アップデート

先だって書いたエーテル体。

私たち人間が宇宙の縮小版で、さらに

地球の縮小版なら

当然、地球にも宇宙にもエーテルが存在する事になる。


確かに、

今回の地球の物語は8回目なので

7つの地球に持ち込まれたエーテルの統合が完了したのだろう。


で、「8」の宇宙の扉が開いて

新しいエネルギー活動の元、創造が続いている。


人間で考えた時、

前回アップデートされた情報(前世)に基づいて

今回の人生物語が創造されているので

ニュータイプの地球と共に生きるなら

自分が持ち込んだエーテルが作り出す人生を通じて

あらゆる体験を経て、

自分自身の葛藤を統合させ、エーテル体をアップデートさせていく事になる。


持ち込まれた葛藤全てを笑いと感謝に変えられた時、統合が終わる。


相手を変える事に必死にならなくても

相手を攻めなくても

社会に文句を言わなくても

ただ、

自分の内側だけを見つめていればいいのだ。


近頃、

ブッダが色々言うのに耳を傾ける機会があるが、

昨日もオモロイ事言うとった。


〜コウロギに当たるようなもんだ。

そう当たるもんじゃない。

貴重で滅多ない奇跡である。

この「豊かさ」を味わう〜


要は、

歩いてて、そうそうコウロギにぶつかる事ってないだろう?

それぐらいこの人生は奇跡なのだから

この豊かな体験を味わえって事らしい。


「味わう」ってのは

この間からブッダが伝えたいテーマらしい。


人間的価値観からすれば悲しい出来事も

辛い事も、大変さも苦労もみな

楽しさや喜びの体験と同じように

奇跡なのだから

それをこの人生を通じて味わって欲しいらしい。

もちろん、

彼の場合、強制もしないし

ただそんな波動を送ってよこすだけなのだけれど、深い慈愛から

そんな事を伝えたくなるのだろう。


きっと、ブッダが肉体を持って地球に存在した時 経験した事から得た宇宙にアップデートされた情報なのだろう。

相変わらず、

アタスには神なるものはよく分からない。

「神」と呼ばれたんだろうな、と思う存在については思い当たる節があるが

ブッダであろうが

キリストであろうが、ミカエルもモーゼも

ゼウスもエネルギー的存在なのであって

私たちとなんら変わらない。


水が、水道水、湧水、霧、氷、湯気、雨へと

エネルギー活動によって

形や用途が違うのと同じである。

誰が特別でも、何が特別でもなく

ただただエネルギー活動があるのみなのだ。

他人事に首を突っ込むより、自分の事を大事にしていれば

それはイコール宇宙にアップデートされて

自分と同じように相手も活性化するのだ。


さて、

今生持ち込んできた情報によって創られた人生物語から、何を学んで何を得たあなただろう?

ニュータイプの地球と共存するにあたって

アップデートは出来ましたか?


ま、出来てなくても

それもまた良し。。。か。





| ena | 分類しにくい | 09:12 | comments(0) | - | -
さすがニッポン1っっ!

舐めてたわぁあぁ〜。。。

琵琶湖の大きさ。

広いねぇえぇ〜。。。


その日は

琵琶湖湖北にある無人の島「竹生島」に向かう日だった。


アタスは湖西高島の今津港から

友人は湖東長浜の長浜港からそれぞれ乗船し

竹生島で集合の予定。


大阪から約2時間で到着すると見込んで

大幅に時間の余裕をもって出かけたのに

何故かナビの到着予定時刻が減らない。。。


そうこうしているうちに、

湖東三山とか彦根とかいう表示。。。

はっっ?!これはまさかの湖東に向かってるんじゃないのかっ?!アタス!


そして完全に乗るはずだった船の時刻に間に合わない。。。なら、長浜から乗るほうが

いいな!と踏んで

長浜ICを降りて長浜港に着いたら

なんと、長浜から乗るはずだった友人が

今津に変更したとの連絡。。。


はぁあぁ。。。

結局、お互いクロスしてしまったのだねぇ。。。

ま、

こうなる必要があっての事だろうからエエけど。

不思議なシンクロに笑ってしまった。


竹生島?

