免疫力とは

遠出が出来なくなったので

淡路島で手を打った。

とは言え、

自粛自粛で店は空いてないし、海岸は封鎖してるし、こんな町の状況で

ホテルもよく再開したもんだ。。。と思ったが

幸い、ホテル前の浜辺は プライベートビーチ的な状態だったので

海と戯れる事も出来て癒された。



何年前になるだろう??

世界的免疫学者の安保徹先生の講演を聞きにいったのは。。。

あの時も手を洗っちゃいけないと言ってたよな。。。

砂浴に小豆島や高知県に行ったのは

さらに前だっただろうか???

砂の中の微生物による解毒力の凄さに

感動して、今も砂浜に行けばすぐに裸足になって足を埋める。


私たちは細菌やブドウ球菌、連鎖球菌やウィルスをお互いに共有しながら

日々、免疫反応を発達させながら生きている。

アルコールや次亜塩素酸、石油系界面活性剤ハンドソープ云々で手の常在菌を殺しまくり

マスクや手袋で社会との交流を断ち切った挙句

私達を病気から守ってくれる

細菌フローラやウィルスが居なくなり

日和見感染症に陥っていく。


今、アメリカでも子供達の異常が取り上げられているが、まさに日和見感染症なのだろう。


生物学者や勇気ある医者達が声をあげているが、インフルエンザワクチン注射を過去に打った人は

コロナウィルスを注射してからマスクしているのと同じだと。。。

何故なら

インフルエンザワクチンが動物株から作られているからだ。

ほとんどの動物はコロナウィルスを多く保有しているのが普通なのだ。


その状態でマスクをし、社会との関わりを断ち、私たちの友人である

細菌フローラ等々の常在菌を殺し又は取り入れ無ければ

自分自身で活性化させたコロナウィルスによって病気に至るだろうと。


それが新型コロナなら、致命的である。


高齢者や免疫不全でもない限り

手袋やマスクは必要ないと生物学の研究者が話していたが、

安保先生が生きておられたら

きっと同じ事を言っていただろうに。。。


このパニックの背後にはいったい何があるのか???

日本は、まだあらゆる情報が検索可能な方だと思われる。

心の目を開いて、どうぞ何が大切なのか?を自分自身で感じて考えて欲しいものだ。

淡路島のような、海に囲まれた爽やかな風が吹く、のんびりとした田舎ですら

猫も杓子もマスクをしている異常さに

目を向けてみてほしいものだ。




| ena | 体の事 | 20:33 | comments(0) | - | -
ハラスメント級

お籠りぃ〜の生活も、1ヶ月を過ぎ

そろそろストレスもマックスなのだろう。

お客様達の頭が硬いわブヨブヨだわ

顔は浮腫んでるわ諸々

あらゆる症状が。。。


頭触ってて思うのはマスク凝りだ。

そらアンタ、1日中マスクしてるて異常だから。

耳に負担がかかるので、耳と繋がる蝶々の形をした骨が顔にはあるのだけれど

その穴には神経がいっぱい通っていて

クラニアルヒーリングっちゅう治療で

脳神経を調節する時に使う大事な骨が

長時間ロックされている状態だからダメなのよ。

呼吸も浅くなるし

マスクが生理ナプキンと同じ素材のものに関しては、石油の経皮毒を1日中吸い込むわけで

超危険。


しかも、

そんな素材が肌を荒らしてめっちゃ不快な状態らしく、加えて ここ最近の暑さで

汗疹だ熱中症だと言い始めるだろうに。

いつまでマスクに頼るつもりだろう???と思ってしまう。


だいたい、5層ぐらいの重なりで作られたマスクでなければ

ウィルスなんてブロック出来ないのだから

ほとんどの人々が使用しているマスクは

用を果たさないと思われるが

今は、

マスクをしていない事が悪!のような事になってるらしく、マスクハラスメントと言っても過言ではない。


アタスなんて

何年も自律神経整えてきて

あげくホメオパシーで免疫作って

さらにダチョウ抗体グッズまで使って新型コロナのウィルスの量を減らす事までやっていて

よっぽど問題ない人種だと思うけれど

マスクかけてないだけで非国民扱いになるらしく

電車でも町でも注目の的である。


そもそも電車1人で乗ってて話しもしないなら

マスクしてるのと同じじゃなかろうか?


