大祓い
今日は、大祓いだったらしい。
知らん。
そ〜だったのか。
そ―言えば、愛染祭りでほえ籠が出てたなぁ。

大祓いの日には、神社に設置された輪っかをくぐるといいらしいが
知らん。
そ〜だったのか。
で、どういいのだ?

分からん。

闇の時代から光の時代へのシフトチェンジのために
日本全国つつうらうら
はたまた、世界の果てまで動いてくれてる人々が
せっかくキレイいにしてくれた土地に、
また「お願い」を持ち込んでは申し訳ない。

自然と共に離れずにいる感覚があれば
きっと、なるべきタイミングでなるようになっていて
起こるべきタイミングで、起こるべきことが起こってくる。
っていうか、
そう感じられるようになると言った方がいいだろうか。
計算するより、自然体で無理なく ニュ−トラル。
そこに戻れる時間イコ−ル大祓いなのかもしれない。

さて、
今年初めに言うてた2枚目の名刺を持つぞ作戦
18整体の場所を持つことになったので、ミッション成功。

18整体?
あぁ(笑)
いやさか整体。18で「いや」ね☆
師匠に習った整体が「弥栄整体」で、部屋のスペ−スがなんと18.18平米。
ウケる。
こりゃもう18整体って名づける以外なにがあるんだっちゅうことでして。

しかも4合わせの部屋番号。
ま、
ここに至る経緯もおもろいのですが、また気が向いたら書きます。

あ、しかも入居は7月17日。
数霊が分かる人(もしくは、ゆるnoa上級の方はご存じかしら)なら
興味深い数字でしょ(笑)

まだまだ整体部門では経験が少ないのですが
体をゆるめて、脱力した状態でこそ体幹が発動&鍛えられますので
18整体では、とにかく脱力をつくって
その後、脱力のコツをお伝えすることで
ご自身の元気になるちからを高めていってもらって
弥栄に人生を楽しめる心と体を手に入れて頂きたいと思っております。

はい。

私も勉強しながらです。
7月19日の日曜は、朝から晩まで
そのためのトレ−ニングでお休みさせていただきますね。

あと、7月のお休みは
11日〜13日。

これは、整体教室のお仲間で小旅行。
腰の緩め方や、忘れてしまったポイントなど
この旅行中に深ぴょんに再チェックをもらおうと企んでいる。
あ、
深ぴょん?
弥栄整体創立者。
軽い?
じゃ、深ぴょん先生でどうだ?!
まだ?
じゃ、深ぴょん大先生だ!

誰も止めてくれないので終わります。
大祓い後の活動における ひとまずの近況報告でした。


追伸:
コメント欄をOpenしてほしいとAちゃんにお願いされること3回。
ってことで、今日から開けてみます。
が、返事はするかもしれないし しないかもしれませんので
よろちくび。


 
| ena | Noaの事 | 19:48 | comments(0) | - | -
新しい扉
経済の勉強を、まさか自分から進んでやるなんて思ってもみなかったが
なんの因果か
進んでやっている。
ま、
正直、やっとかなあかんよな
知っとかなあかんよな
と思いながらも
以前から蓋をして見ないようにしていた部分である。

まだまだ経済用語がアラビア語かのように聞こえる今日この頃
数%も理解できていないが
経済の仕組みを知って
社会に積極的に関わりを持つということは、実はとっても重要な事なのかもしれぬ・・・

新しい切り口でありながら
逆に、人間1人1人の大切さや重みを感じる。

やはり
登山口は何処であっても、ゴールは同じらしい。
ただし、景色が違う。

せっかくの地球旅行
色んな景色を見てみようかと思う。

さて、
昨日 金星見た?
めっちゃ輝いててんけど、
あれが明けの明星か?!
大阪って、星が見えないランキング2位らしいけど(1位どこやねん)
時々、綺麗な夜空もある。

