヤサグレた人々にめちゃくちゃ疲れたらしく
もう2度と東京へは行かんと言っていた。

まぁ〜人が多いって
単純に疲れるし、自分の事しか考えられない人が多くなるからねぇ。


「自分の事しか考えられない」
っちゅうのと
「自分を大切にする」
っちゅうのとでは、雲泥の差があるのはお分かりだろうか?

先だって、とあるお客さんと話していたら「私の人生っていったい何やったんやろうなぁ。。。って思う」とおっしゃる。

結婚して嫁いで来た時には
義理の両親と同居し
夫婦2人で何処かへ行く事も叶わず〜
介護して見送ったかと思ったら
今度はご主人に病気が発覚して
半介護生活。
自分自身の楽しみはほぼなかったように思うと語ってくれた。

子供の頃から
割にそーゆー性質らしく
誰に言われたわけでもないが、親に気を使って
他人に気を使って生きてきたように思うと。

これで完全にご主人が介護生活に突入〜なんて事になれば
自動車の運転も出来ない自分まで
引きこもざるを得なくなるんじゃないのか?????
と、思ったら
今からでも免許を取りに行こうかと考えているという。

あたしゃ「行きなはれ!行きなはれ!」と、俄然応援したわけだ。

だって
ご主人が万が一介護が必要になっても
車が動かせたら便利やし
女手1人での買い物は、ずいぶん重くて大変なモノもある。
1人になれる空間ももたらされるし
その中で音楽やラジオを聞いたり
好きな香りに癒される事も出来れば
行きにくい山の上や
海沿いの道へのドライブも
気分を解放させてくれる癒やしにもなるだろうし
体が不自由になっても
制限されず、気を使わずに
ご主人と出かける事も出来るやろうし
何より、
新しい世界に一歩踏み出していく事は
不安もあるが楽しくワクワクもするものなのだ。

是非是非、
年齢に縛られる事なくトライして欲しいものである。

そんな行動を通して
自分自身が喜ぶ事を見つけていければいいのになと思う。

旦那をほったらかして自分だけ楽しむのではない。
自分の喜びが、
結局、ご主人の制限も外し
カバーし、2人の楽しみをうみ出していくのだ。

自分の幸せなくして
人を幸せにする事は出来ない。

必死のパッチはご主人に必死のパッチになるのではなく
自分自身を大切にするよう必死のパッチになっていれば
結局、あちこちが勝手に幸せになるのだ。
自分の事しか考えられない身勝手とは
決して自分を大切する行為ではなく
2者は、似て非なるものなのだ。

物語が見せてくる世界に引き込まれてはならない。
もちろん、分かっていて物語に入っているならそれも良し。
すべてはエネルギー活動が映像化、言語化されているに過ぎない。

どーーーぞ、
あなたの創りたい現実の波動を搭載して下さいましね。
そう、必死のパッチで。。。笑
| ena | キラキラ | 21:51 | comments(0) | - | -
即席神社
博多の友達が泊まりにきていて
いつも以上に喋り続ける日々。
久しぶりに会うと
互いの近況やら、
情報交換やらなんやら、話す事が山盛りなので、寝る時間がついつい遅くなるのも致し方なく。。。

今日は
お昼からはお休みだったので
今月いっぱいでシェフが退職してしまう
お気に入りの洋食屋さんへ
近所の友達と向かい
結局、そのまま7:00pm近くまで
友達の所で喋りまくって帰ってきたが
これが怖いのが
毎日のように会っているのに
ほぼ一日中話しが止まらずにいる事。

時事ネタや、テレビの事を話す程度ならすぐにネタは尽きるが
アタス達は
いつも、自分が その事を通じて
どう感じたか?が元になるため
どうしても
深い考察や内観へと展開するため
話が尽きなくなってしまう。

考えてみれば
仲良しにして下さる皆さんとは
常に そんなコミニュケーションをしているように感じる。


自分を隠す事も
大きく見せる事もなく
建て前もなく
張りぼてではなく
安心と自由の中で寛げる時間は
波動の高い空間を創る。
当たり前であるが
楽しく、興味深い。
波動が高いとは
そーーーゆーーー事である。