客観的にみてて引くわっっっ。


今朝のお客さんが面白い事を教えてくれた。

ご主人の通うクリニックの医者が

ユニークな人で、色んな話をしてくれるらしく、中でも面白かったのが

餅が喉に詰まって亡くなる人がシーズン中1万人いるのだとか。


その数に関して、

今日は1人餅がつっかえて死にました。

今日は3人餅がつっかえて死にました。ってニュースで言うか?

言わんだろーよ。

取り上げもしない話題だわよ。

で?

コロナによる死者数500人強どれだけ少ないのかがよくわかるし、しかもほとんど80オーバーの高齢者。


どーなの?

普通にコロナじゃなく亡くなった人の数はどんな事になってるわけ?


しかもPCRとかいう検査は、8種類のウィルスに反応が出るとか言われている中で

もはや、インフルエンザやアデノウィルスに感染してる人々が

新型コロナ陽性として隔離されているのかもしれない。


どれだけ強制ワクチン注射に持っていきたいんだか。。。

恐ろしいわっっっ。


ま、

アタクシの文句はさて置き、言いたいのは

自律神経整えるためにマスクも考えて使えばええんちゃう?って話しだ。

どーーーーせ殆どのマスクがウィルスブロックする事も出来ないものなんだから。

単に、手が口にいかないようにするぐらいの事ですから。


マスクをしておれば安心とか言う洗脳から

ハラスメントに至る行為や発言をするくらい暇なら

さっさと目覚めて、自律神経のお手入れにとりかかる事こそ

自分の為で、相手の為である事に気づいて頂きたいものだ。



| ena | 体の事 | 17:57 | comments(0) | - | -
メンテナンス

政府の発表通りなら、岩手県で新型の感染が出ていない。

土地が広いし、緑が多いから

人の体がプラスイオン化しにくい環境でもあるのだろう。


とは言え、

岩手は姫薬石というマグマと共に出来る岩盤からとれる石の一大産地である。

石は、

自然放射能を放ち、体内に留まらず

免疫スィッチを押してくれるホルミシス効果が実証されている。

東北の玉川温泉や

ラジウム、ラドン温泉が有名どころだろうか。


家に籠っているのは良いが

都会の問題は、電磁波である。

テレビ、ラジオ、スマートフォンにパソコン、

電子レンジに冷蔵庫、炊飯器に電気ポット

どれほどの電化製品に囲まれているのだろう?

電磁波によって、プラスイオン化した体は

炎症する。

炎症は神経回路をアホにする。

っつーーーーことは

自律神経が暴走するって事だ。


洗濯機や冷蔵庫にもアース線がついているように、人間も土や植物

海や川に触れてアースする事と

マイナスイオンを浴びる事が必要なのだ。


人間が電気的存在である事を忘れてはならない。


5Gの電波によって

ますます電子レンジの中に入っているような環境が強くなった今

そーねー電子レンジのワット数が上がったとでも言えば分かるかしら?

この状態で体内に重金属があった場合は

大変な事になる。


金縁のお皿を電子レンジにかけたら

パチパチするでしょう?