昨日はキレーやった(^^)☆

ますます天体観測がしたい。
店の近くに星カフェとかゆうやつがあるらしいので
先ずはそこから始めよう。
が、
今日の情報では そのカフェ連日激混みなんやとか。
東京の方から、星女(ほしじょ)ってのが来るらしい。

星女て・・・

私的に、そのくくりには入りたぁ〜ないわ。

車に天体望遠鏡つんで
星が綺麗に見える所を探して旅する〜っちゅうのがいいよなぁ〜

あーーーーー
星旅したい。

| ena | 分類しにくい | 09:59 | - | - | -
Everybody is busy
誰でもなんでも「サークル活動」してますやんかぁ〜

なに?意味が分からん?

そーよねー
割愛できんか?
できんな。

んーーーーっとぉ
原子核やら電子やらの世界の極小の世界にいけば
どんな物でもクルクル回ってますやんかぁ〜
って、こんなことなら割愛でよかったんじゃないのか・・・(; ̄ェ ̄)

まままま、
ほやから、
誰でもなんでもサークル活動してると
捉えてる私なのですが(とりあえず先に進もうと決めたのであった)
このサークル活動、
活発になってると思いません???

みんな、
めっさ早く回ってる(汗)
それぞれのスピードが上がってるから
なかなか接点が持てないといいましょうか、
それこそ、金星と地球みたいに
何日ごとに会おう!って決めとかな
そのうちねーーーーーー
なんて言うてたら、いつまで経っても会えん!ってなぐらい
回転速度が上がって活性化していると感じる。

で、
めちゃくちゃ速く回ってるんやけど
台風の目が静かなように、ひとたび何かに集中すると 静寂がやってきて
異空間にスポッとはまったような
無重力のような空間が開けてくる。

なんとも。
夏至からこっち、不思議なエネルギー活動である・・・と思いません?


同じ次元を生きながら
会えない人には会えない。
何層にも重なりあう空間が
以前にも増して分かりやすくなってきた。

オモロイね〜
なんでこの時代に自分が生まれてきたのか
ちょっとわかる気がするわ。

好奇心満載の自分が
こんなダイナミックな変化を
LIVEで見ない手はない。
しかも、体験学習付き。

グレイト。

なんの心配もいらない。
ただ、自分も自然の一部であって
都会であろうが、土が近くになかろうが
この事実から
離れないでいればいいと思う今日この頃。

あーーーー忙しい。
でも、
楽しくって忙しいのだ。

やっぱりグレイト☆


| ena | 分類しにくい | 22:47 | - | - | -
命の表現
今朝
「命の表現」って1言が心に浮かんで
わかりきったような事なのに
どうやら深く根源と繋がった1言らしく、なんとも平和で、穏やかで、涙を誘う1言となった。

時々ある。
この世的に言うなら
〜心の琴線に触れる〜ってやつだろうか。

まぁ〜世の中、けったいな人が多い。
とはいえ、自分以外は「けったいな人」なんでしょうけど(笑)

でも、
どんなけったいな人も
どんな頑固者でも、
主婦であろうがOLであろうが、
みんな「命の表現」をしているに過ぎない。
絵を描く人、歌を唄う人、本を書く人
踊る人、決して芸術家と言われる人々だけが表現者ではない。

人は、どんな人も「命の表現」をしている。ただそれだけだ。と
改めて感じる。

決められた事は何もなく
やらなくてはならない使命も
しなくてはならないことも何もない。
「こうあるべき」事もなく
そのすべてが「命の表現」だと分かれば
どんな人も愛おしく、どの命も根源から離れていない事を知る。

もし「個」があるとすれば
それは「命の表現」に過ぎない。

イイも悪いもなく
ただそれだけある。

広がり続ける宇宙の中で
命の表現を続ける私たちは、本当に奇跡だ。

誰と比べる必要もない。
凄い人も劣った人も、この完璧な命の営みには存在しない。
ただただ命があるだけで
それぞれが、命の表現によって「個性」と呼ばれる光を放っている
それだけである。

