ご近所の混沌

Noaの近くに出来た
トルコ料理のお店で夕飯を済ませてみた。
めちゃくちゃインパクトがあるわけではないが、なんとなく食べられてしまう
不思議なトルコ料理。
イスタンブールへの旅行の日々が懐かしくなった。

さて、7月17日。 タロットで言えば「17の星」
シリウス星のエネルギーが降り注ぐ今日は、トルコ・アララト山にNoaの箱舟が到着したとされ
日本各地で、舟をかたどった山鉾を引く祭りが行われる。

古代・河内灘のあった大阪東エリアの遺跡は舟形遺跡と呼ばれている。

本日、降り注いだエネルギーは大地にゆるやかに馴染み広がるため
23、24日まで祭りは続く。
天神祭も、毎年変わらず24日である。

なぜにトルコ アララト山での出来事を使った聖書の物語にそって
日本で祭りを行なうのだろうねぇ。。。


あーーーー不思議、不思議。
そして、何故かトルコ料理を食べに行ってしまったエナミン。
あーーーー不思議、不思議。

古代トルコの人々との縁を感じる。
働き方、仕事に関するものの見方考え方が、トルコと日本は似ている。

相変わらず、トルコ語の発音は
全くわからなかったが
また食べに行こうと思えるお店であった。

近頃の空堀は
スリランカにトルコにハワイに
古いシリウス大地を感じる国の料理屋さんが増えた。
さすが龍脈。
混沌だわぁあぁ〜。。。
| ena | 食べものの事 | 10:58 | comments(0) | - | -
ベジタリアンか。
今日は高津宮神社っちゅう大阪市中央区にある落語発祥の地で
ベジバル祭り。
友人であるいくちゃんが出ると聞いて〜
また、
今日はゴールデンウィーク中唯一のお休みという事もあって 
タイミングも良く、遊びに出かけてみた。
ま、
あーいったイベントは
朝イチで行って、1時間ほどでサクッとおいとまするのに限る。

良いお天気で
気持ち良かった。

ベジバルだけに、たぶんどちらのお店も
肉なし、魚なし。
で、ほとんどオーガニック食材と
草木染めやら、天然木やら〜といった具合。

ベジタリアンもヴィーガンもやってきたなぁ〜
今は、
今日食べたいものを食べたい時に食べるようにしている。

質がいまいちだったり
体が受け付けないものは
頭痛がしたり、胃が反応する。

今日は良くても明日は食べられないものもあるし、一つとか一杯はよくても
次はだめ。とか。

別に美食家ではないが
添加物や心が疲れている人や
やさぐれた人が作った料理はすぐ分かってしまうたちである。

自分にとって最善の食は
自分自身を感じる事だと思う。

どうですか?
世間一般の「美味しい」情報で食べていませんか?
世間一般の「からだに良い」で食べてはいませんか?
どうぞ、ご自愛くださいましね。
| ena | 食べものの事 | 17:41 | comments(0) | - | -
フランス料理の闇
今日はイースター。
所謂、キリスト復活祭ってやつらしい。
ちょうど、アタクシ達はフランスに
一旦おさらばして
スペインのビルバオって町に移った。
パリのお宿を出る直前の忘れ物チェックでてに持ったナイロン袋のメッセージは
「ココカラファイン」だった。



ね。

パリでは、のつこつするような事件も
色々あったので
まさに、復活祭までに終了した諸々によって、此処からfineなのだろうよ。と
enaminnは受け取ったわけだ。

さて、スペインバスク地方ビルバオの町までは
パリから約1時間半のフライト。
ピレネー山脈に囲まれた
ネイティブの香りがする、アートの街。


たった1時間半で、こない違うか?っちゅうぐらい
人も雰囲気も変わる。
率直に言えば、パリまで1時間半なのだから、ビルバオを拠点にパリに遊びにいきゃ〜いいと思うenaminである。

このバスク地方が古い大地のせいか
日本人と同じような配慮と
ヨーロッパのスマートさが合わさった
非常に心地良さを感じる場所である。

そうそう。
昨日は、パリについでフランス第2の都市
リヨンまでTGVで日帰りしてきた。
アタクシはマリアの教会メインで
お連れは、お料理教室のお仲間等々も合わさった美食メインな小旅。

