2012.12.31
今朝、
近所のオバちゃんが亡くなった。
小さい頃から
お年玉だ〜何かのお祝いだ〜と、よく可愛がってくれたオバちゃんやった。

胃ガンの手術をしてからの経過が思わしくなく
なぜか「そろそろかなぁ・・・」と感じていた矢先

哀しさではなく
「あ〜、オバちゃんは
この日を選んでたんやなぁ・・・。」と頷いた。

魂は死なないという知識から
理解に心が変化していた事を知った。

その一方、
オバちゃん家のお姉ちゃん(長女)とも親交があったので
お姉ちゃんの気持ちに心がチューニングされると、悲しみがグッと湧き上がってくる。

涙によって、悲しみを洗い流そうとしているみたいやった。

今、世の中に蔓延する枠組みから言えば
「死」とは哀しく、寂しく、全てを奪い去ってしまうといった感じだろうか?

しかし、
本当にそうだろうか?

オバちゃんで言うなら
毎年帰っていた三重の田舎に、今年は帰れないかもと思っていたのに
姿は違えど
きっちり、
例年と同じ日に里帰りを果たし
兄弟、親戚に囲まれる。

しかも
エネルギー的、大転換期の最後の日に
なんちゅうドラマチックな幕引きなんや・・・。

これを
神さん(オバちゃん)が計画せずして
誰が出来たというのだろう。

物事すべては、
起こるべくして起こっている。

特に
「生」「死」においては完璧なシナリオが用意されているように思う。

「あの時、ああしてれば。
あの時、こうしてれば違っていたかもしれない。」

生きている側(3次元に)としては
悔やんでも悔やみきれない後悔を感じるかもしれない。
〜が、
やはり
物事は起こるべき時に、絶妙なタイミングで起こるべくして起こる。

オバちゃんの亡骸を前に
手を合わせた時
オバちゃんは、もうそこには居ない気がした。
オバちゃんも、その空間も
めちゃくちゃ清らかで
白い光に包まれた「空」の波動のような気がした。

残された私たちに出来るとすれば
後悔ではなく
旅人の足を引っ張らないよう
心配かけず、安心して。と
旅立ちを喜び、旅の無事を祈る他ないように思う。

きっと
大きく変わる地球や太陽系、またユニバース全体を
地球からではなく、上から見たかったんやね。

また、どっかで会おうな☆
ありがとうオバちゃん。
| ena | キラキラ | 11:30 | - | - | -
押し迫ってます
こんなに押し迫って、誰がこのマニアックなブログを読むのだろうか???
・・・と
首をかしげつつ書いている次第です。

律儀なenamiちゃんですやん?
だから、「明日はシャンプーで(=゚ω゚)ノ」
って言うったきりになってるのが気になって。
一応記しとこ〜と思って。

いやね、
最近、シャンプーとリンスやトリートメントをメーカー違いで使っておられる方をよく見かけるわけなんです。
別に構わないのですが
あんまりマッチしてない印象を受ける事が多いのが
正直な所でして・・・
それぞれの性質を
お伝えしてみたいと思います。


「石鹸シャンプー」
髪がシャキッとしますので
癖をカバーしてくれたり、ボリュームを出してくれたり、
また、ボリュームが出すぎの場合は抑えてくれます。

ですが、
洗う際のコツや、馴染んでくるまでの
根気も必要な場合がありますし
体を洗う石鹸と同じく、アルカリ性ですので
リンスは酸性のものが必要です。
酸リンスやクエン酸を使わずに、空気に触れさせて酸化させてもイイですが
ロングヘアや、多毛の方は
空気酸化では不十分かと思われます。


「アミノ酸系シャンプー」
トウモロコシや大豆などを基剤にしているシャンプー。
滑らかに仕上がります。
リンスもつけなくていいぐらいですが
薄毛や細毛のボリュームが欲しい方には向かないのと
頭皮の匂いが出るのが早い気がしますね。

「石油系シャンプー」
泡立ちは抜群です。
シリコン入りなどで、人工キューティクルをつけることが可能性ですが
根本的な髪の治療にはなりませんし
なんやったら
洗うほど、髪は細く、頭皮は弱く
頭皮だけならまだしも
徐々に体の脂肪部分に蓄積し
ホルモンが乱れたり、皮膚炎、発ガンを促す物質も入っているので要注意。
もちろん、
頭皮は洗ったそばから匂う。
リンスやトリートメントをつけないと
髪の大事な成分を洗いすぎているためにギシギシします。
〜が、
このリンスやトリートメントも添加物は満載・・・で、やっぱり要注意。