もちろん光のボランティア活動の

もはや何幕目か分からないが

ラストスパートである弁財天との縁にて行く事になったわけだが

竹生島は島全体が花崗岩で出来た島で

竹生島の反対側の場所に落ちた火球が

何百万年もかけて地球のマントルを抜けて出てきたものだとも言われている。


ま、

確かに、地底のシリウスへと繋がるゲートだったので、そんな成り立ちの島なのかもしれない。


琵琶湖のおかげで、ベタベタしない爽やかな風が吹く湖州は、ドライブ日和だった。。。

が、

むっさ遠いわねぇ。。。

湖北周りで長浜から白髭神社って。

境目案内人猿田彦に

明日の天河も案内してもらう必要があったから立ち寄ったけど

このエリアに継体天皇の家系の古墳でもあるんじゃないかしら?

良い山なのに、どこか寂しさと侘びしのある所だったが

ここに呼ばれたような気がした。


結局、朝から琵琶湖を一周するように走った事になるわけだ。

立て続けに天河まで行かねばならないが

行けるのか?!アタスっっっ!


とりあえず天河で一段落するはずであろう光のボランティア活動。

ガンバって行こー。。。と自分で自分を励ましておいた。


しかし、

琵琶湖って広いっっっ。

淡路島がすっぽり入るっっっちゅうんやから

そら広いわな。

あない広いとは、舐めとったわ。

さすが日本1の湖。


福井と同じように継体天皇と繋がりもあれば

明智光秀とも所縁を持つ琵琶湖。


浅井長政や、長浜、姉川、織田信長云々

少々詳しくなってしまった。

ま、ホントの事が得てして表にはならないものだが。。。


今回のボランティアは活動は

とても大きなエネルギー活動なようで

朝から龍や鳳凰が

先に竹生島に飛んで行っていたようだ。

もちろん、アタスより近道で

琵琶湖の上飛んどった。


えーねー

お宅ら飛べるから便利で。


はてさて、この一連の物語をいかに書くか

難しい所である。

天河を混じえて、まとめられるといいのだが。。。




| ena | 分類しにくい | 13:19 | comments(0) | - | -
course and effect

え〜〜〜物事なんでも因果の法則っちゅうのが働いているわけでして。。。


先だっての「澱み」についていえば

お客さんのご主人が年末にお亡くなりになったのですね、肺炎で。

しかも、

熱なし咳なしの症状ゼロ。

急に肺炎になって急に亡くなったように

一見みえる。

が、

奥さまであるお客さん曰く、

亡くなる3週間前の骨折から始まったと思う。。。と話してくださった。


利き手の骨折によって取り付けられたギプス。

食事も排泄も着替えも、風呂だって1人では困難な状態。

活動的にはよもやなれない中、当然

動かないんだから食事も美味しくない。

お風呂でゆっくり温める事も、汗をかくことも叶わず、安静を余儀なくされる。


こんな生活が「澱み」を生むようだ。

毒っ気が体から抜けない。

当然、免疫力は落ちる一方。

肺炎になっても熱すら出せないほど

衰弱してしまった体。。。といった具合だろうか。


よく、

年いったら転けたらあかんっちゅうのは

「澱み」を生むからなのだろう。


って事は、

痛かろーが、動くコトが重要なのだろう。


そう言えば、落馬して腰骨を骨折したけど

翌日にはベットから起き上がって動く練習を始めて云々というオッさんの話を

何処かで聞いた事があったが

当時、

なんちゅう無理なことを。。。と思ったが

今となっては、アレが正解だったんだねぇ〜と分かる。


あ、少々脱線致しましたが、

そうなるには、そうなる理由「因果」があるわけだ。


例えば、

奥さんに捨てられた挙句、子供も電化製品一切合切持っていかれた男の話や

お金を取られてしまったというような話等々

悲しみに満ち溢れた、可愛そうに見える物語(人生)であっても

必ず、それがそうなる理由っつーのがある。


投げたエネルギーが返ってくるのが

この世界ってやつらしい。


そのエネルギーが形になって

人生という物語、或いは「出来事」となって現れてくる。

わけもなく、物事が起こっているわけではない。

course and effect 


〜とは言え、

それすらも、自分の思いのままに出来る事をお忘れなく。

すべての創造は、自分が創り出した「因果」である。


〜籠を編んでみたいなぁ。。。と思っていたら、籠入りお菓子の差し入れ。。

因果じゃぁ〜:(;゙゚'ω゚'):



