律儀な自分の見えない世界@秋分の日

見えない世界は、ホントに律儀である。

後から、必ずエネルギー活動についての説明を寄越してくれる。

もちろん、数字や花、雲やニュース

あらゆる媒体を使って色々見せてくれたりもする。


引いては、

アタスが律儀だからだ。

外に現われる世界は、自分の内側の世界だから。

別にそれが良いとか悪いとか凄いとか偉いとか言ってる訳ではない。

エネルギー活動とは、そういうものなのだ。

自分の外側に映る世界をみて、自分の内側を知る、人は鏡のようになっている。

起こってくること、出会う人々は

自分をスクリーンに映し出した結果であり

投げたものが返ってくる。

ただそれだけのシンプルな話である。


自分に起こってくる現象を観察した時に、

律儀であると共に、謎めいた扉を沢山持っているアタスなのだろうと思う。

いわば、

自分で散らかした謎を自分で解いて一人遊びを楽しんでいるのだろう。

その謎解きの解答もなぞなぞが解けたら扉を開く事に、自分自身で設定しているのだろう。


西はりま天文台に絡まった一連のエネルギー活動においての応えもやってきた。


〜地上に太陽の国をもたらしたいというのなら、まずは自分自身が宇宙的進化を遂げ

他の時空でそのパターンを築くことだ。

いずれそのパターンは、3次元の世界の礎となるだろう〜


〜ひとり一人が、自ら輝いて光を放つ事が

恒星意識というものなのだ。

塔の上に昇り、すべてを掌握した高次の自己の視点を獲得し、心を透明にしなければ

太陽の国に入る事は出来ない。

それには、魂の深淵から偽りのない言葉を

真っ直ぐに解き放つことだ。

心と体が乖離しているうちは、いくら頭脳を明晰にしても恒星意識には

辿り着けないのだ。

その先には宇宙意識と呼ばれているものも存在するが

言葉の真実を見抜けないうちは、宇宙意識を問うことは出来ない〜


〜宇宙とは、我々の意識から出来ている。

宇宙とは成長を続ける意識であり

継続される無限の意識でもある。

だからこそ、ひとり一人の意識が重要であり

個々の意識を高める事が大切なのだ〜


今日の秋分の日がまたこの惑星地球のエネルギー活動の大きな転換点になるだろうと

禅サンガの阿部さんもイベントを用意してくれているほどであるが

どうやら、今回の事も秋分の日までに必要な

エネルギー活動だったようだ。


春分、秋分点において一瞬角度のゆがみが修正され

太陽の光が純粋なまま届けられるそうな。

今年の秋分点は22:31pmだそうだ。


いつもこうやって解答をくれるのも

実のところ、多次元の自分自身なのかもしれない。。。

いつも細やかなサポートをありがとう。

宇宙で会える日を楽しみに待ちたい。


〜追記〜

あの日の停電の戸数は99900戸だったと

さっき知った。。。( ̄◇ ̄;)

お後がよろしいようで・・・

| ena | プロデュ−ス by サマンサ | 08:08 | comments(0) | - | -
仏陀

きのう仏陀から教わったのは「味わう」と言う事だった。


この世での事全てを味わう事。


上手くいかない夫婦関係も

思い通りにいかない親子関係も

楽しく辛い恋愛も

大変でもやりがいを感じる仕事や

ケンカしながらも縁ある友達との関係も

この世で経験する人生物語の全ての出来事に

寄り添って、味わえばいい。


起きてくる出来事や見ているもの、

人生の物語そのものに意味はなく

また意味を感じる必要もなく

あらゆる全ての体験を ただただ、味わう。


そんなような事が伝わってきた。


一度に宇宙の摂理を知ったと言われる仏陀。

とはいえ、

この世での生活は続くわけだ。

覚醒後、

どのようにこの3次元を生きるのか?を

あるとき考えたのかもしれない。


人生を味わうとはよく言われるが

やっとその意味が理解出来た。






| ena | プロデュ−ス by サマンサ | 00:08 | comments(0) | - | -
前世を知るとは。。。

突如として開く扉がある。


今朝のお客さんと話してるうちに

仏陀との縁を見つけ出す事になった。


ビルマで僧侶をしていた頃の私から

メッセージだけもらっていたのは

10年近く前だろうか?