・・・といった感じでしょうか。
皆さまご存知の通り
Noaは石鹸シャンプーと光触媒(トリニティー)を1:1で割ったものを使っています。
リンスは果物由来のクエン酸です。

で、
オイルを使った施術や
剛毛の方には
光触媒(トリニティー)配合の
オーガニックハーブを使ったアミノ酸系シャンプーを使っています。

まままま・・・・
参考までに(=゚ω゚)ノ
| ena | - | 19:17 | - | - | -
クリスマスやから許される?
ロマンチックに語っておこう( ̄▽ ̄)〜

ここの所
金星や〜カルマや〜
美容室のブログとは思えん内容をお伝えしているが
クリスマスなんで、この際
ロマンチックに語って
明日はシャンプーネタに移ろう!

この世は
オーケストラみたいやなぁ〜と思ったら、結構納得がいく。

金管楽器、木管楽器、弦楽器に打楽器etc・・・

個人練習、パート練習それぞれが練習を積み重ねて
オーケストラ全体の音を作って曲を奏でている。

どれひとつとして必要でない楽器はない。
もちろんソロ演奏もカッコいいけど
大オーケストラの醸し出す
エネルギーや振動には鳥肌が立つほど感動するし、癒されパワーもスゴイっ。


途中で弦が切れたり
音程を外すこともある。
あるけど〜それをカバー出来るのも
大オーケストラの強みだ。

ささ、
演奏会の幕が開きましたよん♪
日頃の練習の成果を
悔いなく、目一杯出し切って
楽しむとしましょう☆

曲目?
「ホーリーナイト」

| ena | - | 23:30 | - | - | -
キリスト
サナンダ・クラマは
ご存知、京都は北部
鞍馬山に250万年前に14万4千のエネルギーと共に金星から降りたった光の存在、サナト・クラマと同じ頃から活躍する光のエネルギー。

「サナンダ」
つまり「キリスト」

もちろん「あのキリストさん」である。
キリストさんは
現象界に人としてサナンダ・クラマが最後に転生した姿なんだそうで
ま〜
宗教にしてしまったのは
後に残された人間であって、元々は
宗教って枠はなく
人として、地球人としての生き方を説いていたわけで、
最後は計り知れない人々のカルマを背負って天界へ戻った救世主。

人類誕生のずっと前から
そして今もって、人々を見守り続けてくれているらしい。

そのサナンダが生まれた日がクリスマスなんでしたっけ?
宗教に興味なさすぎて全く覚えてない・・・( ̄◇ ̄;)

蔓延するカルマを浄化するために
現象界に現れてくれた
キリストへ感謝する日・・・といった所だろうか。

今年は雪のクリスマスになりそうですねぇ〜
お家で静かに感謝とお祈りをして寝るとしますっ( ̄^ ̄)ゞ

メリークリスマス☆☆☆
| ena | - | 21:00 | - | - | -
終わりにしようぜ
とあるお客様と、アルツハイマーの話になった。
「enamiちゃんとこのお父さんは、まだなってはれへんねやろ?」と。

速攻で
「なってもらったら困りますわっ。」
って応えた。

いや、
すべての人がかかる病気ではないと、お伝えしたかったのだ。

年を重ねたからってかかる病気ではない。
若くてもかかる人はかかるし
かからない人はかからない。

今の医学が何て言うか、
そら知らん。

私は脳の萎縮だなんてアホみたいな理由ではなく
決して、ナンクロで頭を動かしたり
趣味を持ってる人がかかりにくいとも思わないし
趣味もなく、ぼんやりテレビをお友達にしている人でも
かからない人はかからないと思っている。

それこそ、
自律神経の問題で
今まで食べてきた食べ物、添加物、保存料、化学薬品にまみれた日常と
風邪を引いたといえば薬
胃が痛い、頭が痛いといえば薬
皮膚炎だと言えば薬
医者が飲めって言うたから薬
インフルエンザに、子宮頸癌
ワクチン注射を打ちまくり
毎年もれなく健康診断。
ご丁寧に、定期的に放射線にあたるといった
ちょっと昔には
考えられない西洋医学依存。
いや、あえて洗脳とお呼びしたい。

根本的な原因を探ることもなく
生活を見直すでもなく
自然の摂理に反した、枝葉を切り取るばかりの体との付き合い。

骨の歪みを治すでもなく
筋肉のバランスを正すでもなく
体の仕組みを知ろうともせず
ただ食べたい物を食べ
飲みたいものを飲む。

しかも、
お腹が空いて食べるわけでもなく
時間がきたからって食べる。

じゃ〜せめて、
ゆっくり体を休める時間を・・・
忙しくって、それどころじゃない。

明日やらなければならない事、
今年中にやらなければならない事、
あそこに行って、ここに行って、
この番組を見て、web検索が必要で・・・
たとえ体が止まっても、今度は思考が止まらない。

こんな状態で
どの口が自律神経にまともに働けっ!って言えるのだろうか?