| ena | 分類しにくい | 16:53 | comments(0) | - | -
菅原道真くん

NHKで菅原道真を取り上げた番組をやっていた。


一連の天満宮事件において

菅原道真公が、こだわりの強い人物であったということと、大阪天満宮を愛していたのは分かっていたが

現代に残っている道真公の生活や人格が

どんなものなのかが気になった。


予想通り、幼少の頃から随分な秀才だったようだ。

そもそも学者の家庭に生まれ

あらゆる分野の学問に明るかったようだ。


出世街道まっしぐら!と思いきや、道半ばで

香川県に国史として派遣される。

本人は当初、降格したと がっくりするものの

村のあらゆる人々の生活振りを見て回り

自分が何も知らずにいた事を驚いてしまう。


日照りに長雨、、、

税金を納めるどころか、日々の暮らしにすら困窮する村人達。


そんな天候や諸々の事情が分からず

単に税金を取り立てる政治に

理不尽さを感じた道真公だったそうだ。


このままでは、ドンドン人々が亡くなり

税金どころの話ではなくなる。

これをどうすれば打開出来るか?と考えた道真公は、

漢文を作って、都に送る事を決意して

来る日も来る日も、

今の庶民の暮らしについて、

理不尽な政治について

漢文の中に皮肉と願いを込めながら

出来上がっては都に送ることを繰り返したという。


漢学のプロフェッショナルでもあった道真公のしたためる漢文には

上役達も唸る他なかったらしい。


宇多天皇に至っては

理不尽を怖れずまっすぐについてくれる

道真が有り難いとまで言っていたそうな。


なるほど、

偏りのない強さがあった人だったのだろう。

人とはこうあるべき、

政治とはこうあるべき、

国とはこうあるべき、と

やはりこだわりの強い人だったように感じる。


上役に忖度したり、擦り寄って出世を目論む人ではなく

公平に、おかしい事はおかしいと

声をあげられる人だったようだ。


忖度とかいう言葉が流行って久しいが

自分の思った事、感じた事を

素直に表現する事が出来ないでいる人々が

今とても多いのではないだろうか?


あまりにも人の事ばかり考えてみたり

自分の投げた言葉に対して、どんな言葉が返ってくるのかを怖がってみたり

こんな事を言って、どう思われるだろうか?と、そんな事を気にするあまり

言いたい事を抑えこんで

自分らしさを失ってはいないだろうか?


諦めたり

流されたり

どうでもよくなってしまってはいないだろうか?

魂を売り渡してはいないだろうか???


天満宮事件勃発の背景には

道真公からの、こんな呼びかけもあったのかもしれない。


なんとも、

見えない世界の仕掛けは何重にもなっていて

奥が深い。


ま、

道真君には、色々忙しくさせて頂いたけれども、学ぶべき事も実りも大きかったわ。

やはり、天満宮はポイントだわね。


あ、

ちなみに彼は大宰府天満宮には

一切執着ないから。

そもそも行きたくもない流刑された場所やしね。

そらそーだ。

あと、

北野天満宮。

これに至っては、道真君の怨霊が怖いとかで

災い封じのために作られた神社だから。

道真君に安らかな祈りを捧げるならともかく

願いをかけるなんて

意味がわからん行為である。


その他、天満宮は山盛りありますが

ま、学問の神さま集金の場ですな。


そろそろ神社とは何なのか?を考えようね。


ではでは。

| ena | 分類しにくい | 18:12 | comments(0) | - | -
ムズムズ
確定申告も、あと半分ぐらい。
気がつけば新聞も書いていない。
実家へ帰っていない間に
シロツメクサ(韓国の昼ドラのようなやつ)も終わり、録画が溜まっている。
とは言え、
いくちゃんの誕生日プレゼントやら
田舎へ引っ越すお客さんへの
プレゼントはレザーで作ったりしているし、
博多の友人を連れて
三十三間堂と六波羅蜜寺にも行ってきた。
なんだなんだ
忙しいんだか暇なんだか。。。