「ビルマに縁が付いたら来なさい。

お釈迦様との縁を実感出来るだろう。」と。


そん時は縁が付くって。。。

はぁあぁ???。。

てな具合で、

ずっとミャンマーはキーワードとして置いていたが、行くまでにはならずに来たが

今日やっと、

釈迦との縁を感じる事が出来たので

きっとミャンマーに行くんだろう。


ちょうど旅に出たいと思っていたところだった。

このパンデミック騒ぎが落ち着くまでは

準備期間なのだろうな。と感じるので

色々下調べも含めて

やっと英語を再開する気にもなった。


あぁ、

今日ビルマの僧侶時代も一緒だったんだろうな。。。と、ずっと魂の友達をやってきた友人が教えてくれた。


人間のエーテル体は1つを7人で共有しているのだと。

なるほど、納得。

どういうことかと言えば、

今の自分を含めた前世の7人で、ひとつのエーテル体だと言う事。

〜なので

今の自分以外の過去世6人が分かれば

どんな質をエーテルに持ち込んでいるのかが分かるっちゅう話だ。


ここで面白いのは

過去であって今現在も存在していると言う点である。

やはり、自分をサポートしているのは自分であったりするわけだ。


アタスの場合、

だいぶケッタイな人なので

6人以上の過去の記憶を取り戻しているが

この場合、

影響が大きいと感じる前世をカウントする格好で良いと思われる。


正成〜日本

15代聞得大王〜日本

悪魔祓い〜エジプトtoイタリア

中東の女〜

僧侶〜ビルマ

女性警察官〜ドイツ


といった具合だろうな。

宇宙の存在も居るが、エゴのエーテルでは

これはカウントしないんだろう。


それぞれがエーテルに書き込んだエゴを使って、この世物語が展開し

持ち込んだエゴがクリアになったものが

2層目のエーテルにアップロードされて

肉体が無くなった時の容れ物になるわけだ。


過去世を思い出そうが出さなかろうが

どーでもいいが

分かると、色々しっくりきて視界が広がる。


どないやって過去を知るのかって?

すでに自動的に1層目のエーテルに書き込まれているわけだから

その情報を元に、この世物語が展開している事を思えば

すでにヒントが生活のすべての中にあるのが分かる。


名前も、

生まれた場所も、

両親も、

好きな事も、

仕事も、

出会う人々も、

なにもかも全てが自分を辿るヒントになっている。


久しぶりに面白いと思えた日だった。



| ena | プロデュ−ス by サマンサ | 20:17 | comments(0) | - | -
自分だったらどうよ?

昨日の日記の最後の写真は、

この間の鞍馬寺の中の1社である。

特に寄るつもりもなく、外から眺めていたが

こんなになってまでも、しめ縄を外してもらえず

御神木として願いをかけられ続けている姿を見てるうちに、無性に可愛そうで泣けてきて

中に入って祈る事にした。


もう役割から解放されて自由になっていいと

伝えたら、軽くなった気がしたが

帰ってから、あれが一体何だったのか探索してみたら

てんとう虫だと分かった。

てんとう虫?

あぁ。。。多分「木の妖精」のようなものだと思う。


どーーりで、

鞍馬に行く2週間ほど前から、やたら

てんとう虫が現れるはずだ。

都会にてんとう虫って珍しいのに

アタクシの車に止まったり

入り口の植木の側でじっとしてたり

店の中に入ってきたり。

しかも2星。

三井寺に一緒に行った友人の所にも2星が来てたと昨日聞いてびっくりしたが、

たまたま貴ちゃんが撮っていた

お社の私の後ろに見えるマークが、まるで2星てんとう虫のようで

これまたビビる。


世の中、ちゃんとしているわよね。。。


しかし、

神社の御神木っつーーーー信仰は

どうにかならんのかっっっっ?!

お前が縄で縛られたらどない思うねんっ!

ほんで、

色んな重たい思いかけられてみろやっっ!

お前も嫌やろがっっっっ!!!!!

と、

こんな虐待をする神道が、ほとほと嫌になる。

しかも、ここ最近は

観光客集め、金集めのためのパワースポットとか言う名を付けたりする。

もう、いい加減にしろっ。


森の精霊達の疲弊っぷりを感じてみろっっ!

