金髪
欧米では
美人の要素に「金髪」っていうのが入るそうな。
出来るだけ白に近いブロンド。

今回の旅行は、
トラムだ〜国鉄だ〜と
ほんまに電車をよく使ったので、
欧米人の髪の毛を、かなり近くで観察できたのですが
ま〜よく傷んでますね(-。-;

金髪やから目立てへんだけで
白髪もあるし、枝毛もヒドイ・・・
だいたい、金髪にするために
カラーリング(主に脱色)してますしね。

どのくらいの頻度でシャンプーするのがオランダの平均なんかは
分からんかったけど
結構、香水でごまかしてたりもする。

髪がもともと細い上に
カラーリングでさらに細くなっているので、
パーマのかかりが強くなるのも
必然なのでしょう。

日本人が
あのパーマをかけてというなら
まず、髪を傷めるところからスタートしなければならない( ̄◇ ̄;)

そーじゃなかったら
おっさん友達のいうように
「ゴロピカドンなパーマ」に仕上がること間違いなしっ( ̄^ ̄)ゞ

櫛が刺さったままになってても
気づかないタイプのボリュームがでるでしょう・・・( ̄▽ ̄)

ないものねだりで
外人のヘアスタイルに憧れるものですが、
どんなものでしょう?

実際は、
金髪イコール綺麗・・・
ではないように思うenamiちゃんでした。

| ena | - | 20:33 | - | - | -
春だわ〜
お花やディスプレも春に変更中です☆


120%手作りのNoaも5年目を迎えるにあたって、メンテナンスが必要な時期です!

5月7日〜10日までメンテナンスのため
休業させて頂きますので
宜しくお願い致します。

| ena | お知らせ | 21:59 | - | - | -
なぜ旅か
オランダやベルギーで感じたのは
多民族文化。

大陸続きということで
本当に色んな人種が入り乱れている。

で、
多民族が居るから、
当たり前といやぁ〜当たり前なんですけど
オランダでもベルギーでも普通に
2ヶ国語、3ヶ国語話せるんですよね〜

日本人としてはカルチャーショックでねぇ・・・
ま、島国日本が
他言語が出来なさすぎるとは思うけど・・・

おっさん友達も
mixiにイタリア語とかタイ語を勉強したい〜みたいに投稿してたけど
私もあっちに行って
ヘラヘラ英語をホンマになんとかせなアカンし
フランス語とかスペイン語とか
多言語が使えるに越したこたぁ〜ないなぁ・・・と思った。

ま、出来るかどうかは別として( ̄▽ ̄)

〜てな具合に
旅はあらゆる刺激をくれる。

井の中の蛙の私にとって
パラダイムシフト(枠組み変更)を起こすための、必要なツールになっている。

そのほとんどが
過去の体験、経験から構成されるエゴから解放されるために。
「今ここ」に自分を置くために
旅に出たくなる。

さてさて、
いつかNoaツーリストでも
作ってみましょうかね〜(^ー^)ノ

| ena | どぉでもええか?な話 | 00:00 | - | - | -
お約束のキュ−ケンホフのお花たち
 チュ−リップ、クロッカス、水仙、ムスカリ、桜
蘭にヒヤシンスetc・・・・・
本当にキレイでしたよ〜

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 癒されました☆












| ena | キラキラ | 00:46 | - | - | -
帰りますっ!
最後の訪問先デンハーグ



ここは最高裁判所や国会議事堂
オランダ王族が住む宮殿がある場所。



日本でいうなら
霞が関〜赤坂見附的な感じ?

緑が多くって、休日にボ〜っとするにはもってこいだと思われる。

フェルメールの
↓この絵を売りにしてる美術館があるんやけど

ご存知の通り、6月ぐらいから
日本でフェルメール展やりますよねぇ〜?
、なもんで
本場に行ったのに
標的はアメリカと日本をツアー中・・・
なんともっ( ̄◇ ̄;)

昼過ぎてアムステルダムに戻って
猫の博物館に行った帰り、トラム待ちをしてたら

↑ピカソ


↑hujita





通りがかりのおばちゃんが
「今日はここにプリンセスがきてるのよ! 4:00ごろ出てくるんじゃないかしら?!」と教えてくれた。


へぇえ〜
朝から王室つながり(゚o゚;;

・・・っていうても
あまりの寒さに待ってられへんしっ!

