最近多い話題について
今日は満月!!!
明日からは下弦の月。
傷の治療やダイエットには最高の期間に入ります・・・
ってことで、最近よく耳にする 「子宮筋腫」「乳がん」などの婦人系の不調。
検診に行くやら行って来たやら・・・。

一見、髪とは関係ないように思いますが
実は深い関係がありまして・・・

女性ホルモンが少なくなったり、バランスが崩れると
頭頂部の髪が薄くなりますし、髪も艶がなくパサパサになってしまいます。

・・・ので、
自然療法サイドからなにかお伝えできる事があればいいな・・・と
PCを立ち上げてみました。
お役にたてればなによりです。

まず子宮や乳という女性にとって一番大事な部分に
できものを作ってしまったというのはどうゆう事なのか・・・
自然からの声に耳を傾ける必要があるかもしれません。
もちろんこれは、病気全般に言えることで
必ずそこにはメッセージがあるように思います。

ほとんどの病気は食物のとり方の間違いから起こる事が多いので
食養で治るといわれます。

原因としては
動物性タンパクの取りすぎが考えられます。
豚肉・牛肉・鶏肉・赤身魚・卵・ブリ・鮭・えび・チーズ
それから
砂糖・人工甘味料・食品添加物の入った加工食品・くだもの・瓜類
コーヒー・ジュース類。
おかずの食べすぎも問題です。
ことに瓜類やくだものを食べ過ぎると冷え症になり
血行がにぶくなるので婦人科の弱い方は注意です。

また、がん細胞をはじめ病気は酸性の血液が大好きです。

〜なので養生としては
普段から血液をアルカリ性に保つ必要があります。

☆主食☆
玄米飯・はとむぎ・玄米黒豆ごはん・そば粉・玄米もち

☆副食☆
海草・根菜類・にら・ねぎ・よもぎ・ゴマ・小豆・梅干・たくあん

☆飲み物☆
山の番茶・はと麦茶・玄米茶・ビワの葉茶

その他、大豆や大豆製品を積極的に取ったり
米に限らず、小麦・砂糖なども精白されていないものがオススメです。

自然療法では自然のエネルギーの助けをもらいますので
精白しているものには命がないと考えます。

例えば白米を土に蒔いても芽は出ません。
玄米・そばの実・雑穀・大豆・・・蒔いて芽がでる命ある食品だからこそ
元気がもらえるのだと。

子宮や乳など、どこか1箇所の不具合とは言うものの、病気はたいてい全身病です。
体はすべて緻密な計算がされつながっています。

気功もしかり。
よく丹田に気をいれて内側からパワーを・・・とか
故障部分に気をいれて〜なんて気功術がありますが逆に病気を生んでしまいます。

お察しの通り、すべてはつながっているからです。
流れ続ける水が腐らないのと同じように
どこか1箇所だけよくして、気の滞りをつくっていては結局なんのこっちゃわかりません。

「肝腎カナメ」というように
人間の体は、肝臓と腎臓が要です。
日ごろ入ってくる食物を一所懸命 解毒・分解し続けてくれています。
さらに食事の質、食べすぎや、遅い夕食などで
消化が悪く、満腹状態が長く続くとしたら、肝臓や腎臓は24時間働きっぱなしで
休む暇がありません。
それでなくても、食品のオバケ(添加・加工品)によってかなり肝・腎はダメージを受けています。

これでは、本当に治療したい病巣に新鮮な酸素や血液を送るなんて
余裕が出てきません。

栄養を入れることばかり考えず
いらない物を外に出して、空っぽの状態を長く作れば作るほど
病巣の回復は早くなります。

ことに「便秘」は万病の基です。

薬は手っ取り早いのかもしれません。
しかし、反面 必ず副作用が伴います。
そして一番は、病気を作ってしまった原因を見おとしてしまう危険があります。

食べ過ぎず・体を冷やさず・勤めて上記の食品を取り入れてみて下さい。
1年がかりで作った病気は2年、3年治すのに時間がかかるでしょう。
でも、それはしょうがないことです。
誤った食事・心から、自分で作ってしまった病気です。

それでも冬のあとには必ず春が来るように、
自然は大きなプレゼントを用意して待ってくれているように思います。

まずは出来ることから・・・


【参考資料:本人体験談+家庭でできる自然療法(あなたと健康社)】



| ena | 内側の事 | 16:55 | - | - | -
「癒しフェア」はフェアな癒し?