いつぞ行った屋久島の苔や樹木もヒドイ事になっていた。


見えないものを信じないくせに

木や社には願いをかける人間とかいう生き物の生態の理解には苦しむ。


樹も、石も、風も、光も

みんな波動という感情を有する者たちだと知っていただきたいものだ。


自分と同じだと感じた時

どのようにお付き合いすべきか?

是非とも考えてみて欲しい。

死にかけの大木にまだ仕事をさせたいですか???



| ena | プロデュ−ス by サマンサ | 00:12 | comments(0) | - | -
辿る。

この間の養老孟司さんの話題よろしく

人間という「生命体」を「同じ」ものとするのも、グローバリゼーションが作り出した一面ではないだろうか?


健康診断の結果を、標準値の中で判断する事しかり、1日の摂取カロリーの提案しかり

個体差という個性の繁栄がなされないのは

非常にけったいな話しだと思うのは

アタスだけだろうか?


常に、生命維持のために働いている体は

時に細菌と戦い

時に余剰物を溶かし

時に骨を成長させたり諸々

あらゆる活動をしている。

その活動において、ゴミも出れば

熱も出れば、一日だって「同じ」という事がおかしなくらいだ。

しかも、

身長や体重、熱量に呼吸回数云々

クローンでもない限り、それぞれまったく違う個体なのに

何故に「同じ」枠の中で測れるのか?

もはや怪現象である。


しかし、

世の中が提示する数値にとらわれる人々は少なくない。

そんな場面に遭遇すると

時折イジワルな質問をしたくなる。


「人間は何によって動いているのですか?」と。


そうすると「心臓が動いて」と答えてくださったり、「血流によって。。。」と答えてくださったりする。


「では、心臓は何によって動いているのですか?」と問う。

「電池も入っていないのに、人間の心臓を動かすものは何ですか?」と。


だいたいこの辺で「なんでやろう?」

「不思議やね。。。」となる。


もう一歩進んで「神経」と答えてくださる方もいらっしゃる。

そう、まさに自律(自立)した神経によって

勝手に心臓は動いている。

心臓は胸椎4番の神経に繋がっている。


脊椎の中を通る神経を司っているのは間脳部分であるが

この神経を動かすエネルギー(振動)は

宇宙から、第三脳室のコーザル体が受け取って電気にして流してくれている。


自律神経を太陽神経叢と呼ぶように

まさに生命は太陽のソーラーシステムによって育まれている。

目には見えないエネルギーの振動をコーザル体がキャッチして

電気が神経を通して流れていく。


神の経(みち)とは、よく出来た名前だ。


2020年から始まった、太陽のアセンションは

100年ほどかかって完成する。

アセンション?

そーねー。。。分かりやすく言えば

3Gから5Gになるような

ガラケーからスマホになるような

そんな感じだろうか?


この振動エネルギーを受け取る方も

機能をアップグレードさせなければ対応出来ない。

アップグレード中に起こるのが炎症のため

電気システム(神経系統)がショートしないように、炎症を冷やしてコントロールする必要がある。


骨格の歪み、筋肉の緊張、重金属や添加物等化学物質も、電気システム(神経系統)が

スムーズにいかない要素になるので

やはり整えたりデトックスの手入れが必要だろう。


太陽の自律神経であるコロナが

大小の爆発を繰り返すとき

やはり、私たち生命体も影響を受けるため

数値では計り知れない生命(いのち)の不思議があるのだ。


毎日、瞬間、違う事が普通で

違う事が当たり前で

違う事が宇宙だと知って欲しいものだ。。。




| ena | プロデュ−ス by サマンサ | 17:41 | comments(0) | - | -
ハーモニー

司会業を営んでおられるお客様が、いつも気遣ってくださる。

「エナミンも、毎日毎回お客さんとコロナの話疲れへん?」と。


エナミンの場合、

まずもってテレビやラジオでコロナ関連の情報をダダ漏れで取り入れることはやらないし

自分の知りたい事だけ

自分から積極的にアクセスした先でしか

調べ物はしないので

お客様がされるテレビ等々の情報は

案外知らないのだ。


題名だけ知っていて、深く内容は知らん。

といった事がほとんどなので

その方にも

「〜なので、教えてもらうばかりなので

飽きませんよーー」と応えた。


あぁ、

この間もお客さんが新型コロナの治療薬とかいうアビガンの飲み方知ってる?と

おせーてくれてびっくらこいたが

1日40錠飲むんやってねーーーー。

「そんなもん薬で殺されるやーん!」と言っていたら

石田純一さんがアビガンの副作用で

今もって入院中だとか。。。


〜抜粋〜

アビガンの副作用で血管が詰まりやすくなるので、サラサラになる薬を処方してもらっています。脳溢血(いっけつ)や脳梗塞(こうそく)になりかねないので慎重に治療をしています」と説明。