この命に感謝する。
共に表現しあえるあなたに感謝する。

ありがとう。



| ena | キラキラ | 20:34 | - | - | -
「光」
最近、本当に勉強している人が多い。
料理、経済、アート、語学、健康法に武術などなど多岐に渡っている。

今日も、
仲良くしてくれているAちゃんが
新しく勉強してきたことをシェアしてもらっていたら
先だっての「光」の話しに繋がるような気がしたので、まとめてみたいと思う。

この間の日記にも少し触れたように
電磁波も「光」である。

〜ってことは
光とは波(バイブレーション)である。
細かい波から大きな波まで
色んな波長があって
私たちの目で捉えられる光を
可視光線と呼ぶわけですが
これが紫から赤までの、いわゆる7色(虹)デスよね。

で、
紫の方が波長が短く、波が細かいわけでして、赤に行くにしたがって
波長が長く、波が大きくなっていくわけです。
で、
紫の外側にある線だから紫外線
赤の外側にある線だから赤外線と呼ばれていまして
波が細かく短い波長になるほどに
トゲトゲしてきますので
紫外線は
肌にあたると痛いし、細胞にダメージも与えてしまうわけです。
X線にガンマ線、セシウムやストロンチウムなどの放射線が危険だと言われる所以も、これで分かりやすいですよね。

逆に、赤外線のように
波長が長く、緩やかな波は
優しくじんわり届くので ゆっくり温めてくれるわけでして
さらに波長の長い遠赤外線は体の治療にも使ったりするわけです。

朝日や夕日が赤く
日中の太陽が黄色や白に近いのは
この波長が関係している。
地球の自転の働きによって
太陽までの距離が遠くなる、朝や夕暮れは、緩やかなバイブレーションが届くのでオレンジや赤に見えて
太陽までの距離が近くなる日中は
少し細かい波になるので、赤から紫の方に寄って、太陽が黄色や白っぽく見えたり
赤やオレンジなどの長い波長の色が消えて短い波長の寒色が空を包む。

波長の長短によって色が変わって見えているわけなので
ってことは
色は、バイブレーション(光)を持っている(固有の波長)ということだ。

で、
今日のAちゃんの勉強会シェア話。
筋診断法というのを学んでこられたのですが、ざっくり掻い摘んで言うなら
どの筋肉の緊張が、不快な症状や病をうんでいるのかを診断して
筋肉の緊張を緩めていくことで緩和、改善していくといった具合だろうか。
で、その診断&治療には
それぞれの臓器や筋肉に影響を及ぼす色を使っていく。

普通にこれだけ聞いていたら
眉唾と思う人も多いかもしれないが
前述の話と組み合わせれば納得じゃないだろうか。

確かに
「光」のバイブレーションによって「色」は違って見えるわけで
なら、色が放つバイブレーションがあるわけで
そのバイブレーションを体に取り入れれば、狂った波長を整えていけることは
容易に想像できる。

本当は黄色のバイブレーションでなければならない箇所が
紫のバイブレーションになっていたとしたら、反対色なので
相当な歪みが生じていると考えられる。

これを本来の色に正すには
本来の色を載せればいいという
考えれば至極当たり前でシンプルな理論である。

もちろん副作用もなければ
子供でも妊婦さんでも、体力が無くても問題ない。

Aちゃんがシェアしてくれた筋診断法以外にも、同じくバイブレーションを使った治療法に
軍事用としてもともと開発されてきて
少しづつ一般化されてきた
機械を使った波動療法ってのがあったり
水の転写性を使った療法なんかもあって
今は、
波動療法は主流になってきた。

バイブレーションの種類によって
遅延性アレルギーやカルマや飛んできている念の特定まで出来るのだから
遅れているのか超進んでいるのか
もはやよく分からない世界である。
が、間違いなく効く。