あれが体の中で起きるってことは

細胞がいかれるわよね。。。


魚を食べる機会の多い日本人

抗生物質を始めやたら注射を打たれて育つ肉を食べる日本人

ワクチン注射を常とする日本人が

重金属が体に無いわけがないのだ。


デトックスを進めながら

アースを心がけて

自律神経を整えて免疫をあげる。

人を批判するよりも

自分をメンテナンスする事が相手のためだと知って欲しいものだ。


山菜が採れる今の時期はデトックスに最高である。

とくに、蕨やタケノコの排毒能力は高い。

長期で飲んでいる薬品も外に出していくが

しばらく体臭が出るが健康と引き換えには出来ない。


汗をかくことも有効な方法である。


頼れるのは自分自身の自律神経なのだから

自律神経が正しく動いてくれるように

手入れする事がアタクシ達に出来る唯一であり最重要事項である。


| ena | 体の事 | 18:50 | comments(0) | - | -
黄砂にPMにハウスダスト

雨が降らず、雲もなく、一見キレイに見える青空。。。なようだが

めっちゃ空気が汚れていると感じている人々が、エナミンの周りに まーまー居てる。


喉がのつこつしたり〜

鼻詰まりに鼻水

咳に頭痛に目の重さ云々。。。

空気の汚れは

デトックスを引き起こす。


ま、

出せる力がある証拠やからok牧場だけれども

鈍感になっている場合、反応すらない。


もちろん何でも敏感に感じるエナミンは

ここの所の空気の汚れに

少々しんどかったりする。


毎日が快適じゃないってうっとぉしい。

加えて、台風同様

今からの時代、もはや空気がキレイになるとも、水が美しくなるとも考えにくいので

自分で自分の力を高めておく事が

この世界での生きやすさに通じると思われる。


そんな方法は色々あれど

せっかくホメオパシーの入門講座をうけたのだから、使ってみようホメオパシー。。。って事で

講座を担当してくれたAiちゃんのサポートを経て、ホメオパシー基本キット&緊急レメディーを入手。




さっそく試してみる事にした。


アタスの場合、

すでに黄砂・PM・ハウスダストに反応する事が分かっていたので

それらのレメディーを使ってみた。


あぁ〜しんどい。

鼻水と咳にプラス、少々の目眩に目の重さ。


人によって出方が色々ですし

症状が出たからといって

なんて事はない。時間が経てば消えるだけなので、それまでお付き合いすれば

免疫が出来上がるわけだ。


はてさて、、、

どのくらいで免疫が出来るんだか?

またしてもオタク実験課題が増えてしまうエナミンなのであった。


| ena | 体の事 | 22:06 | comments(0) | - | -
イジったらあかん

突如としてヘソのゴマが気になりまして。。。そんな事ってありません?