私の営業スタイルの基本は「癒し」なので
南港で開催されている「癒しフェア」へ行ってみた。

入場料の1000円にはとても見合わない内容だったと感じている。
一緒に行ってくれた友人にも申し訳ないぐらいだ
「ごめんよ〜Tちゃん」

「癒しフェア」の在り方の上に賛同者が集まっているのではく
癒しと呼べる?であろう物を寄せ集めて「癒しフェア」って名前を付けた・・・
というのが正解ではないだろうか・・・。

会場のほぼ半分が手相、オーラ、前世などの占い。
しかもそのほとんどが満席だったのには驚いた
あとはアロマオイルの販売や、オーガニック化粧品、クリスタルの販売などだ。

ここでまた私のいつものクセがひっかかりを覚える・・・
「で?その占いの落とし所はどこ?」
「で?そのアロマオイルでどんな癒しが得られるの?」
「で?オーガニック化粧品ならなんでも癒されるのかい?」

アトピーを改善する石けんだから2100円・・・
そら、確かに良くなるんかもしれへん。
でも石けん1個に2100円て おまけにゴッツい薄いやん

本気でアトピーに悩んではる方なら
値段なんて関係ないっておっしゃるのかもしれへん・・・
しかし、しかしなのだ。

その石けんを作るのに、どれだけの苦労と労力があっての2100円なのか・・・
「高い=良いもの」の枠組みから抜け出せない日本人の習性を
上手く掴んでいるように思えてならない。

“エコ”がビジネスになっているのと同じように
“癒し”も、ただのビジネスのツールに成り下がっているのではないだろうか。
いや、120%ぐらいの勢いでそぉでしょう・・・。

決して文句を言いたいわけではなく
まったく“愛”を感じられない「癒しフェア」が 同じ癒しを扱う立場として
淋しかったし、悲しかった。

本来、会場に行く側も 何のためにイベントに参加するのか
目的をもっていくものなのかもしれない。
単にそれぞれが付加価値をつけりゃあそれでいい話なのかもしれない。
なんやったらそんな事すら思わないのが常なのかもしれない。

これもまた日本人の習性のような気がする・・・
与えられるまま
考えない
結果は相手次第・・・と。

だからこそ「癒し」が必要なのではないだろうか。と私は思う。
たとえ途中の寄り道があったとしても本来の自分を取り戻していくために。
すべては自分次第だと・・・。




| ena | 信じられ編  | 00:29 | - | - | -
目標に向かって明日からイヨイヨ

 はぁあ〜今日はひな祭り
うちの両親の結婚記念日なんですよねぇ〜・・・ハっ
店の雛人形しまい忘れたっ

い、いかん こりゃ今年も間違いなく行き遅れやな・・・

ま、ええか。

そんな事より、明日からさらなる気功の修行が始まる。
あ、今日2段階終了したんで 修練の方は3段階に移るんですけど
それとは別に、気エネルギーをビカビカに磨くトレーニングの始まりなのです。

明日から24日間続く・・・

正直、どんな事をやるのかさっぱり分からない。
が、結構しんどいって事だけはenamiちゃんの野生の感が察知している。

しばらくブログは書けないぐらいヘトヘトかも・・・

「本職変わってきてるやん」って?
ちゃうちゃう。
“気功ヒーリング”をNoaのメニューに加えたいわけですよ

宇宙とつながる一番大事な第7チャクラを触る仕事をしているからこそ
出来るヒーリングなんです!!!
やってへんからホンマかどうかわからんケド
でも、絶対Goodって、これまたenamiちゃんの野生の感が働いとるわけなんです。