だって、
「色」が見えるということは
「光」が存在していて
「光」が存在するということは
バイブレーションがあるということで
バイブレーションがあるってことは
感じようが感じまいが、震えてるってことですから。

電磁波も、感じんかもしれんが震えている。どこが?体の中の水が。
体の中の水?もちろんリンパ、血液、細胞液、人間も植物も そのほとんどは「水」ですから。

長く そのバイブレーションに触れるということはどうゆう事なのか
考えれば分かりますよね。

ってことで、
私も電磁波との接触はそろそろ切るとします。

追伸:
もちろん外側からのバイブレーションの影響はあると思います。
ですが、
自分で起こす波に勝るものはないと思っています。
自分の考え方、食事や呼吸、整体術やコミニュケーション、笑い等々で作り出す体が放つバイブレーションを
どんなものにするのか?のほうが
重要なように感じる今日この頃。

結局、 All up to you 「全てあなた次第」


| ena | キラキラ | 20:46 | - | - | -
小宇宙
きのうのブログじゃないが
宇宙に目を向けた時に
人間ってなんやろぉ〜???って
子供の頃、よく思ってたのを思いだす。

っていうか
私ってなに?とか思ってたな。

で、
私達の地球がある場所は
天の川銀河の中の太陽系なわけですが
この銀河っちゅうやつは
限りなくあるわけですやん
ほんで、
なんちゃら系ってのは、これまた山ほどあるわけですやん。

しかも、
宇宙空間は今もって広がっていってるそうですから(ちゃんとした天文学です)
もはや広さは計り知れない。

ほんなら
太陽が1個ってのも実際問題考えにくくないですか?
私達と同じ生命体がいてないって考えるほうが間が抜けてるというか
おめでたいというか、
こういった事を言ってのけてしまう人には、スピリチュアルがどうだという前に
宇宙を見てみよう!と言いたい。
が、
正直
あまりにも広大すぎて掴みきれない。

例のマニアックな先生 深ぴょんが
大和言葉は
最大のものを「天」と呼び
最小のものも「点」と呼ぶ。
と教えてくれた。

「天」を知るには「点」を知ればいいのかもしれないし
「点」を知れば「天」が分かるのかもしれない。

なら、
やはり 今、私達に出来る事は
「点」である「個」自分を知ることが重要なのかもしれない。
誰かが言ってた事ではなく
テレビからの情報ではなく
自分のインスピレーションを通して
自分とは何者なのか。


最近、吉田松陰のメッセージに
心が動かされたのでシェアしておきたい。


『君たちに志があるか 熱い思いがあるか 命をかけて貫きたいことがあるか 

この国の行く末を真剣に考えて欲しい この国の未来は君たちが創るのだ 誰かではない

君たち一人一人なのだ 君たち一人一人が決めるのだ その決意が無いものは上に立ってはいけない 

いやもはや 立てないだろう まがいものの世は終焉を迎えているのだ 

新しい日本の幕開けが近づいている 龍の魂を引き継ぐ者たちよ どうか志をもって熱く生きて欲しい 

あきらめず真剣に生きて欲しい 新しく生まれ変わる日本の姿を共に描こう』


| ena | キラキラ | 00:50 | - | - | -
習ったことあったっけ・・・
きのうの天体の勉強は、本当に興味深く
帰りに早速Amazonで
宇宙と雲の写真集を注文してしまった。

講師は
私の整体の先生。
とはいえ、彼は整体師でありながら
数霊研究家であり宇宙も大好きなら
スーパーカミオカンデに至っては
完璧におたくである。
なにせ
誰にも注文受けてないのに
自前でカミオカンデの実験室プリントTシャツとか作ってるし
で、会うたび着てるし。

