ラスト白鳥哲さんの前にブレイクofブレイン
エネルギー療法の講義に集まってくる人は、本当にさまざまな年代で
瞑想と同じく
「どっから情報を得てくるんや?!」と驚かされる。
しかし、
瞑想の講座との違いは
圧倒的に病気を抱えた人が多いこと。

「いや〜しかし、世の中こんなに病気の人が多いんやなぁ・・・って改めて実感したわ〜
病気を作る前の意識改革が必要やねぇ・・・」
ってなことを友人のSさんと話してる時に、ふとSさんが
「enamiちゃんは病気ちゃうからねぇ〜」と言ったことに
立ち止まってしまった。

ホルモン不足で手足が尋常じゃない冷え状態にあって
外からは分からないが
いつも薬を使うか使わないかの選択を迫られる毎日の中で
よもや「病気じゃない」と言われるやなんて
コンセントが外れた電化製品みたいに
機能が全停止してしまった。

「え?私って病気ちゃうんや〜」

考えること1日。
人間とは、
まったくもって巧妙にできている。
私自身が、
いつまでも病気を手離す選択をしてなかった事に気付いた。

甲状腺という機能から、この10年
山盛りの体験と知識をいただいた。
なんやったら、
バセドウ病を患ったことに
感謝している。
あれがなかったら、今の私はないから。
また
バセドウから手術して、一転
甲状腺機能低下症という名前のついたある種病気。
ここからも、素晴らしい経験をもらってきた。

でも、
素晴らしい経験だけではなく
私は、これを病気として
「あなたの気持ちが分かるよ」という
病気で病んでる人に対してのツールとして使ってきたことに気がつかされたっっっ?(゚Д゚)!

まさに
私は病気でいたかったのだ。
治ってしまっては
病気対策の勉強も出来なくなるし困る。
だからいつまでも握り締めていた。

もうひとつ
去年、我が家の兄がリストラにあい
最近まで職を探していたわけです。
ゆうても、
今の所もどうなるかは分からないが
何れにしても
「厄介なこっちゃ」と思っていた。

・・・が、
これも順調で幸せやんと言われた時に
「そんな事ないねん。うちも大変やねん」と言うために
色んな場面で兄をネタにしてきた自分がおった事に気付いたわけですよ!

も〜
目からウロコ何枚落ちるねんっ!!!
ってぐらい
デッカいウロコがボロボロ落ちまくったけど
いや、
ほんまに。
兄のトラブルすら、
自分の思いが叶っていたというわけで。

敢えてもう一度。
人間とはなんと巧妙なんや( ̄◇ ̄;)

そして
全ての思いは叶っている。

もちろん、
兄には兄の原因がある。
が、しかし
意識がワンネスというのであれば
私が投げた石ころの波紋が広がって
結局、自分に返ってきてるわけで。

はぁあぁ〜・・・・・スゴイわぁ。
っていうか深い?
いや、逆にシンプルで分かりやすいのか?!

って事で
こんなアホみたいな幻想
即刻、手離すと決めまして、
祈り(意に乗る)なおしました。

「兄がストレスなく、活き活きと働ける職場に出会って、豊になっていくように」

「私自身が元気の源として
元気(素の気)を渡していくようになる」
と。

は〜
スッとしたぁ〜(OvO)
| ena | | 00:00 | - | - | -
エネルギー療法
「エネルギー療法って何?」
って尋ねられて、どんな風に伝えるのがいちばん分かりやすいのか
ずっと模索してたけど
なんとなく、
「これならどう?」というものが
まとまってきたので
少し伝えてみたいと思う。

以前にも触れたように
やっぱり楽器がいいかなー。

弦楽器なら〜
エレキギタ−、ベース、クラッシック、ウクレレ、ヴァイオリン
ビオラにチェロetc・・・
いろいろあるけど
それぞれに音色がある。
弦を震えさせて、空気が振動して
音になって聞こえてくる。