フランスに入ってから
ずぅ〜っとあらゆる方面を観察しているが、もう どうにもならんぐらいパリにしてもリヨンにしても
モンサンミッシェルにしても病んでいる。。。っちゅうか、
フランスが病んでいるのかっっっ?!
っていうか、
フランスもいよいよ病んでしまったのかっっっ?!と言えばいいのだろうか。

そして、
フランス料理っちゅうやつがもたらすものが
よーよー分かってきた。

これはね〜闇だ。
あぁ、例のごとく言葉にするから闇ってなるし悪ってなるが、波動(エネルギー)が低く重いと思ってくださいね。
もちろん食材の質の良さや、美味しさはありますよ。
もちろんテクニックだって凄いんでしょうよ
が、しかし
フランス料理なるものが
人々を3次元の世界に閉じ込めて、覚醒を封じる働きをすると感じている。

あれもこれもとついつい目移りしてしまう
きらびやかさが、人々の欲求を
もっともっととかきたてる。

色んな覚醒(内観させない働き)を封じる外側のキラキラってのがあるな。。。と
パリにきてから感じる事が多い。

料理意外にも、香り、ファッション諸々。

本来、中心の強い光を纏ったシリウスの働きがあったフランスは
大きく赤の闇アークにやられたねぇ。。。といった感じがしている。

日本語表記にとって変わって、
中国語表記が普通になり、イースターも休まずにお店を開ける。
働かないフランス人が、らしくないんじゃないかしら?

そのくせ人々はつんけんしている事が多く治安が悪い。
見えない世界が3次元に現れてくるので
潜在意識の世界がずいぶん荒れているのが分かる。
教会も、日本の神社仏閣と同じように
ゼニゲバ化していて
リヨンの教会もマリアのエネルギーは感じないし、ただ教会の支配のシンボルで建てたもののようだった。
アークのタコがいたわね。たぶん。

バスクに入ってから
ご一緒のTさんが、スペインのことわざを教えてくれた。

「最大の復讐は優雅に過ごすことだ」
なのだそうだ。
なるほど。
支配する側、搾取する側への最大の復讐がそうきましたか。。。と
どの国のことわざも深いなぁ〜と感心すると共に、
スペインっぽいなぁ〜って気がする。

みんなも、そうしよーよ。
決してお金だけが優雅さをつくるわけやないんやから。

あぁ〜パリ帰りたくねーーーーーーーっっ
もう二度とフランスに来る事はねぇな。
せめて楽しみがないと
ここからパリに帰らねばならないモチベーションをキープ出来ないので
パリに帰ってからの楽しみを作ることにした。

セーヌ川沿いでセグウェイ体験。
予約済み。

ノートルダム寺院のマリアにもう一度会いに。

ルーブルのファブリックショップを覗く。

といった具合である。

ビルバオ2泊で次はサンセバスチャン。
ぼちぼち長い春休みも終了です。
日本は桜が終わっただろうか?
パリは今から
ビルバオは、もうサクランボも終わりです。



ビルバオ名物オムレツ。
| ena | 食べものの事 | 21:15 | comments(0) | - | -
オーガニック
久しぶりに長文注意報出さなアカンと思うわっっっ。
絶対に長なる内容やし。
途中で息切れしたら、前編後編にするわ。
ま、
面倒な人は、今のうちにログアウトする事をオススメする。

さて、
先だって、奈良のオーガニックマーケットをお手伝いしてはる方から
このマーケットが存続の危機にあると伺った。
なんでも、
ご来場のお客様から意見書なるものが奈良市に送られてきたとかで
内容は、オーガニックでは無いものが入っているとか、表記の曖昧さや甘さへの
ご指摘だったらしい。

開催されている奈良駅前エリアは
それほど簡単にかしてもらえる場所ではないそうで、
奈良市への、開催目的やなんやかや
関門が多いとかで、そこに添ぐわなければ
「はい、終了」って判断も早いらしい。