帰ろ(-。-;

荷造りせな・・・。

あ〜終わってみれば早かったわぁ〜

色んな土地に
色んな人種に
色んな特徴
色んな価値観

おかげさまで、
色んな経験をさせていただけました。

今回、
一緒に旅をしてくれたのは
古くからのお客様なのですが
彼女は、5年間ず〜っとオランダに恋い焦がれていたそうなので
私はな〜んにも考えることなく( ̄▽ ̄)

楽しませて頂きました☆

バイバイ〜アムステルダム



| ena | - | 00:05 | - | - | -
終盤
早いもので、オランダも残すところ
2日・・・

今日はベルギーの古城の街ゲントまで
足を伸ばしてみた・・・
っとなるはずが、
アントワープで乗り換えて・・・
が、今日に限ってアントワープからゲントへの列車の運行が何故かされておらず
急遽アントワープ観光に変更〜

オモロイ駅舎↓




アントワープといえば
ダイアモンドと
ノートルダム大聖堂

アラブの石油王がダイヤモンド買いに来てないかしら〜?



ノートルダムって名前の教会が
けっこうあちこちにあるけど
フランダースの犬で有名なのは
アントワープのもの。





調度、アントワープ王立美術館と聖堂がコラボでイベントをやっていたので
美術館に行かんと
ルーベンスの作品が見れた。





正直、
フランダースの犬世代ではないので
ネロとパトラッシュが昇天した祭壇より、ルーベンス達の宗教画のほうが
興味深く楽しめた。

大聖堂自体は1200年前から建ってるらしい。

絵画はだいたい500年ぐらい前のもの。

写真で伝わるかどうか分かりませんが
かなり大きな作品群です。

展示の方法が面白かったですよ〜
上手く柱をつかって。



ノートルダム大聖堂は、修復の真最中。
そりゃ1世紀超えならやっとかんとねぇ


こちらはソメイヨシノ?も大体終わって、八重桜がピークを迎えています☆

ベルギーアントワープの八重桜で
今日は終幕(^ー^)ノ







| ena | 旅事 | 00:00 | - | - | -
オランダおしゃれ事情
オランダで、とくに欲しいものはないのものの、靴だけは見たいと思っていた。

なんでって?
オランダ人は背が高いから
わたしの25cmってサイズが絶対普通やろーと思って・・・

ビンゴっ!

ディスプレイされてる靴はALL38(25cm)で、履き放題だ( ̄▽ ̄)
25cmが普通〜
私が入った店では
メンズの靴は40以下は置いてないらしい。

片っ端から気になるデザインを履きまくり、2足ゲットぉ〜!



しかも日本の半値だった。

しかし、
パンツやスカートはさすがに
どれもこれも松の廊下を歩きたくなるぐらい長くって無理( ̄◇ ̄;)

ホンマにダッチ達はデカイっ(-。-;
街ですれ違ったおっさんが
ブロックチーズをパンみたいにかじってるのを見たら
デカくもなるわなぁ・・・と納得したけど(ーー;)

H&Mとかエスプリとかがあちこちにあって、UNIQLOはオランダにはないみたい。

あったら売れるやろうに・・・

あったら売れるシリーズ!
日本の漫画を扱う漫画喫茶
うどん屋
ラーメン屋
ちゃんこ鍋屋
靴下屋とか。

開業を考える皆様!
チャンスはオランダにあるかも(`_´)ゞ


| ena | 旅事 | 00:00 | - | - | -
何やってる人?( ̄◇ ̄;)
旅に出ると、ついつい自分が何やってる人なのか忘れそうになる・・・

美容師だった( ̄◇ ̄;)

ので・・・
髪のことを話題にあげておかねば(汗)

日本のお水は軟水で
ヨーロッパが硬水だとよく言われているが
オランダでは、そう硬水な感じでもない。

イタリアでは、顔洗ったら 速攻でシワいくぐらい乾燥でひきつったけど
オランダは、そ〜でもない。

ただし
石鹸シャンプーで髪を洗った後、リンスに使うクエン酸の量は、
日本で使うよりも多めに使って調度いい・・・
〜ってことは
洗いあがりのphが
日本で洗うのよりアルカリに振れるってことか?

毎日洗っているが
フケが出るわけでもないので
乾燥も、そ〜でもないらしい。
喉は乾燥するけど(-。-;

雨がよく降るのも関係するのか?
(余談ですが、オランダでは一日一回は雨がふるような次第。
とはいえ、天気が悪いわけでもなく
風が強くネズミの嫁入り的な雨が多いのだ。しかも年間で4、5月がいちばん暖かいそうだ。
とてもじゃないが、寒がりの私には住めん・・・)

それからやっぱり、
こちらで見かけるヨーロッパ人達は
髪をしょっちゅう洗わない様子。

金髪にハイライトやローライトを使って立体感を出してカラーを楽しんだり、
パーマの人も結構見かける。
高齢者になると、格別にパーマ率が
上がるのは万国共通ではなかろうか?