トランペットやフル−トなどの管楽器も
打楽器も
皆そうなっている。

そして
物質は、楽器のように誰かが振動させなくても
すでに振動している。
そこにあるクローゼットも、リンゴも、石も。

無機質・有機質ってよく言うけど
すべてが
この地球にあるもので作られてるわけやから、
その分け方は、もしかしたらやや強引なのかもしれない。
物質はどんな物でも振動の早い、遅いのスピ−ドは違うものの
すべて生きていて、振動している。

もちろん人間も。
そして、心臓・腎臓・肝臓・脊髄etc・・・
個々の臓器にもそれぞれの振動がある。

弦楽器って、ひとまとめに言うたとしても
先述通り、
いろんな形があって、さまざまでいて音色も違う。

臓器も、これと同じで
大きさも機能も違うとなれば、当然、振動のスピ−ドは変わる。
万が一どこかにトラブルが生じていれば
グラスハープが水の量で音程が変わるのと同じように
その波長も変化する。

調律がひとつでも狂っていれば気持ち悪い音に聞こえる。
そんな体の不協和音が
摩擦を生んで、病気を作っていくのではないだろうか?

で、
本来、人間は
森に行って、木々と波長を合わせたり
鳥と波長を合わせたり
海で寝っ転がったり、川で泳いでみたり
食べる物も含めて、色んな自然とセッションして
乱れた不協和音を完全音階へと調律して
生きてきたのではないかと思ったりする。

猫は
体調が悪い時、自分の喉をゴロゴロ鳴らして治すって
お客さんが教えてくれたけど
まさに、自発的に振動数を変えて治療にあたっている。
その昔、人間もそんな事が出来たんやと思う。

トランペットに溜まった唾をキレイに出さずにいれば
その内錆びて使えなくなるように
使わないセンスは退化する。

退化してしまったものの
もともとエネルギ−療法は誰にでも出来る。

カスタネットの叩き方を忘れてしまったので
カスタネットを鳴らせる誰かに叩いてもらう。
これがエネルギ−療法ではないだろうか?

カスタネットを鳴らすのは、生まれたての赤ちゃんでも出来る。
最初は誰かが手元まで運んであげないといけないかもしれないが
その内、
自分で持てるようになって、
振り回すようになって
両手で叩けるようになって
片手でも叩けるようになって
リズムをとれるようになって
強弱をつけられるようになる。

そうやって、調律の終わった楽器達で奏でる演奏が
体の不調和を治し免疫を上げ、いつも元気の源と繋がり
エネルギ−をチャ−ジして
その元気で周囲もヒ−リングしていく。

不協和音のないクラッシックは眠い。
パワフルなロックは気持ちいい。

それが、エネルギ−療法ではないだろうか。

で、
きのう紹介した4番目の講演者、野中さんが
私が勉強していくエネルギ−療法の代表なのだ。

野中さんも言うていた。
「いつか、こんな講演や、学校をやらなくていい日が来るのが
私の夢です」と・・・。



| ena | キラキラ | 00:00 | - | - | -
はい、次ーっっ!
「江本さん追記」
江本さんは、「水」の転写機能を使って、愛と感謝の結晶に変えた水を
福島の子供達に送るボランティアをされている。

いわゆるホメオパシーですね。

はいはい〜わからない人ググってちょうだい( ̄Д ̄)ノ
「ホメオパシー」ね。
何でも頼らない頼らないっ!
自分でやれる事はやろうねー。

はい。
で、次。
「Oリング」
下津浦内科医院の下津浦 康裕さんの講演

今回、
お医者さんの話を聞く機会も
結構あって
もう西洋医学だけでは色んな意味で限界やし、代替医療の効果がどんどん
科学的に証明されはじめ
統合医療という新しい形の医療が
西洋医学に取って代わろうとしている事を実感する。