で、
今回の意見書である。
5年、6年と続けてくる中で
徐々に出てきたゆるさもあっただろうし
自分たちの感覚での「普通」が
お客様にとっては違うというズレが
大きく広がってきていたのかもしれないと、
主催サイドは、改めて初心に帰るべく
素直に反省のミーティングを繰り返していると話してくれた。

なるほど。
どの世界にも、また個人レベルにおいても
よくある話しである。

もちろん、私も常によがっていないか
セルフモニタリングしながらNoaの営業や、心の在り方の位置を確認しているが
根幹にしている軸が
どういったもので、どこをみているのか?明確でぶれずに大地に刺さっているかどうかが、先ずもって大事なんだろうな。とか思う。

そうでなければ、
道が逸れていないかどうかたち戻るところがなくて、確認できないし、
すぐに折れたり抜けたりする軸であるなら、目的の体験を得るための
道しるべとして機能しない。

私のように1人で営業する場合もさることながら、大人数が関わってくるとなれば
増しての根っこの意識の擦り合わせが必要になるのだろう。

私も、あらためて「オーガニック」について考えてみた。
日頃くちにする食材は、ほとんどがオーガニックだからだ。

自分は、病気したのがきっかけで
衣食住の大切さに気づかされ
エネルギーを使っての、今の美容院のスタイルも、そこから派生してきているのですが、
結局、単純に表現すれば
エネルギーが高いか低いかの問題なわけです。

美容院で使う化学薬品は、正直
自然とは馴染みにくいエネルギーを帯びているものが多いので
地球や人に汚染というものを生まないために、エネルギーの質を変えて
化学薬品とケンカしないスタイルにして営業している状態です。

本来、「人間」のエネルギー(波動)は高いので、病気になったり憑き物に憑かれることもないわけですが
波動の低いものや、異質なものを取り込むことで、エネルギー低下したり
また、疲れていると
そういった低いバイブレーションを
調整するエネルギーがなかったりするんですよねぇ〜。

なので、
オーガニックっちゅうのも
そーゆー事だと、私は理解しています。
化学薬品を使って育てられた野菜と
オーガニックな野菜とでは
搭載しているエネルギーが違う。

そもそも、
生産者の意識も、オーガニックに取り組んでおられる方々は
地球や自然の循環をみている方が多いと考えられるからだ。

が、しかし、
オーガニックを付ければ売れるといった具合で
そこを使う人もいれば
オーガニックでなければならない・・・とか、
オーガニックだから安心・・・とかいう
エネルギーではなく、言葉に翻弄されている場合もあるので
オーガニック、イコール好い人。とか
エネルギーが高いとかといった
短絡的なものでもないのが現状である。

実家でお願いしている農家さんは
実際、畑を見せてもらいに行って
人柄に触れた上で、自分たちの食事のスタイルをお伝えして繋がりを持って頂いている。

百聞は一見にしかず。
生産者さんのエネルギーがどんな感じなのかを知って
やり取りするに越したこたぁないのだろう。

オーガニックだ、無添加だといったところで、結局
それを取り扱う人の人柄や思い(意識)によって、エネルギーが変わるから。
もちろん、究極的には
それを取り込む人の意識の問題なのですが
インフルエンザとかも同じやね。

いくら予防接種をうけたところで
免疫力がなければかかるわけで
それだけをやっていれば安心なんていうのは、心のない行為である。

オーガニックの食材を使っていようがいまいが、愛情かけて作られたお料理は
やっぱり美味しいし、ちゃんと体と心を元気にしてくれるし
オーガニックではなくっても
自分が大好きで、食べて幸せを感じられる体が喜ぶものであるなら
やはり、そのように働いてくれる。

そんなエネルギー(意識)の根本がわかった上で、さらにオーガニックなら
言うことはない。

疲れた美容師に髪や体を触られたくないでしょう?
と同じように
食材や育んでくれた自然に感謝の気持ちもなく作られたお料理は
いくらオーガニックでも、食べたくはない。

大事なのは、心なのだ。
どんな心から、その物事をおこしているのか?

