あきらめないで。。。


やっと、やっと、できあがった。
レザークラフトで彫りあげて作ったベルト。
おおかた、2年とかちゃうか?
ベルトだけに
いかんせん道のりが長く、途中飽きてきて
違うものを作って浮気もしたが
ようやく完成した。

色を塗って、バックルを付けたら
まーまー見られる作品になったのに味をしめ、またベルトを作ってみようかと思う。

今度は、もっと早くできるかしら〜?

なんでもやってみれば
なんとか出来てしまうものですねぇ。

あーーーーーーーー楽しかったぁ!
| ena | キラキラ | 22:19 | comments(0) | - | -
あるひとつの物語
今回の研修旅行の前から
鍵がやけに気になっていた。
なくしそうっちゅうか、なんちゅうか。
実際、よく鍵がない〜って探してたし
いつも鍵の所在を確認しまくっていた。

で、ある日
マンションのポストBoxの上に見覚えのあるキーホルダーが置かれていて
それは、お店オープンの時にお客さんから頂いた、革でハサミがデザインされている私のお気に入りのやつ。

ひょえーーーーーー!Σ( ̄□ ̄;)
落としてた事も気づかんかったしぃ・・・とびっくりして、
そのさらに2、3日後
シャッターの鍵だけがキーホルダーから外れるなんて事もあって
なーーーーんかイヤだわねぇ。。。とか
思いながらの遠出となったのだ。

そして昨日、
お店の鍵とシャッターの鍵が
色んな鍵がついているキーホルダーを手にとっただけで外れてしまった。
わしゃマジシャンかっっっ!Σ( ̄□ ̄;)?
と思わず突っ込んだが
それは、オタクな講座を一緒に学んだ方と話し込んだ後で、その方とお話ししたことで
色んな事が整理整頓されつつある状況だったため
すぐに何がどうなっているのかが繋がった。

やっと、
自分が何をやっているのかの全貌がわかってきたのだ。

それは、まさにNoaにまつわる物語。
アダムとイヴの三男セトの子孫のノア。
紀元前3000年、ヤハウェ(エホバ・八幡神)によって洪水がもたらされようとしていた時、船を用意し家畜7つがいを共にせよ・・・と始まる
ノアの箱船のストーリー。

奄美大島の湯湾岳の本来のユダヤのエネルギー金龍
秩父三峰の本来のミカエル(ジーザス)のエネルギー
宗像大社の本来のキリストのエネルギー
住吉三神龍
そして、きっとイスラムの本来のエネルギーが伏見稲荷にあるのだろう。

ヤハウェ(エホバ・八幡神)は宇佐八幡宮だと感じる。

ユダヤ、キリスト、イスラムの3つの信仰の聖地エルサレムがあるイスラエル。
ナショナルフラッグは白地にブルーの六芒星である。
宇宙の融合のシンボル六芒星。
それがイスラエルの国旗になった日が
なんと私の誕生日。

なんともまぁ〜よぅでけた物語だこと。

やっと、
光のボランティア活動で
いったい自分が何をやっているのかの
全体像が見えてきた。
パーツパーツで分かりにくかったが
よくよく考えてみれば、最初からヒントは出まくりだったのだねぇ。。。
髪空間Noaて。

ヤハウェ(エホバ・八幡神)から派生してきた働きの統合によって
ノアの箱船なる物語が作り出してきたあらゆるものの鍵が外れるのだろう。
統合のためのヒントが
お客さんなり友達なり本なり
色んなパターンでもたらされるが
結局、動くのは私なのよね。何故か( T∀T)

ヒントを持ってくるっちゅう事は
そのうちの誰でもが出来るのだけれども
あいにく、気づいてしまった人がやることになっているのが
光のボランティア活動なのだろう。(ホンマ自腹きってさぁ〜、意味が分からんけど放っておけないから困ったもんだわよ。美味しいもの食べるとか、なんだかんだで楽しみながらやらんと無理なのよ。)