ムッサ怖いわぁあぁ。。。

サラサラにする薬て。。。

副作用の果てがまた薬。。。

怖っわあぁあぁ〜。。。

ほな怪我したら血止まらんから今度出血多量に要注意やんか。

ほなまた血固める薬飲むん???

完璧に生きる力を無視した治療とか呼ばれる行為の成れの果てやわなぁ。。。


ん。

しゃーない。

それもまた意味のあるコトなのだろうて。


世間一般的には死ぬ事が悪だろうし

長生きこそ善って事になっているのだろうが

あいにく、

アタクシたち人間種のみが使ってる地球でも宇宙でもないわけで

植物、微生物、動物、昆虫、宇宙の異星人諸々

また、地球が含まれる銀河の中の惑星や

他の銀河との兼ね合い云々

全体のハーモニーっちゅうのがあるわけで。


ピアノとか分かりやすいっすかね〜

物凄い数のパーツを使って作っているわけですが、やはり組み立てただけでは

良き音色は出ないわけでして

最後に調律師さんが全音の調節とバランスを整えて、はじめて素晴らしい音階が奏でられるわけだ。


この宇宙も地球も同じ。

全体のハーモニーの中にアタクシ達も居るわけだ。

それぞれが、その時奏でる担当の音がある。

それが波動でありエネルギーであって

速かったり遅かったり、それ次第で

見えたり見えなかったりするわけだ。


〜ってことは

肉体が無くなっても、居なくなるわけではなく、水が氷や湯気に熱量によって変化するように

エネルギーの質が変わるだけなのだ。

そのエネルギーの調節にアタクシたちの

人生って呼ぶ物語を使ってるっちゅうこっちゃわな。


〜追記〜

ここ最近、ピアニストの辻井さんの演奏を動画でよく見ていたのだけれど

あの方凄いわね〜

何って、指が素晴らしく美しい。

どちらが利き手なのかもわからんぐらい

しかも超絶早く動かせる上に

ミスタッチ無し。。。

右脳と左脳の隔たりがない人なのだろう。

アタクシも、13年ほどピアノを習っていたはずだけど

今となっては全く弾ける気がしない。。。

ありゃ幻だったんだろうな。

あのままピアノやってたら、速読せんでもええぐらいのルル(奴隷)に仕上がっていたかしらねぇ???