ちょっとだけほじくろう!と

年に数回やらかしてしまう。


今回は、ことの外お腹が痛くなって

まぁ半日ぐらいやけど

どうやら炎症したらしい。


いつものカイロプラクターMR.i先生に

最近どうですか?と聞かれ

こんな具合です。とヘソの事を話したら

「いけませんよっっっ!そんなとこをいじっちゃぁーーーーーー!!!!」と

おこられた。


「おへそがどこに繋がっているか分かりますか?」と尋ねられ

「みぞおちが痛くなったので

自律神経ですか?」と答えたら

「腹膜である事は確かですが

小腸に繋がっているのですよ。」と

教えてくれた。


なるほどぉ。。。


「先生、小腸と言えば 東京の森下先生っていう西洋医学の先生が

小腸造血説を唱えてたのを、随分前に本で知って、こういったお医者さんもいるのだな〜と思った事がありました。」と言ったら

先生が

「ええ。私も40年ぐらい前に彼の事を知りまして、このような事をちゃんと分かっている人が居るのだな。と思ったのを覚えています。」

さらにMR.講義は続き

「小腸から分泌される物質と脳から分泌される物質に同様のものがあるんですよ。

今の西洋医学は白い巨塔ですから

間違った理論であって、

みんなおかしいって思っていても、巨塔上部の人が発表した事は

忖度しまくって、守っていくわけですよ。

そして平気でウソの教育を続けていくんです。」


「深い闇ですねぇ。。。」とアタス。


少々考えれば、専門家ではないアタス達レベルにでも分かる事ってけっこうある。


例えば、

この小腸造血にかんしても、今は脊椎で血液が作られて〜って事になっているが

無脊椎動物のミミズやオタマジャクシに血液があるのは何故だろう???とか

脊椎がうまれもって欠損している場合

血液の製造はされないのか???って話しである。


森下先生なんて

小腸から赤血球が造られて、そこから白血球が造られて〜ってとこを

映像でとらえているのに

これを取り上げもしないのが今の西洋医学である。


今日のお客さんのお友達は、胆嚢に石があって 粉砕出来ないから、胆嚢を取る手術をしましょう。と言われ迷っていると言っていたそうだ。


胆嚢に機能的な意味がないとでも?

だったら、何故に体に初期設定として搭載されているのか、不思議に思わんのだろうか?


意味なく付いてるって無いから。

盲腸しかり、親知らずしかり、胆嚢しかり

全て意味あって働いているというのに

なくても良いなんて理論は

生命をバカにしてるとしか思えない。


100歩譲って胆嚢を取る決断に至ったとして

なぜ胆嚢を切るような事になったのか?

大元を知って、

そこに手を入れて治療していかなければ

次々と派生して出てくる症状があると

何故に疑問に思わんのだ?


。。。とまぁ〜これがルル(奴隷)がルル(奴隷)である所以なのだが。。。Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


医療の世界においても

お金という世界においても

世の中に張り巡らされた洗脳と忘却と搾取の仕組みに気がつかないと

いつまでもルル(奴隷)から抜け出す光が見えない。


もちろん、

ルルだと気が付いたと故、ルルはルルなのだけれど、

力まないでいられるようになるだけ

選択の自由が与えられるようになるだけ

随分ましなルルライフになると思うのだけれど。。。


ま、

気が付かないなら仕方がないが。

せめて

ヘソのゴマをイジるのはやめといたほうがいいわよっっっ!