虫がムズムズと動き出すのと
人間も同じなのだろうねぇ。

なんともなしにジッとはしていられない季節というか。

この頃に生える髪の毛も
少々癖が強いように感じる。
ふわっと広がりやすいような
そんな感じ。

アタクシも
気がつけば頭が倍ほどデカくなっていたので、また刈り上げてしまったわっっ!

一応伸ばしている方向なのよっっ!!
気づいてはもらえんだろうが。

ここのところ
短くても、長くても
パーマをかける人が多い。
動きがあるって可愛いもんね〜
博多の友人も
くるっくるっで帰って行ったが
手入れも楽なのよね、くるっくるって。

近所の友達も
パーマがかかりにくいのもあって
最初はくるっくるっにする。
その後、
パーマがとれながら
髪が伸びていく経年劣化を楽しむといったオモロイ事をやっている。


完璧な春と言えるには
もう少々の暇がかかりそうではあるが
このムズムズもまた
楽しみたいものですな。
| ena | 分類しにくい | 10:09 | comments(0) | - | -
建国記念の日
クリスマスのチキン、ケーキ、サンタクロース云々を調べてみたりが続き
この度、
建国記念の日って何よ?が気になって調べてみた。

日本とは、
相変わらず不思議な国である。
建国記念の日っちゅうのも
実在するかどうかもわからん
神武天皇が建国しただかなんだかの日〜なんて事になっている。

神話を暦にしているのだからスゴイ。
ま、
ギリシャもよー似たもんか。

日本書紀だ古事記の世界は「あり」で
「オバケ」や「UFO」「宇宙人」は「無し」だとする日本人の思考がよく分からない。

アタスの中では、ふつ〜逆やろっっ!と
ツッコミたい気分でいっぱいである。


紀元前660年旧暦1月1日神武天皇統制の世が始まったそうだ。

この間も天皇制の下りで書いたが
この作られた歴史物語から
是非とも色々考え、内観する機会へと
転じていただきたいものだ。

ふつーに考えて
地球が出来上がった当初
原始の森で暮らす人々がおったやろーし
ふつーに考えて
野蛮だと表記されてしまっている蝦夷や熊襲を「統制」っちゅう事は、
戦いによって、いっぱい殺し〜の
脅し〜の、奴隷にし〜のがあっただろうよ。

しかも
それによって出来上がったこの世は
今も戦いが絶えず、
日々の暮らしに困窮する人々から
税金をせしめ、お金を湯水のごとく使い
贅沢三昧暮らす公の人々がいると言うのに
その始まりの建国とか言う日を尊び
ありがたがれとは
一体全体ど〜ゆ〜事なのか
まったく理解出来ない。

ま、
どっちみち、アタスの仕事には
祭日もなにも関係ないけど
いちいち日付けに名前が付けられている事が気に入らんわ。

ただただ、揺らぎがあるのみの宇宙に置いて、すべては物語である。
| ena | 分類しにくい | 22:28 | comments(0) | - | -
エネルギー的内観
イスラエルの美術館やったかな?
マクドナルドのキャラクターが十字架にかかっているアート作品を展示して
暴動が起こっているのは。

他にも
キリストに買い物袋を持たせたり
バービーが十字架にかかっていたりするとかしないとか。


なんだかエライ事になってるらしいが
そもそも、
キリストが血を出して十字架にかかっているものに祈る様子だって
オカルトじみた、いい加減おかしな話である。

アタスがキリストの親族だったら
頼むからやめたって。とお願いすると思う。

痛々しくて、かわいそう過ぎる。
十字は、
オメガであり陰陽であり、エネルギーを現しているんじゃないのか?
元々は。
なんでそこにキリストが必要なのか
意味が分からん。

