めっちゃ嬉しかったこと。
 先日、前オーナーから引き継いで以来1年のお付き合いになるお客サマが
「この春、転勤になるかもしれない」と切り出しはった。
80%ぐらいの確立らしい・・・。

ちなみに、私はこの方が大好きだ。
とくに予約メールの際の“コスプレメール”でのやりとりは1ヶ月に一度の楽しみになっていたので
これがなくなるかと思ったら、かなり淋しい・・・。

ある時は映画監督風・・・またある時はおネェ風・・・などなど
「よくまぁ〜ネタが尽きへんなぁ・・・」と感心すら覚えていた。

次の来店時には転勤が確定かどうかハッキリするらしい。

で、帰り際
「前のオーナーから色々言われた事は忘れちゃったケド、エナミさんから教わった事は僕、けっこう実践してきたなぁ〜」
「僕も、こう見えて頑固だから 人から言われてもなかなか変える事ってないんだけど・・・」
こんな言葉をかけていただけた。

めっちゃ嬉しかった。

私に出来る事なんて、たかがしれている。
多くて1ヶ月に1回お手入れさせていただくだけだ。
ご来店頂いた際に、また後日メールやハガキでアドバイスを入れさせていただくものの、やっていただけるかどうかはお客様次第で
・・・っていうか、私1人では何も出来ない。

お客様とのパートナーシップがあってこそ
希望のヘアスタイルの実現や悩み解決が出来る。

アドバイス+実践=結果 が実感できた言葉だった。

施術中に
「しゃべりたい時に言いたいこと言ってるココの空間では自分の素が出ているかもしれない」
・・・と言って下さったのも嬉しかった。

無理せず、緊張なく、素の自分で鏡の前に座って下さるのが一番うれしい。

愚痴でも、悩みでも、ギャグでも、何でもいい。
ストレスと戦いながら走り続ける日常の給水所にNoaがなっているとしたら
ほんまに嬉しい。

それを感じられた日やった。

まだ転勤と100%決まったわけではないが
お帰りになる時、早くも涙がでそうになった。

どうやら私にとってNoaをお使い頂いているお客様が「家族」になっているようだ。









| ena | キラキラ | 23:06 | - | - | -
最終デットクス?!

6年ほど前に甲状腺の手術をして以来
自然食、自然療法で体のデトックスをず〜っと実践してきた。

特に美容師は薬品を使用するため
一般の方より かなり毒素がたまっている。
悲しいかな美容師の子供にアレルギ−が多いのも事実だ。

なので、デットックを始めて3,4年した頃に
体に出てきた症状は凄まじかった。

湿疹なんだか水ぶくれなんだか、全身にでた。
血流の悪い足にいたっては「治らないんじゃないか・・・」と思うぐらい
ひどいただれっぷりだった。

完治まで1年半・・・いや2年はかかったように思う。

それ以降、体に出る症状としては
去年の夏に行った砂浴での湿疹が最後になっている。

で、今・・・
習い始めた気功によって感情のデトックスが起こってきている事に
昨日気づいた。

基本、常にクリアな状態で自分を保つために
色々な方法を取り入れて、ややコツを掴んだ頃から
心が無理をしていると感じたコトがなかった。
・・・っていうかそれがイヤやから 楽でいるために
色んな方法を編み出してきたともいえる。

でも、ここに来て
体の中に台風が発生しては抜けて発生しては抜けて〜
を繰り返している。

きっと、自分のイヤな部分で見たくない部分を「ハイ。これ」って
突きつけられている・・・
っていうか、間違いなくそう。
それを手放したらもひとつ楽になるねん。っていうものだ。

わかっちゃいるけど手放せないでいる。
いやいや、今までも分かってたケド手放せずにきたって言う方が正しいと思う。
それがある事で自分のエゴが満たされたり
優越感に浸れたり、気持ち良かったコトに味をしめている心が
なかなか手放してくれずにここまできたんやと感じている。

〜が、気の世界に足を踏み入れて
自然のエネルギ−と波長をあわせ始めると
どうやらそれは許してもらえないらしい。

自然の気エネルギ−から元気をもらうなら
すべてにおいての浄化が必要だと言われているようだ・・・

現代に生きながら、なんなん?この苦行の数々・・・
よ〜考えたら自分で選んでいるものの
堂本剛じゃないけど「正直しんどい」


マスタ−に相談するものの、2段階のうちはそんな感じ〜ってことは
残り・・・


これもNoaの目的「癒しのペイフォワ−ド」のためかぁ〜
頑張ろ・・・
頑張るのが好きじゃない私が頑張ろて・・・これも成長かなぁ











| ena | 内側の事 | 09:52 | - | - | -
以外と傷む
 このシ−ズンになると雪山へ通われるお客様がチラホラ・・・
でも、今年は雪が少ないらしい。

近頃の大阪もかなり激しい温度変化
やっぱり地球再生のための大きな痛手は避けられない様子だ

ま、それはさておき
雪って髪の毛傷むって知ってました?