Noaの新しいお仲間。





| ena | 体の事 | 09:51 | comments(0) | - | -
難解な病名

題名にもしたように、病院に行けば

とりあえず、今患っている症状について

何なりと名前がつけられる。


ひと昔前は、

もっとざっくり「不治の病です」と言われたような病状も、今やちゃんと命名されている。


この間、全身性エリトマトーデスなる病名をはじめて聞いた。

症状を聞いていれば、

自律神経系に問題があるのが分かるので

兎にも角にも自律神経の働きをよくして

自分自身のチカラを高めていく事が大事なのであって、

出てきた葉先の症状を追っかけて対象しているだけでは、どうにもならない。


エリトマトーデスもその内のひとつと言われていますが、膠原病に分類される病名が出してくる疾患は、とくに多様なため

その対処療法は主にステロイド。。。となる。


もちろん、ステロイドに助けられることも多いが、ステロイドによる副作用の多さからも

目を背けてはならない。


そして、あくまでもエリトマトーデスにおける

ステロイド投与は「対処療法」であって

「完治に至る治療」ではないという事を

忘れてはならない。


アタクシのお知り合いの場合、

もう20年もこの病気とお付き合いしているが

症状は進めど、改善していく様子がみられない。


とくに、

太陽光にあたった時のダメージが大きいようで、皮膚湿疹や、脱毛が現れる。


アタクシ達は

宇宙の天体の影響を受けずして生きていく事は難しい。

今回のような気圧のアップダウンで

偏頭痛や目眩を起こしている人がいるように

月の満ち引きで生死に影響を受けるように

この地球に住む限り、天体の影響を考慮しなくてはならない。


太陽は、命を育む一方

命を奪いもする。

ビタミンを合成する一方で、太陽視神経(自律神経系)の働きと深くリンクしている。

太陽の電磁波の影響を人間は受けることを分かる必要がある。

去年からこっち、随分と太陽の働きが

穏やかになったものの

去年までしっかり太陽電磁波と向かい合って手入れしてきた人々と

まったくスルーできた人々の間には

太陽からの影響の大小差が、ずいぶんと現れてきているようだ。


膠原病と分類される症状の起源はホルモンにある。

ホルモンって事は視床下部、第三脳室の神経系の働きが重要だと分かる。

神経の炎症は、

自律神経の乱れを引き起こしホルモン異常に発展する。

そこで、

何によって神経系に炎症が起こっているのか?の原因追求が必要ですし

同時に、炎症してしまった神経を落ち着かせるための処置も必要なのだ。

(アタクシのお知り合いは、太陽の電磁波の影響が大きいわけだ)


自律神経の迷走が引き起こす症状は実に多彩なので、その葉先の症状だけを追っかけていけば

皮膚科に脱毛外来に内科に整形外科と

何軒もの病院を駆けずり回る事になる。


原因は、

葉先がそうなってしまった根っこにある。

そして、

その根っこが這う土と吸い上げる水にある事を是非とも忘れずにいてもらいたい。


そして

自分自身のチカラを高めて自己治癒力にスィッチを入れる事が対処療法から治癒へと変わる事も知っていて欲しい。


病気は自分へのメッセージ。

どうぞ難解な名前に振り回される事のないよう、ご用心あれ。


| ena | 体の事 | 19:37 | comments(0) | - | -
自己免疫機能
医療機関に勤めておられる方が
最近は甲状腺疾患の患者数が、グッと増えていて。。。
と教えてくれた。

アタクシも、ちょうど20年前に甲状腺ホルモン亢進症を発症して
15年ほど前に手術をうけたわけですが
甲状腺を病むっちゅうのは
間違いなく、自律神経の問題なわけで。。。。。っつーーーーか
主だった症状の発端のほとんどが
自律神経なわけで、
そこのバランスを欠いた理由が、色々って事でして。

もちろん今は、放射能の問題もあれば
スマホなどでの目の使いすぎ
腕の使いすぎ
電磁波や気圧の変化も、その刺激となっていくわけです。


甲状腺疾患だけに限らず
リウマチや自己免疫疾患は、最近ことに多い。
緑内障もホンマに簡単に耳にする症状になってしまった。
が、
根源は何か?を探らないのが問題でして。

出てくる症状は、一番最後に分かりやすく出てきているわけなので
端っこを切り落としたり
端っこを抑え込んだところで
大元は変わらないし
病気が完治には至らない。


実際、
高血圧も緑内障も、リウマチも
それ以上の進行を抑える対処療法を治療と呼んでしまっている。

これは
髪にもあてはまる。
髪が薄くなる
白髪になる
パサつく、フケがでる等々
出てきた葉っぱの先だけみても分からないのだ。

髪はホルモンと直結しているし
もちろんDNA的遺伝も大きい。
だから、
年齢だけで捉えることも
お手入れだけで捉えることも出来ない。

そうそう、
この間、人生2回目の整形外科に行った話はしたかしら?
めっさハズレの医者にあたって
改めて思ったね〜
自分の面倒は、極力自分で見ようってね〜。

さ、
自己免疫は大丈夫ですかっっ?!
人間は、自分で自分を治す自己免疫機能が備わっているので
そこが機能しないのは
大問題です。
季節の変わり目、
生活の見直しが大事なようです。



山牛蒡の実とお花〜
| ena | 体の事 | 00:55 | comments(0) | - | -
根源はどこか?
この間、オタクな学びを共にしてくれる
Mさんが、ガラケーが壊れたとかで
携帯契約先に行ったら
すでにガラケーの取り扱いは完了していて、取り扱いがありませんっっっ!と
言われたとかって話をしてくれた。