もちろん、
持ってる情報や見解が
どの方向もマニアックでマニアックで。
オモロイけど
何でもすぐに忘れる私の頭では
ついていけないので困っている。

さて、
今回は天体と曼荼羅のコラボ企画。
といっても
スピリチュアルなものではない。
っていうか
スピリチュアルってのが私はあまり好きではない・・・っていうか
世間一般のスピリチュアルというものの
捉え方が嫌いだと言ったほうがいいだろうか。

それで言うなら
私は全くスピリチュアルではないし
超現実的に生きている。

ま、
それはさておき。
きのうの事でシェアするなら
地球と金星は双子星と呼ばれるほど
よく似た性質を持ってるらしいのですが
太陽の周りを公転する金星の軌道は
地球の内側ですが
225日で1周している。

地球は365日で1周しているのは
さすがの私も知ってた(汗)

で、
この2つの星は584日ごとに出会う。
時々、めっちゃ金星がでっかく見える時ってありますものね。
あれが584日ごとっちゅうことです。

で、584日経って出会って、また584日後に出会って〜を5回繰り返した所に
ポイントしていって繋げると
太陽の周りに、5芒星が描かれる。
あ、星型です。えーっと☆←コレ。

これが曼荼羅(形霊)なわけですが
延々、地球と金星は太陽の周りで出会うたびに
五芒星の曼荼羅を描き続けている。
スピリチュアルでもなんでもなく
天体観測してりゃ〜分かる当たり前の
星の動きなのです・・・が
コレが当たり前にっちゅうのが凄い。

たまたま584日ごとに出会うわけです。
たまたま225日と365日で軌道を1周するわけです。
が、気がついたら☆を描くポイントで2つの星が出会ってるって何やねんっっ!

で、
太陽の光の影響を受けずに
金星がよーく見えるときを
明けの明星・宵の明星というわけですが
いや〜
昔の人はめっちゃ綺麗な星空を見てたんでしょうねぇ。

藤原定家なんか超新生爆発を見た時の事を
書き残しているといいますから
そりゃも〜ビックリしたでしょうし
神だなんだとなったでしょうよ。

オリオンのベテルギウスなんて
もうすでに爆発しているんじゃないかと言われているわけですが

もしかしたら
今見てるのは
爆発する前の光を見てて
この先、爆発した時の光が届いて
見れる日がくるかもしれんのだとか。

ただ
光がベテルギウスから地球に届くまで
640年かかるので
その計算が難しいそうで・・・
640年とはいえ、本当のところ
500年〜800年って幅があるから
私達が生きてる間に見れるかどうか。

びみょう〜

ね。
ロマンでしょ。

もう無いかもしれない星を見てるかもしれないなんて
私からすれば、こっちの方が
よっぽどスピリチュアルなんですけど。

あ、
でもベテルギウス以上にカリーナ星雲っちゅう南半球から見える星雲が
注目らしいですよん〜

光の速さやとか
もっと勉強しとけば良かったと
今になって思うよねぇ・・・

1秒間に光は30万キロ進むのですが
これって
地球を7周半する速さで
月まで1.3秒で届くって 引くでしょ。

凄いぞ「光」
とはいえ、電磁波も「光」なんやけど
この知ってるようでハッキリしないままきた情報も面白かったなぁ〜
また
違う機会にシェアさせて下さいませね。

いや〜
天体望遠鏡が欲しいと思いハヤ3年。
やっぱり松屋町行こかなぁ。

誰か行くぅ〜〜〜???