ま、
私的にはカルマはないと思っているし
こんな話も、エネルギーを言葉と物語にしたらこうなりましたけどっっっ
ってだけで、宇宙は
ただただ揺らいでいるエネルギーで
そのエネルギー活動に、それぞれの動きが必要なだけだと思っているのだが・・・

で、
そのエネルギーを作るために
伏見稲荷と宇佐八幡宮へ・・・ってのが
次の旅先になりそうだ。

面白いね〜この世は。

不思議で不思議でたまらんわ・・・
わからない事が満ち溢れている。

だからこそ、
何度も生まれてきたくなるのかもしれないねぇ〜。

あなたのこの世旅行は
いったい何回目かしら???

ワタクシ?
そーねー・・・428回目。

| ena | 旅事 | 00:22 | comments(0) | - | -
最近のおたのしみ


ずっと変えたかったエリアの模様替え完了

ちいさなお店でも、インテリアを変えると雰囲気が変わって気分転換になる。
気分転換といえば、
ヘアスタイルを変えるのが早いが
ここのところ、私がカットで楽しんでいるのが、サレンダー(降参)カット。

ま、
以前からそうやったけど
とにかく生えぐせには逆らわないでカットしていくっちゅう事には気をつけている。
で、
ここにきて、さらに生えぐせに逆らわず
生えぐせに降参したカットをしたらばどうなるか!?で楽しんでいる。

申し訳ないが
たぶんお客様にはわかって頂けないレベルの自己満足だと思われる。
許せっっっ。オタクの性(さが)なのじゃ( T∀T)

ブローももちろんサレンダーブロー。
つむじには敵わないからですねぇ。。。

この間、メンズのお客様とつむじの話しになって、赤ちゃんとしてお腹で出来上がってくる、どの段階でつむじって出来上がるんやろかぁ?言うて。

二人とも出産経験ないから
まーーーーテキトーな解答しか現れず
あと、出産時の回転は南半球と北半球で違うのか?とか
その回転もつむじの回転方向と関連しているのか?とか
つむじで小一時間話し込んでしまった。

つむじからの生え方は
ほんまにめちゃくちゃ強くって
今日のお客さんなんて、
重力関係なしで
水平に髪の毛動かしよるからねぇσ( ̄∇ ̄;)
いやぁ〜戦ってはならん相手ですよ。

ほいでですよ、
サレンダーカットの仕上がりがことのほか良いので、ここ最近、カットが楽しいんですよねぇ〜

まぁ〜いつものことながら難しいのに変わりはないけど、20数年やってきて
やっと楽しいっちゅうカットが出来る回数が増えてきたのよねぇ。

ただ、残念ながら
自分自身のカットがサレンダーカットがなされていないのがツライ。
生えぐせが見えないセルフカットではサレンダーは無理やしさぁ
他でカットしてもらっているのが
サレンダーになっているかどうかは分からんからねぇ・・・

私もやってほしいわサレンダーカット。
生えぐせに逆らわないって
デザインが美しいのと共に、長持ちすると思っているのよねぇ。。。

ホンマんとこ分からんけど(笑)
これは、サレンダーカットを施されたお客様の感想待ち。

どれぐらい変化を感じる方がいらっしゃるのか、今からの楽しみである。


| ena | こだわってる風な事 | 20:15 | comments(0) | - | -
お年頃
ここのところ50オーバーの方達の
イメージチェンジが続いている。

めっちゃいいと思う。
若い時のヘアスタイルをそのまま続けるってどう?とか
ずっとやってみたかったスタイルがあったとかとか。

髪質だけではなく
太っただ〜痩せただの変化もあれば
お顔も肉が落ちるとか
目が下がるとかとか
やはり諸々の変化もありますからね。。。

それに、
髪は伸びますから。
ダメならまた伸ばせばいいんでね〜
とにかくやってみれば良いと思う。

もちろん、
アドバイスはさせて頂きますよー
ブローしないと出来ないデザインもあるし、生えぐせ的に無謀なこともあれば
矯正が必要な時だってあったり
フロントは真っ直ぐよりナナメが良いだとかなんとか
その方にとって、どれが最善なのか
探っていくのとともに。

見た目が変わるって
もっとも早い気分転換なのでね〜
色々楽しめばいいと思います!