結局、
キャリアを乗り換える格好で
ガラケーを手にしたものの、そのガラケーも、企業向け携帯だとかで
選択の余地もなければ、入荷待ちだと言う。

そうやって
スマホしかありませんっっっって状態にもっていくのが、相手の戦略なのよね。

ま、テレビも冷蔵庫も
近頃はなんでも10年経たないうちに壊れるように設定されていて
こちらの選択をことごとくはく奪するという
お客側にまったく寄り添わない経営をススメる企業が多い。

あ、
液晶の弊害だったわね。トピックスは。

えーーーーーっとぉ 明るい画面を見るというのは
瞳孔が開くわけです。
とくに暗い中でスマホやテレビは厳しい。

瞳孔が開きっぱなしってことは
非常に目が疲れるわけでして
目が疲れるってことは
首の頚椎3、4番に凝り(炎症)が出るわけでして
ここが凝りますと、横隔膜の働きが制御されますので
横隔膜に隣接する臓器に不全が起こるわけでして。
わかりやすく言えば、
酸欠ですし、ゴミを回収してくる静脈が働かないって事です。
するってーと
体はだるいし
各所で炎症が起こって潰瘍だ癌とか言われるような塊が出来るわけですな。

例えば胆管癌も
胆嚢癌も
肝臓も腎臓も卵巣膿腫も(チョコレート膿腫)
そこだけ見て
そこだけ切り取るだけでは
不十分って事ですな。

筋肉を動かすのは神経であって
その神経は自律神経であって
自律神経の働きは
第1頚椎がくっついている脳なのであって、骨格が歪んでいれば
筋肉の付き方のバランスをかきもすれば
偏り、神経情報の伝達がスムーズに起こらないわけでして。

こんな事をわかって
スマホやタブレットやテレビを
子供達の遊び道具にしている親ごさんがいるなら
悪と呼びたい。

頚椎3、4は横隔膜を
頚椎1、2は自律神経を乱す。

ここがどれほど大切な場所なのか
わかって頂いているだろうか?

ま、
分からないなら仕方がない。
ご縁がないのだろう。
わかる人だけ、感じる人だけが
受け取ればよい情報だと思う。

出てきた症状だけを治したいあなたなのか、
根源から治療したいあなたなのか。

どうぞご自由に〜


〜追記〜
食べ物だけを見直していればいいってわけでもなくぅ
体を温めていればいいってわけでもなくぅ
ものには、根っこっちゅうのがあるのでねぇ。。。
最終的には
魂の古い傷の治療なんですけどね
これこそわかってもらおうとは
サラサラ思っていないので
ま、興味のある方だけ感じてください。
じゃ!
| ena | 体の事 | 00:15 | comments(0) | - | -
痒い人々
後頭部が痒くって。。。
そんな風におっしゃる方がちょいちょいいらっしゃる。
もちろん、この季節に首に巻く
マフラーやショール、タートルネック的なものの素材による静電気や乾燥で
痒みがでてくる事もありますが
大抵の場合は違います。

自律神経ですから。

皮膚は脳と同じ細胞分裂から成されてきますので、アトピーもしかり
皮膚炎と自律神経の関わりは絶対に等しい間柄です。

病気と呼ばれる症状に仕上がる取っ掛かりは「ストレス」だと言われますが
ストレスとは、心の事だけをストレスと呼ぶわけではありません。
例えば、前述したマフラー等の素材が
その人にとってはストレスになっている場合もありますし
人混み、花粉や大気汚染などの空気だったり、人工添加物、農薬、塩素、化学薬品、投薬、テレビにネット環境、時に自然の働きの植物や月だって
ストレスになり得ます。

知らない間に、ストレスなるものの影響を受けてしまっている事も
案外多いわけです。
だからといって、
それを全部遠ざけるには、並々ならぬ感性と、配慮が必要になるわけでして
これは、ほぼほぼ無理ですよね
地球で生きる限り。

では、どうするか?
自律神経をきちんとコントロール下に置く事です。

自分が強くなる事が
この環境で生きていくのに最も早く
効果的なのだ。

事あるごとに、痒いだ不快だ言ってられませんから、
スーパーサイヤ人目指して
自分をちゃんと整えてあげる事が
毎日ハッピーで過ごしていくための手立てでもあるわけです。

ラジオ体操やってますか?
30分に1度はパソコンの画面から目を離して、背伸びしたり深呼吸したり
緩める作業してますか?
大脳基底核の神経の炎症は冷やしていますか?
肩やお腹は温めていますか?