下津浦先生は
すでに30年近く前から
バイ・ディジタルOリングテストを臨床に活かして
癌を中心に、難病に取り組んではる。

はい。
もう分かってますね?!
Oリングテスト。
わからない人ググってちょうだいねー

下津浦先生の講演会の中で
何が印象的って
「医者は祈るべきだ」と言うてはったこと。

江本さんの話に通じるように
7割が水の人間に「祈り」は
治療効果を何倍にもするらしい。

アメリカでは
50%に近い人数の医者が
患者の為に祈るそうだ。

もちろん、
宗教的な事もあるかもしれない。
が、
なんちゅう素敵な事なんや?!*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
と思う。

患者を「お客さん」として
いや、
それ以下かもしれない日本の今の医療現場。
「金儲けの道具」としてる
医者がどれだけいるだろう。

その検査は本当に必要なのだろうか?
その薬は本当に飲まなくてはならないのか?
医者とは本来、
痛い所を取って、病を治す事が仕事だとするなら
あんなに待合に患者が溢れるとはどうゆう事なんやろう?

病は治さず、Keepさせることこそ
患者数を減らさず、金儲けを進めるコツなのでしょう。

そんな中にあって
患者のために祈ってくれる病院(医者)があるやなんて
これこそ、医療従事者・・・というか
人の善なるものではないだろうか?

しかし、
「善」と表現すれば必ず「悪」を創ってしまう。
この場合、儲け主義の医者や医療従事者といった所だろうか?
でも、果たしてそうでしょうか?
これもまた違う気がする。

病気を作り出したのは
あくまでも自分なのだ。
金儲けの道具に成り下がってしまったのも、やっぱり自分なのだ。

無理な生き方、
考え方があったことを病気が教えてくれる。
そうやって、
自分を受け入れ、見直し、治すと決断しないかぎり
病気はなくならない。

病気を創ったのも自分なら
治すのも「自分」なのだ。

医者が祈り
患者が病気を本当の意味で理解する。
それが世の中の当たり前になった時
きっと世界から
貧困や、不安、欺瞞、戦争がなくなって平和になるんやろうな〜と
ぼんやり考えてるうちに
ぐぅうぅ〜・・・(= ̄ ρ ̄=) ..zzZZ
私としたことが?!


はい!
じゃ次はアースハート野中邦子さんの
講演をば。
い、いかん・・・また眠気が・・・
( ´Д`)y━・~~


| ena | | 00:00 | - | - | -
次ーっ!江本勝さん。
予告通り、次行きます。

えぇ〜っと
江本勝さんは
同じ条件下で水に文字や写真、音楽を聞かせて結晶化させ
写真を撮って
水は「気」を転写する事を実証しておられる方。

日本では知る人ぞ知るやけど
海外では写真やサイン攻めにあう
超〜有名人。

Noaにも
彼の写真集があるので
まだ見た事のない方はぜひっ!

今回江本さんは
2012年12月21日マヤの暦が終る時に
招待されて行っていた
マヤ遺跡が眠るペルーでのスライドと共に講演してくださった。

実際問題、
福島では今、10万人の子供に甲状腺異常が現れている。

もちろん報道はいっさいされない。
ベンジャミンの回でもお伝えしたように、
監視下に置かれたマスコミが
そんな事を伝えるわけがないのだが。

チェルノブイリでは4年後だった症状が
福島では1年。
どれほどの放射性物質を浴びているのかが、これだけでも分かる。

セシウム、セシウムとよく聞くので
「放射性物質はセシウムのみっ!」なんちゅう洗脳にウッカリはまってしまわないようにお伝えしておくが
福島原発からは
50種類以上の放射性物質が出ている。

ただ、計測する技術がないために
唯一計測出来るセシウムを取り上げているだけに過ぎない。

江本さん曰く
放射能とは「波動」なのだそうだ。

波が動くと書いて「波動」
読んで字のごとく
放射能は共鳴反応によって、まさに津波のように動いて広がっていく。

ご存知の通り、
世界中では核実験がすでに2000回を超えて繰り返されている。
海に囲まれた日本の地形的に
残念ながら、日本を中心に核実験が行なわれているといっても過言ではない。

そのため、
もう何十年も前から
日本には放射性物質があちこちから降り注いでいるし
あろうことか、原子力発電所をアホみたいに作り続け
広島、長崎には
原子力爆弾が投下されている。

こんな土壌に
今、新しい放射性物質が放出されているわけだ。

で、
何が起こっているのか?
はいはい〜忘れた人ー!
ちょっと戻ってぇ( ̄Д ̄)ノ
そう、「共鳴」ですね?!