| ena | キラキラ | 20:43 | - | - | -
ダチョウさんスパーク☆
朝から友達が
「ダチョウ抗体がおは朝出てるーー」とLINEをくれた。

ほぉ〜
関西ローカルにも出てきたか。

と思ったら



こんな新聞にも。


06/19 06:01 テレビ朝日 【グッド!モーニング】
<よりぬき!朝刊ヘッドライン>MERS感染予防に効果?ダチョウ卵から抗体精製
韓国で感染が拡大しているMERSに強く結合する抗体を京都府立大学大学院の塚本教授のグループがダチョウの卵を使って大量精製することに成功。
抗体によって覆われたウイルスは人の細胞に侵入できなくなり、感染予防に大きな効果があるという。
なぜダチョウなのか、ダチョウは傷の治り方が極めて早く塚本教授はその免疫力に着目。
抗体を作る能力高いことを突き止め7年前に卵から大量の抗体を取り出す技術を開発。
治療薬として認可されていないため人体へ直接投与することはできないが交代を使ったスプレー剤はマスクやドアノブ、手などに噴射すれば感染予防になるという。
http://e.jcc.jp/news/9719455/

〜といった具合で取り上げられたりなんかして。

ダチョウ抗体は世界を救うと言っていた
開発者の塚本先生の言うてたことが
現実になってきている。
エボラ出血熱の検体も始まっている。

抗体は
対象のウィルスのみに反応していくので
副作用がない。

どんな薬を飲んでいようが
子供でも妊婦さんでも
誰でも安全に使っていける。

ワクチン注射も要らないし
売り上げは、とくに親のいないアジアの子供達への支援へと循環させている。

しかも
化粧品として抜群の効果を発揮するので
綺麗で健康になりながら
誰かのサポートもしていけるという
なんとも、
本当に素晴らしい。

こんなものを
Noaの皆様に紹介出来ることも
本当に本当に幸せです。

また今日は、
自然と人間の共生をテーマに
森林を考える勉強会&ジビエ懇親会で
沢山のいい出会いを頂き
Noaでシェアしていける事柄も
増えました。
もちろん、
昨日のブログ同様、どれも全て繋がっています。

心を固めず、
「柔」こそ「剛」であり
存在に身を任せる。
これに尽きる気がしています。
が、
この辺りの下りを書くには
ワインを飲み過ぎました(笑)
また追って。

明日は、
名古屋へ出張ですので
土日でお休み頂きます。

ではでは
お休みなさいまし。
| ena | 美しくなるコツ | 00:00 | - | - | -
興味あるほうへ
おかげさまで
相変わらず興味あるものへと歩をすすめ
現在、
古武術に通ずる体の使い方へと入ってます。

まったく関係ないようでありながら
私の場合、
髪から始まって今に続く学びの枝葉は
全て根っこで繋がっている。

この勉強も
整体で緩めた体を 以降上手に使って頂くために必要な知識になると
直感で受け取っています。

そうそう。
話しは少し逸れる感じですが
最近、冷えてる人が多い。

暑いと思いきや 結構冷えてるんですけど
ついつい薄着で寝てしまったり
窓を開けたまま寝てしまったり
お風呂で湯船に浸からなくなったり
寒いと思いながらも、電車や屋内で
冷房に長くさらされたり。
浮腫んでるのをよく見かけます。

水はけの悪い体は
足に水が溜まり、冷えてだるく
「気」は上にあがるため、胃に「火(炎症)」が入る。
火がついているので
胸焼けのような、みぞおちが詰まるような、食欲の湧かない状態が続き
カフェインや熱いものが苦手になって
炭酸飲料や冷たい飲み物を欲する。
この季節特有の症状です。

足首が冷えると、腎に影響がでるので
髪が細くなったり、抜けたり艶がなくなる。

この場合
気を下に下げる事と火を消すことが必要なので
今日のお客様には
施術の間、濃い塩湯で足湯して足から毒を抜いて、汗をかいてこもった熱を放してもらい
改めて活性水で足湯してもらい
肩甲骨をゆるめながらリンパマッサージをして、さらに汗を出してもらって対応。