科学的根拠が〜。。。とウルサイ人々のために一応前置きするが
糸電話から声が聞こえてくるように
音は振動である。
振動って事はそこにエネルギー(熱量)があるっちゅう事である。

これが分からないor信じられない
と言う人は、
どうぞこのページは閉じてくだされ。
そこまでお付き合いしていられない。

もとい。 音が振動であるように、
型にもエネルギー(振動)は宿り
数にもエネルギー(振動)がある。

12月18日に三輪山へ行った日
ご一緒したMさんの
波動測定による 個人が所有するオリジナルナンバーは「18」だった。

昨日のタロットを一緒に勉強しているお客さんのOさんも
オリジナルナンバーが「18」だと言い
魂友Cちゃんの誕生日も「18」日である。

「18」は「観音」の縁日。
音(エネルギー)を心で観る(感じる)のが
「観音」

また別の魂友Mちゃんとの縁で 2月、なんの因果か伊勢に行く事になってしまったが
ここにも数が導く道がある。

他にも 車に乗っていて面白いのがナンバープレート。
40分ほどの間に、いったい何台「8888」「7777」「5555」「9999」を見かけるのだっっっっ?!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
っちゅうぐらい
ゾロ目ナンバーがやってくる。

エネルギーってやつは
こうして あらゆるモノに乗ってやって来て
また、そこらじゅうで、あらゆるモノを使ってアピールしてくる。

言葉、
数、
色、
形、
音諸々。

その漠然としたエネルギーから何を感じるのか?
それが「観音」であり「内観」である。

感じる事をさせない
見たままの世界を全てとする
十字架にかかるシンボルのキリスト。

火水(神)なるエネルギーは
あくまでも熱量(エネルギー)であって
誰かが作り上げた「像」ではない。

イスラエルの人々が
何を意図してそんなアート展をやっているのかは知らないが
ある意味、啓発を促す行為でもあると感じる。

神道も仏教も
キリストもユダヤもイスラム
ヒンズーに儒教云々。。。
勝手に自分1人で祈っている事に問題はないが
それを持ち出して戦い
洗脳し、搾取するのはお門違いである。

宗教とお金の仕組み
宗教と社会的価値観
宗教と戦争

人が生きていくのに
これはいったい必要なのか?

疑わしいものだ。。。( ̄ー ̄)
| ena | 分類しにくい | 16:40 | comments(0) | - | -
闇のプレアデス
精神世界の勉強会だ〜
ワークショップ、神道やら多数宗教でもよく言われるだろうか?

人には使命があると。

使命ねぇ。。。
エネルギー担当分野の事をそう呼ぶならまだ分かるけど
ありがちなのは
「ねばならない」とか
「すべき」とかで洗脳じゃないのか?と思えるような話しにしてしまう事。

「人はこうあるべき」
「自身の魂の使命に基づいて」とか
「自分の過去に取り組まなければならない」とか。

一見すると、至極常識的で
そうだそうだ!と賛同してしまいたくなるような言い方が使われたりしている。

このような働きは
自由になりましょう!と言いながら
またしても新しい枠の中に閉じ込めてしまう行為だと知ってほしいものだ。

人とはこうあるべき、そうあるべき云々
いったいどうあるべきで
その回答は誰が出して
誰がOKを出すのよ?????

考えてもみてほしい。
神(火水)なるエネルギーがそんな事言うかね?
神が愛する子供達を良い悪いと裁くかね?

親なら、
愛する子供達がそこに居るだけで十分幸せなんじゃないんすかね?

まーえーわ。
100歩譲って、神なるものがそない言うたとして、ほな神って人間なん?
人間なんやったら
神なるものにもエゴがあって、価値判断の基準を持っていて
神なる価値観に基づいて良い悪いの判断をするって事だね?!