波動である放射性物質は
共鳴によって、どんどん連鎖的に広がる・・・ので、
風に乗らなくても
雨に混じらなくっても
共鳴によって、まさに寝た子を起こすように、古い放射性物質が目を覚ます現象が起こっている。

怖らせようとしているのではなく
事実をお伝えしているので悪しからず。

見たくない、
聞きたくないなら、どうぞシャットダウンして下さい。

でも、
事実です。

江本さんに言わせれば
癌も波動なのだとか。
だから共鳴によって転移が起こる。

そして
彼の研究分野、もっとも波動が分かる「水」に意識を戻したとき
放射能の波動は
まさに「恨み、憎悪」の字を見せた時と
同じ結晶として現れるのだそうだ。

そして、
それに打ち勝つ免疫の波動は
「愛と感謝」の結晶を形造る。

この実験、実証から分かるのは
放射能から守るための免疫力は
愛と感謝によって作られるという事。

ここでも
敢えて私の個人的な感想は入れずにおきたい。

ただ、事実を事実とお伝えするまでで、
あとは貴方が考えて下さいまし。

ではでは、
次は〜Oリングか?!
| ena | | 00:00 | - | - | -
ベンジャミンさんからいってみよう!
きのうの講演を、
私の中だけで収めておくのには
もったいない気がするので
少しずつシェアしてみようと思う。

如何せん、膨大な情報なため
どうまとまるか
私も書いてみないことには分からないが
ま〜やってみます( ̄^ ̄)ゞ

で、
まずベンジャミン・フルフォードさん。

とにかくベンジャミンさんは
おは朝(関西ではお馴染みの)の1つ早い番組で語っていたころより
かなりワイルドになっていた。

さすが8回も殺されかけると
あんな事になるのかΣ( ̄。 ̄ノ)ノ?!

彼は以前から
この社会の裏側について独自に掴んだ内容を本やTVを通じて公開している
カナダ人のジャーナリスト。

今回も
アルジェリアで起こった事件が近々にあったので
まずは、その辺りからテーマに迫っていく。

「何故、戦争がなくならないのか」
「誰が戦争を起こしているのか」
お金の流れ、政治、表にあがってくる事件の裏には何があるのかを解説してくれた。

「良い」とか「悪い」とかの判断は横において
とにかくベンジャミンさんが話してくれた事の中で、いちばん分かりやすい部分をかい摘んで言うなら
3.11は核爆弾による津波を起こすための核テロだという事。
福島第二原発も小型爆弾による爆発テロ。
それは、
第三次世界大戦を起こしたいが故の行為で、使われた核爆弾は
2002年、ロシアで沈没した原子力潜水艦から盗まれたもの。

麻薬を入れるルートを使って、日本へと入ってきた核爆弾。
CIAの工作員による犯行だとのこと。

核爆弾は、
富士山を囲むようにも設置されているが、やるならやり返すという姿勢の元
これは今の所、回避されている。

「やるならやり返す姿勢」というのは
この12月の選挙によって
実質、軍事政権の自民党が与党になったことでわかる。
(ま、ということは
この選挙が八百長だという事なのですが・・・)

第三次世界大戦は
戦争によって、世界を牛耳りたい一族が起こしたくて仕方がない戦いだが
その目論みに乗らないように、
穏健派、または本当に世界平和を願う国々が協力して
戦争を起こす体力(資金)を奪う作戦を
実行し始めている。
(リーマンショックがその始まり)