頭痛と足の浮腫みとだるさ
胃のむかつきもなくなったので
カフェインレスのお茶と梅干しをお出しして終了。

とても美容院とは思えんと言われるが
いやいや、
元気な髪を生やすには、必要な手入れの一環なのです。

今日読んでいた本に
興味深い記述があって
著名な整体師の先生が、ご自分の子供さんの大腿骨骨折の治療中に
大腿骨と目のつながりを発見したと言うもので
目のツボを刺激することで
大腿骨の骨にアクセス出来て、すっかり子供さんの足を治してしまったそうなのですが
普通、大腿骨と目なんて連動は考えられないけど
その道を極める人にとって分かる事ってあるんでしょうね。

こんな超絶逸話には及びませんが
確かに、
髪とあらゆる事が繋がっているのは感じますよね。
出てきた症状だけを対処するだけでは
枝毛を切るのと同じで
その場限りの事です。

もうちょっと奥に入って
枝毛が出来た原因を探って
その対処をしなければ、いつまで経ってもイタチごっこが終わりませんものね。

って事で
どんな方向に、髪との繋がりが見出せるのか まだまだ修行の身です。

新しい発見があったらシェアしますね。
皆さんも、何か気付く事があったら
どしどし
教えてくださいませね〜( ´ ▽ ` )ノ
| ena | キラキラ | 00:00 | - | - | -
ヤサグレ癒し旅
都会で生活していると
ちっちゃいことが気になったり
ミョウ〜に人の心の動きが気になったり
「気」が目減りして
ヤサグレてくることが時々ある。

も〜
そんな時は、どーしたって緑多い所へ行きたくなるわけでして
この度も
どーーーーしても玉置山まで行きたくなって、急遽予定を組んで
日帰り強行旅となった。

遠い。

4時間弱ですな。

本当に近畿なのか?!と疑いたくなる。
で、
分かったけど
片道4時間弱の道のりを1人で運転する場合、宿泊を要するわ。

往復8時間。
後に響くダメージが大きい。

もう、後半の1時間は眠気との戦いであった・・・
しかも新月だったらしい。

もちろん帰宅後も眠いが
翌日もバッテリー切れが早く
あやうく最寄り駅をやり過ごす所やった。

疲れんように
乗用車をレンタルして行ったけど
そーゆー問題ちゃうな。

今度から
1人で往復8時間を要すドライブは
泊まりでいきます。
もしくは、後ろ2日休む。

さて、
玉置山。
緑が深く、癒された。
この時期やから おそろしく虫が多かったけど、駐車場からの雲海を望むような景色は
タイムトリップ出来るほどだった。

玉置神社の参拝?
もちろん、私とNさんの2人。

キツツキが木を突く音
鳥の鳴き声
ホンマに虫以外は最高。

さすが龍神の大ボスの聖地
前もって「行きます」宣言をして
お願いしていたおかげで
当日、雨予報にもかかわらず前日の内にお清め(雨)も終わっていて
道中雨は降らず。
トンネルをくぐる度に明るくなり
玉置山手前では太陽まで出るぐらい。
〜が
帰る頃には霧と雨に包まれて
玉置山はすっぽり見えなくなってしまった。

天候を操る名人である。

神社は
色んな種類(意味と目的)があるらしい事が最近わかってきた。

シンプルに天と地を結ぶ場所だったり
エネルギーが湧いてくるポータルだったり
エネルギーを封じる結界だったり
闇を増幅させる装置の役割を果たしていたりもするらしい。

もちろん、年代も
縄文の頃から昭和までと幅広い。

ここにきて
やっと、去年出会った丹生川上神社の宮司さんが
ご利益を一切とかないと言っていた意味も
本来のエネルギー体ではないものが入りこんでいるっちゅう意味も
過去の歴史を含めて
理解できるようになってきた。

で、
結局 日本ってスゴイ。
で、
面白い。

闇を増幅させる装置なら
その逆に、光を増幅させる装置としても使えるっちゅう事なわけやから
訪れる人々の心次第なわけだ。

なるほど。
ますます面白い。

さて〜
疲れたけど
また旅に出たくなった。
今度はもちろん泊まりで(笑)
| ena | どぉでもええか?な話 | 09:32 | - | - | -