とりあえず今 速読を終えて、以前の3倍で本が読めるようになっていて

読みたい本がいっぱいある今、大いに助かる能力となった。



最新作


| ena | プロデュ−ス by サマンサ | 09:29 | comments(0) | - | -
迷子の迷子の〜

いつも良くしてくださるNさんの旦那さんが

迷子になって帰って来られなくなる夢をよく見ると聞いて

「は、はぁ〜ん。。。

なるほど。長きに渡る奴隷生活の果てに

星に還れず迷子になったままになっているんだねぇ。。。」と直感した。


輪廻転生とはよく言うが

ルル(奴隷)ちゃんのまんま、魂なる自分の本来の姿に気がつかず死んでしまった場合

輪廻はオートマチックに起こってしまう。

もちろん、

輪廻できる光に到達出来ずにいる場合は

論外である。

誰ぞに、とりあえず輪廻でやり直す機会でも貰わない限り

ずぅーーーーっと、そこにとどまる事になるわけだが。。。


人間(ルル)が目覚めない大きな闇は

「死」である。

魂的に言えば、

「死」は無いし、ハッキリ言って「生まれる」事も無い。

ルルをルルたらしめたるトラップなのだが

なかなか、この罠から逃げられないでいる。


がぁ〜、、、

これもまた幻想で

もうすでにこのトラップは解除が終わっているので、無いのだ。

が、

人々が想念によって勝手に創り出して

勝手に捕まっているという

やはりココでもSなんだかMなんだか

よくわからん事になっていて

ハムスターがおもちゃの車輪の中で永遠と空回りしているような様子が浮かぶ。。。


アタクシ達が本来戻る場所は

惑星ではなく恒星界である。

ライオンキングで「星になって歴代の王達がお前を見守っている」と

シンバの父ちゃんがシンバに語るシーンがあるが

ま、

王じゃなくても星に戻るし

っつーーーーか、星に戻れば王とか関係ないし。

やし、

星になるっつーーーーか、星に帰還するだけやし。

と、

ミュージカルのワンシーンに本気で突っ込むアタスもだいぶ頭がおかしいのだろう。

とにかく、

帰るのは、あくまでも星である。

星に還ってはじめて、自分の意志で

どこで生活するのか?を選択することが出来る自由が訪れる。

もちろん、アタスはもう二度と肉体を持って地球には戻りたくないが。。。

だからこそ

星に還るための光(波動)を搭載するために

日夜、生活を通して学んでいるわけだ。


魂の存在に気がつかない

もしくは、信じない、信じたくない云々

魂を既読スルーし続けるかぎり

迷子になったままになる。


とは言え、

それが悪いってわけでもないので

なんとも言えんが

それに気が付いているルルからすれば

非常にモドカシイと感じるのも事実で

なんとかしてあげたくもなるってもんだが

なんとかしてあげる事が出来るとすれば

明るく軽い光の波動を持って

今ここに居る事のみ。


自分を整える事が

誰かの足元を照らす光になる事を信じて。

1人でも多くの迷子の家が見つかりますように。。。と。




| ena | プロデュ−ス by サマンサ | 20:51 | comments(0) | - | -
ルルの起源

アタス達ルル(奴隷)の歴史は、右脳と左脳が分けられた事から始まっている。。。


さて、

昨日たまたま見かけた動画が

5Gの電波塔を設置する技術者さんの投稿だった。

ま、アップしてもアップしても消されるって言うてはるから

世に出てもらっては困る案件なのだろう。

アメリカの方だったと思われるが

700万円の給与ダウンになってしまったが、

職を変えたそうだ。


自分の関わっていた事で

大勢の人々が亡くなった事のショックと

知っていながら、もう自分に嘘をついている事が出来なくなったと

苦しそうに語っておられた。


アタスも、Noaをやるまでに働いていた時に

同じような気持ちを体験しているので

彼の苦しみには共感出来る。


美容院で使われる薬品が

シャンプーやリンスに至るまで、どれも人体にとって危険であり

長い時間をかけて、生命体のエネルギーを低下させ

自然環境を崩壊させていく等々、どの方向にも救いがなく

その上、自分自身の心と体の健康も害していく、この美容という仕事は

いったいなんなんだっっっ?!

と、Noaが完成するまで ずいぶんお客様にも

自分自身にも嘘をついていたあの頃は

毎日泣いていたのを覚えている。


今、この世には「情報」が溢れてかえっている。

テレビ、ラジオ、映画、音楽、本にインターネット。

にもかかわらず、結局

テレビから流れる事が真実になっていく謎はなんだろう???


タダほど怖いものは無いと言うが

無料のニュースの中にいったいどれほど本当があるのだろう?


マスコミがいったいどの企業に組み込まれているのかを知れば

意識を誘導させたり、歴史を歪めたり

そんな事は朝メシ前だと思うが。。。


といったような事に気がついていくには

やはりルルの起源をいじらねばなるまい。


右脳と左脳を繋いでいく作業こそ

まさに奴隷解放運動だろう。

手始めに?


糸掛曼荼羅サークル発足させたのよっっ。

お作品が完成したらまた見たってや〜




| ena | プロデュ−ス by サマンサ | 09:52 | comments(0) | - | -
ゲリラ売り@お彼岸

養生菓子処もちねこの、いくちゃんから

お彼岸やし「おはぎ」どう?と提案があって

そうする事が決まった。



美味しゅうございました。

フリーランスで仕事をする人間にとって

今の状態は影響が大きい職種もある。

しかし、

これまでに どんなコミニュケーションを築いてきたのか?によって

世間が大変でも、巻き込まれる事のない

淡々と流れる世界も存在するわけでして。


カオス(混沌)。。。アタスは練り水飴の世界と表現したいが

このクチャっとした世界から新しく何が創造されていくのか?