尖閣諸島も竹島の問題も
反日デモも、
第三次世界大戦を勃発させたいが故の
ふっかけ行為だが
その裏工作は、続々と暴かれてきている。

日本の原発をストップさせたのも
戦争資金が欲しい一族が
高い石油を日本に買わせるため。

結局、日本は戦争にはしなかったものの、一日100億の石油を買わされてしまった。
これによって、
去年ずいぶん赤字を作ってしまったのは、日頃テレビを見ない私より
皆さんの方が詳しいのではないだろうか?

cf,
〜テロというなら9.11ですが
こちらはもう、ほとんどの人が知っているように
搾取した金塊の返済を中国に求められた事による
自作自演の踏み倒し大作戦〜

3.11のあの日、
菅直人は、本気で東京の全人口を都外に脱出させようとしていて
記者会見まで開いているが
どの局も報道していない。
(ベンジャミンさんはyoutubuでアップしてたけど)

ま、
だいたい菅サン以外の当時の与党、官僚達は売国奴やったしね〜

放送局も同じ類となりゃ
そ〜なりますわな・・・。

・・・とまぁ
これがベンジャミンレクチャーの
プチトピックス。

まだまだ色んな広がりを見せてくれた
内容でしたが
救いは
今がもっとも戦争が少なく、
世界平和に近づいているという事。

第三次世界大戦の舞台を中東に置いているので、
ポロポロと何かしらの動きがあるものの、戦争なるものが使われ始めた2000年前からの歴史上
最も戦争が少ない時期。

軍産複合体を解体させて
新しいグループを作っていく、今が転換期もしくは過渡期なんだとか。

私たちは
ただただ情報に流されてしまいがちだ・・・
でも、
しっかり現実を見極めなければならない。
何も出来ないわけではなく
この世界はやっぱり
私たちが創っている。

どんなお金の使い方を選択しますか?
何処から商品を買いますか?
どの企業と、またどの銀行とやり取りしますか?

便利、お得
それだけではない何かを
考えなければならないのかもしれません。
その都度、
選択するのは私たち。

真実はどこにあるのだろう???

心の目をしっかり開いておきたいものだ・・・


さ、次回は
「水はすべてを知っている」
江本勝さん〜
| ena | | 20:34 | - | - | -
博多の熱すぎる一日
濃いし〜熱いし〜
なんちゅう一日なんやΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
朝10時前に出かけて
今ホテルに帰った。

途中、
昼休みに
日本で唯一の木製大仏さんにも会いに行ったので、忙しい忙しいっ=3

今日は
船井総合研究所主催の
にんげんくらぶ九州大会という
講演会、各種デモンストレーション祭り・・・といったところだ。

本当は、明日から始める
エネルギー療法がメインで訪れたのだが、
今日ですでにお腹がイッパイっっっ!

メインの明日に向けては
書類は忘れるわ〜印鑑は忘れるわ〜
ドレスコードがあったことすら記憶にない( ̄◇ ̄;)

今日は
5講演を拝聴。

1:ベンジャミン・フルフォードさん
カナダ人ジャーナリスト
「2013年世界平和元年を迎えられるかどうか」


2:江本 勝さん
水は答えを知っている他著書多数
「金の時代から水の時代へ」

3:下津浦内科医院 院長
Oリングテストを臨床に取り入れている
「日本を元気にするOリング」

4:野中邦子さん
外気功セミナー代表
「船井幸雄からの学び」

5:白鳥 哲さん
映画「祈り」「ストーンエイジ」監督
「2013年 今、最もお伝えしたいこと」

も〜この情報を
どうしたらええのん?Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

一見、
繋がりのなさそうな5講演が
見事に繋がって、放心状態だ(°_°)

とにかく、
明日に備えるべく寝るっ!


| ena | | 22:58 | - | - | -
オモロ〜な事
 なんか、最近
おもろい夢が多くって、朝起きて「なんでやねん!」と
オ−ソドックスな突っ込みをついつい入れてしまう。

この間見たやつなんて
まず、登場人物が浅野ゆうこ。森久美子。と、浅野ゆうこのお母さん。
場所は病院で、入院して実験してる設定。

私を含めた4人で何をしてるかっていうたら
髪の毛に、ハ−ト型の紙の枠をはめて
髪の毛で枠型通りのハ−トが出来るかどうか?を
毎晩、毎晩繰り返して実験している・・・

ね。
そら突っ込みいれるでしょ?