私も一緒に楽しませていただけて嬉しいですし。

ここのところは
女らしくフェミニンに〜が増えてきた感じ。

秋〜って感じだ。
私も明日カットしよーーーーっと
(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪
| ena | 髪事 | 22:50 | comments(0) | - | -
感じるままに動く
友人のCちゃんが
私が九州を離れる最後の日に、大阪から日帰りで福岡にやってきた。

Cちゃんのソープカービングの作品展を博多の友人が大阪にやってきた時に
見学に行った事や
お互い、花の仕事をしている(Cちゃんは過去にしていた)のが縁で
博多の友人に会うためと
その友人が今年のみどりの日に独立した植物屋を見るために
わざわざ大阪からやって来たのであった。

以前のCちゃんなら
考えられない。。。と、自分でもそう言っていたが
ここのところのCちゃんは
感じるままに行動してみる事を大切にしている様子で
今回も、私の博多の友人に会いたいし
お店が見たい!と思ったから動いてみたのだそーだ。

素晴らしいっ。
「こうしたいっっっ!」「ああしたいっっ!」と思ったところで
動かなければ景色は変わらない。

動いてはじめて物語が展開する。
時に求めていた通りに、
時に予想もしない方向へ。

しかし、
こうやって魂が振るえ、磨かれていくのだろう。

私は、おかげさまで楽しい旅の終わりになった。
結局、
博多の友人も急遽、お店を休みにする有り様(笑)
自分ひとり仕事に戻るなんてつまらん!と、福岡にしかない洋服屋さんや
太宰府天満宮に案内してくれた。

太宰府天満宮は、私は2回目なのだけれど、初回は意識していなかったのだろうが、めちゃくちゃ大きな楠木が
何本もある。
たしか天然記念物になっている木が3本あったかな?

まぁ〜もうそろそろお暇あげて欲しい感じやったけどねぇ。。。

無理くり天然記念物として維持する感じ(; ̄ェ ̄)

ワイヤーやらセメントやらで支えたり固めたり。
そうまでして生きながらえさせるって
いったいなんのためなのかしらん〜?

客寄せパンダになっとるがな。。。

神社も変わらんとねぇ。




さてさて、
美味しいお魚に恵まれた
今年の長期研修はこれにて終了っっ。
たった1週間の旅の途中で
季節がゴロっと変わってしまった。
体調を整えて、明日からお仕事です!
お休み、ありがとうございましたっっ
( ̄^ ̄)ゞ
| ena | キラキラ | 09:00 | comments(0) | - | -
余裕のよっちゃん
唐津の友人は、Noaでは有名人の
竹炭を焼いている新ちゃん。
1度、工房を見てみたかったのと
新ちゃんの子どもも一歳になるのに
会えていなかったし、
今年は、木炭の工房も人生の師匠のような存在のお爺さんから引き継いだとのことで
そこも見学したかったので
来てみたのだ。

まぁ〜
相変わらず、新ちゃんは新ちゃんだった。
この人のオタクっぷりときたら頭が下がる。
自然に触れて生きているからこそ
テレビやラジオでは伝えていない情報をキャッチしながら
先を見据えた生活が出来る。

しかも繋がっていく先も極まった人々なので、木炭の工房を譲ってくれたお爺さんは
山師だったそうだ。

す魚いっっっ!Σ( ̄□ ̄;)