言えるわけない?
そりゃそーだ。
でも、
無理矢理働かすやん!薬でーーー!
無理矢理出そうとするやーん!
甘いものドカ食いしてー!

ちょっと立ち止まって深呼吸すれば、
伸びをしたり
たった1分、やってる事を横に置いて
目を閉じれば、
副交感神経はスイッチを入れてくれるのに。

これを虐待と言わず
どれを虐待と呼びましょう???

楽やから、手がかかるから
面倒くさいから、時間ないから〜

掃除機は勝手に動き
洗濯機はドライまで出来、
食器まで自動で洗ってくれるこんな時代で
まだお茶を沸かして持ってく時間もないわけだ( ̄◇ ̄;)

オニギリひとつ握られへん世の中なんやな?

人間の生活の根幹(衣食住)を
揺るがすような忙しさがそこにあるのだとしたら
そんなものに、どんな意味があるのだろう?
あまりにも支払う代償が大き過ぎはしないだろうか?

自律神経が乱れた時に湧き上がる
とめどない不安や恐れ、心配、執着、関連性のない感情云々は
カルマではないだろうか?とは、
少し前にもお伝えした通りだ。

〜だとしたら
こんなに苦しい事はきっとない。
アルツハイマーもパニック障害も
鬱もノイローゼも
苦しさからハート(愛の源)を守るために
精神がブロックをかけて
ひたすら外側に溢れ出るカルマを体感し続ける。
そんな症状なのではないだろうか?

これでは
カルマは無くならず、増える一方だ。

も〜そろそろ終わりにしよう。
2012年12月22日は
その世界が幻想だと教えてくれている日。

ハートの奥に閉じ込められた
「愛」の時代へのシフトチェンジの合図の日。

もちろん、
この重たい3次元にしがみついていたいなら、どうぞご自由に。
いつまでも繰り返しお楽しみあれ。

しかし
一方で、パラレルワールドは
現在進行形で間違いなく存在し、動いている。

瞑想でお世話になっているボブ・フィックスが
「愛はね、すべてのものの接着剤なんだよ」って言うとった。

「ポケットが一杯だったら、他に何も入らないでしょ?
ポケットはいつも空にしておかないとね。」
って教えてくれた。


私たちのマインド(エゴ)が考えることなんて、ホンマにしれてる。
だって、所詮エゴが考える超〜偏ったエゴ的考えでしかないから。

人としてのあらゆる体験をさせてくれる体を大切に
ポケットを空っぽにして
アセンションを迎えた「愛」の波動に
任せよう〜

そんな風に思う今です。

ちょっと熱く語ってみたくなりました・・・
これも「愛」のエネルギーの成せる技ですかね〜

パラレルワールドで一緒に遊べる事を祈って・・・

2012年12月23日アセンション元日


| ena | キラキラ | 14:44 | - | - | -
ゴメンよ〜体さん
先だって、年内最後のお休みを使って
ヨガに行ってみた。

なんとも興味深いヨガ教室・・・っていうか、先生がいらっしゃるとの事。
しかも火曜日がその先生の担当で
年内最後の休みが火曜となれば
行かないわけにはいかない!