それが、結構でかいハ−トでね
手のひらぐらいのん作らなアカンのですよ。
キノコみたいに立ち上がりの軸も必要で
立体的に飛び出なアカンし、ハ−トの淵はフリルにならなアカンという
超難題

出来たんか?って?

それが、出来ましてん。
で、目が覚めたんですけどね・・・

オモロイわぁあぁ〜

オモロイといえば
ハ−ドディスクに誰が録画したんかしらんけど
世界にはこんな村があるで。みたいな番組が残ってたから見てたら
ほんま、
世界って、狭いようで広いですなぁ〜

まず、
「結婚しない村」
いや、子供はいてるんですよ。
でもお父さんはいてない・・・みたいな。
まず、
女の人へのインタビュ−

Q.結婚はしてないんですか?

A.結婚?するわけないじゃな〜い!
  必要ないわよ。なんで結婚するのよ。

Q.え?子供さんにお父さんが必要と思いませんか?

A.はぁ〜?いらないわよ。
  この村では、誰も結婚なんてしないわよ。

子供にもインタビュ−している・・・

Q.ね〜ね〜、お父さんは?

A.いないよ。

Q.会いたいと思わない?

A.別にぃ〜。

で、男性に質問

Q.あのぉ〜、家族一緒に暮らしたいとか思いませんか?

A.思わね〜よなぁ!みんな!(周囲の男性陣深く頷く)

Q.でも、子供さんには会いたいでしょう?

A.別にぃ〜。会おうと思えばいつでも会えるしぃ〜
  
と、終始こんな感じ。
結局、この村では子供は作って家族は増えていくものの
育てていくのは女達で、しかも旦那の家族じゃなくて
奥さん側の親族で出来上がったコミニュティ−で育てていく。

旦那は来たい時にきて
1泊して、また帰っていく・・・といった、
所謂「通い婚」

やっやこしい嫁と姑や、マスオさんになって気を使うとか
財産分与だ、やれ相続だ〜介護だぁ〜とかなんとか
そんなものは一切ない。
だって、
結婚してないねんもん!

なんちゅう分かりやすさっ

もう一つの村は
10歳から20歳までの間に
男で生きていくのか、女で生きていくのかを
自分で決められる村。

『はっ?!』って感じでしょ?
生まれながらに性別は決まってるやん。
ってなもんですけど、
その村では、自分で考えられるようになってから
どっちで生きていくのか、自分で宣言して周りが承認して
ハイOK☆で、今日から「女」今日から「男」ってな事になるのだ。

す、スゴイ

実際は女になる男性が圧倒的に多くって
女から男には「は〜っ?意味ないし」
「女の方が強いんだから男なんかにならないわよ」
・・・てな具合。

グレイトっ
なんちゅう画期的な社会なんや・・・

これね、
スゴイ枠組みやと思いません?
だって、
日本やったら、お父さんがいてないっていうて
イジメにあってみたり、自分も悲観的になってみたり
誰か責めてみたりとか
どっちか言うたら、ネガティブな要素ですやんかぁ〜

でも、
紹介した村においては
「お父さんがいない」イコ−ル「善」ですよ!