石組み、炭釜、建築、電気配線に井戸堀諸々、すべてを1人で設計図なしでやってのける山師。
「なければ作る」が基本精神である。

しかも、
山と共に生きていることを
よくわかっているので、自然と戦う事はしない。
動物も、植物も、見えない世界の住人にも人間と同じように接する。

この概念が本来の人間の姿だったと思うのだが、ずいぶんとかけ離れてしまった世の中がある。

しかし、
オタクしんごは、きちんと自分自身で心の整理を進め、まるで山師のような気を持っているので、
ホンモノの道を歩いている。

〜なので、
余裕なのだ。

子育ても、奥さんとのコミュニケーションも、仕事も、動物との付き合いにも
余裕のよっちゃんで神対応が出来る。

無理して作られたものではなく
それは、彼が時間をかけて見出だしてきた
(もちろん、今も現在進行形なのだが)
心の在り方なので、あくまでも自然で
その結果、余裕のよっちゃんの神対応となっている。

あれぐらいの器を持ってして
「子供」という、宇宙からやってきて間もない生命体を取り扱えれば
楽しいと思う。
し、本人もそう話していた。

人は、いったい何に追われているのだろう?
なぜそんなに忙しく、時間のない日々なのだろう?
少々外に出てみれば、色んな景色に触れられる。
旅に出てみてはどうだろうか。。。



木炭で新ちゃんが焼いてくれたサンマ。
こんなひとときが非常に贅沢である。
| ena | 旅事 | 06:37 | comments(0) | - | -
7色のエネルギーの統合
午後1時11分に名古屋に到着し福岡へ〜
翌朝11時10分に宗像大社に到着し、佐賀の友人宅へ向かう。

いかんせん今回は「1」3つが揃う。



大阪住吉大社、津守神社、王子神社(桃ヶ池公園)の龍の働きが宗像三女神だとの訴えからここへ来ることになったが、
ここ宗像にはキリスト教(景教も含めた)が創られるに至ったエネルギーの素を感じる。
魂に輪廻はなく、
神と繋がるには教会が必要で、また施し(お金)はせっせとすべしっっ!
といった具合で
人々の覚醒を封じてきた働きも
ぼつぼつ光に還る時。

沖ノ島も大事だが
呼子も大事だった。
光の時代「レムリア」の祭壇が残る島。


その後、
渡来人によって歴史が塗り替えれていく様子もよく分かる、さすが唐津。





11月2日からは唐津くんちが始まるそうだ。

「くんち」て。
絶対、日本語ちゃうやん。。。

長崎くんちも有名やけど
やっぱり九州は、重なった歴史が分かりやすくて面白い。

九州地方の島々はめちゃくちゃ多い。
佐賀沖に九十九島って名前がついているが、
本気でそのくらいある気がする。

イタリア南西部にアトランティスがあった?!と言われるのと同じように
こちら日本からハワイにかけてはムー大陸があった?!とか思う。
アトランティスとムーは繋がっていたかもしれないしねぇ。。。

なんにせよ
当時、神の働きを封じるものはなく
自由な光の世界があったのだろうし
今、
その「自由」のエネルギー(光)が必要な時なのだろう。


龍神達の本来の働きが戻ったかどうか?
はて、どーだろう。。。

キリストの本来のエネルギーが出てきたか?
さて、どーだろう。。。

この先をみていかなければ分からんが
なんにせよ、歴史を知るにこしたこたぁない。
何があってこんなことになっているのか?
歴史は歴史ではなく、今ここと繋がっている。

選挙を前に
色々と考え、感じ、そして選んでいきたいものだ。


| ena | - | 14:10 | comments(0) | - | -
111
10月11日11時に標高1100mの三峰神社に到着する。

きのう名古屋でレンタカーをし
新東名から埼玉県秩父に休憩しつつ7時間。
遠いわぁ・・・
ひっさしぶりに東京都というやつをかすめ、どろどろに疲れて温泉宿へ。
しかし、
温泉より水が甘くて美味しい。