よく
パワースポットに行って元気をもらうだとか
癒されに行くだとか
清められに行くだなんだと言うが
パワースポットなるものは
いつなり自分で創り出す事が出来る。

笑いに満ちた井戸端会議とは即席神社である。
| ena | - | 22:53 | comments(0) | - | -
アウトプット(表現)
先だってご来店してくれた方が
もう1週間ばかし咳が続いていると言う。
熱もなく
声も枯れず
食欲も落ちず元気。。。なのに咳だけが、出始めると まさに堰を切ったように止まらなくなるそうだ。

しんどいわけじゃないので
来てみました。との事。
確かに、普通。

結局、Noaにいらっしゃる間
一度も咳こむ事なく、
まるで嘘のようだ。。。と本人は言っておられたが
私としては、咳こんだ様子を知らんので
そーーなんですね。としか言えなかったが、とりあえず
咳の原因と思しき事柄と
何故そんな事が起こってくるのか?については、
私の思う事をお話しさせていただいたが、
それは
言うべき事を言わず、呑み込んだ瞬間から始まっている。

理不尽だなんだと思いながらも
それを表に出さずにいると
そうさせるべく登場してくる役者が人生という物語の中に投入される。


インプットばかりではバランスが悪い。
インプットした分、アウトプットもしなければ、鞄の蓋が閉まらんのだ。

そのまま相手に返すのが最高。
それが出来ないのであればカラオケで
サンドバッグや、
枕やクッションにエネルギーをぶつけるのも良し。
笑いで吐き出すのも良し。
いかんせん、
受けた分は、同じように外に出す。

この作業が大事なのだ。

アタスの周りには、仕事であったり
趣味であったり
案外、モノ創りをする人々が多い。
料理、木工、洋裁、和裁、編み物、陶芸にソープカーヴィングに絵描き諸々
アーチスティックな表現も
アウトプットのひとつである。

そんなお仲間の1人
ソープカーヴィングの「Smichi(スマイチー)」さんが
Noaで作品展示をする事になった。
来週には
作品を並べたいと本人申しておりまして、まぁ〜毎日毎日、楽しそーに
嬉しそーに石鹸彫ってますわ。

1か月で作品を変えもって
2か月の展示となりました。

いつもとは違う食器棚上のスペースとなります故
ご来店の際には是非ゆっくり楽しんで下さいませ。


写真もじゃんじゃん撮って下さいっ!と
本人言うとりますので 作品だけ観にきて下さっても構いません。
どーーぞご自由に。

アタクシも楽しみです。

さ、
アタクシもプレゼントするレザークラフト創り精出そぉ〜っとっとっと
その前に確定申告か。。。。。

あぁ〜こりゃ何年やっても面倒くさいことこの上ないわっっっ!
やらされる事って
モチベーション上がらんもんねぇ。。。
サッサと終わらせて
アタクシもアウトプットしよ〜っと!

| ena | キラキラ | 22:02 | comments(0) | - | -
会社勤めだった頃
顧客管理なるものや
売り上げ報告やらなんやら
データ取って、目標数値を出してへったくれと、仕事やってるつもりになる
デスクワークなるもので
1、2月は閑散期っちゅうのが
美容界あるあるやった。

今は、どんなんなってんか知らんけど
この時期こそ
逆にお客さんが多い気がしている。

だって、
春って髪の毛切りたぁなりますやん?
デザイン変えたいっちゅうか。
やし、
実際伸びるし増えるしねぇ。

卒業式出席の為に整えておきたい人々もいてるし
春はやっぱり2月なのだと感じる。

春と言えば毎年、
2月にPMだぁ〜
花粉だぁ〜と
目の調子が落ちたり、鼻水が勝手に垂れたりもするが
今年は、その兆候がなくて快適。
変わった事をしたのか?と言えば
ライディックのお水だろうか。