あとに紹介した村なんて
今こそゲイやおネエが市民権を得てきたものの
まだまだカミングアウトできずにいたり
家族との確執とか
それを隠して社会的地位を築くために結婚してエイズを蔓延させたりするような事に
実際問題なっとる中で
そぉいった問題で心や体を傷つけるような事がないわけですよ。

スゴイ事ですしっ

だからですよ−
今、私たちが囚われている枠組み(価値観)が
いかにチッポケか?って。

もちろん
共同生活を営む地球において
それぞれを尊敬して、お互いが気持ちよく暮らしていくための
ル−ルはあるとして、(例えば、どこにでも痰を吐かないとかね)
自分の心が良しとするなら、
人にどう思われようが、何と言われようが、それで良いんですよね

いやぁ〜
ここ最近のテレビで一番おもしろい番組でしたわ。

以上、オモロ〜ネタ特集でした
| ena | - | 10:31 | - | - | -
マニアックな話題ですぅ・・・(;^_^A
最近、寒いでしょ〜?
っていうか、この冬って寒いですやん?
甲状腺のホルモン不足で代謝が上がりにくい私にとっては
だいぶ厳しい寒さっっっっ( ̄◇ ̄;)

手先、足先は痛くなるぐらい冷たいし
暮れからは内側に添ってブルっと震える寒さっていうか・・・

昨日は朝からどうも体が落ち着かんな〜・・・と思ってて
「あらっ?!震えてるやん!」って
気づいて
味噌汁飲んで服買いに出て、試着したやつ着て帰ってきましてん(-。-;
ご予約の合間に・・・。
ありえへんでしょ〜T_T

いやぁ〜昨日は服の選択をミスりました。
かさばるだけかさばって
ちっとも保温性のない服・・・
お暇を出しました(ーー;)

ただ、
この一連の冷え。いつものホルモン不足による冷たさとは何か違う気がして
シャンプーも出来るし
物忘れもないし
んんん〜「もしかしたら・・・」
と、思い当たるふしがあってね・・・。

実は今日は、瞑想のための
新しいマントラをもらうワークショップだったんですけど
今回のマントラは「子宮」なんですわ。

今月から勉強していくエネルギー療法には、瞑想もやっぱり必要やと思っててね(エネルギーを水の様に流す事と、電気のように充電するみたいな感覚で)
ことに、女性の役割が
物理的に子どもを産むことだけじゃなく、地球やもちろんユニバース全体にとってめちゃくちゃ重要やということに気づいてからこっち
女性性のエネルギーをアップさせていくことの重要性を感じていたんで
去年の11月に
今回の「子宮」のワークショップの話を聞いた時
速攻で行こうと決めたんですわ。

でね、
その頃からなんですね〜体がちょっぴり違う感覚になったのが。

ほいで
今日ワークを受け始めたら
腕〜指先〜足先とドンドン熱くなる。
とくに指先は痛いぐらい熱い。

これ、めっちゃ待ってた感覚なんです!
エネルギーが通っているのがハッキリ分かって
出入りする足裏、手のひらは風が抜ける感じ。
そして、とにかく温かい。
静かでいてパワフル。

行くと決めた日から今日を目指して
デトックスされるべく色んな物が出てきてたのか〜・・・
と、納得。

薄っすら「そ〜かなぁ???」と思ってたから
あえて薬に頼らず今日を待ってみたけど、その甲斐があったと言えそうです。

そ〜はいうても驚きでね、
私は甲状腺の働きにいちばん重きを置いてきたし
代謝が下がるなら筋肉つけて〜とか
骨格を整えて〜
食事やデトックスなど色んな方面を見てきたけど
「えーΣ(゚д゚lll)そこーっ?!」
って、
瞑想中にセルフ突っ込みしましたから。

奥さん、
子宮って、ホンマめっちゃ大切でっせ( ̄Д ̄)ノ

生理がないとか、子宮を摘出してるとかの問題ではなく
神経系統としては残ってるわけで
物理的にないとかは関係ないんですよね〜

男性と女性が決定的に違う場所のうちの1つですし
そこから全てを生み出してきたわけです。

それを如何に無視してきたんやろ〜・・・って感じましたねぇ・・・

子宮の位置とか、形や大きさってご存知?
どのくらい感謝したり、慈しんだりしてきましたか???
生理が面倒くさいとか
ちゃんと来ないとか、旅行中は生理にならんといて欲しいわ〜
生理あがって嬉しいとか
否定的な感情を投げつけることが多かったりしませんか?