秋田でも男鹿(おが)に縁あったが
ここ秩父でも小鹿野(おがの)にこの度会いに来た友人の実家があり
どうやら「おが」とは修験道と縁あるネーミングのようだ。

この度会いに来たのは
美容学校時代の友人と、もう2人というか
三峰神社にいる山犬(オオカミ)2匹。
と、その子供達のチビッ子狼。

本来のミカエルのエネルギーを留める仕事に就いてもらっていた彼らに
もう自由にしてくれていいよ。と伝えにやってきた。

オオカミ達の活躍するお山は
神なるものがよく分からない私にも感じる、まさに神域だった。
音のない「無」の世界。
みるみる霧が取り巻いて、大歓迎してくれている事が分かって涙してしまった。

手を合わせるまでもなく
そこに行っただけで良かったようだ。
ずいぶんお待たせしてしまった。

魂の経験にいったいどんな歴史があったのかは知らない。
知らんが、なぜか覚えている?思い出す?そんな感覚がある。
この山犬(オオカミ)達には、私の子供のような感覚がある。

「お仕事よく頑張ってくれたね。長い間ありがとう。もういいよ、自由にして。ありがとうね。可愛い子供達。」
手を合わせてそんな風に伝えていた。

なんとも美しいエネルギーである。

目に見えるかたちで日本オオカミがいるかどうかは分からない。
とりあえず絶命したとされている。
そこには、
もともと、お山を大事にしてきた古い月信仰の人々から信仰を奪い
太陽信仰に作り替えた人々が
オオカミを大神とし、
神の遣いに鹿を使った。
そんな経緯いがあったと感じる。

そして実際、狂犬病の危険があるとし
オオカミを乱獲
神の遣いとし鹿を保護
人間が手を入れた自然界がどうなってしまったのかは、もうお分かりですよね。

近頃は奈良公園の鹿も狩られる有り様である。

そんな自然破壊と引き換えに
稲田を広げ、米を税金として上納させる
そんな仕組みが出来上がった。

神社が神ではない。
お山こそ神なのだろう。

関西からはもちろん遠い。
が、東京からも案外遠い。
それでいいと思ったし
それがいいと思う。

それでも、縁あってこちらにいらしたら
是非オオカミ達に会って帰ってほしい。
純粋さしか持ち合わせていない彼ら大犬(オオカミ)のエネルギーに。。。

| ena | 旅事 | 10:11 | comments(0) | - | -
言葉の価値観
光の世界の事を色々と教えて頂いている方と、「オタク」という表現について
やり取りさせてもらう機会があった。

私は、
この日記でも折に触れオタク最高!
オタクLoveと言ってきたが
ある道を極めた人、または極める道を歩いている人々を「オタク」だと思っている。

世の中においても
「世界に誇るオタク文化ニッポン」というのが、今や当たり前だと思っていたが
まだまだそぉでもなさそうである。

卑下する言葉や分け隔てる言葉という認識がある人もいるという事だ。

もちろん、
それでOKだと思う。

それぞれ、捉え方は違うし
どれも間違いではないと思う。

ただ、言葉は本来 
仲良くなるためにあると思っている。
もしも、オタクが侮辱されるような意味で使われている世の中であるなら
地球が統合と融合を進めるなか
きっと、この「言葉という働き」にも
新しい融合された働きへの変革が必要なのかもしれないと思う。

日本にも昔からヒエラルキーで
際下級民を非人なんちゅう呼び方をしていた頃があったが
いやいや、この方達の働きによって
畑が耕されたり、お肉がさばかれて
殿様や大名とかいう所謂上級民が贅沢な暮らしが出来たというのに
差別用語にされる事自体がおかしいとか思う。

今の政治もそうで
あなた達を養っているのは国民なんですけどーーーーーーっっっっっ!と
言いたくなる。

言葉は、使う人の価値観と
受けとる人の価値観、世間一般というものがつける価値観などなどからして
発信者の意図した通りのことが100%伝わるなんて事はない。
これは見える世界の聞こえる世界の悲しい性なのかもしれないが
それが分かっていながらも
私達は 今日も言葉を使ってコミュニケーションする。