善きにせよ悪しきにせよ
何のどんな体験をしたいのか?
自分が得たい三次元を創るには
先ずは潜在意識なのだから。

あーーーーーーーーー疲れた。
書いたわぁ〜
書いてるうちに3回ほど見失ったわ。
ちゃんと文章が成立したのかどうかもわからんが、
ま、言葉よりも感じてみて下さい。
何を言わんとしているenaminn的エネルギーか。
さて、問題です。
「オーガニック」と何回書いたでしょーーーーかっ?!

チチチチチチチチチチ・・・
プーーーーーーーーーー。

正確は

「17」回でしたぁ。
バイバイ〜(^ー^)ノ

っと思わせつつぅ〜
題名も入れて「18」でした!
| ena | 食べものの事 | 07:17 | comments(0) | - | -
光と闇の食べ物


赤のカラーを載せたら、なんとも可愛いピンクに仕上がった☆
元々、黄色を強く持っている方なので
赤だからといって、赤までには到達しなかったのだと思うが
意外にこの色が良くって
気に入って頂けて良かった。

色にもエネルギーがあるが
もちろん食べ物にもエネルギーがある。

ここのところの自分の体を観察していますと、野菜だからとか
果物だからとかいったような括りではなく、そのエネルギーによって
食べられる、食べられない。といった具合になってきた。
吐き気をもよおすような事にはならないが
食べない方がいいな。っといったものは、寒気とか頭痛でお知らせがきたりする。
食べてから胃が動かないようなものは
前から分かってたけど
寒気でのお知らせは、新しく加わったようである。

なんで、この食事でそーーーなるかねぇ〜?????と思って検索をかけると
大体が薔薇科であったりする。
それから「赤」に関連するものと
宗教の象徴になっているものは
体がムーーーリーーーーと言うてくる。
添加物も化学薬品も
使ってないとうたわれていても
いやいや使ってますよね。ってな具合である。

もちろん、作り手のエネルギーも大切で
まさに
闇の働き(エネルギー)があるのか
光の働きがあるのかによって
反応しているようだ。

それでも、
闇の働きがあるものは魅力的なので、分かっていて手を出す事もあるが
それは、量次第だなって事も分かってきた。

闇の食べ過ぎ、飲み過ぎは
シンドイ・・・

敏感なのも面白いような、面倒なような・・・

そんな特殊な状況下で安心して楽しめる
Ikuちゃんのお菓子の
Noa限定品を作ってもらおうとしている。
実はもう試作済みで
あとは保存期間の実験諸々。

間違いなく、光の働きのお菓子となりますので
私も、安心してお客様にオススメ出来るので嬉しい(^^)

この光のお菓子が、また誰かの心を癒していくかと思ったら
今からワクワクである。

完成したら、また報告しますねっっっ。

お楽しみにーーーーー( ´ ▽ ` )ノ
| ena | 食べものの事 | 13:00 | comments(0) | - | -
冬至後


昼ごはんにパイナップルと焼き芋食ってるenaminを
「あ。はいはい。」と見ている貴方は
よく分かってらっしゃる。

今日は寒いのよね〜
上町筋越えるとか無理。

しかし、
美味しくないわぁあぁ・・・
パイナップルも芋も。
味付けがないぶん、素材の味がわかっていかん。
深みのない薄い味なうえ薬品臭い。
土と水がやられとるな。

もうさーーー
外で食べる気になれんよねぇ・・・
TPPでトレードが始まれば
もっとこうなんのか?!?!?!

ほぼ1日1食生活の自分にとって
美味しいものが外で頂けなくなるのは
なんとも・・・
行き先がじゃんじゃん狭まるな。

それはさておき
冬至が過ぎて、ずいぶんとまたエネルギーが変わった感じがする。
自分の感覚を信じてことばにするなら
軽く、スピーディーになった。
新しい「月」は、重力を弱めたのだろうか?
いい意味だけではなく
浮き足だった感じもあって
地に足がついてない場合、さらに浮いてしまうような
足元をすくわれてズッコケるような
そんな感じもある。

この中で
バランスをとっていくのは
なかなか困難を極めるかもしれない。

さて、
益々重要になる
「貴方という人の看板」
何をどんな風に体験していくのか?
地に足をつけて
天と地を繋ぎ、イメージしていくこと。

どの窓を開けて
どの窓を閉めるのか?