楽しみで仕方がない。


コロナは、その者の波動に応じて働いているに過ぎない。

自分勝手、気まま。。。と自分を大切にする、自分で自分の面倒をみるのとでは

まったく違う。

人を変える事で自分の意のままにするのではなく、

やるべき事のベクトルの向きは全て自分。

自分の立ち位置をジャンジャン変えて

自由を獲得していく事がコロナと喧嘩しない波動獲得への道である。


朝の機嫌の悪さを

ホルモンの不安定さを

思い通りに行かなかったイライラ。。。知らん。

テメーの問題である。


起こってくる出来事のすべてに意味があるとしたら、それって立ち位置を変えて物事を捉え、古びた価値観から自由になっていく為の

有り難いサポートなのかもしれない。


自分の心とコミニュケーションしているだろうか?

世間一般の価値観で判断していないだろうか?

ウラオモテのない、在るが儘の自分(カオス)で

自分自身とも、周りともコミニュケーションする時

戦いはなくなる。

自分との戦いが無くなるって事は

周りとの戦いも無くなるって事だ。

ひいては、世間から戦いが無くなるって事だ。


人は、相手の誤りを見つける事が上手い。。。が、それをする限り戦争はなくならない。

そんな

自分自身のお手入れグッズの1つに

どーぞ、いくちゃんの愛情たっぷり美味しい美味しいお菓子を是非。


世界平和への近道なのだ。


| ena | プロデュ−ス by サマンサ | 21:55 | comments(0) | - | -
露呈 融合 節制 正義

タロットを教えてくれてる友人が

今年は去年の「露呈」から、さらに拍車がかかって「露呈」するから〜と言っていたが

いやぁ〜ホンマにおもろい。


ありとあらゆる部分に光が入って

隠せないのが面白い。

事に、

一見良い人そ〜な人。。。とかぁ

善人ぶってる人。。。とかぁ

常識をふりかざす人とか、

腹の中が分かりやすく出てきて、もはや隠せないが、本人は気付けないようだし

まだ隠せていると思っているようですが

個人レベルから政府、世界レベルでも

じゃんじゃんウラオモテ無しの自由の時代に突入している。


「おもてなし」とやらは、本来そーゆー事なんちゃうん?

何の謀もなく

心からもてなしたいの思いで接する事。

もちろん、見える世界の人々へも

見えない領域の「神」と呼ばれる存在にも同じようにウラオモテ無し。


特異体質のエナミンは

3次元の世界だけで判断しない嗅覚によって

その辺りを見分けるのが得意だけれど

そんな特殊な体質でなくっても

誰でもが分かるように闇が表立って出ている。


まさに表裏を全部出し切ってカオスを作ったところからの〜節制は

宇宙のダイナミックな働きの特徴である。

節制を友人の解説を引用するなら「バランス」


ぐちゃっとしたカオス(混沌)の世界から

新しい価値感が生まれて機能していく

この大きなうねりを

目に見えないウィルスがやってのけるのが凄い、、、っていうか

目に見えるものにはなし得ない働きかけなのだろう。


ここのところ側に居てやる不動明王が

「融合せ〜節制せ〜融合せ〜節制せ〜」と

熱い。

この間も書いたように「28」は不動明王の縁日であるが

まさに「8」はタロットで言えば「正義」のカードで、まるで不動明王である。

彼の言うところの「正義」とは

もちろん「宇宙の正義」である。

陰陽(2)節制させて宇宙の正義(宇宙の普通)のエネルギーを

この世で強めたいらしい。。。っちゅうか

それが宇宙の正義ってやつなのだろう。


融合させて節制と言うとりますが

融合にはコミニュケーションを使うような事を言いたいらしい。


ま、the慈愛の不動明王のエネルギーを

言葉にするのは難しい。

簡単なひとことの中に、ギューギューに色んな事を含んでいるため

薄っぺらくもなれば軽くもなりやすい。

簡単とも言えるが、一筋縄では伝えられない

難解さもあり、まさに全てを内包する神

カオスなのだろう。


はてさて。。。

まだまだ続く露呈。

どうなりますことやら。。。


〜カオスを融合〜




| ena | プロデュ−ス by サマンサ | 18:22 | comments(0) | - | -