しかし、
細く柔らかい髪は
パーマがキレイに出るな〜と感心。
日本人の髪をあそこまでウェービーに仕上げようとするなら
カラーかなにかで人工的なダメージを与えてからじゃないと難しいやろぉな〜

それからショートヘア
柔らかい髪と、骨格がキレイな欧米人のショートは
やっぱりカッコいい。

色んな人種の色んな髪型
もうちょっと観察して帰りますっ( ̄^ ̄)ゞ




| ena | - | 00:00 | - | - | -
ブリュッセルリベンジ!
今日は、乗れました!
8:46分アムステルダムセンターステーション発ブリュッセル行き=3=3=3

インターシティでやく2時間30

一昨日、マーストリヒトに行く時は、車両を途中で切り離しされてた事に気づかず
30分遠回りしてしまったので
今回は、切り離しが無いのを確認して
ブリュッセルに無事到着(^_−)−☆



ブリュッセルの目的は
アールヌーボーの街並みと
楽器の博物館&チョコレート屋さん!

おっさん友達のSさんの友人が
ベルギーでショコラティエとして
店を構えているというので、まずは
ブリュッセルの情報収集もかねて
最初に訪れることした( ̄^ ̄)ゞ



おっさんありがと〜\(^o^)/
ちゃんと行けたよ〜!

日本語で"小鳥の歌"という教会のすぐ側にある、
超〜閑静な住宅街。
"パティスリーSasaki"





奈良県郡山出身の佐々木さんが
おっさん友達の連絡を受けて
もてなしてくれた(^ ^)

可愛らしいお店〜☆

95%が地元のお客様だそうで
めちゃ愛されてる感じ。

私たちが訪れたのが土曜日だったのもあって、子供連れ、奥様方、近所のおっちゃんetc・・・
ひっきりなしにお客様が来ていた(゚o゚;;

そんな中で佐々木さんは
気さくに丁寧に接待してくれて
チョコレートとマカロンにCoffeeまでご馳走してくれた挙句、
厨房にまで案内して下さった☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆







聞くところ
ベルギーも、もれなく経済は下降気味だそうだ。
日本と同じように、貧富の差が激しく
平均月収は14万ぐらいらしい。

〜が、オーナーともなれば
税金がかかってくるので、1人雇いいれるのに
その倍以上の費用がかかるそうだ。

それでも、佐々木さんのお店には
日本人スタッフが5人と、現地の方2人が働いていたのを目撃したので
彼のお店が如何ほど繁盛しているのかが分かる'(*゚▽゚*)'

そして、
本気で私にベルギーで美容室をやるように進めてた( ̄◇ ̄;)

初期投資があまり要らない美容室は
絶対いいよ!と。
なんやったら、僕がお客を集めるので
1人50ユーロでカットうけるようにするなんてどう?と^^;

いよいよ日本が危うくなったら考えます(^^;;とお伝えして
一路ブリュッセル中心部へ・・・

アールヌーボーの父
「オルタ」の美術館



楽器の博物館



チョコレート屋に行く前に
気になったノートルダム大聖堂



はぁ〜(=´∀`)
やっぱり教会はええわぁ〜☆







調度、教会に入ったらパイプオルガンと讃美歌の練習中で
これまた癒された〜(((o(*゚▽゚*)o)))

That's ヨーロッパっ

で、
ピエールマルコリーニだ〜
ノイハウスだ〜
ゴディバだ〜を冷やかし





ベルギービールステラを飲んで〜



ハイ乗車。

きっちりリベンジさせていただいた
ブリュッセル旅でした(`_´)ゞ
| ena | 旅事 | 00:00 | - | - | -
ブリュッセルのはずが(ーー;)
8:46amアムステルダム発ブリュッセル行きに乗る予定だった・・・。

アムステルダムセンターステーションにトラムで到着したのが8:43am
ブリュッセル行きの電車のホームは
いちばん奥の15番線。
近年ないぐらいの超〜ダッシュをかまして
電車の扉の目の前に立ったが
扉は開かず、ハイ出発・・・( T_T)

行くんかいっ=3
昨日はイキナリ降ろしたあげく
振替輸送だなんだって、せんど振り回したくせに
そこは行くんかいっ!!!!!

どないやねんっ!

ア然とした後は笑けてきた(^_^;)

〜っという訳で
急きょ予定を明日のものと入れ替えて
今日はオモシロ建築物が多いロッテルダムと
ミッフィーの故郷ユトレヒトへの旅〜

ロッテルダムじゃなくても
十分オモシロ建築物がアムステルダムにもありますが
こちらはこちらはで楽しめました♪


全体に日が当たる設計↑


キュービックハウス↑


植木が育ったら木に見える↑

あと、
この日曜日にロッテルダムマラソンが開催されるんですって〜



現場は駅も歩道もあちこちで工事中・・・って、明後日開催するのに
今更あせって工事したところでねぇ・・・( ̄◇ ̄;)

ゆるいぞオランダ。



ユトレヒトはミッフィー



ミッフィー



ミッフィー





ミッフィー
・・・もうやめよ。

| ena | - | 00:00 | - | - | -