いや〜
今日になってインナーマッスルが痛い。
効いてるわぁ〜地味に・・・。

紹介して下さったKさんの言う通り
めちゃ素敵な先生。
ありきたりな言い方でいうなら
何処かで会った事があるような安心感を感じる。

深〜く自分の中に入っていって
筋肉の動き、血液の動き、
エネルギーの動き等々、細かく自分自身とコミュニケーションをとっていく。

一呼吸で筋肉の膨らみも変えられれば
首の向きひとつで左右のバランスを整えられる。

人間は、本来
誰にも教わらずこんなことが出来たのだろう。

いつの間にか
肩が凝れば病院
腰が痛ければ病院
少し塞ぎ込んでるとなれば病院
〜になってしまった。

あまりにも
人間は自然(動植物や環境のすべて)
とは違う特別な物だと思ってきた事と
昨日のブログよろしく
原因を外側にばかり求め続けた結果なのでしょう。

どんな出来事においても
外側に原因を探し求めるかぎり
同じ問題が繰り返されるのにね・・・

あ〜
しかし腹筋痛いーーー(-.-;)

日頃どんだけ自分を放ったらかしてるのか、よ〜よ〜わかりました。

反省っ( ̄^ ̄)ゞ

| ena | - | 00:25 | - | - | -
カルマ
「カルマって?」って調べると
「業」ってでる。
じゃ、「業ってなに?」って調べると
「理性によって制御できない心の動き」ってでる。

人が行為、言葉等々によって重ねた
心に貼りついた垢・・・といった感じだろうか?

輪廻転生があるとして
体は持ち越せないが
カルマは持ち越せてしまう・・・というか、
今生、体があるうちにデリート出来なかったカルマは
次回の課題としてデリート出来るまで持ち越さなければならないように
どうやらなってるようだ。

そんな事になってるなら
人は如何程のカルマを抱えているのだろう?

自律神経失調症の症状の方が
エネルギー療法を受けているのを見てて
はたと感じた事がある。

何かしらの原因で自律神経が乱れた時に出てくる
まさに自分では制御できない
どうしようもない
不安や心配、恐れなどの感情は
「カルマ」なんじゃないか?って。

いわゆるウツと呼ばれる症状が捉われる心の動きには
ある種の共時性があるように思える。

主にお金、死への執着。終わってしまった出来事への後悔と、決断力が著しく低下する。
それから
人と比べて自分がいかに劣っているかに焦点をあて、相手を羨ましがる。
〜といったような感じ。

こんな感情が
自律神経が何かしらの原因で乱れたときに、滝や噴水のように
流れでて止まらないとしたら
かなりの苦しさだろう・・・

だって、わかっちゃいるけどやめられない。
制御不能な感情が溢れてくるんですもんね・・・

どこかで
「ワガママなだけなんじゃないか?」とか
「自分次第やろ〜」って思ったりしてたけど
どうやら違うようだ。

では、
なぜ自律神経が乱れるのか?
やっぱり、ちゃんと原因と結果がある。

それは
背骨の歪みだったり、食事だったり
結局、自分の体の声を無視した
生活習慣からきているように思える。

今、
自分の体は何を訴えかけているだろう?
どこに緊張やこわばりが出ていて
何を必要としているのだろうか?

心の声はどうでしょう?
何を求めてきていますか?
文句ばかり言っている自分
マイナス思考な自分をいい加減変えたい。
言いたい事があるのに我慢している自分、休みが欲しいと思っている自分。
どんな感情が
心を苦しさに縛りつけているのだろう?

コミュニケーションについて
今月のNoa新聞は作らせて頂いたのですが
自分自身とのコミュニケーションほど
大切なことはないのかもしれません。

自分が健やかであるからこそ
相手にも優しくなれるのではないでしょうか?

忙しいは、心を亡くすで忙しい。
以前にもお伝えしましたね・・・
好きなテレビを見るのもストレス解消になるでしょうし
買い物もスッキリするでしょう。
でも
少しでも立ち止まって
短い時間でも、テレビや携帯を横に置いて
自分の声に耳を傾けて
自身とのコミュニケーションの時間が
心身の健康への第一歩のように思えます。

もちろんこれは
私自身に言ってる言葉。

色んな気づきをくださる全ての方に
感謝。


| ena | - | 00:00 | - | - | -
ここか。
以前、
「霊団ポスター」なるものを描いてもらった話は覚えておられるだろうか?

その時、
ミャンマーの僧侶からもらったメッセージがあって
「ビルマ(現ミャンマー)においでなさい。仏(釈迦)とのご縁を感じる不思議な出会いが待っている」
「無理にではなく、縁ができたらおいでなさい」
と。

その時は
「ミャンマーっすか???」
旅先を決める時の行きたいリストにミャンマーは入っていなかったので
ビックリしたけど
そない言われたら、行きたくなってくるのが人ってもんで。