よっしゃ、ほな神って誰?!
おせーーーて欲しい。
紹介してちょーだい。


あのね、
アタス達 生命体の命の源であるエネルギーは、単にエネルギーなのよ。
元気の源って言うでしょ?
元の気って。
元気が人を裁くかね?
元気が価値観をもってるかね?
元気がエゴを前に出しますか?


もーーさーーーー
いい加減に気付いてよねぇ。。。

神を擬人化する働きは
プレアデスの闇の働きの関与が疑わしい。

さも良さげで、さも正しげで
人々を救うようで闇に留め依存を生む働き。

気をつけてね〜
けっこう絡め取られる人々が多いはずだからぁ。
っていうか
もうすでに絡め取られてる人々が多いんでねぇ。。。
そういった場合、、、、、
ま、
仕方がない。
本人が洗脳から覚めるのを祈ろう!

各星々の統合が、この地球で行われているので、色んな闇だ光だのエネルギーが
入れ替わり立ち替わり現れてくるが
神なるものの働きの本質を掴んでいてくだされ。
それしか言いようがないわ。

イイですか?
幸運を祈りますっっっっ(`_´)ゞ!
| ena | 分類しにくい | 22:25 | comments(0) | - | -
世界にひとつだけの花
その昔、マッキーこと槇原敬之さんが好きだったエナミン。

今は、銀河鉄道999の作者ともめた事件から、マッキーに「は?」と思ってしまったため、好きなアーティストは?と聞かれれば、BIGINとウルフルズのみとなってしまったが
マッキーの作った世界にひとつだけの花は、相変わらず素晴らしいな。と思う。

それぞれに違う種を持って生まれたのだから、そんな中で1番になりたがるとか
比べるとか、そもそも無理やしナンセンスやし。
そんなことより、1人1人が自分の種から花を咲かせる事だけに一生懸命になればいい。。。っちゅうね。


誰かに認められたい人が山盛りやからねぇ。。。この世のは。

自己承認能力の低い人がてんこ盛り存在しているわけで、誰かかんかのエネルギーを食いまくってる人喰い人種だと
アタシャ言いたい。

承認は誰かにしてもらうわけではなく
自分自身でするものなのに。
その自己承認能力の低さも
生まれ育った環境のせいにする人々も多い。

確かにそりゃそうだ。
いちばんアカンやつは、親が嘘つき。
これがまた簡単に嘘つくから〜大人って。
分かりやすいのは年齢詐称ね。

そんな些細な事で。。。と
大人という人間はそう言うが
これは、この世に生まれ来て、自分を守ってくれる唯一の存在からの裏切りなのよ。

信頼出来る存在を失って不安になるのよねぇ子供って。

で、そんな親に限って
「嘘をついてはいけませんっっ!」って言うのよねぇ〜って
昨日もお客さんと話していたが
ホンマ、
どんな些細な嘘でも嘘は嘘。たかが嘘、されど嘘なのよ。


。。。。。とはいえ、
そんな家庭に生まれて色んな体験をすると決めてやって来たのは
自分自身である事を思い出さなければならない。

そんな人生を使って
魂に、宇宙に沿うジェットエンジンを搭載するべく、この地球に降りてきた事を
忘れてはならないのだ。

誰かによってこんな自分になってしまった。。。と嘆いている暇があるなら
そりゃ単に悲劇のヒロインを演じているだけである。

可哀想な自分、
哀れな自分、、、と。

見破るべきは、 それが自作自演の物語だという事。

物語に取り込まれてはならないのである。

他人や世間ってやつが作った価値観なんてどーーーーでもいい。

ただ、世界にひとつだけの自分の花を咲かせれば それでいーーーーのだ。
| ena | 分類しにくい | 20:40 | comments(0) | - | -
事件デス
日に日に、世にも奇妙な物語に投稿出来るネタが増えるアタスの日常は
果たして何次元なんだっっ?!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
と、問いかけたくなる。

まったくぅ。。。~_~;

1週間ほど前の
冬至だったり満月だったりする日、
うちの父ちゃんと母ちゃんは
またしてもケンカしたらしく
アタスが帰った時の空気は どんより。。。アーーンド、ピリピリ。