目標は秋休み(スミマセン。すでに長期休暇取る気満々です・・・が夏は休みませんよ)の10月末までに、気功ヒーリングを習得スルなのです。

「ほんで気功ヒーリングって何よ」って?
ペーペーの私から伝えられるとしたら

体の偏りや、食べ物、経費毒などなどから 体に不調が起こりますでしょ〜
あ、もちろん精神的なことも同じと考えて下さい。
すると、その不調部分の「気」の振動数が変わるんだそうです。

その振動数の変わってしまった所を、気功ヒーリングで元に戻す
あるいは、元の状態以上に体全体の振動数を上げて免疫力を上げていくのが
気功ヒーリングの1つの効果だと教えられ、
また、それについては私本人が気功ヒーリングを受けてすでに体験済みです。

あぁ! 自然療法でもそうですが、「気功ヒーリング」でも薬を飲む事はオススメされないんですよねぇ・・・。
薬ってその部分だけにピンポイントで効くってないでしょう?
だから、波動の世界でいうと
薬を飲んだら、傷んだ部分の振動のくるいを見つけにくくなるみたいで
治癒まで時間がかかるんだそうです。
自然のエネルギーを借りて治療する方法の場合の共通点なのかもしれませんね。


で、気功というても中国気功もあれば流派みたいなんもあるんで
あくまでも 私が修練している気功教室の話ですが。

こんなん出来る美容師っていかがかしら・・・
えぇと思うねんケドなぁ。

皆さまの応援レターどしどしお待ちしております。

抽選で5名の方に気功修練中のenamiちゃんポスタープレゼント

え? いらん?

「そらそやな

罰ゲームやん。

「そこまで言わんでも・・・イヤ、そらそやな

 

| ena | | 22:48 | - | - | -
機械化・・・機械かぁ・・・
 先日、インテックスで催されていた「製菓博」ってなやつに行ってきた。
メインはパンでチョコや和菓子なんかも含んでいたのですが
機械や材料の紹介、販売のために 有名シェフを呼んでデモンストレーションやら
コンクールなんかが行われていた。

もちろん試食もたくさん出て
「入場料分は食べて帰ろう!!」みたいな方も結構いたように思う。

美容業界なのに、ナゼ食品関係のイベントに?!って?
いやいや、業界関係なく ただ個人的な興味で行ってみたわけで。

大量にケーキをカットする機械
すべてオートメーションで作られるどら焼き
流行の生キャラメルを混ぜ続ける手型機械に、
延々流れ続けるチョコレートタワーなどなど・・・

なかなかオモシロかった。
が反面、「こうやって人権費が削られていくんやなぁ・・・」と切なさもあったりなんかして。
それに、まさに機械的で愛情が感じられないような・・・

確かに、パンこねたり餅ついたりすんのって体力いるし
大量生産なんてことになって寿命を縮めるなら機械を・・・ってことになるのかもしれへん
けどぉ〜
そぉこぉして手間かけて、思いかけるから美味しいんちゃうん?って思ったりしてしまった。

今回の主催者に知れたら確実に追い出される考えだろう・・・。

前に聞いた話では
お米を研ぐ時も「アリガトウ」とか「美味しくなぁれ〜」とかって思いをこめたら
実際味が変わるっていう。

面白いのが「気功」の先生宅でごはんをご馳走になると
スグ体が内側からポカポカしてくる。

以前のブログでも書いたかもしれないが
水には意識があって、その言葉の持つ波動をちゃんと感じている。
「水の不思議」って本、一度は読まれたことありますか?
(Noaに置いてありますので、まだ見たことのない方は是非)
水は言葉も聞けば、音楽も感じ、写真からも波動を受け取って
結晶の形を変えてしまう。


だからこそ、7割が水で構成される私たち人間の体に入る
食べ物や日用品の中の水の情報はキレイなクリスタルであったほうが良いのではないだろうか・・・

淀川の水が日本一化学物質汚染されているのと同じような状況は
人間の体の中でも起こると感じることが多々ある。

気功の世界では自然のエネルギーに自分を同調させる唯一の方法は
“感謝と愛の心”だと教えられる。

そしてまた「水の結晶」の実験写真の中では
“感謝と愛”の結晶の右にでる美しさを持つ結晶はない・・・。





| ena | 水の事 | 00:39 | - | - | -