源を忘れず
次のステージクリアと参りましょう。
ほいじゃまた。
お互いの健闘を祈って( ̄^ ̄)ゞ





| ena | 食べものの事 | 00:00 | comments(0) | - | -
職人
堺筋本町からいっぺんにボーダー柄の洋服の女性が入ってきて
ビックリした( ̄◇ ̄;)

数えたら6人。
んんーーーーー夏やねぇ〜
夏ってボーダー増えるやん?
車内見渡したら7人ボーダーやった。
それぞれ他人やでっ!

夏やて。

さて、
今日は仕事を終え 蕎麦打ちレッスン!
人生2回目の蕎麦打ち?いや
自宅でやったことも入れれば
あと何回かはあるか。

いつもお世話になってる
イヴォンヌさんのご好意で、3人で
それぞれの蕎麦を打って茹でて試食して〜持ち帰りも頂きーので
3時間っっっっ!長っっっっ!

でも、アッと言う間やったし
3人3様 味比べができてメチャ勉強になった。

だって、
「粉」一緒
「配合」一緒
「水」一緒
「道具」も一緒

違うのは、
水の量
捏ねる時間
伸ばしの薄さ
切りの厚みに茹で時間。

もちろん、愛情も違うと言うとこか。

まさに
日本人の仕事やなぁ〜と感心した。

とにかく繊細。
いちいち繊細。
どの作業も美しいし
仕事がキレイっっ。

片付けも作りの内に入っている。

まーーーーー
だてに蕎麦屋さんは蕎麦屋やってないなってのが、よくよく分かりやしたっっ!
脱帽ですっっっ。

も1回ぐらい自分でやってみよ〜(^^)

| ena | 食べものの事 | 18:45 | comments(0) | - | -
ミトコンドリア的「食」
少しずつ食べ始め、もう いつも通りに食べている。
ま、夕食1回やけど(笑)

私的には、これが心地よいのだ。

最近は
鹿肉を頂いたりする。
なんとなく食べたいな〜と思ったからだ。

これが、
ミトコンドリア的には正解みたいで
太陽を浴びて、運動をしっかりした
赤身のお肉には、ミトコンドリアが多いそうだ。
噛めば噛むほど味がするっていうあれ。

あいにく、
日本が生産している牛肉にはミトコンドリアがいない。
お分かりですよね?
太陽を浴びる事はほぼなし。
刺しを入れるために、運動なし、ホルモン注射多用、餌に牛骨粉混入な飼育・・・
引くわ。

脂ばっかり多くて、柔らかいけど味がない。
子供の頃から脂身が苦手やった。

そうそう、
ケニアで食べたお肉は美味しかったんですよーーーー
脂身?!
ないない(笑)
いつ飲み込んだらいいのかわからんタイプの赤身のお肉。
でも、美味しい。
ホーホー鳥のお肉も、めっちゃ美味しかった。

そうか。
あれがミトコンドリアの味だったのか。
と、
今になって分かった。

あと、
ミトコンドリアが喜ぶのは
アクのある野菜。
カリウムやらポリフェノールを含むもの。

あ、
今回 山菜採ってきたから
筍に蕨にイタドリに〜って、
ほぼ毎日のように食卓にあがってきますやんね〜
ほんなら、
いつもは汗をいっぱいかく夏に起こる
母の薬のデトックスが(肺を悪くした際に9カ月飲んだやつ)
早くも出てきている。

私は、特に蕨じゃないかな〜っと
思ってるんやけどね。
お日様いっぱい浴びるし、色的にポリフェノールが多い気がして。


その他
ミトコンドリア食材は
太陽の光で乾かした干物とかいいみたい。
干しいたけ、切り干し大根
干物もイイやろね〜

なぜ体にいいのかが、シンプルで分かりやすいから安保免疫学が好きだ!