ライディックのお水での効果は
あれこれあるものの
まさかここに効いてくるとは思いも寄らず、アタスとしてはめちゃ嬉しい。

麻疹だインフルエンザだなんだとあるが、兎にも角にも自分のチカラを高めん事にはイタチごっこである。


食べるもの(質)も大事やし
排出する事も大事。
心穏やかでいられる取り組みも大事やし
体を冷やさず緩める事も大事。

季節の変わり目は
フケやデキモノ、湿疹やアトピー等々
とくに皮膚トラブルが多く出ますので
自分のチカラを発揮出来る生活を心がけよう!と
自分にも言い聞かせる日々です。
動き過ぎず
何もかもストップさせて
寝る。
ボーッとする。
人と会わない。
ソッコー帰る。 とか。。。

ムズムズそわそわする春。
どーぞご自愛くださいまし。
| ena | 美しくなるコツ | 20:23 | comments(0) | - | -
月と女
昨日の夜は眠りにくかったわぁ〜
気持ち悪さの見分けも
ずいぶん出来るようになったが
満月特有の波長。
これはホンマにきしょい。


さて
堀ちえみが癌だとか。
これでまた、口内炎が出来やすい人々は
不安と恐怖に苛まれるのだろうねぇ。

何がどうなってそうなっているのか?を知らなければ
いつまで経っても、情報に振り回される。

癌は、「がん」っちゅう名前であって
異形化された細胞と呼ぶ方がわかりやすい。

何故、異形化するのか?

そもそも、
無酸素状態のお腹の中の命を育んでくれるのは、がん細胞である。
この世に生まれて
自力呼吸できるようになって
酸素で生きていくようになれば
がん細胞は裏に隠れてしまうが
常に、日1万のがん細胞が生まれては死に、生まれては死にを繰り返し
命を閉じる瞬間まで共に居るのが
がん細胞である。

35度台で増殖し
37度を越える体温の中では生きにくい。
〜なので、
悪玉活性酸素や、横隔膜の硬さ、自律神経の乱れ等々の酸素不足によって
体が燃えず 「不全」という働きが起こる。
不全が長く続けば
がん細胞が吸収されず
日に日に蓄積され異形化していく様は
想像するにかたくない。


その新陳代謝において
炎症が起こるため
腫瘍マーカーなるものが示す数字は
炎症度を表しているに他ならない。
今日測れば高い数値も
がん細胞が代謝されれば、明日にだって数値は下がる。
細胞の入れ替わりを阻害するような
体の硬さ、骨格の歪み、添加物、保存料摂取、薬品摂取、睡眠不足、冷えや諸々
日常の生活、遺伝、チェック項目は
山とあるのに
「癌」という名前で呼ばれるがために
振り返る事を、見直す事を吹っ飛ばして
病院頼みの治療になっているのが
今の普通っちゅうやつらしい。

もちろん、
西洋医学を否定もしないし
漢方も
鍼灸、カイロプラクティックも何でもやればいいし
頼れば良いと思う。
思うが、
その症状を創ったのは
紛れも無く「自分」である。

前述したように、遺伝はある。
そりゃそーーだ。
が、
2割の遺伝、8割の環境とうたわれる中
やれる事は、沢山あるように感じる。

事に女は
封じられてきた歴史が長い。
火水(神)なるものと繋がる女の役割を奪って、男社会が築いたものがある。
この歴史を知る必要がある。

いつ、
どこで、
どんな風に女達は封じられてきたのか?

女はこうあるべき
女だてらにしてはならない
女はゲスで醜いもので
言いたい事も言えず、
我慢を強いられてきた歴史を。

それが、幻想だと見抜けなければ
いつまでも、この幻想から抜け出せない。

「月が仕掛けた女への幻想」
だから満月はしんどい。
封じられてきた色んな策略や思いが
溢れ出てくるからだ。
そして、
今もって、月が放つエネルギーは強い。

とは言え、
やはり、封じたのは自分自身だと知って欲しい。
時代が許さなかった
親が許さなかった
社会が許してくれなかった。

きっと、色んな理由を言いたくなるだろう。。。が
結局、
封じられる事に応じた自分がいたのだ。

今は
それに気づいた人から
解放されていく時。

女の人の解放と覚醒が必要とされる時代なのだ。


それを知れば
あらゆるものに惑わされずに済む。
ガンバれーーーーー女っっっ!!
| ena | キラキラ | 12:16 | comments(0) | - | -
いつの世も。。。
先週の土曜日だっただろうか?
朝から
触ってもいないのに 隙間に入れてあるマットが倒れてきたのは。