しかし、縁が出来てからって〜・・・
「出来るから」
って、ポスターを描いてくれた氷室さんはサラっと言う。

・・・きのう
来年から受講する外気功(エネルギー療法)の詳しい説明を聞いてる所で
ふと、
資料にミャンマーの文字が。

「え?ミャンマーと何か関係してるん?」って聞くと
「そ〜よ〜。
学校建てたり、マングローブに植林したり色々」
「enamiちゃんも初年度の1年間はボランティアに参加してもらわなアカンし
2年目以降も自由に行けるよ〜」
って・・・

ここでかー!!!!!Σ(゚д゚lll)

しかも、私がやりたかった植林も
子供たちに持って行こうと思ってた文房具の寄付も、すでにやっていた。

へぇーーーーーーーーーーー
ほぉーーーーーーーーーーー
はぁーーーーーーーーーーー

もう〜開いた口が閉まらない・・・

出来てもうた「ご縁」
決まっちゃた来年の研修先

「ミャンマー」っす( ̄^ ̄)ゞ
| ena | キラキラ | 07:45 | - | - | -
静電気
この冬、1番のりの「静電気が立ちまくって〜」の声を聞いた。

外は温度も低いわ、部屋は暖房効いてるわって、これだけ空気が乾燥してたら、しゃ〜ないっちゃしゃ〜ない。

尚且つ、
石油系ではない
石鹸カリが基剤のシャンプーは
より静電気を帯びる。
柔軟剤めいたものが入ってないから
これも、しゃ〜ないっちゃしゃ〜ない。

おまけにマフラーだぁ
帽子だぁ
セーターだぁ
ヒートテックだぁ〜って
体も帯電しますしね〜
そりゃぁ〜ねぇ・・・Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

体の事はさておき
髪は、
クリームめいたものをお使い頂ければいいかと思います。

まさか
Noaに限って、添加物満載の石油系シャンプーやリンス・トリートメントはオススメ出来ませんので
クリームめいたものが得策とお伝えしたい。

クリームめいたって何よ?!
って事ですが
OILはイマイチ静電気も治まらないかんじがするし
OILが蓄積されて硬くなったり
ホコリっぽくなったりもしますので
モクロウがいいかな〜と思います。

髪だけじゃなくって
お肌にも使えるようなやつ。

翌日になっても
ひっかからず、形もkeepしてくれて
シャンプーで簡単にとれて
優れものです。

(以前にもお伝えしたように
OILはシャンプーで取る時
乳化というコツが必要ですからねー)

あとは、
お肌も洗いすぎ注意です。

乾燥を制するモノ冬を制するっ(`_´)ゞ
・・・言い過ぎかf^_^;
| ena | - | 00:05 | - | - | -
京都サブっ
今日は朝から友人と、京都は妙心寺へ。
紅葉というより
寺に興味があって行ってみた。



「雲龍図」という天井画がある。〜といえばお分かりだろうか???

狩野探幽という人が350年前に描いて以来、修復は入っていないらしい。

360度、角度によって
昇り竜、下り龍と見え方が変わり
目も追いかけてくる。

6世紀に作られた国宝の梵鐘も置かれていて
録音ではあるものの、余韻が気持ち良かった。

その後、
友人と別れ「京大合唱部定期音楽会」へ・・・

京大に通うお客さんが
まさに出演するって事で。

これまた良い響きやった〜

声って、素晴らしい楽器ですね。

やっぱり人間ってすごいわ(゚o゚;;

余談ですが、
せっかくなんで「龍」のお話を・・・

時は昔、飛鳥の時代
(まさに妙心寺の梵鐘が出来たころなのか???)

中国・韓国・北朝鮮・日本は
東アジアの連合を組んでいた。

当時、
東アジア連合共通の思想は
「四神相応」
4つの神〜所謂、東西南北の神を信仰する思想。

北の玄武
西の白虎
南の朱雀に東の青龍。

お分かりだと思います。
中国が玄武、色は黒(又は黄)
北朝鮮が白虎の白
韓国は朱雀の赤
で、青龍が日本。

サッカーの国際試合はこの通りのカラーユニフォームですよね☆

ま、
なので日本は龍の国って事もあるし
陰性の土地の日本には(日本の土地で育った野菜は水が多いでしょ?
韓国は陽性の土地なので
野菜や果物にも水分が少なくてしまっていて味が濃い)
陽性の龍が必要って事もあるし
だいたい
日本の形もタツノオトシゴが太平洋向いてるみたいやし。

何かと「龍」に縁があるはずですね〜

あ〜
京都で豆腐食って帰ろー( ̄Д ̄)ノ
| ena | - | 17:19 | - | - | -