使ったら使った分
働らかせたら働いてくれた分以上の
お手入れを自分にしてあげてくださいね。

それもせずにユンケルだとか
寝もせんのに抗生物質だとか
ホンマ、やめなはれ。

あなたの体やあなたの心は
病院の先生が治すのでもなく
会社がなんとかしてくれるでもなく
あなた自身が良くするのが普通ってやつです。ま、世間一般的ではないようですが、チョット考えればこちらが普通であると気付くはずですよね。


さ、
春はもうそこまでやって来ているようです!
暖かな日差し
優しい風を感じられるように
自分癒しのお時間大事になさってくださいませね〜(=゚ω゚)ノ
| ena | 体の事 | 12:45 | comments(0) | - | -
寒いからこそ
今日は、春を感じるような日差しの大阪市内。
とは言え、
来週は、また油断ならね〜寒さだとか?
はぁ〜気をつけよぉー。

エネルギー的転換があって
少々鼻声なのだが、案外風邪だった。。。なんて落ちにならんようにせんとー。

軟らかく、温かい体作りが大切よねっっ。

ワタクシのお客さまに、毎日 鳥をさばいているお仕事の方がいらして
この間、アキレス腱の話しをしてくださったのですが
卵を産まなくなった雌鳥のアキレス腱って
小枝のように、ポキッって折れるんですって。
チョッと奥さん聞いた?

しかも、
ささくれだったような折れ方するらしいわよっっ。

ほな、
雛鳥のアキレス腱ってどんなんですか?って聞いたら、「ヒモや」言うて。

テロ〜んってへなへなのヒモみたいなんですってよーーーー。

やはり、
老化がまねくものってあるのよっっ。

だからこそ、筋肉のしなやかさが大事なのよね。
それに、静脈瘤っちゅう足のふくらはぎに出る血管の症状って、あれ何がどうなっているのか分かります?

動脈は、心臓から送り出されますでしょう?
静脈は、筋肉の中を通って還ってくるので
硬く筋肉が緊張していると
静脈の大通り(ふくらはぎアキレス腱付近)が渋滞するんですよね〜
ほな、迂回しょーかっていうことで
表立ったところに出てくるわけです。

すると、迂回路の血管が風船のように伸びてしまいますので、
いちど伸びた血管は、元に戻りにくいものですから、また大通りの静脈に渋滞がおこれば、すぐに血液が溜まってしまうのです。

よく静脈瘤手術の話しは聞きますが
実際は、必要あんのか?な話しで
筋肉の緊張をほぐす事と
溜まった血液を優しく撫でて流してあげればいいだけの事なのだ。

ま、
この症状回避のためにも
柔軟性って大事ですよね。

筋肉が硬くならないためにはどーーすればいいのか?って?
寒いからといって、こたつでジーーーーっとしない事ですね。
ワタクシのようにσ( ̄∇ ̄;) あは。

激しいトレーニングは必要なく
チョイチョイ動かしゃいーーのです。

こたつ好きなワタクシも
毎日アキレス腱を伸ばすべく、ストレッチポール玉乗りはかかさないのよっ。
もう少しで浪花サーカス団入り出来ると思うわっっっっ(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪

ってことで
寒いからこそのホームケア
お互い頑張りましょーねー((*^ー^)ノ♪
| ena | 体の事 | 16:40 | comments(0) | - | -