あり得ない光景ではあるが
エナミン割にこーーいった場面に遭遇しているので
「ほぉ〜また何かかぁ?」ぐらい。

休憩にお茶を入れたら
聞いた事もない音が何処かから聞こえる。
はてぇ???
急須からか?
にしても、聞いた事ない音や。
どんな事なって、こんな音鳴るねん。。。

で、
今度は お客さんが居てはるのに
触ってない塵取りが落ちた。
いい加減深く掛かってんやし
落ちるて。。。

「はぁあぁ。。。面倒くっさ!」

いったい何者なんだか?
思いあたる所がない。
あるとすれば、つい最近 調べ始めた
則天武后の筋と
近所のおじいちゃんと、以前の私の勤め先の共通の人物。


ここまでアピールされると
煩くって放っておけない。
仕方ない。
ミスターの力をかりよう!と受話器を取る事にした。

やはり居た。
40歳代の女性。

「先生すいません。中国の人ちゃいますか?」

ミスター:「ええ。そーですよ。」

「ずいぶん年代の古い人では?」

ミスター:「ええ。そのようです。」

やっぱり。
則天武后のラインか。。。
しかし、
勝手し放題の則天武后なのか?
はたまた則天武后ではない、無き者にされた女性だろうか?

たぶん後者やろな。
この場合、無念系や。

で、
答え合わせ。
則天武后の妹やった。
やっぱり、姉ちゃんに殺されとった。
ま、
おじいちゃんと私の共通の知人も
もれなく還ってなかったけどね〜
生きた証に玉造稲荷に秀頼の銅像を残すぐらいやから、よほど
この世に未練があったんだろう。

先だってお客さんが貸して下さった宮部みゆきさんの本も
背景が江戸時代で
藩だ殿だ上だ下だと
権力という名のもとに 忖度なるモノがあって、
そんな世にあって
本当の宝とは何か?を描いた物語であったが
まったくだ。
本当の宝とはいったい何でしょうねぇ?

権力ですか?
地位ですか?
お金?
血族?
家族?

目に見えるモノの中にありますか?
ありませんか?

戦いは戦いでしか決着できないのだろうか?
まったく、いつの世も変わらんのか。。。

1人1人の気付きによって
変わる世だと信じたいものだ。
| ena | - | 21:56 | comments(0) | - | -
建国記念の日
クリスマスのチキン、ケーキ、サンタクロース云々を調べてみたりが続き
この度、
建国記念の日って何よ?が気になって調べてみた。

日本とは、
相変わらず不思議な国である。
建国記念の日っちゅうのも
実在するかどうかもわからん
神武天皇が建国しただかなんだかの日〜なんて事になっている。

神話を暦にしているのだからスゴイ。
ま、
ギリシャもよー似たもんか。

日本書紀だ古事記の世界は「あり」で
「オバケ」や「UFO」「宇宙人」は「無し」だとする日本人の思考がよく分からない。

アタスの中では、ふつ〜逆やろっっ!と
ツッコミたい気分でいっぱいである。


紀元前660年旧暦1月1日神武天皇統制の世が始まったそうだ。

この間も天皇制の下りで書いたが
この作られた歴史物語から
是非とも色々考え、内観する機会へと
転じていただきたいものだ。

ふつーに考えて
地球が出来上がった当初
原始の森で暮らす人々がおったやろーし
ふつーに考えて
野蛮だと表記されてしまっている蝦夷や熊襲を「統制」っちゅう事は、
戦いによって、いっぱい殺し〜の
脅し〜の、奴隷にし〜のがあっただろうよ。