玄米も、何故いいのか?
色々言われてるけど
安保免疫学的見解は、自然放射能の働き。
以上!
笑!!わかりやすい〜〜〜〜〜

テレビや雑誌では
やれ、あれが流行りだ
これを食べれば痩せるだ健康だ〜と
色々言うが
そもそも、何故流行りをつくる必要があるのか?を考えてみたらいかがだろう?

その「物」を売りたいからなわけですよねー?
だから媒体を使って、宣伝する。
だって、
一番手っ取り早いもの。

色んな物の値段があがって
そんな輩に躍らせれてる場合じゃない。
自分にとって、
何が必要か?
体の声に耳を傾けて
医療費をかけなくて済む生活を目指したいものです。

だって、
病院にかかるってことは
その背景に税金があるわけで、巡り巡って自分達の税金が上がるわけですし
払ってくださっているみなさんの
税金を使わせてもらうって事ですから。

普段の努力で、かからなくて済むのであれば
それに越したこたぁありませんよね。

さ、
私も調子に乗らず
もう少し養生します☆
| ena | 食べものの事 | 05:45 | - | - | -
そーゆーことなのだよ。
久し振りに食べ物の話題に触れてみよう。
先だって、
両親から急に強いノネナール臭が漂ってきた。
え?!なに?!
今日を境にこのニオイになるのか?!
老人ってそうなのか?!Σ(゚д゚lll)
・・・との思いで家を出発し
車運転中も
後部座席の父が放つニオイに耐えきれず、寒空の中
窓をやや開けて走行・・・

さぶいっ( ̄◇ ̄;)
しかし閉めれん・・・

なんでかなぁ???と思いながら
その日帰宅して原因が判明。
鍋や。
私は前日、夜は外で済ませたんだか
遅くて食べなかったんだかで
手をつけていなかったのですが
どうやら両親は鍋をつついていたらしい。

「あら?!もしかして肉入れたん」
母:「お父さんいるやろぉ〜・・・」

「どこで買ったん?!」
母:「Lフ」

「あーーーーー。」
と納得。

母はお肉は頂かないが
肉から出たエキスの染み込んだ野菜を
食べてますよね。

横浜日帰りセミナーで
電磁波、波動や水の研究者
増川いずみさんのレクチャーをシェアしておきたい。

後日、
増川さんと直接交流のある友人からの話しも交えてお届けしよう。

まず、世界を牛耳る人々はベジタリアンだ。
何故か?
人間にとって必要ないことを知っているし、商売のために自分で作り出している肉がどんなものなのかを知っているので、絶対に手をつけない。

肉が皿に盛られていると
ポーンと犬へ投げるそうだ。
「動物が食べるものだよ」と。

100%有機栽培の食品のみ。
旅先にも持っていく。
または、
確実に入手出来る先をリサーチして
出かける。

増川さんは
電磁波、波動研究の一人者なので
権力層からの誘いも多く
そんな人々の生活を垣間見てきている。

以前から分かっていることですが
食用の牛さん、豚さん、鶏さんを飼育する環境は劣悪極まりない。

霜降り肉にするために運動はさせない。
日本のような狭い飼育スペースで出来るだけとれ高をあげようと思えば
尚のこと。

日頃干し草しか食べないのに
穀物を与えられ、時には牛骨粉も。
で、運動は許されない。

これ、
人間で考えてみませんかねぇ??

毎日甘いオヤツと白ご飯ばっかり食べて運動せずに一畳ほどのスペースで
トイレも全部そこで済ます。
外に出ることは許されず・・・って
これで何日いけますぅ???

病気???
ならんほうがおかしいでしょうよ。
精神???
病まんほうがおかしいでしょ?!ってば。
動物には心がないと?!
食肉だから心はないと?!
お宅様の犬や猫にはあるのに?!