ここをヒーリングすることで
こんなに体が動くのか・・・って、
ホンマにびっくりしたんですよねぇ・・・

面白いっすね〜エネルギー。
さてと、
もう1回瞑想してから寝るとします
(=゚ω゚)ノ
| ena | キラキラ | 00:00 | - | - | -
始動
改めてまして
「明けましておめでとうございます」
Noaは今日、
2013年のスタートです。
「えべっさん」と同時とは、なんだかめでたい( ̄▽ ̄)

頂きましたお年賀状
確認致しました☆

この場をかりて
「ありがとうございますっ!」

ストレッチと温泉にしか
使って(浸かって)ない筋肉で
シャンプー出来るかしら???と思ったら、大丈夫でした(^^;;

明日筋肉痛になるかどうかは別として・・・

すでに仕事を始めてらっしゃる方がほとんどだと思いますが
2013年、
どんな感じですか?
私は〜
お休みを頂いていたからという訳ではなく、1日からこっち、時間がゆっくり流れているような気がしています。
不思議ですね(^^)

やはり
人(魂)の数だけ宇宙はあるようです☆

「こうだ。」
と決めれば、その通りの扉が開いていきます。
ことに2013年〜は4次元の波動になっていますので、本当に「あなた次第」です。

どのチャンネル、どの周波数に電波を合わせていきますか?
どんな番組を見たくって
何系の映画を創って
何を体験していきますか?

沢山の方々と
それぞれが作り上げた世界観をシェア出来るのが今から楽しみです( ^ω^ )

ではでは〜
本年もヨロシクお願い致します☆












| ena | - | 16:58 | - | - | -
別府。
 さて、
ラストは別府。

観光といえば“地獄巡り”
その昔、行った記憶があるものの、確か当時は雨で
3つぐらい巡って終わった気がする。

今回は8地獄全部行ってみよう!
案外、県指定天然記念物になってたりしてビックリ☆



↑白池地獄



↑鬼山地獄



↑かまど地獄は地獄の5丁目まであったんやっけ?
↓〜の、飲泉。塩味で美味しい







↓山地獄



↓海地獄



↓鬼石坊主地獄



↓龍巻地獄に・・・



↓血の池地獄



スタンプラリ−も今日までとかで
やってみたら、これまた案外達成感があって楽しかった

結局、
地獄も8つなら、2泊5日の船旅で温泉にも8回入った。
炭酸泉、硫黄泉、ラジウム泉、泥湯などなど
まぁ〜バラエティ豊かな九州。

ステキすぎるっ

中でも、私たち家族がいちばん効果が高いと感じたのは
別府の泥湯。

これは、すごいっ!
一日経った今でも、温泉の香りが残り
体の芯が温かい。
昨日は熱くって、布団が要らないぐらい。

あれだけ弾丸で入りに行きたいぐらい良かった☆
泥といっても、効果が色々あって
シミ・そばかす・美肌に良い泥。
五十肩・打ち身・捻挫・術後などなど、痛みに効果のある泥。
アトピ−性皮膚炎に良いものに、自律神経に効くものまである。

自然って、何でももたらしてくれてるんですねぇ・・・
感心するっ。

ベストオブ神社は、やっぱり籾山神社ですわ。
“気”を感じる人は「パワ−スポット」とか言うて帰るらしいっすよ。

私は感じるとかないけど
気持ち良いのは確かでした!
近くに居たら、毎日行きますね〜

では、
もう一度「籾山神社」で、見えるご先祖孝行ツア−in九州〜
これにて



| ena | - | 18:31 | - | - | -