夏より傷みまっせ〜

紫外線の反射率に問題があって
雪→海→アスファルト といった順番だ。

だって、白ですもんねぇ・・・
ゴ−グル焼けするのと同じように、髪にもかなりの紫外線がふりそそいでいます。

外で濡れて、休憩室で乾かして
キュ−ティクルも開いたり閉じたり、忙し〜いてしゃぁない

雪山お出かけの際、帽子の中に髪を
しまえるだけしまって傷みから守ってあげて下さいネ。

あと、油断しがちなのが内側の襟足の絡みからくる傷みにも要注意

マフラ−、セ−タ−に擦れて、絡むからむ・・・
素材的に静電気が立つようなものなら危険度倍増デス。

見えない所で以外にも傷みは進行しているかも。

椿などのオイル系も、表面だけではなく内側にもつけましょうね〜

傷んだら春にスタイルチェンジしにくいでっせ〜
| ena | 髪事 | 13:18 | - | - | -
お客様と、 まさしく「艶」についての話になった。
彼女はハーブパックをし始めて、かれこれ1年半ほどになり
さすがに、髪はバツグンにきれい☆

当初気になっていた白髪も
ハーブパックのオレンジブラウンによって、今やもう
まったく目立たない。

久々に会う友達からはもちろん
周りから「髪の毛キレイやねぇ〜」
「ツヤツヤやなぁ〜」という声も多いそうだ

まず、艶のないバージョンから想像してみましょう

まぁ〜サラサラには見えませんな。
それから2、3日洗ってないようにも見えるかもしれませんし〜
カラーリングの発色も悪く、肌の色もくすんで見えてしまいます

良いとこなし・・・・・ハイその通り

では、艶がある髪を想像してみて下さい。

そらもぉ何っていうても上品!!!
性格はさておき、品がでる。
キレイなのはもちろん、間違いなくサラサラに見えるし
清潔感もあれば
光の反射がキレイなので、カラーも活きる。
もちろん肌にも透明感が出てきます。

その方とも話していたのですが
言わば、頭に芸能人がよく撮影で使う
照明を反射させる板を顔の周りに常に持ってるようなことになるので
肌のきめも良く見えれば、写真うつりだってキレイなのです


〜ってことで、艶はめちゃ大事です。
改めて鏡の前で艶チェックしてみましょ


ちなみにNoaでは、何種類かのトリートメントを用意していますが
長期の艶Keepメニューなら、やはりハーブパックがオススメです。

シカカイ、ビャクダン、ハイビスカスなんかを乾燥させて
粉にしたものを無農薬紅茶で溶いてアーモンドオイル、クエン酸をプラスして
頭皮、髪の両方を改善させていきます。
デトックス効果があるので、頭も体もスッキリですよん♪

白髪がない方は無色のハーブパックをご用意してあります。

一度お試しあれ〜








 
| ena | 美しくなるコツ | 23:51 | - | - | -
韓国、ありがとうございました☆
 帰国しましたぁ
お休み頂いてありがとうございました。

大変実りある研修旅行になりました。
み、実りすぎて重い・・・

以前にも書いたかもしれませんが
“髪”は本人の感情とともに成長しています。
いい時も悪い時も・・・

カットした後の髪はゴミではなくて
「ありがとう。お疲れ様でした」の対象ですし
また、ハサミも1人ひとりのお客様用ってわけにはいかないので
1人終わる度に“気を切る”手入れをしながら使っている次第です。


不特定多数のお客様が出入りするサロンにおいては
良い“気”の方もいらっしゃれば、悪い“気”の方もいらっしゃいます。
・・・っていうか それが普通です。

それぞれに生活があって、また色んな方との付き合いややり取りがあるわけで
その中ではお互い、必ず“気”の影響を受けあっています。
目には見えませんが確かにそこに存在する“気”
“気”が使われている漢字が多いのが、それを物語っているように感じます。
勇気・元気・活気・雰囲気・気持ち・気配・気さく・・・・・・
「気をつけて〜」なんちゅうのはまさに「気」を「つける」っていう
送り出す人が送る人に自分の「気」をつけて守るって意味ですからね〜


〜なので、同じ人であっても「気の良い時、悪い時」があります・・・っていうか重ねていいますが
普通なことです。
もちろん、私を含めて。

ただ、癒しを提供する私としては常にクリアな状態でひとり1人のお客様をお迎えしたい。と思っていましたし、さらに元気をプレゼントできたら・・・
ほな、まずは自分自身の免疫力(気)を高めていく気功をやりまひょっ
ってのが 始まりのきっかけなんですけどね。


でも、考えたら私の仕事って頭をメインで触っていきますやんかぁ〜、ここって自然界のエネルギーとつながる第7チャクラがある ものすご大切な場所だったんですよねぇ。

知らんって怖いわ

そんなこんなをひっくるめて、今回の韓国は
私の中(DNAっていう表現がいいかなぁ・・・)のコードを解いていく
ダ・ヴィンチコードな旅でした。

ナゼ 8 に導かれ続けてきたのか
ナゼ 美容師なのか
ナゼ 気功なのか
ナゼ 丑年なのか(あ、今年 年女ですねん)


なんで、なんでが全部繋がって 生まれてきた意味と目的が確信へと変わったように思います。

ひいては自費出版で【エヴィンチコード】(仮題)なるものを出版しますので、
えなみちゃんフリークのあなたには是非ともの購入をオススメ致します

ま、冗談はこれぐらいに。

とにかく私にとって必要な韓国旅。
やっぱり行かせて下さったお客様へ感謝デス

「ありがとうございました」






| ena | 旅事 | 00:59 | - | - | -