もちろん、
大きく育ってもらわんと困るんで
治しますよ!
抗生物質、ステロイド、ホルモン剤などなど大量のお薬でね。

ま、
今 出回ってるお肉のほとんどが
病気と薬漬けのお肉です。

でも、
癌の部分は切除すれば分からんし
よもや肉をみて
糖尿病や高脂血症、高血圧に動脈硬化などなどにかかっているかどうかなんて分かるわけもない。

さらに
遺伝子組み換えがされてないとでも?!
大豆やコーンなど植物や花にあれだけジャンジャンやってて?!
まさか。

鶏は今や4本足で毛はありませんよ。
始末しやすいし、2本のモモより1匹から4本のモモ肉がとれたほうがいいじゃない!!
超〜効率的っっ!!!!てか?!

いったい命をなんやとおもてんねん!
書いてて段々腹立ってきたわ。

結局、
こんなお肉によって両親から
すごいニオイが放たれていたわけでして。

また、
日本人に多くいるのが
「私が食べているものは違う。
ちょっとぐらいなら大丈夫。
肉食べへんかったら何食べんの?
肉は必要やし人間に」信仰

違いませんよーーーーー
目の前のお肉はそんなお肉です。
ちょっとの積み重ね(罪重ね)
何年続けていますかね?!
肉が人間に必要?!
辞めてみたこともないのに?!

世界の権力層がなぜ長生きなんでしょうね?
いい治療を受けてるから?!
ご冗談を。
薬はいっさい飲みませんよ。
食肉同様、化学薬品は彼らの生業ですから。

搾取されるのは、常に一般ピープルだという事を
理解しなければならない。
そして、
そこから考えなくてはならない。
何を選択するのか?

安いだけで選択しますか?
病気にかかってからでは遅いのに?!
治療費にどれぐらいの費用がかかりますか?
それを心配して保険に入る?!
毎月「かもしれない」に脅かされて
「安心だから」の名の下に?

いつもの事ですが
どうぞご自由に。
あなたの選択ですから。
でも、
どうぞその選択が今の地球を創っている自覚はお持ちください。

そして
命を差し出してくれる
動物達、植物達に
あなたのペットと同じ命が宿っていると知ってください。

感謝しろとは言いません
それは湧き上がってくるものなのではないでしょうか?

朝から目が腫れそうなので
今日はこの辺で・・・
| ena | 食べものの事 | 06:08 | - | - | -
続・いのち
きのう行かせてもらったお客様(友人)のギャラリーの夜会に今日は参加させてもらった。

台風ではあるものの
これは行っておきたい!と
ワインを蹴って、車で参戦。

雨も降らないうちに帰ってこれて
さすがツイてる私です。
ま、それはさておき
いい出会いを頂きました。

奈良学園前の八百屋さん

シュッとした風体には
それなりの理由があったのが分かった。
面白いお話しに素敵な詩の朗読
人生の先輩はやっぱりスゴイ。

そして「いのち」に改めて頭がさがる。

右手左手を「いただきます」と合わせる意味を話してた時、
落花生が夜になると
まさに合掌のように葉を合わせて閉じると話してくれたのが印象的やった。

で、
朝になると太陽の光をサンサンと浴びるように、また両手を広げる。

なんてカッコいい植物なんや・・・
左手・右手
(火理)・(水理)
火と水が合わさって万物を動かすエネルギーとなることを
誰に教わることもなく知っている。

自然の摂理の中で生きる命はさすがだ。

そんな命が育んでくれた命を
私達は頂いている。

野菜も果物も牛や豚も
人間に食べられる事をさとった時
アセンションするらしい。
自分のための成長をやめて
食べる人のために、他者への奉仕のための成長へと変わるそうだ。

なんてこった・・・
人間がそんな事出来るだろうか?????

植物とは、なんちゅう尊い存在なんや・・・

きのうも書いた。
命は当たり前ではない。
当たり前ではない尊い命を差し出してくれる命によって
私たちの命が生かされている。

生きているのでもなく
生かされている命だ。

それが例えジャンクなものであっても
元を辿れば、1つとして生きていなかった命はない。

作ってくれた人にはもちろん
命そのものへの感謝を忘れずにいれる事こそ、心を中心にすることなのかもしれませんね・・・

台風の夜の素晴らしい出会いと学びに合掌。
| ena | 食べものの事 | 22:53 | - | - | -