いつか
エネルギーのやり取りのみでコミュニケーション出来るようになった時
初めて、発信者の意図が曲がらず伝わるのかもしれない。
そうなれば発信者の余計な小細工も必要なくなるしね。

それまでは
お互いの価値観の差によって
傷つけあうこともあるのだろうが
それもまた良し。

といった事ですから
ゆるNoaにて、色々のつこつする事もあろうと思いますが
意に沿わなければ読まないに限ります。
テレビやラジオを切るのと同じやね。

こちらは相変わらず
ただただ自分を表現する発信を続けるのみです。
ぶれること無き軸を持って・・・
| ena | 思考 | 23:21 | comments(0) | - | -
ナチュラルですか。
「今度、ナチュラルヘナで すぐに暗い色が入るのが出たんですよ!」
と言うのは、
お世話になっている材料屋さん。

と言うのは、
ヘナは、オレンジブラウンは大抵30分で白髪にも色が入ってしまうのですが
ライトブラウン 
ソフトブラック
チェスナッツなどなど、暗い色を選択する場合、時間を長く置いていく必要が出てくるのと
染めた当日には色がブルーとかグリーンに浮いていて、2、3日経って酸化が進んでから本来の色になる特徴がある。
それは、
インディゴや藍が配合されているためなのですが、
布や糸を藍染めする様子を想像いただければ分かりやすくだろうか。

空気に触れる事で酸化して色が変わる。

ま、
そこをカバーできるナチュラルヘナが出ましたで〜って事で
宣伝かねてテスターを持ってきてくれていたわけですが、
ワテ「ほな、ナチュラルで酸化を進めるために
何使ってますのん?」と聞くと
ミョウバンやという。
なるほど。
材料屋さん「ヘナ塗布の前にジェル塗ってもうてね、それから加温で40分」

ワテ「ん?ジェル?」

材料「そうそう。浸透がいいようにね。」

ワテ「ほう?加温?うちは加温せえへんけど。」

材料「あ、そうかそうか。ほな1時間半置かなあかんねぇ。」

ワテ「(ー_ー;)・・・」

1時間半放置するなら
いつものヘナでええし。
しかも加温して時短やったら、ジェルとかいる?

色んな事に引っ掛かりながら
仕事が終わってからテスターの箱を開けてみる。
完全にあかんニオイやん。。。
自律神経乱れる合成洗剤のニオイやん。
どれ?
ジェルかっっっ!?
ないわぁーーーーーーー(-""-;)
ない。

捨てるのもイヤやねんけどぉ〜( ̄〜 ̄;)

っま、ヘナのパウダーだけは試供してもいいか?と内容成分表示を見る。

ガーーーーンっ( T∀T)!

赤色2とか青色5とか・・・
和菓子ちゃうんやから。
(和菓子も見た目の美しさを追うばかりに、着色料当たり前できてんのも怖いけどやねぇ。)

キサンタンガム・・・増粘かぁ?
質のいいヘナならパウダーが片栗粉のように細かく、お湯含みがいいから放っておいても糸引く粘りが出ますけども。。。

むむむむむむむむぅ・・・(。-ω-)

闇だらけの美容業界において
こういった類いのものが出てくるのは嬉しいのだけれども、
まだまだ段階が必要なのだろうし
まだまだ、お客様や扱うスタッフや地球環境ベースではなく
「商売として」からの発想なようだ。

残念っっっっっっ。

地球と人のために〜ってところから発信していけば、結局経済も循環するのだけれど
もうしばらく美容界には時間が必要なようだ。

昨日の記事にも通じるが
何を求めるのかにもよりますが、
ひとえにヘナ。ナチュラル。と言いましても、わりとダークサイドな部分がありますので、
よくよく見定めて、納得のいくものを
お使いになるとか、選ぶとかなさってね。

私も今日は久しぶりにヘナのクリアでシャンプーしてみましたが
やっぱりクリアの仕上がりはしなやかでステキ!
顔まで洗ってしまった(笑)
| ena | ヘナの事 | 17:55 | comments(0) | - | -