しかも
それによって出来上がったこの世は
今も戦いが絶えず、
日々の暮らしに困窮する人々から
税金をせしめ、お金を湯水のごとく使い
贅沢三昧暮らす公の人々がいると言うのに
その始まりの建国とか言う日を尊び
ありがたがれとは
一体全体ど〜ゆ〜事なのか
まったく理解出来ない。

ま、
どっちみち、アタスの仕事には
祭日もなにも関係ないけど
いちいち日付けに名前が付けられている事が気に入らんわ。

ただただ、揺らぎがあるのみの宇宙に置いて、すべては物語である。
| ena | 分類しにくい | 22:28 | comments(0) | - | -
はっっ!!( ̄◇ ̄;)
お客さん達とタロットでせんど遊んでいる中で
「使っているカードはタロットの中の大アルカナってカードですねん」
なんていう話をしてたら
「アルカナって事は宇宙の叡智って事やね〜」と言いはった男性がいらしたので
「そーですねん」て言うてたら
最後のお客さんをお会計している時に
「160円、160円、小銭あるかなぁ〜。。。」と言うではないかっっっ!

((((;゚Д゚)))))))!!!

「アルカナて言うてるやんかいさ。。。」


びっくったぁ〜。

日本語ってやっぱり凄いわ。
ふつーの会話の中に「宇宙の叡智」っちゅう音が入ってるって、どんなんやねんっっっっ!!

今や幼少期からの英語教育とか言うて
必死のパッチで英語習わす親子さんがいてはるけれども
日本語をまともに取り扱える方が
よほど感性が磨かれるような気がする。

久しぶりの「はっとしてグー」やった。
| ena | 信じられ編  | 00:05 | comments(0) | - | -
アビスでアソブ
タロットでの遊びは、まだまだ続いている。

今朝、来てくださった方は
1月に伊勢神宮に行ってきたのだと言う。
ほう!
私もこの間行ってましてん。と
伊勢話しをしばらく。。。
で、
今年のカードから内観する遊びをやってみよう!と
その方のイヤーカードを計算して出してみたら「17」の星というカードだった。

えーーーーっとぉ
伊勢神宮は何日に行ったんでしたっけ?と聞けば「1月17日」だと言う。

面白い。

しかも、
日程をオーダーしたのは 彼女だと言う。


ふふふふふ(^-^)

人って、やっぱり ちゃんと感じて行動しているのだねぇ。。。

エネルギー的動きがあったうえに
現実が創造されるので
そのエネルギーを、ちゃんと感じているのだから
本当に感嘆するほど面白い。


よく、地震が起こると あれは人工だったとか
台風が来ると人工だったとか
テレビでも都市伝説扱いで番組が組まれたり、個人でも書籍やWebで原発や戦争等々、陰謀説情報を集めたり調べてみたりするのが好きな人がいるけれども
結局 情報なんて
表だろうが裏だろうが
どこまで行っても嘘か誠の判断は
自分でつける他 正解などという本当なんてものは無いわけで
確かなのは
地震が起こった
台風が来た
原子力発電所が壊れた。。。と言う事のみ。

そして、
人工であろうが、自然であろうが
その現実が創られる事が許されたって事である。

それが創造される波動があったからそうなった。以上!である。

現れた現実が嫌だと言うなら
そんな現実を創造しない波動にする必要があるわけで
やる事は
その事柄をホントかどうかを探り判断する事ではないのだ。

そうしている限り
「情報」とやらに振り回されているに過ぎない。


情報は、あくまでも情報であって
こたえは、 自分の内側から繋がっていく事でしか辿りつけない事と
そこから、現実を創造する意識を変化させていく事を知って欲しい。

だからこそ、内観が必要な事を。

今日出会った人
乗った電車、目にしたテレビ
ふと見た時計の時間、車のナンバープレート云々。。。
タロットや特別な書籍でなくても
内観は、何からでも出来る。

自分の身の回りの事すべてに
偶然ではなく意図と意味があると決めれば、どんなものでもツールとして機能する。

さ、
明日はどんな物語が紡ぎ出されるだろう???
ワクワクである( ̄▽ ̄)

| ena | プロデュ−ス by サマンサ | 19:10 | comments(0) | - | -