もうさぁ。。。。。
いい加減にして欲しいわよねぇ。
「いい歳こいて」とは
この人達のためにある言葉なんじゃないかと思う。


アタスが帰宅した時点で
父ちゃんは、すでにインスタントラーメンを自分で作って食事を終わらせていたらしく
母ちゃんは、
怒りを込めたイナリを作っていた。

そのイナリを食って、
アタスの喉がおかしくなった事から事件は判明していく。

事件は、
母ちゃんが
長居公園で正月飾りを作るワークショップに参加した時に起こっていたようだった。

例年、
この季節が弱い母ちゃんは
毎年、すっかりそんな自分の個性を忘れて、多動症を発揮してしまう。
で、
疲れる。
and then 憑かれる。

どうやら、その日も きっちり憑かれて帰ってきたらしかったが
いかんせん、
先に喉の症状で風邪か?!と思う紛らわしい状態にあったため
アタスの発見が遅れてしまったのだ。

そして、アタスがイナリを食って
喉が突然異常をきたし
「は?」
っとなって、
じっくり観察してみたら
首吊り自殺の女の人がいると感じたわけですな。

その日の晩、
アタスもガンバって光に還そうとしたのよ。
しかし、
自殺の場合は、はっきり言って
今のアタスには無理なのよ。

案の定、金縛りでやられたのだけれど
それでも、一瞬フワっと軽くなって
気配が消えたから
まーまーとりあえず明日ミスターんとこに電話させてもらおーーーっと。
って寝たのよ。

翌日。
ミスターに「母に憑いてる者がいると思うんですけどぉ」と電話すると
もう半笑いですよミスターも。
「ハイハイ、憑いてます。
60代の交通事故の方ですよー。
軽トラと4トン車の事故で即死です」と
言う診断で、
光に還してくださったわけですよ。

あれ〜???
自殺の女だと思ったんだけど
違ったのかしらぁ???
喉と肩が突っ張る感覚は首吊りなんだけどぉ〜
この方も首の骨折だったのかしらぁ〜? と、
少々のつこつしつつも
良かった良かった。と
安心な報告を持参して帰っても
やっぱり母ちゃんの顔色は冴えないし
食べられないし
ヤル気が出ない感が取れない。

こりゃやっぱりなんか居るねぇ。。。と
30日にミスターの所に行った時に
改めて問い合わせしよう!と
行ってきたのが今日。

「先生、もう一人母か家に居ませんかね〜?首吊り自殺の女の人」と
聞いてみたら
「お母さんにも家にも反応はありませんっっ!が、
持ち物にあります。」


「母の?」

「そうです」

「あ、今持って来てるバックですか?」
「正解です。」
「しかし、身を潜めて隠れて居ましたねぇ。。。あ、これはかなりきつくいかないといけませんねぇ。」とミスター。

ええ、ええ。それは分かったのよアタスにも。
恨み節が強くあった女だったし
ひつこいのよっ。

どうやら、
作って持って帰ってきた正月飾りに憑いてきたらしい。
その飾りを見た瞬間、あまり良い感じとは正直思えずにいたから。
その後、
Noaに持ってく段になって
母のバックに入り込んだらしかった。

Noaで飾りを付けたら良い感じになってたから、たぶんポイントはその日。
で、
アタスが気付いた時に
光を浴びたのが、身を潜める事に繋がったのか?

ミスターも
そこに注視しなければ気がつかないぐらい隠れていたと言っていた。


かくして母は、2人もお持ち帰りしたわけだ。
おかげで、
あたしゃ声が筆談したいほど出ない。
結局、
鈍感なようで一番敏感なのは父である。
母ちゃんとケンカしたのも
1人ラーメンを食べたのも
正解だったのだから。

あ〜疲れた。
今年は、気温差とかで喉や鼻に影響大きいし、ほんまに分かりにくい状況下である。

みなさんも気をつけてくださいましね。
| ena | 分類しにくい | 22:05 | comments(0) | - | -